2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 信州上田・真田の郷 | トップページ | 北国街道上田・柳町 »

2016年10月13日 (木)

信州上田・別所温泉

信州上田の旅は真田氏ゆかりの地めぐりでしたが、
もうひとつの目的が「別所温泉」でした。
信州最古の温泉もさることながら、
この地にある3寺、特に「北向観音」がそのひとつ。

散策は温泉を楽しんだ翌朝でした。

Bessho01

まずは外湯の「石湯」から。
”真田幸村隠しの湯”とありますが・・・それは
女忍者”お紅”との初混浴、幸村18歳の春だったとか ^^;

Bessho02

散策路に入って気が付きましたが、
外湯「慈覚太師之湯」は歩いて来た後ろにありました ><;

ここを曲がると目的の「北向観音」です。

Bessho03

参道から境内には入ると正面に本堂

Bessho04

右に「鐘楼」

Bessho05

その奥には「護摩堂(不動堂)」

Bessho06

境内広場から本堂

Bessho07

境内北東隅にある「額堂」
絵馬堂ですが、現在は仁王尊が安置されています。

Bessho08

額堂の横、中央には秩父三十四観音が安置された
「札所観音堂」、その横には「愛染堂」が建っています。

境内の西側です。

Bessho09

鐘楼横にある”愛染カツラ”
樹齢1,200年ともいわれる霊木ですが、曰くは省きます。
いまさらながらですが・・・
川口松太郎の「愛染かつら」はあまりにも有名 ^^;

Bessho10

その前にある「温泉薬師瑠璃殿」と多くの歌碑に句碑
中央は北原白秋の歌碑ですが・・・

Bessho11

あえて、その横にあった芭蕉の句碑を ^^;
”観音のいらかみやりつ花の雲” 貞享3年(1686)・笈日記

北向観音は常楽寺が本坊で、
その「常楽寺」はここから歩いて10分ほどのところにあります。

Bessho12

見事な茅葺きの本堂ですが、
ここには弘長2年(1262)の刻銘のある石造多宝塔があります。

Bessho13

本堂裏手のスギ林の中、中央がその石造多宝塔(重文)。

そしてもうひとつの見どころ

Bessho14

本堂前にある「御船の松」
樹齢350年と言われ宝船の形に見える・・・見えるでしょうか ^^;

Bessho15

ちょっと場所を変えてみましたが。

ここにはもうひとつ国宝「八角三重塔」のある
「安楽寺」があります。
こちらも見応え十分なお寺ですが・・・またの機会に。  11日

« 信州上田・真田の郷 | トップページ | 北国街道上田・柳町 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信州上田・別所温泉:

« 信州上田・真田の郷 | トップページ | 北国街道上田・柳町 »