2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日 (水)

犬山寂光院

各地の紅葉情報もこのところの天候のためか、
いっきに”色あせ始め”や”落葉”のところが多くなりました。
ここはまだ”見ごろ”が続いていますが、
HPを見る限り、1日遅かったかな?・・・と思いながらも、
期待しながら出かけた犬山市継鹿尾山にある「寂光院」です。

別名「尾張のもみじでら」とも呼ばれて人気のところ。

Jakkoin01

まずは表参道から
微妙な紅葉を見ながら石段を上っていきます。

Jakkoin02

Jakkoin03

参道から眺める紅葉も、
散り始めからまだ色づき始めと、ここらしいですが・・・

Jakkoin04

参道を上りつめて山麓広場に出ます。
大師にお見送りいただくのは後にして ^^;
石段の続く「七福坂」へとは入ります。

Jakkoin05

「一言太師」へ分かれ道から、
さらに急な石段を上っていきます。

Jakkoin06

ようやく参道から山上境内に出ますが、
この頭上の紅葉はいつ見ても変わらない?気がします^^;

Jakkoin07

本堂に参拝して、
渡り廊下で「隋求堂」の”天空の回廊”から

Jakkoin08

残念ながら、
周辺の紅葉はほゞ終わりでした ><;

Jakkoin09

”願いの鐘”横の燃えるモミジも

Jakkoin10

本堂前のイロハモミジも散り急ぎます。

Jakkoin11

唯一、このモミジだけがまだ見ごろでしょうか。

Jakkoin12

ここから石仏が立ち並ぶ小さな丘を通って、
本堂裏手にある「弁天堂」、「馬鳴堂(めみょうどう)」へ。

Jakkoin13

宝塔横から「馬鳴堂」、「弁天堂」周辺の紅葉!

Jakkoin14

「見ごろ」情報が続く、その見ごろはここのことでしょうか?
まだ見事な紅葉が残っていました。

Jakkoin15

ちょっぴり気分を良くして下山します^^;

Jakkoin16

今度は「見送り大師」像に見送られて下る「観音坂」、
この辺りはまだ紅葉も見ごろです。

この日は見たかった紅葉はすでに終わっていましたが、
参道周辺はまだ見どころも多い犬山「寂光院」。
なかなか期待どおりにはいかないところです ^^;  camera 29日

2016年11月29日 (火)

養老せせらぎ街道

祖父江町の”イチョウ黄葉まつり”を挟みましたが、
岐阜県養老町にある「養老公園」に戻ります。

紅葉の”見ごろ”情報はまだ続いていますが、
すでに終盤かと思うところもあるチョッと複雑な紅葉を見て
「妙見橋」までひと回りしてきましたが、
ここから滝道を離れて「妙見堂」へと行きます。

Yseseragi01

養老キャンプセンターへの途中にある「妙見堂」
周辺は思っていたより綺麗な紅葉でしたが・・・ここから

Yseseragi02

東へと真っ直ぐに延びる道がありますが
案内標識には”養老せせらぎ街道”とあります ^^;

Yseseragi03

滝谷右岸の滝道に並行して一段上にあるため
ちょっとした穴場的な存在で、
訪れる人も少なく静寂のなかで紅葉が楽しめます。

Yseseragi04

ここもはや終盤に近い紅葉でしたが・・・

Yseseragi05

Yseseragi06

モミジの大木が染め上げる一本道

Yseseragi07

この日も散策する人は少なく

Yseseragi08

のんびりと楽しむにはこれ以上はないひとときです ^^;

Yseseragi09

終盤とはいえ
まだ見事な紅葉が目の前に広がる(チョッとオーバーか ^^;)

Yseseragi10

そんな隠れスポット!

Yseseragi11

Yseseragi12

この日は曇り空で、ときおり時雨れるという悪条件でしたが
滝道以上に見事な紅葉を楽しむことができました。

Yseseragi13

ここが出口?で車道に出ますが、
道は少し手前で「不動橋」へと出ることができます。

岐阜「養老公園」、滝谷川周辺の紅葉もいいですが、
”養老せせらぎ街道”の紅葉もまた見どころです。  camera 25日

2016年11月28日 (月)

そぶえ黄葉まつり

愛知県稲沢市祖父江町で始まった「そぶえイチョウ黄葉まつり」。
この日は朝から快晴!
これ以上はない青空に誘われるまゝ出かけましたが、
祖父江町に入って・・・どうもいつもと様子が違う?
町のどこでも見られる黄葉したイチョウが見れません ><;

駐車場から歩く道筋もまだ色づき始めの木と、
すでに散った木が混ざりあってこれは?と思いながら・・・
主会場の「祐専寺」。

Sobue01

本堂前の老木もかなりの葉を落としていて、
すでに終盤近い姿でしたが・・・なんとか残っているところを。

ここから、いつものように気ままな散策に。

Sobue02

この日から始まったばかりの「黄葉まつり」。
まだ開始早々で人も少ない会場周辺から、
まずは案内図にある”屋敷銀杏コース” ^^;を北へ。

Sobue03

周辺はすでに葉を落としたイチョウの木と

Sobue04

これから染まる?木々のトンネル

Sobue05

樹齢200年以上ともいわれる名物イチョウ、
「乳イチョウ」もすでにスケスケです^^;

Sobue06

いきなり電車とのコラボですが、
ここは初めて撮る場所、
市の境界から少し北になる一宮市側です。

Sobue07

稲沢市側に戻って山崎駅への線路沿い、
イチョウの色づきもさまざまですが全体には終盤です。

Sobue08

この日は線路沿いを歩いたため、
電車が来るたびにカメラを向けました ^^;

山崎駅から線路を渡って東側の道を南へと歩きます。

Sobue09

見事な黄色?と、いいたいんですが・・・
たわわに実を付けたままの木も多く ^^;

Sobue10

こちらでは収穫に忙しい栽培者の方の姿も。

さらに道を南へ、南へと歩き、途中から戻ります。

Sobue11

Sobue12

線路沿いを歩いているとひっきりなしに電車が通り、
そのたびについ一枚 、
途中からはもうウオーキング気分でした ^^;

祐専寺会場に戻ってふたたび北へと歩き

Sobue13

駐車場へと戻る田園地帯

Sobue14

こちらは駐車場周辺、
イチョウの黄葉とナンテンの紅葉でした ^^;

Sobue15

民家の傍にある大木でした。
この木もかなりの樹齢に見えましたが・・・?

オマケ!

Sobue16

この日の染まり具合を象徴するような木から ^^;

今年の”そぶえ黄葉まつり”は、
主役の黄葉もすでに終盤を迎えた感があり、
チョッと残念な”まつり”の初日でした。  camera 26日

2016年11月27日 (日)

養老公園の紅葉

今年の紅葉もすでに”色あせ始め”や落葉”の場所が多くなり、
どうも”見ごろ”の期間が例年より短かいような気がします。
この日は午後から”曇り”との予報だったため、
まだ見ごろの情報が続く岐阜県養老町にある「養老公園でした。

ここの紅葉はこれまでの経験から見ごろのタイミングが難しく、
全体が色づくときに見ることはまずありませんが・・・

Yorop01

「不動橋」手前
日差しに映える紅葉に少し期待しながら

Yorop02

不動橋から・・・はや日が陰り始めます ><;
このあとは川(滝谷)の左岸から「養老の滝」、山上駐車場へと行き、
山道を戻ってふたたび川の右岸を滝方面へと歩きます。

Yorop03

商店街を行く滝谷左岸散策路

Yorop04

「妙見橋」を渡り、滝谷右岸散策路を行きますが、
この辺りの色づく紅葉を見るのは久しぶりです。

Yorop05

「万代橋」
この周辺もすでに色づいているとは・・・
昨年とは2日遅いだけですが、
やはり今年は少し早い色づきです。

Yorop06

すぐに「養老の滝」
色づいた木々とのコラボも久しぶり ^^;

Yorop07

滝広場

Yorop08

山上駐車場周辺は色づきがよくありません??
見どころもなく帰路の山道を下ります。

Yorop09

滝谷左岸散策路に出て見える右岸散策路
まだ色づく前のモミジ ><;

Yorop10

「養老神社」から千歳楼への道に入ります。

Yorop11

すでに散り始めた木々、
まだ見ごろにはほど遠い木々とさまざまで・・・
どうやら”見ごろ”情報は川の右岸でしょうか?

