2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 冬の光物語 続編 | トップページ | 中山道 小紅の渡し »

2016年12月21日 (水)

三重の美濃街道 多度

美濃街道(美濃路)は東海道宮宿と美濃の垂井宿を結ぶ、
東海道脇往還のひとつですが、
以前に三重の美濃街道(多度道)と呼ばれる道を、
桑名市”七里の渡し跡”から、
多度町柚井の岐阜県境までを歩いたことがあります。

今回その続きになる岐阜県側を歩いてみようかと、
まずは多度町の道筋をおさらいしながらたどってみました。

Tado01

いきなりなんだ、といわれそうですが・・・
スタートの多度町下野代にある「野志里神社」のクスノキの神木です。

Tado02

ちょうど旧道が神社を分断していますがその東側 ^^;
「伊勢神宮御旧跡野代の宮」の石柱が建っていますが

Tado03

その西側に鳥居と本殿

Tado04

神代の昔、倭姫命が伊勢への旅をしていたとき、
一時、天照大神を祀ったと伝わる桑名野代宮とも伝わる
元伊勢のひとつともいわれています。

街道は現在、分断された神社を直進していくことになり、
すぐ先でら肱江川を渡り多度の中心部へと入って行きます。

Tado05

街道筋にある戸津(とうづ)地区
この辺りは旧道の雰囲気が残っていますが

Tado06

特にこの老木に囲まれた屋敷は目を引きます。

街道から少し外れますが
戸津地区にある近くの「尾津神社」へ。(近くの小山地区にもあります)

Tado07

祭神は倭建命(ヤマトタケエルノミコト)他8神。
ヤマトタケルが東国平定に向かう途中、
剣を忘れた尾津浜がこの辺りという説があります。

街道に戻ると

Tado08

道は歩道橋で多度川を渡り柚井地区へと入ります。

Tado09

多度山麓に近づく旧道
養老鉄道の線路にそって集落の中を行きます。

Tado10

こちらにも見事な長屋門のある屋敷が ^^;
塀沿いに進んで行くと

Tado11

「空念寺」
この先で2つの集落を抜けてきた狭い道から
ようやく解放されます ^^;

Tado12

目の前には「宇賀神社」の鳥居が建ち、
ここは多度山上公園へのハイキングコース入口。

この神社には思い出がありちょっと立ち寄ります。

Tado13

以前に”吉祥木”のアリドウシ(一両)を撮影にきて、
当時は多かったサルの軍団と対峙した思い出の場所でした ^^;

ご存じのように吉祥木といわれるのは万両(ヤブタチバナ)、
千両(クササンゴ)、百両(カラタチバナ)、十両(ヤブコウジ)、
そして一両のアリドウシ。

Tado14

(大ボケですが ><;)
この木だけがどうしても見つからず・・・
東山植物園の方に聞いてようやくゲットしたところです。

遠い昔の話でした m(__)m 街道に戻ります。

Tado15

国道258号線が見えるとすぐに岐阜県との県境です。

岐阜県では伊勢への街道として伊勢街道とも呼ばれ、
この先は海津市南濃町へと入り、
松山、駒野、養老から関ケ原で中山道に合流します。
この日は三重県側の美濃街道・多度道でした。  camera  20日

« 冬の光物語 続編 | トップページ | 中山道 小紅の渡し »

まちかど散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/64647081

この記事へのトラックバック一覧です: 三重の美濃街道 多度:

« 冬の光物語 続編 | トップページ | 中山道 小紅の渡し »