2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 旧東海道 有松 | トップページ | トリの名がつく魚たち »

2016年12月26日 (月)

もうひとつの美濃街道

東海道宮宿と美濃の垂井宿を結ぶ美濃路(美濃街道)、
桑名からも美濃へといたる街道が開けていました。

岐阜県側では伊勢への道として伊勢街道とも呼ばれる道。
すでに三重県側は桑名の七里の渡し跡から県境の
多度町柚井までを歩いていましたが、
この日は今年の歩き納めにと、
あらためて多度から岐阜県海津市の駒野までです。

養老鉄道の多度駅から県境までは2kmほど。

Minokaido01

その県境、
ここから岐阜県海津市に入ります。

Minokaido02

次の街道分岐の目印は「八幡神社」でしたが、
ここ辺りから山麓を行く道筋が入り組み少々迷います ><;

道は神社の横を山に向かって回り込むのが正解。

Minokaido03

山麓を行く街道から美濃松山の町並み

Minokaido04

すぐに「御鍬神社」。
聖武天皇ゆかりの由緒ある神社だそうですが・・・
詳細は省きます ^^;

Minokaido05

道は神社の前を曲がって下りますが・・・
直進してしまいました ><;

Minokaido06

間違いに気が付いたのは数百メートルほど行った先の「諏訪神社」。

ただ、ここには岐阜県天然記念物の”大クス”と、
海津市天然記念物の”大まき”があり、これをみれたのはラッキー ^^
さらに直進すれば吉田出来山公園への散策コース。

Minokaido07

道を修正して本来の美濃街道に戻ります ^^;
山除川沿いを行く街道と、右には三切池。

町並みは吉田に入り

Minokaido08

すぐに国道258号線を太田の交差点で渡ります。
その先には

Minokaido09

「杉生神社」
そして

Minokaido10

養老鉄道石津駅を通過。

とにかく街道筋には特別なものを除いて神社仏閣が多いのは常 ^^;
ただ、この町筋にはちょっとした?曰くのありそうな石柱がみられます。

Minokaido11

抜けると般若谷から来る県道1号線、
海津橋の手前を横断していきますが・・・山から川に?

Minokaido12

それもつかの間で、
今度は味気ない国道258号線を少し歩いて

Minokaido13

安江台団地入口から美濃山崎へ。

Minokaido14

外れに?ある「八幡神社」
ここには国道を走るときによく見る大イチョウの木があります。

Minokaido15

これも海津市天然記念物でした。
ふたたび国道を横断すると上野河戸(うえのこうず)、
ここからは津屋川(揖斐川)沿いの道を行くことになります。

Minokaido16

ここでもやはりお寺 ^^;「寒窓寺」です。
高須藩主小笠原貞信の菩提寺(後の禅海寺)ゆかりの
仏頭、仏像が安置・保管されているそうです。

Minokaido17

街道筋は津屋川沿いの田園地帯に変わり

Minokaido18

左には「月見の森」が見え始め、
この先は南濃町羽沢の集落。

Minokaido19

大専寺

Minokaido20

すでに正月飾りの置かれた春日神社を見て、
県道8号線を高架で渡ると駒野です。

あとは国道258号線の藤沢交差点へと続く街道でしたが

Minokaido21

途中で駒野駅へと出ました。

三重県側多度駅から駒野駅まで、
少し余分な歩きもありましたがほぼ13kmほどでしょうか。
今年の歩き納め、もうひとつの「美濃街道」でした。 camera 25日

« 旧東海道 有松 | トップページ | トリの名がつく魚たち »

歩く・街道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/64674651

この記事へのトラックバック一覧です: もうひとつの美濃街道:

« 旧東海道 有松 | トップページ | トリの名がつく魚たち »