不動橋に戻って

Yorop12

橋上には、毎週土・日に行われる”ひょうたんイルミ”
渡って右岸散策路へ

Yorop13

日差しがなく、チョッと冴えない色ですが ><;
こちらの紅葉は”見ごろ”?でしょうか。

Yorop14

Yorop15

Yorop16

すでに葉を落とした木や

Yorop17

Yorop18

まだこれから色づく木々もあり、
いつものことながらタイミングの難しいところです。

ほゞ公園をひと回りして見どころを見てきましたが、
曇り空ということもあり、
綺麗とはいえ、チョッと複雑な紅葉でした。  camera 25日

2016年11月26日 (土)

遠州の古刹 龍潭寺

「金剛輪寺」の紅葉を挟んだため日が経ちましたが、
先に載せた「静岡県立森林公園」へと行く前に立ち寄っていた
浜松市引佐町井伊谷(いいのや)にある「龍潭寺」です。
この日はこちらが目的でしたが、
まだ紅葉が早すぎたため、タイミングが遅れてしまいました ><;

で、龍潭寺、拝観は3度目ですがこの時期は初めてです。
まずは拝観受付へと「大門」をくぐり、
まるで城郭を思わせるような石垣の参道を行きます。

Ryotanj01

上り詰めると守面に拝観受付のある庫裡。
その手前周辺には色づくはずの紅葉ですが・・・

Ryotanj02

Ryotanj03

全然早すぎました ><;

Ryotanj04

真っ青!(緑か ^^;)
というわけで・・・本堂から庭園の拝観です。

Ryotanj05

現在”紅葉まつり”にあわせて「秋の寺宝展」が開催中の
庫裡書院から眺める庭園

ここから諸堂を拝観してひと回りします。

Ryotanj06

本堂内
”うぐいす張り”の廊下を行くと左手には

Ryotanj07

”補陀落の庭”
正面奥には帰路になる「仁王門」

廊下を行くと

Ryotanj08

正面頭上にあるのが
伝・左甚五郎作という「一刀彫の龍」

本堂から「開山堂」、諸堂を回って庭園です。

  Ryotanj09

江戸時代初期に造られた
小堀遠州作庭の「池泉観賞式庭園」(国指定名勝)
春のサツキ、秋のドウダンと四季の変化に富む名園

Ryotanj010

ひとしきり楽しんで坪庭沿いに外へ ^^
ドウダンも見ごろはまだこれからです。

Ryotanj11

帰路から眺める本堂
廊下から見た補陀落の庭は反対側からです。

Ryotanj12

そして本堂横から

Kaizando

「開山堂」傍を通って
「井伊家墓所」へと拝観順路を行って戻ります。

Ryotanj13

「仁王門」前
色づき始めたモミジがこの日の象徴か ^^;

Ryotanj14

くぐると正面には”子育て地蔵”と
左手には御神木の”梛(なぎ)の木”

Ryotanj15

樹齢400年ともいわれる大木は
井伊直政公無事の成長を祝って植えられたという。

Ryotanj16

傍にはこの日唯一、紅葉らしい黄葉でした ^^;

Ryotanj17

駐車場へと戻る大門前参道
チョッと唖然としましたが・・・ツアー客の人たち でした。

来年の大河ドラマは井伊家を支えた女城主
「井伊直虎」が主人公。
ちょっと早めにその菩提寺を訪ねましたが、
目的の紅葉にはまだ早すぎました。  camera 20日

2016年11月25日 (金)

湖東三山金剛輪寺 続編

滋賀県愛荘町にある湖東三山「金剛輪寺」。
名勝庭園の紅葉を楽しんだあとは本堂参拝です。

名勝庭園も前日の雨ですっかり散りモミジとなっていましたが、
本堂や三重塔周辺の紅葉はどうなっているか?
”血染めの紅葉”の様子も気になっていました ^^;

Kongourinji201

明寿院の白門をを出て
本堂への長い参道へと入ります。

Kongourinji202

参道沿いに立ち並ぶ”千躰地蔵”も見慣れた光景ですが、
年々じっくりと見るようになりました ^^;

Kongourinji203

最後の石段を上りきると「二天門」

Kongourinji204

くぐると本堂前

Kongourinji205

本堂横の”血染めの紅葉”は

Kongourinji206

やはり前日の雨が影響したのでしょうか?
ちょっと散り急いだようでもあります。

Kongourinji207

三重塔

Kongourinji208

見事なグラデーションを見せる木々の紅葉も

Kongourinji209

終盤とはいえ、
まだ十分綺麗ですがいまひとつ・・・ ><;



Kongourinji210

石段を上って三重塔へ

Kongourinji211

この辺りはまだ見ごろの木もあり

Kongourinji212

透けてはいますが・・・綺麗です。

Kongourinji213

今年は金剛輪寺の散りモミジ

Kongourinji214

本堂横に戻って

Kongourinji215

その散ったモミジ葉

Kongourinji216

”血染めの紅葉”
散ってなを美しいその一枚一枚を愛おしむように、
拾い上げる人たちの輪ができていました。

今年は見事な散りモミジを楽しんだ、
湖東三山の「金剛輪寺」でした。  camera 22日

2016年11月24日 (木)

湖東三山 金剛輪寺

紅葉で知られる近江・湖東三山のなでも、
私的にはいちばん好きな愛荘町にある「金剛輪寺」です。
早くから紅葉”見ごろ”の情報がでていましたが、
このところ三重県側は天気が良くても滋賀県側は曇りが多く、
なかなかタイミングが合いませんでした。

快晴のこの日、思いきって走ってみました。
途中は晴れていましたが、ここはやはり曇り空でした><;

Kongourinji01

黒門前
天気は別にして紅葉はすでに終盤です ><;

Kongourinji02

見事な散りモミジ ^^;
聞けばやはり前日の雨で散ったそうですが、
散りモミジもまたいいかと・・・拝観でした。

Kongourinji03

冴えない紅葉も日が差すとこんなもんです。
この日は曇り空でもときおり日が差してくれました ^^;

Kongourinji04

「西谷堂」周辺
やはり全盛のときとは比べられませんが・・・それなりに。
まずは、池泉回遊式鑑賞庭園の国名勝「名勝庭園」から、
じっくりと散りもみじ?を観賞。

Kongourinji05

入口にある”桃山期の庭”

Kongourinji052

池庭に散り落ちたもみじ葉も一見の価値あり!

