2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大高緑地の雪吊り | トップページ | もうひとつの美濃街道 »

2016年12月25日 (日)

旧東海道 有松

名古屋市緑区有松町。
旧東海道筋に残る古い町並みと、有松絞りで知られていますが、
平成28年に「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。

何度目かの有松でしたが、
この日はあらためてその建物群を見ながらの散策でした。

Arimatsu01

名鉄有松駅から「有松めぐり」の案内はこの遊歩道へと入りますが、
この日もまた線路沿いに歩き、東の宿口へ出ます。

Arimatsu02

町への宿口に架かる”松の根橋”を渡ると、
古い建物群が続く町並みの旧東海道です。

Arimatsu03

Arimatsu04

有松は旧東海道の池鯉鮒宿(ちりゅうしゅく)と、
鳴海宿との間につくられた茶屋で間の宿。

Arimatsu05

池鯉鮒と鳴海の宿場間は
わずか12kmほどの距離でしたが

Arimatsu06 
有松鳴海絞会館

もともとこの地は人家のないところで、
東海道を整備していた尾張藩が新たな村を開くことを計画。

Arimatsu07

当時の知多郡全域に高札を掲げて移住を呼びかけます。

Arimatsu08

それに、有松しぼりの開祖、竹田庄九郎ら8名が移住、
慶長13年(1608)尾張藩の奨励により開村されます。

Arimatsu09

農作地が少なかった村に、新たな産業として興されたのが
有松鳴海絞りでした。
以来、江戸時代を通じてしぼり業者の町として形成されます。

Arimatsu10

街並みの西筋
こちらにも見事な建物群が残っています。

Arimatsu11

現在の町並みは、
天明4年(1784)の天明の大火後の復興。

Arimatsu112

Arimatsu12

街道沿いの家は瓦葺き・塗籠造り、防火構造に改められ
2階には虫籠窓(むしこまど)を設け、腰壁をなまこ壁にするなど、
今もその景観を残しています。

Arimatsu13

「有松天満社」への参道横にある
「東海道五十三次二代目松」の碑と松の木。

Arimatsu14

その横にある「祇園寺」、
ここが有松の西の宿口で道はSの字に曲がります。

すぐ先にある名二環の高架下には

Arimatsu15

「有松一里塚」がありますが、
これは平成24年に新しく復元されたものでした。

旧東海道は踏切を渡り西へ、
この先左京山から次の「鳴海宿」へと続いていきます。
久しぶりに歩いた旧東海道の「有松」でした。  camera 23日

« 大高緑地の雪吊り | トップページ | もうひとつの美濃街道 »

まちかど散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/64664911

この記事へのトラックバック一覧です: 旧東海道 有松:

« 大高緑地の雪吊り | トップページ | もうひとつの美濃街道 »