2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 湖東三山金剛輪寺 続編 | トップページ | 養老公園の紅葉 »

2016年11月26日 (土)

遠州の古刹 龍潭寺

「金剛輪寺」の紅葉を挟んだため日が経ちましたが、
先に載せた「静岡県立森林公園」へと行く前に立ち寄っていた
浜松市引佐町井伊谷(いいのや)にある「龍潭寺」です。
この日はこちらが目的でしたが、
まだ紅葉が早すぎたため、タイミングが遅れてしまいました ><;

で、龍潭寺、拝観は3度目ですがこの時期は初めてです。
まずは拝観受付へと「大門」をくぐり、
まるで城郭を思わせるような石垣の参道を行きます。

Ryotanj01

上り詰めると守面に拝観受付のある庫裡。
その手前周辺には色づくはずの紅葉ですが・・・

Ryotanj02

Ryotanj03

全然早すぎました ><;

Ryotanj04

真っ青!(緑か ^^;)
というわけで・・・本堂から庭園の拝観です。

Ryotanj05

現在”紅葉まつり”にあわせて「秋の寺宝展」が開催中の
庫裡書院から眺める庭園

ここから諸堂を拝観してひと回りします。

Ryotanj06

本堂内
”うぐいす張り”の廊下を行くと左手には

Ryotanj07

”補陀落の庭”
正面奥には帰路になる「仁王門」

廊下を行くと

Ryotanj08

正面頭上にあるのが
伝・左甚五郎作という「一刀彫の龍」

本堂から「開山堂」、諸堂を回って庭園です。

  Ryotanj09

江戸時代初期に造られた
小堀遠州作庭の「池泉観賞式庭園」(国指定名勝)
春のサツキ、秋のドウダンと四季の変化に富む名園

Ryotanj010

ひとしきり楽しんで坪庭沿いに外へ ^^
ドウダンも見ごろはまだこれからです。

Ryotanj11

帰路から眺める本堂
廊下から見た補陀落の庭は反対側からです。

Ryotanj12

そして本堂横から

Kaizando

「開山堂」傍を通って
「井伊家墓所」へと拝観順路を行って戻ります。

Ryotanj13

「仁王門」前
色づき始めたモミジがこの日の象徴か ^^;

Ryotanj14

くぐると正面には”子育て地蔵”と
左手には御神木の”梛(なぎ)の木”

Ryotanj15

樹齢400年ともいわれる大木は
井伊直政公無事の成長を祝って植えられたという。

Ryotanj16

傍にはこの日唯一、紅葉らしい黄葉でした ^^;

Ryotanj17

駐車場へと戻る大門前参道
チョッと唖然としましたが・・・ツアー客の人たち でした。

来年の大河ドラマは井伊家を支えた女城主
「井伊直虎」が主人公。
ちょっと早めにその菩提寺を訪ねましたが、
目的の紅葉にはまだ早すぎました。   20日

« 湖東三山金剛輪寺 続編 | トップページ | 養老公園の紅葉 »

お出かけ・紅葉」カテゴリの記事

コメント

静岡は温暖な地域なので、見頃が遅いようですね。
愛知でも色付き始めていますが、これだけ緑が多いのは
ビックリです^^;
と言う事は、東海三県で紅葉を見逃した時は静岡へ
行けば見る事が出来るってことですね^^
静岡の紅葉情報もチェックしないとです。

金剛輪寺はピークは過ぎてしまっていたようですが
それでも紅葉の名所だけあって見所が多くて楽しませて
頂きました^^
私もまた湖東三山へお出掛けしないとです^^

いわし さん
龍潭寺の紅葉まつりは早くから始まっていましたが
見ごろにはまだまだ先でした ^^;
静岡(愛知近隣)の紅葉は週明けあたりからでしょうか。

湖東三山も色づきの時期に差があり一度には難しいですね^^;
金剛輪寺は色づきが早く今回は散りモミジでしたが、
三山それぞれに違った紅葉を見るのもいいかもです ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠州の古刹 龍潭寺:

« 湖東三山金剛輪寺 続編 | トップページ | 養老公園の紅葉 »