Kongourinji06

次が名勝庭園の主庭、
正面に枯れ滝を表す巨石を配した”江戸初期の庭”
玉づくりのサツキに散ったモミジ葉です。

Kongourinji07

「明寿院」を回り込んだ”江戸中期の庭”は、
やはり”心の字”池に映る”血染めのもみじ”でしょうか。

Kongourinji08

残念ながら血染めとはいきませんが・・・
どうやらラストチャンスになりそうです ><;

Kongourinji09

滝が流れ・・・(撮れてません ^^;)
池には七福神の宝船を表わす岩でできた舟が浮かびます。

庭を巡ります。

Kongourinji10

まだ綺麗な紅葉に落葉の道

Kongourinji11

Kongourinji12

終盤とはいえ、
まだしばらくは楽しめますか?

入口の様子からもう少し散りモミジかと思いましたが、
まだ十分に綺麗な庭園の紅葉でした。
この後は本堂と三重塔周辺へと行きますが、
さて、本堂横の”血染めの紅葉”は・・・ このあとに。  camera 22日

2016年11月23日 (水)

静岡県立森林公園

今年はまだ出かけたことのない場所の紅葉でも見ようかと、
この日は近隣県の天気が曇りか雨のところが多く、
少し遠出して静岡県に。(といってもいちばん近い浜松市 ^^;)

以前に”くんま水車の里”から帰る途中に迷いこんだ?
「静岡県立森林公園」を思い出して走りました ^^;

Shizukenp01

駐車場傍の紅葉はすでに散って終盤でしたが、
この辺りはモミジバフウが多いからでしょうか。

ここからビジターセンターの「バードピア浜北」に出て、
”うぐいす谷親水広場散策コース”へとは入ります。

Shizukenp02

シダの葉が生い茂るなかの急な石段を下りていきます。

紅葉情報は”見ごろ”でしたが・・・
正直、どこにその紅葉があるのか分からず ><;
散策ちゅうの人に聞いての場所でした ^^;

Shizukenp03

下り切ると、いきなり飛び込んで来た紅葉です。

Shizukenp04

見ごろ・・・というか、まだ早すぎ?じゃないですか ^^;

ところが

Shizukenp05

足元の散策路は散り落ちたモミジ葉、
これは高木のモミジバフウにトウカエデか

Shizukenp06

ここは森林公園
”見ごろ”の情報はどうやらイロハモミジではなく、
そちらのようでした ^^;

Shizukenp07

この先にも「西ノ谷奥池」という場所があるようですが

Shizukenp08

この日はすでに公園を散策していて、
ここ、親水公園をひと回りして戻ります。

Shizukenp09

戻る道は”かえでの道”
すでに落ち葉の積もった道

Shizukenp10

チョッと遊びで一枚! トウカエデの散り葉  ^^;

オマケ!

Shizukenp11

親水公園に行く前に”吊り橋”へと歩いた散策路

Shizukenp12

途中にある「木工体験館」周辺の紅葉

Shizukenp13

Shizukenp14

こちらはまだ散る前で綺麗な紅葉でした。

そして

Shizukenp15

吊り橋は”空の散歩道”です^^;

静岡県立森林公園
他にも紅葉の綺麗なところがあったかも知れませんが、
少しだけウオーキングを兼て楽しみました。  camera 20日

2016年11月22日 (火)

霞間ヶ渓の紅葉

岐阜県美濃地方の紅葉が続きますが、
ここは初めて載せる紅葉の名所?かどうか ^^;
池田町にある「霞間ヶ渓(かまがたに)」です。

春には池田山の山裾を染める桜の名所で知られますが、
秋は真っ赤に燃える紅葉が山肌を染めます。

Ikedakp01

ここも日差しは一瞬でしたが

Ikedakp03

池田山へのハイキングコースを少しだけ登って、
まだ染まり始めたばかりのヤマモジジを楽しみます。

Ikedakp04

Ikedakp05

日差しが・・・と、
もう言いますまい愚痴だけは ><;

Ikedakp06

登山道?へと続く頂部
まだ緑が多いモミジ葉を確認?して戻りますが

Ikedakp07

Ikedakp08

Ikedakp09

ちょうどお昼前でした。
この時間は下る道、上から眺める紅葉が綺麗です ^^;

Ikedakp11

Ikedakp12

隠れ名所とはいいませんが

Ikedakp13

全体に染まれば・・・もういうことのない、
そんな紅葉が楽しめるでしょうねぇ。

曇り空の中でしたが、西美濃地区の紅葉めぐり。
数あるなかでもほんの少しだけ
近場の紅葉を楽しみました。    camera  18日

2016年11月21日 (月)

朝倉山真禅院

岐阜県垂井町にある「朝倉山真禅院」。
綺麗どころを先に出しましたが、
こちらも美濃地域にある天台宗の古刹「美濃五山」のひとつで、
紅葉でも知られているところ。

ここ近年はなかなかタイミングが合わず
今年は見ごろが遅れている分、期待していました。

Sinzenin01

表参道
この日は一番最初に訪れていて、
まだ、日が差す天気でした ><;

Sinzenin02

現在「本地堂」が半解体修理工事中のため、
ちょっと写真的には撮りにくいところもありますが・・・

Sinzenin03

観音堂

Sinzenin04

鐘楼
紅葉は染まり始めから見ごろ?と・・・楽しめます^^;

Sinzenin05

Sinzenin06

三重塔の正面にあるモミジの木がチョッと変??

Sinzenin07

Sinzenin08

脇参道から
この辺りは色づきが早いのか綺麗です。

Sinzenin09

庫裡の前庭を見せてもらいます。

Sinzenin10

手前はドウダンツツジの紅葉

通り抜けると

Sinzenin11

放生池(弁天池)

Sinzenin12

戻って鐘楼脇から「観音堂」

境内の紅葉も場所に寄って色づきも違い・・・
見ごろが難しですね ><;

Sinzenin13

あらためて庫裡前の紅葉

紅葉自体はまだ色づき始めた木もありますが、
ただ、ここは今がちょうど見ごろです。
ただ、三重塔周辺は散るのが早いでしょう ^^; camera 18日

2016年11月20日 (日)

円興寺の紅葉

岐阜県大垣市青墓町にある「円興寺」。
源氏一族の菩提所としても知られる岐阜県屈指の古刹で、
「飛騨・美濃紅葉33選」にも選ばれている紅葉の名所です。

小さい境内ですがその分、木々の色づきが重なり合い、
見事な紅葉・黄葉が楽しめます。
この日は曇り空、日差しがあることを願っての到着でした。

Enkoji01

残念ながら・・・
日が差す時間は少なく ><;

Enkoji02

ときおり差し込む日差しが頼りの撮影に

Enkoji03

Enkoji04

庫裡門前からの定番スポット!
今年はバッチリのタイミング、見事な紅葉です。

Enkoji05

Enkoji06

本堂への石段を上がります。

Enkoji07

本堂と鐘楼
ひときわ目立つのはクスノキの老木

Enkoji08

庫裡前からの逆光に映える紅葉もいいですが

Enkoji09

上から眺める紅葉もまた良し!でしょうか。

Enkoji10

入口へと戻ります^^;

Enkoji11

Enkoji12

これが「飛騨・美濃紅葉33選」にも選ばれている
「円興寺」の紅葉・・・

Enkoji13

あらためて庫裡前から
色鮮やかに染まる木々の紅葉です。

小さい境内を覆いつくすように、
曇り空にしてこの彩り・・・
ちょうど見ごろのタイミングで見事でした。 camera 18日

2016年11月19日 (土)

古知谷 阿弥陀寺

平日とはいえ大勢の観光客で賑わう京都大原ですが、
「寂光院」から若狭街道(旧鯖街道)に戻って
北へ3kmほど行くと大原古知平町の集落があります。
同じ大原でも観光客は少ない里ですが、
その山中深くにある如法念仏の道場「光明山阿弥陀寺」です。

ここは紅葉の名所とはいえないかもしれませんが、
知る人は知る?隠れ名所でしょうか。

Amidaji01

古知平集落の北の外れ、
旧鯖街道沿いにある入口。

Amidaji02

紅葉の綺麗な駐車場広場の傍にある中国風山門
ここから約600mほど続く参道を登り?ます。

Amidaji03

日はすでに山中に隠れようとしていますが、
開山上人が独坐幽棲の地として選んだという・・・
まさに霊域の趣がある杉木立のなかです ^^;

Amidaji04

3度目の訪問ですがこの時期は2度目 ^^;
紅葉の名所とはいえ、
以前の経験からはあまり期待はできないかと思いながら・・・

Amidaji05

ひと汗掻いたころ
見事な石組みの上に建つ茶室「瑞雲閣」に。

どうやら少しは楽しめますか?

Amidaji06

参道の途中にある「古知谷カエデ」
京都に紅葉の名所は多かれど、ここ洛北大原に秋を告げるという、
樹齢800年ともいわれる楓の名木ですが・・・
初めて色づいた木が見れました ^^;

Amidaji07

参道を登り詰めるとようやく庫裡が見えます ^^;
受付を済ませて本堂境内へ。

Amidaji08

庫裡横から「瑞雲閣」への庭

Amidaji09

本堂前庭

Amidaji10

本堂
本尊は当寺の開山上人弾誓(たんぜい)自作自像植髪の尊像、
その右脇には重文の「阿弥陀如来坐像」です。

さらに奥に行くと

Amidaji11

鐘楼

Amidaji12

振り返れば、紅葉もちょうど見ごろでしょうか。
ただ、日はもう山中に落ちて暗くなりかけています ><;

このあとは書院・宝物館から本堂拝観

Amidaji13

書院廊下から本堂前

Amidaji14

「弾誓上人石廟」への廊下、
石廟の石棺には弾誓上人の「ミイラ佛」も収められているという。

横にある「宝物殿」を見て坪庭を回り込むと

Amidaji15

廊下は本堂へと続きます。
本堂の尊像と阿弥陀如来坐像を拝観して

  Amidaji16

あらためて本堂から前庭と紅葉(パノラマです ^^;)
左端に並ぶ石像は「五智如来像」、右端には「船石」が見えます。

江戸時代から紅葉の名所として知られているという、
大原古知谷の「阿弥陀寺」。
山深い里の山中にたたずむ古刹の紅葉でした。  camera 16日

2016年11月18日 (金)

京都大原 寂光院

京都大原「三千院」の紅葉を楽しんだとは、
いつものコース、”大原女の小径”を「寂光院」へ。

さすがに平日ともなれば
三千院界隈を離れると少しは観光客も少なく、
この日はのんびりと里の散策を楽しみます。

Jakkoin01

寂光院門前の道

Jakkoin02

その前に、私的にはどうしても外せない
ここ「建礼門院徳子大原西陵」

Jakkoin03

長い石段を上った先の御陵に参詣して

Jakkoin04

「寂光院」
今年は2度目の拝観です ^^;

Jakkoin05

参道右にある茶室「孤雲」の前庭

Jakkoin06

山門

Jakkoin07

門をくぐると正面に本堂

Jakkoin08

左には燃えるような紅葉と「汀の池」
案内に従ってめぐる本堂前

Jakkoin09

書院前から

Jakkoin10

本堂横にある池泉回遊式庭園「四方正面の庭」

本堂内での説明は今回はパス ><;
「平家物語」当時のままという庭園「汀の池」です。

Jakkoin11

散り落ちたモミジ葉もまた美しく

Jakkoin12

秋ならではの寂光院、

”池のうきくさ浪にただよい 錦をさらすかとあやまたる・・・”
平家物語 大原御幸

Jakkoin13

Jakkoin14

”諸行無常の鐘”

Jakkoin15

Jakkoin16

錦あやなす木々の中にたたずむ寂光院。

人気の「三千院」から「寂光院」へと、
美しい紅葉をめぐった大原の里でした。   camera 16日

2016年11月17日 (木)

京都大原 三千院

四季を通じて・・・、といっても、
冬は別にして何度も訪れている京都大原の里ですが、
「三千院」を拝観するのは実に8年ぶりでした。

秋の「三千院」
記憶にあるのは苔の大海原に散った「有清園」の紅葉!
そんな遠い昔を思い出しながらの「三千院」です。

Sanzenin01

Sanzenin02

門前の色づいた綺麗な紅葉を見ながら

Sanzenin03

8年ぶりに「御殿門」をくぐります。

Sanzenin04

受付前から眺める御殿門横の紅葉
拝観案内に導かれて客殿へ

Sanzenin05

眺める池泉観賞式庭園「聚碧園」はあまりの人に ><;
今回は紅葉を中心・・・ということで横から

渡り廊下で本堂「寝殿」へ

Sanzenin06

Sanzenin07

寝殿から眺める池泉回遊式「有清園」
寝殿から出て「往生極楽院」へと行きますが
ここが三千院の紅葉はいちばんの見どころ・・・

Sanzenin08

苔の大海原に散りモミジ
やや終盤の木もありますが見ごろでしょうか?

Sanzenin09

極楽往生院から振り返って見ます ^^;

Sanzenin10

堂内から「朱雀門」
その前を通って「金色不動堂」、「「観音堂」へと行きます。

Sanzenin11

朱雀門前にある「わらべ地蔵」

Sanzenin12

金色不動堂への道

Sanzenin13

観音堂に出てその横にある「慈眼の庭」
この辺りの紅葉は少ないです ^^;

Sanzenin14

少し下ったところにある「売炭翁石仏」を見ての帰り道

Sanzenin15

不動堂前から来た道を戻ります。

Sanzenin16

もう一度「往生極楽院」
この日は平日とは思えない人たち、これが普通でしょうか。

オマケです!

Monzen

門前での一枚 ^^;

久しぶりの「三千院」拝観でしたが、
界隈の紅葉も綺麗でした ^^;できれば載せたいところですが・・・
このあとは「寂光院」の紅葉です。    camera 16日

2016年11月16日 (水)

秋ヒマワリとコスモス

「永源寺」の紅葉を楽しいんだあとはいつものように
湖東三山の「百済寺」でした。
紅葉情報は早くから”見ごろ”でしたが、
まさか永源寺より早く見ごろになるはずがないと思いながら
様子を見に立ち寄ります。

Hyakusaij

入口周辺の紅葉
まぁ、「庭園」は見ごろかな?、とも思いましたが、
石段の参道はまだ色づいていません ・・・ で、ここはパス ^^;

次の目的地はR307道の駅「愛東マーガレットステーション」。
この日は日曜日、
駐車場は大渋滞でチョッと遠くに駐車 ><;

Aitoms01

ここの目的は秋のヒマワリ畑でした。

Aitoms02

ヒマワリだけかと思っていたら、なんと、コスモスも。
ただ、ヒマワリ園は12日(土)に開園されたばかりで
こちらの畑はまだ蕾ばかり、コスモスだけが目立ちます。

Aitoms03

もう一面は咲いていますがほんの僅か、
後ろ姿もご覧のように蕾ばかりです ><;

Aitoms04

Aitoms05

少ない花を探して?畑のなかをうろつきますが、
そんななかで、有料摘み取りも行われています ^^;

Aitoms06

Aitoms07

まぁ、この時期には珍しいヒマワリだけに、
訪れてみたものの・・・急ぎすぎたようです ><;

Aitoms08

こちらは帯状に植えられたコスモスとひまわり畑。
見ごろの時期をずらすためでしょうか?まだ開いていません。

Aitoms09

Aitoms10

コスモスは見ごろですがやや終盤です。

Aitoms11

Aitoms12

少ない花数でしたが
それでも珍しい秋ヒマワリを楽しみました。

咲きそろうのは今週末辺りになるようですが、
すでに湖東三山の紅葉も見ごろを迎えたようです。
紅葉見物と秋のヒマワリでした ^^;  camera 13日

2016年11月15日 (火)

永源寺の紅葉

滋賀県東近江市永源寺高野町にある「大本山永源寺」。
湖東三山とともに紅葉の名所ですが、
例年、三山よりひと足早く見ごろを迎えます。

ただ、今年はいつもより紅葉が遅れていたためか、
ようやく”見ごろ”を迎えた「永源寺」です。

Eigenji01

総門へと続く石段の「羅漢坂」
昨年とは2日違いでの訪問でした。

Eigenji02

「総門」前もまだ染まり始めですが、
その先に期待して入山です ^^;

Eigenji03

総門を入った参道

Eigenji04

そして受付周辺は
彩りゆたかに色づいた木々に覆われています。

Eigenji05

山門前
まずまずでしょうか。

Eigenji06

鐘楼へと続く庫裡前

Eigenji07

方丈・本堂

今年は開山正燈国師650年遠年諱をむかえて、
11月27日(日)までの間、
28年ぶりに本尊の御開帳が行われています。

Eigenji08

ここから各諸堂前の紅葉を見ていきます。

Eigenji09

法堂前から開山堂へ

Eigenji10

開山堂前から経堂前へと

Eigenji11

木々が織りなす紅葉の見事なグラデーション

Eigenji12

なかでもいちばん見たかった「開山お手植えの楓」
永源寺では真っ先に色づきますが・・・

Eigenji13

Eigenji14

まだ散り落ちたモミジ葉もないその色づいたばかりの紅葉です。
散りもみじもいいですが・・・これはまた新鮮でした。

Eigenji15

燃える楓を堪能して裏参道へ

Eigenji16

こちらもまた見事な紅葉!

Eigenji17

裏参道入口周辺も色鮮やかに染まっていました。

Eigenji18

戻る裏参道
帰り道はまた趣の違った紅葉が楽しめます。

遅れていた分、少し早いかな?と思いながらの入山でしたが、
見ごろを迎えたばかりの紅葉に納得でした ^^; camera 13日

2016年11月14日 (月)

岩屋堂公園 続編

「岩屋堂公園」の紅葉見物、
まだ日が当たらぬ時間に訪れてしまいチョッと時間つぶしでした。

「瀬戸大滝」から戻る散策路の途中に、
「岩巣山展望台」への登り口がります。
以前に来たとき、偶然にランニング中のご老公に誘われ、
初めて登ってしまった ^^;ところですが・・・

Iwayado201

ここから展望台を経由して「岩屋堂」に戻る
約1時間弱の散策路(ハイキング?コース)に入ります。

Iwayado202

まぁ、どちらかといえばミニ登山ですが 、
こちらからが比較的楽な登りでしょうか。(自分的には ^^;)

Iwayado203

空が開けると尾根道に出ますが、
ここが岩巣山山頂への分岐で、展望台まではあと50m。

Iwayado204

すぐに「展望台」に到着です。

Iwayado205

正面の眺望
見えるのは左端から”瀬戸デジタルタワー”、”東山スカイタワー”、
右端に”名古屋駅方面”ですが・・・霞みます><;

Iwayado206

真下には以前にあった50mプール跡(右端)と、
公園の中心部周辺でしょうか?

しばし休憩して「岩屋堂」への道を下ります。

Iwayado207

こちらは登ってきた道よりも傾斜がキツく、
いたるところで巨岩が現れ、
この岩場には以前にはなかった鎖まで付けられていました。

Iwayado208

ほとんどの道は石段が続き足元には要注意。
この日は週末のためか?
たくさんの人たちとすれ違います。

Iwayado209

コースを下りきり道が平坦になると稲荷神社横にでますが、
ご覧のような紅葉が迎えてくれます ^^;

Iwayado210

Iwayado211

岩屋堂周辺の見事な紅葉!

Iwayado212

こちらは本堂でしょうか

Iwayado213

その下にある「岩屋堂」
名僧行基に由来するという天然石の祠

Iwayado214

御堂の奥にある「暁明ヶ滝(ぎょうみょうがたき)」

Iwayado215

ようやくお堂前の広場にも日が差し込んで、
綺麗なグラデーションの紅葉を堪能します。

この日は駐車場が混むだろうと早めの到着でしたが、
紅葉を楽しむには9時半ごろのお出かけがベストでしょうか。
ただ、週末の有料駐車場は遅くなると?です。  camera 12日

2016年11月13日 (日)

岩屋堂公園

各地の紅葉情報も”見ごろ”が多くなってきましたが、
ここもまた”見ごろ”に変わりました。
愛知県瀬戸市岩屋町にある「岩谷堂公園」です。

色づきは7割ほどとのことですが、
この日は土曜日で混雑は避けられないか?と早めの到着。

Iwayado01

時間は8:10
それほど早すぎたわけではありませんが・・・
太陽はまだ山の上で ^^;

Iwayado02

岩屋堂にようやく日が当たり始めたばかりでした。

「もみじ橋」周辺はまだ日が差し込んでいません ><;
少し時間を空けて「瀬戸大滝」へと歩き始めます。

Iwayado03

朝日の差し始めた「紅橋」

Iwayado04

大滝への散策路入口にある「かじか橋」周辺。
この先、遊歩道から「大滝」周辺はまだ日陰です。

Iwayado05

「瀬戸大滝」
ここでしばらく待機していましたが、
ここからは日が差し始めてからの撮影。

Iwayado06

滝から少し上がった「東屋」周辺、
さすがに日が当たると違います ^^;

Iwayado07

Iwayado08

紅葉越しの大滝を眺めて戻ります。

このあとは「岩巣山展望台」へとお山をひとめぐりのミニハイキング。

Iwayado09

ふたたび「もみじ橋」に戻って、
今度は日差しのなかを「かじか橋」まで・・・。

Iwayado10

この日から始まる”ライトアップ”のため、
川原には下りられませんが・・・

Iwayado11

Iwayado12

愛知県下でも有数の紅葉の名所、
岩屋堂公園の中心部。

Iwayado13

紅橋
先の一枚とはチョッと角度を変えていますが、
この辺りはまだ色づき始めです ^^;

Iwayado14

「かじか橋」手前は綺麗なグラデーション
日差しが入った分、朝より綺麗です。

Iwayado15

木によっては色づきが違いますが

Iwayado16

この真っ赤に染まったところは誰もが足を停めるところ ^^;

今はまだ全体にグラデーションが多いですが、
この日は朝早い日陰の紅葉と、
日差しに映える紅葉をたっぷり楽しみました。  camera 12日 

2016年11月12日 (土)

水郷パークセンターの紅葉

岐阜県海津市海津町にある
木曽三川公園「アクアワールド水郷パークセンター」。

2、3日前から紅葉(黄葉)が綺麗だというスタッフの方のブログに、
朝方の雨に出かけるのを躊躇していましたが
近場です ^^;日が差すのを待って出かけました。

Aquap01

駐車場から正面入口付近の紅葉です。

Aquap02

Aquap03

ここは”モミジバフウ”と”カツラ”の木が主ですが
クリーク沿いの木々は赤と黄色に染まっています。

Aquap04

正面入口ゲートの上から北側、
クリーク沿いに色づいた木々の紅葉。

Aquap05

事務所前から南側、
まぁ、染まっていれば何でもいいというわけではありませんが ^^;
これはなかなか見れない紅葉です。

Aquap06

混色花壇のコスモスは終盤ですが、
モミジバフウの色づいた赤い葉と・・・

Aquap07

橋を渡ってパークセンターホール前へ行きます。

Aquap08

橋上から振り返れば大勢の子供たち、
ちょうど校外学習が終わって帰るところ。

Aquap09

ホール前から入口付近

Aquap10

Aquap11

ホール前とその周辺です^^;

Aquap12

義呂池の北側では「再生堀田」の工事中。
かっては輪中の里に広がっていたという
湿地独特の農業方法「堀田(ほりた)」が再現されるそうで、
来春には完成して公開されるでしょう。

Aquap13

モミジバフウ
これだけの紅葉を見るのは初めての気がしますが?
いやぁ、綺麗なもんです。

Aquap14

パートナー棟から南出口へ、モミジです ^^;

Aquap15

南出口から北入口周辺。
クリークに映る紅葉もまたいい感じでした。

初めて載せる「アクアワールド水郷パーク」の紅葉。
異国的な雰囲気を感じる公園だけに、
また違った趣のある紅葉風景でした。  camera 11日

2016年11月11日 (金)

上石津緑の村公園の紅葉 

岐阜県大垣市上石津町にある「緑の村公園」。
三島池から戻る途中に、
昨年見た紅葉を思い出して立ち寄ってみました。

特に紅葉で有名なところではありませんが、
緑の村公園からバンガロー村へと続く道筋で紅葉が楽しめます。

Midorinomura01

駐車場から”あひる池”を回り込んで

Midorinomura02

色づいた木々の紅葉を見ながら、
芝生広場を通り抜けて宿泊施設の「奥養老」へと行きます。

Midorinomura03

「陶村工房(陶芸教室)」に出てバンガロー村への車道を行きますが、
紅葉の道はこの施設の前から始まります。

Midorinomura04

Midorinomura05

まだ早いかと思っていましたが・・・

Midorinomura06

これは思った以上の染まり具合

Midorinomura07

Midorinomura08

もちろん、染まったところを撮ってはいますが、
昨年もこんな荷綺麗な紅葉だったか?と・・・

Midorinomura09

短い距離ですが、
ここは少し坂道になっていて登るにつれ彩りが変化します。

Midorinomura10

まぁ、日が差したこともあり、
綺麗に撮れたかな?とも思いますが ><;

この先、バンガロー村への道はまだ青葉が多く、
今回は日の差す国道365線への道を下ります。

Midorinomura11

順光でも綺麗な紅葉に、
これは少し裏からも見てみたいと

Midorinomura12

ちょっと道なき土手筋に下りてみました ^^;

Midorinomura13

Midorinomura14

逆光で見る紅葉は文句なし!綺麗で見ごろです。

来た道を戻りますが

Midorinomura15

あらためて順光で見る紅葉・・・

着いたときには厚い雲に覆われていて、
ここでも日差しを待って我慢の撮影でしたが、
予想以上の紅葉が楽しめました。   camera 9日

2016年11月10日 (木)

三島池の紅葉

紅葉情報も”見ごろ”のところが少しずつ増えてきましたが、
ここは”見頃間近”から”見ごろ”との情報 でした^^;
滋賀県米原市池下にある「三島池」です。

以前にいちど載せていますが、
情報が載るほどの名所?とは思いませんが ><;
見ごろならばと出かけてみました。

Mishimaike01

この日は晴れ間が少なく風が強いなんとも寒い冬日?
晴れ間を待っての撮影ですが・・・

Mishimaike02

流れる雲を見ながらの紅葉見物

Mishimaike03

そうは続かない晴れ間で、
日が差したり曇ったりと・・・天気が変わります ><;

Mishimaike04

それでなくても紅葉はまだ”見頃間近”が正解で、
曇るとやはり紅葉が冴えません。

Mishimaike05

池から「グリーンパーク山東」へと回ります。

Mishimaike06

キャンプ場の周辺をひと回りしますが

Mishimaike07

できるだけ日差しのなかの紅葉をと

Mishimaike08

ずいぶんと時間をかけた撮影(自分的には ^^;)

Mishimaike09

Mishimaike10

この辺りはモミジの木が少なく

Mishimaike11

どちらかというとナンキンハゼの紅葉です。

Mishimaike12

こちらの赤はニシキギ

Mishimaike13

トレーラーハウス周辺と

Mishimaike14

ナンキンハゼの木が多く、
モミジと違って落葉が早いかもしれません。

Mishimaike15

「グリーンパーク山東」から戻った三島池、
まだカモたちも少ないですね ^^;

各地の紅葉も
どうやらこの週末あたりからが見ごろでしょうか?
この日の寒さでいっきに色づきそうです。  camera  9日

2016年11月 9日 (水)

甲賀市 大鳥神社

滋賀県甲賀市鳥居野にある「大鳥神社」。
以前にスタンプラリーでめぐったJR草津線の甲賀駅から
北に約1.5kmほどにあり、旧大原村の氏神として信仰を集め、
社殿の多くが国登録文化財に指定されている神社です。

駅から県道を北に行き、途中から田園地帯には入ると

Ootori01

大原川に架かる赤い「祭神橋」があります。
ここから約200mほど

Ootori02

左右に石灯籠の立ち並ぶ参道?が続き

Ootori03

ふたたび県道に出ると一の鳥居?があります。

くぐってさらに行くと

Ootori04

大橋川に架かる「大鳥橋」。
正面には石造反橋(太鼓橋)がありますが、
橋は渡ることができず・・・

Ootori05

横にある橋を渡ります。

Ootori06

橋の手前にある「大原ぎおん」の碑。
7月に行われる例祭「祇園祭」は「大原ぎおん」と呼ばれ、
本祭の「花奪神事」はその華麗さと荒々しさで知られている・・・と。

Ootori07

延享元年(1744)の架設といわれる太鼓橋

Ootori08

Ootori09

その前にある石段を上ると扁額の掛かる鳥居

Ootori10

先には京都八坂神社の西門を模したという朱塗りの楼門と
左右に延びる透塀(すきべい)が目をひきます。

Ootori11

楼門をくぐると正面に「拝殿」

Ootori12

右に「神楽殿」

Ootori13

左側には「神饌所」が配され

Ootori14

「中門・祝詞(のりと)殿」に本殿
祭神は素盞鳴尊(すさのおのみこと)。

陽成天皇の元慶六年(882)平安初期に勧請され・・・と、
歴史は古いものの、大正5年に本殿を残しほとんどが焼失。
大正9年に復興され現在に至っているとも。

Ootori15

戻る境内
鳥居周辺の紅葉が少しだけ色づいていました。

滋賀県内でも有数の神社仏閣がある甲賀市。
周辺には先に紹介した「油日神社」や、「櫟野寺(らくやじ)」など、
数多くの歴史的遺産があります。   camera 10月24日

2016年11月 8日 (火)

信州上田 岩谷堂観音

今回もまた先の信州上田の旅から、
観光地といえるスポットではありませんが ><;
思い出したように引っ張り出しています。

長野県上田市御嶽堂にある「宝蔵寺(岩谷堂観音)」。
丸子の中心部から西、
依田川を臨む地にそそり立つ岩壁の中腹にあり、
木曽義仲が戦勝祈願をしたお寺で、
樹齢800年ともいわれる”義仲桜”とともに
桜の名所としても知られているところ・・・とか。

Iwayado01

参道入口に立つ「六地蔵」をみながら

Iwayado02

急な長い石段を上ります。

Iwayado03

途中から見える山門

Iwayado04

その手前にある桜の老木が樹齢800年という「義仲桜」

Iwayado05

「龍洞山」の額が掛かる山門を、
見上げるようにくぐると・・・

Iwayado06

右手に「岩谷堂観音」御堂があります。
創建は平安時代初期で
比叡山の第三代座主・慈覚大師円仁によって開かれる。

Iwayado07

その横、見上げるような崖のなかにある「楓の前」。
平家の猛将「平景清」の寵妃”楓の前”が、
ここに隠棲して、景清と平家一門の菩提を弔ったという・・・。

Iwayado08

背後にある「二尊堂」

Iwayado09

「楓の前」横に付けられた石段を、
月見堂展望台へと上ります。

Iwayado10

展望台から、
目の前に広がるのは依田川と丸子の町並み

Iwayado11

展望台から眺める岩壁

Iwayado12

その下に建つ「岩谷堂観音」
これはなかなか雰囲気のある場所に建つ御堂でした。

Iwayado13

御堂のちょうど下側にある脇参道から、
奥に見えるのは「聖徳太子堂」です。

どうも旅に出るとこうした観光地らしからぬ、
人のいない場所を探しては立ち寄ってしまいます。
ただ、桜の咲くころは賑うようですが ^^;  camera 10月11日

2016年11月 7日 (月)

奈良円成寺の紅葉

奈良市忍辱山町にある「円成寺」。
名勝・浄土庭園の紅葉を楽しんだあとは拝観です。

拝観受付から本堂、御堂が建ち並ぶ境内周辺は
たくさんのモミジの木がある訳ではありませんが、
その分、まとまった紅葉が楽しめます。

Enjyouji201

受付から「護摩堂」前

Enjyouji202

本堂前と楼門、奥に拝殿

Enjyouji203

楼門からの庭園は”中島”

Enjyouji204

楼門横から本堂

Enjyouji205

境内東側には、
右に拝殿と奥に宇賀神、そして鐘楼があります。

Enjyouji206

左手前にある春日堂・白山堂

Enjyouji207

Enjyouji208

その前の紅葉は、
ちょうど中空から日が差していて綺麗です ^^;

Enjyouji209

Enjyouji210

数少ないモミジの木ですが

Enjyouji211

本堂廊下に座して

Enjyouji212

本堂を回り込んだ護摩堂前からと
今年最初の紅葉を堪能・・・

Enjyouji213

拝観をすませて戻る途中に一枚!

奈良のやや北に位置する「忍辱山 円成寺」。
奈良でも少し早くから色づき始めるところですが、
思っていた以上に綺麗な紅葉でした。  camera  5日

2016年11月 6日 (日)

紅葉見頃!奈良円成寺庭園

各地の紅葉便りも山間部以外はまだ”色づき始め”が多いですが、
近県でただ一か所”見ごろ”となっったところがありました。
奈良市忍辱山町の「円成寺」です。

土曜日は渋滞がひどい東名阪自動車道を避けて、
敢えて下を走ったこともあり到着がお昼になりましたが、
おかげで太陽はちょうど真上にありました ^^;

駐車場から名勝・浄土式庭園に出ます。

Enjyouji01

天気は快晴!
まず庭園南側から中島と楼門

Enjyouji02

正面から

Enjyouji03

東門(見えません ^^;)

庭園を西から東へと回り込んでいきます。

Enjyouji04

Enjyouji05

色づいたばかりのモミジ葉が綺麗です。

Enjyouji06

庭園の西端から東

Enjyouji07

受付入口への石段下から、
いったん東門を出て戻ります。

Enjyouji08

この辺りも色づいたばかりでしょうか。

Enjyouji09

真っ赤なモミジもいいですが・・・
まだ緑の混ざったグラデーションもいいもんです。

Enjyouji10

Enjyouji11

今年最初の紅葉見物!
時間はかかりましたが走ってきた甲斐がありました ^^;

Enjyouji12

楼門前

この日は入山するかどうか迷っていましたが、
これだけ染まっていれば文句なし!
このあとは本堂や諸堂周辺の紅葉です。  camera 5日

2016年11月 5日 (土)

R477 鈴鹿スカイライン

急に秋らしくなったと思ったら、もう冬の気配すら感じて、
今年は冬の到来が早いかのかもしれませんね ^^;

この日は花も紅葉も関係なくドライブでもしようかと、
久しぶりに国道477号、旧鈴鹿スカイラインから近江でした。
とはいえ、紅葉の便りも気になるところ 、
スカイラインは山岳道路、やはり山の景色に目がいきます。

R47701

鈴鹿スカイライン武平峠駐車場、
この辺りは標高800mほどですが・・・

R47702

まだ紅葉も色づいていません ><;
(御在所岳の紅葉は現在中腹あたりだそうですが?)

R47703

武平トンネル
この道には御在所岳や鎌が岳、雨乞岳への登山口があり、
休日などには多くの登山者の車で
各所にある駐車場は満車の時が多いところ。

R47704

トンネルを出た滋賀県側
こちらにもまた登山口があり、この日はほゞ満車でした。

まだ紅葉には早かったですが、
滋賀県側に下ります。

R47705

旧スカイラインのゲート近くにある「浦谷遊園地」。
現在も閉園になっていて車は入れず、一応、立ち入り禁止です。

R47706

周辺は色づき始めた紅葉ですが、
この時間は朝日が射し込む逆光で綺麗でした。

傍を流れる野洲川に沿って下って行くと、
甲賀市土山町大河原に出ます。

R47707

野洲川ダム
ダムから見下ろす大河原集落です。

R47708

集落にある「若宮八幡社」、
境内を通って行くと”大河原園地”に出ます。

R47709

野洲川に架かる「若鮎橋」

R47710

ここは甲賀の奥座敷ともいわれる大河原温泉、
温泉施設「かもしか荘」があります。
改装でしばらく工事中でしたが・・・綺麗になりました。

R47711

野洲川と大河原園地。
一応、紅葉の綺麗なところですが(自分では ^^;)
まだ色づき始めたばかりです。

R47712

園地を通って川沿いをひと回りします。

R47713

まもなくここも綺麗な紅葉が楽しめると思いますが、
今年の紅葉は少し遅れ気味でしょうか?

大河原から野洲川と離れて少し走ると平子峠、
過ぎると日野町平子には入ります。
ここからは日野川沿い、しばらく蔵王ダムに沿って走り、
蔵王を過ぎて音羽から仁本木に入ります。

R47714

突然でした!
目の前に広がるコスモス畑・・・

R47715

以前に載せた西大路のコスモス畑の東側、
まだ咲き始めだった畑がこの日は満開でした。

さすがに今回は数枚を撮ってそのまま通りすぎます ^^;
R477はさらに西へと続きますが、
この日は途中から離れて近江八幡でした。  camera 2日

2016年11月 4日 (金)

近江八幡 野田のコスモス畑

つい1週間ほど前に近江八幡市で偶然見かけた
コスモス畑を載せたばかりですが、
ここも同じ近江八幡市、野田町のコスモス畑です。
この日はR477(鈴鹿スカイライン)沿いのドライブでも楽しもうと、
日野町経由で出かけた近江八幡市の帰り道でした。

県道26号から国道8号線に出る少し手前です。

Omi801

Omi802

もう遅いだろうと今年はあきらめていたところでしたが・・・
この日も思わず車を停めてしまいました。

Omi803

花はもう終盤で、すでに終わった畑もあり、
ちょっとアップには耐えられないほど花殻が多いですが ><;

Omi804

遠くから眺める分にはまだ十分に綺麗です。

Omi805

少し遠くになりますが新幹線も走り

Omi806

県道沿いには近江鉄道の電車も走ります。

Omi807

ただ、少しロケーションが悪いのが難でしょうか ^^;

Omi808

どうしても余分な建物や送電線の鉄塔、
電柱などが入ります。

Omi809

とはいえ、
滋賀県でも最大級のコスモス畑のひとつ。

Omi810

夏のヒマワリとともに、
ごみの不法投棄防止と町おこしのために始まったという。

約200万本のコスモスが咲く野田町のコスモス畑。
さすがに遅すぎましたが、
ラストチャンス?の花を楽しみました。  camera 2日

2016年11月 3日 (木)

信州上田 前山寺

以前に旅した長野県上田市。
ちょっと古くなりますがボツにするのにがもったいない・・・
そんな名刹をあらためて。

上田市内から別所温泉へと向かう途中にある塩田平。
その南方、東前山山麓の集落に、
「未完成の完成の塔」と呼ばれる国重文の三重塔が建つ
「前山寺(ぜんさんじ)」があります。

Zensanji01


参道入口にある冠木門

Zensanji02


くぐった先にあるケヤキの巨木、
左には広大な庭園?が目を引く参道を行きます。

Zensanji03


突き当りにある薬医門

Zensanji04


くぐると・・・
正面に見える「三重塔」

Zensanji05


右に”モクゲンジ”、左に”イチョウ”の木を前景として、
イチョウの横には大きな「法経院塔」があります。

Zensanji06


境内右手、奥深いところには「鐘楼堂」

Zensanji07


左手にはまた見事な木造茅葺の「本堂」
本尊は「金剛界 大日如来」です。

Zensanji08

そして、三重塔(国重文)
塔は三間三重で、高さ19.5メートル、屋根は杮葺

Zensanji09

左奥にあるのは「明王堂」

塔の建立年代は不明ですが、
様式上は室町時代の初期と推定され

Zensanji10

二・三重には窓や扉、廻廊に勾欄もなく、
長い胴貫が四方に突きだしていることから
「未完の完成の塔」と呼ばれる・・・と。

Zensanji11

庫裡前奥山には「茶室」があり

Zensanji12

その下には池泉式庭園

静かな山間にひっそりとたたずみ、
季節の花々が咲くという花の寺。

Zensanji13

信州上田の独鈷山麓にある「前山寺」、
庭園風の境内から見下ろす塩田平はまた絶景!

別所温泉周辺には多くの仏閣がありますが、
ここもまた歴史を感じる古刹でした。   camera 10月10日

2016年11月 2日 (水)

JRで行く滋賀のまち歩き終章

滋賀県の観光アプリ「ビワイチApp」でめぐるスタンプラリー
「JRで行く滋賀のまち歩き」。
この日は琵琶湖線の野洲駅(ロケ地はマイアミ浜)、草津駅、
湖西線大津京駅から「近江神宮」、京阪坂本「日吉大社」でしたが、
”ロケ地めぐり”もまずはこれにて最終回です。

今回は映画”ちはやぶる”のロケ地でもある「近江神宮」。
大津京駅から1kmほどの歩きですが、
途中の錦織(にしこおり)住宅街のなかには
史跡「近江大津宮錦織遺跡」があります。

Oumijingu01

大津京についてはいまさらながらですが、
調査によりその宮廷跡はここがその中枢地区であったという。

まぁ、いきなり大津京の史跡を見せられて ^^;「近江神宮」へ。

Oumijingu02

参道の途中から石段を上り「二の鳥居」をくぐりると、
先にある多くの歌碑、句碑群を見て手水舎へ。

Oumijingu03

次が朱色の見事な「楼門」へと
さらに石段を上ります。

Oumijingu04

楼門をくぐると中庭があり、
その先にはまたまた「外拝殿」への石段です。

この日は七五三やお宮参りでしょうか、
多くの参拝者で賑わっていました。

Oumijingu05

石段を上った外拝殿の先にあるのが内拝殿。
祭神は天智天皇(天命開別大神)で、神社としての歴史はまだ新しく、
昭和に入って昭和天皇の御勅許により創建。

Oumijingu06

本殿・内外拝殿を回廊が取り囲み、
近代神社建築代表的なものとして国の登録文化財に登録。

参拝順路に従って回廊を行きます。

Oumijingu07

朱塗りの柱の建つ参拝路を進むと

Oumijingu08

左手には「栖松遥拝殿(せいしょうようはいでん)」
かつて高松宮家の邸内社・御霊殿として
有栖川宮家以来の御霊を祀っていた建物が移築されています。

ここから北神門へ下ります。

Oumijingu09

左手には「神楽殿」ありますが

Oumijingu10

神門の塀に掲げられているのは百人一首。
ここは正月の「かるた祭り・かるた開き」で知られるところ。

Oumijingu11

北神門
他にも神座殿中庭の建物には「かるた額」が掲げられています。

Oumijingu12

その中庭

Oumijingu13

ひときわ目を引く「古代火時計」は、
古代中国で使われていたと伝えられる。

Oumijingu14

こちらは「漏刻(水時計)」
天智天皇創始(中大兄皇子とも)という漏刻だそうですが、
いずれも時計業界から献納されたもの。

境内には他にも日時計や「時計館」もあり、
時計とのかかわりがある神宮でもあります。

オマケ!
たくさんの歌碑、句碑の中から今回は芭蕉句碑 ^^;

Oumijingu15

北神門を下りた左手にあり、
句は ”から崎の松は花より朧にて” 
            貞享2年(1685)野ざらし紀行。

ここも芭蕉の足跡を追って歩いて以来でしたが、
懐かしい思い出のあるところでした。

2016年11月 1日 (火)

岐阜公園 菊人形・菊花展

岐阜市大宮町の「岐阜公園」で開催中の「菊人形・菊花展」。
まだ山菊花壇の盆栽も開花していないだろうと思いながら、
菊人形でも楽しもうかと出かけてみました。

今年も西入口からでしたが

Gifup01

快晴の金華山頂に岐阜城。

最初にある「山菊総合花壇」の菊花は・・・

Gifup02

予想どうり?まだこれからでしたが ^^;

Gifup03

Gifup04

大菊、自由花などの花壇はさすがに綺麗です。

Gifup05

「菊人形菊庭園」
こちらも花はまだ咲き始めですが、
いつもながら綺麗に作庭されています。

そして最初の菊人形

Gifup06

今年のテーマは「信長公 稲葉山城攻略」
菊人形は信長と、美濃三人衆といわれた斎藤方の
氏家卜全・安藤守就・稲葉一鉄でした。

Gifup07

千輪仕立て

Gifup08

物見櫓の菊人形

Gifup09

Gifup10

大菊

Gifup11

美濃菊

Gifup12

こちらも大菊と続きますが・・・
この辺りの花壇は綺麗です。

Gifup13

そして「信長の庭」

Gifup14

今年も”茶を愛した信長の思い”をテーマにした、
信長と濃姫の変わらぬ菊人形でした ^^;

Gifup15

最後は北入口にある「大小小作り・小菊盆栽」の花壇
残念ながらこちらもまだこれからでした。

「岐阜公園 菊人形・菊花展」
山菊、小菊盆栽花壇の見ごろはまだこれからでしたが、
開催は~11月23日(水・祝)までです。 camera 10月30日

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »