2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月31日 (月)

JRで行く滋賀のまち歩きⅢ

滋賀県の観光アプリ「ビワイチApp」でめぐるスタンプラリー
「JRで行く滋賀のまち歩き」。
今回は湖北の「余呉駅」から、湖西線へと入ります。

スタンプラリーは「マキノ駅」から湖西線の「高島駅」へ。
ここは以前に”お城めぐり”でも下車した駅ですが、
今回の”ロケ地めぐり”では”白鬚浜”でした。

Shirahige01

駅から約2kmほどの歩きで到着、
ロケ地としての作品は”江~姫たちの戦国”や”銭形平次”など。
夏にはキャンプ場や水泳浴場として人気ですが、
見どころは白砂のビーチだけ ^^;

で、ここから少し先にある「白鬚神社」まで行きます。

Shirahige02

神社のシンボル的な存在でもある、
琵琶湖に浮かぶ朱塗りの大鳥居。

Shirahige03

ちょうど激しいにわか雨のなかでしたが ><;
晴れていれば鳥居の先に沖の島が見える素晴らしい景色です。

Shirahige04

国道161号線を挟んで建つ鳥居と本殿、
ここは横断歩道がなく横断には要注意!^^;

Shirahige05

拝殿
祭神は猿田彦命(さるたひこのみこと)。
創建は約2,000年前、近江最古といわれる歴史を誇り、
現在の社殿は豊臣秀吉の遺命によってその子秀頼が寄進。


Shirahige06

境内駐車場から本殿、拝殿と絵馬殿

Shirahige07

「若宮社」と一段上にある上の宮

Shirahige08

右手の鳥居をくぐって上がると「紫式部歌碑」があります。
”みおの海に 網引く民のてまもなく 立ちゐにつけて 都恋しも”
越前国主として赴任する父藤原為時に従って
この地を通ったときに詠んだものといわれます。

Shirahige09

その背後にあるのは三社の合同社と

Shirahige10

その横には伊勢神宮 内宮、右側に 外宮の社があります。

さらに上がると

Shirahige11

天満宮、稲荷社、寿老神、鳴子弁財天、
さらに奥にはパワースポットといわれる「岩戸社」です。

ここには芭蕉句碑もありますが・・・

Shirahige12

今回はこの与謝野鉄幹・晶子夫妻の歌碑です ^^;
”しらひげの  神のみまへにわくいずみ これをむすべば 人の清まる”
上の句は鉄幹、下の句は晶子が詠んだ合作という・・・。

Shirahige13

あらためて国道を挟んだ湖上鳥居・・・

”近江の厳島”とも呼ばれる近江最古の大社。
ここはスタンプ対象のロケ地ではありませんでしたが、
湖上に浮かぶ鳥居を見たくて久しぶりの訪問でした。

2016年10月30日 (日)

JRで行く滋賀のまち歩きⅡ

滋賀県の観光アプリ「ビワイチApp」でめぐるスタンプラリー
「JRで行く滋賀のまち歩き」。
今回は”ロケ地めぐり”ということで、
花めぐりやミニ旅の合間を見て少しづつ続けています ^^;

すでに数カ所を回ってきましたが、
この日はJR草津線の甲賀駅と油日駅でスタンプをゲットしたあと、
油日駅からロケ地の「油日神社」でした。

Aburahi01

JR草津線の油日駅、チョッと斜めから撮っていますが、
真正面から見ると傍にある看板のように、
忍者が巻物を銜えて印を切る姿に見えます ^^;

「油日神社」はここから東に約2kmほど。

Aburahi02

滋賀県と三重県の県境にある「油日岳」の北西麓、
甲賀市油日にあります。

Aburahi03

鳥居をくぐって表参道を行くと

Aburahi04

見事な楼門(国指定重文)

Aburahi05

楼門の西に延びる西参道

Aburahi06

西の鳥居

Aburahi07

梵鐘
江戸時代初期、元和6年(1620)に寄進されたという。

Aburahi08

楼門をくぐると「拝殿」(国指定重文)

Aburahi09

楼門から続く東廻廊

Aburahi10

そして西の廻廊

Aburahi11

拝殿から本殿

Aburahi12

明応2年(1943)の上棟(国指定重文)。
南北に本殿・拝殿・楼門 が一直線に並び、
廻廊が取り付く中世の神社建築は滋賀県内でもここだけとか。

Aburahi13

本殿横にあるコウヤマキ(市指定天然記念物)
樹齢750年という神木。

Aburahi14

油の火の神として庶民の信仰が厚く、
現在でも全国油業界の信仰を集めているそうです。

Aburahi15

油日岳
この山頂に油日大明神(あぶらひだいみょうじん)が降臨し、
そのとき大光明を発したので「油日」の名が起こったという・・・。
山頂には「奥宮」が祀れています。

この企画、全線を列車で回ったら何日かかるやら ><;
まぁ、効率よくどう回るか?
それも楽しみながら・・・このあとも続きます ^^;

2016年10月29日 (土)

偶然に・・・コスモス畑

滋賀県近江八幡市白鳥川沿いの県道。
この道は琵琶湖湖岸道路から国道8号線に出るために
何度も何度も走っている道ですが・・・
この日も湖西から帰る途中でした。

道沿いの休耕田に広がるコスモス畑に、
思わず駐車スペースをみつけて車を停めます。

Omi801

偶然でしたが・・・ちょっとビックリ!
初めて見るコスモス畑でしたが満開です。

Omi802

場所は・・・大房町になるんでしょうか?
見える山は野洲市の三上山か?

Omi803

振り返れば、すぐ傍には八幡山です。

Omi804

雨模様の天気が残念でしたが

Omi805

きれいに咲いたコスモス

Omi806

Omi807

近江八幡のコスモスといえば、
ここから市街地を挟んである野田町が有名ですが
(夏はヒマワリ畑でも知られます)

Omi808

Omi809

こうして偶然に出会うコスモス畑もうれしいものです ^^;

Omi810

あらためて・・・

迫る夕暮れを気にしながらでしたが、
思わぬコスモス畑にひと息入れた戻り道でした。  camera 26日

2016年10月28日 (金)

JRで行く滋賀のまち歩き

滋賀県びわこビジターズビューロー公式アプリの
「ビワイチApp」で観光スポットをめぐるスタンプラリー。
前回はJRで行く滋賀の”お城めぐり”でしたが、
今回は第6弾!ということで”ロケ地めぐり”です。

すでに何度か出かけていてスタンプをゲットしていますが、
これまでに回ったところから
その見どころを載せていきたいと思います ^^;

Biwaichi201

今回もやはり長浜駅からでしたが、
スタンプのロケ地は長浜御坊「大通寺」でした。

Biwaichi202

Biwaichi203

ここは何度も訪れていて知り尽くしたところ。
ただ、ロケ地となった作品は”偉大なる”、”しゅららぽん”など、
これは知りませんでした ><;

ということで、
今回も列車の本数が多い琵琶湖線からからスタート!
次は南に下って彦根市河瀬駅に。

Biwaichi204

ここから旧中山道の間の宿・豊郷へ。
約4kmほどの歩きでロケ地は「豊郷小学校旧校舎群」ですが、
実は今回のスタンプラリーにはJRだけでなく他線も入っていて、
ここでは近江鉄道「多賀大社駅」でした。

路線に詳しい方ならお気づきかと思いますが、
近江鉄道を使えば豊郷までは歩かなくても行けます><;

Biwaichi205

ただ、今回もあくまでJRでの歩きがメインでした^^;
で、その途中にあった「阿自岐神社」。

Biwaichi206

文政二年(1819)建立
三間社流造、向拝一間、 檜皮葺本殿は県指定有形文化財。

それも、さることながら・・・

Biwaichi207

Biwaichi208

境内にあるこの庭園
広大な池と大小の島々からなる神苑ですが

Biwaichi209

Biwaichi210

これがまた見事なものでした。
こういうことがあるから歩きは止められません ^^;

Biwaichi211

長~い参道?を歩いて行くと旧中山道に入ります。
実に10年ぶりの中山道でしたが・・・
道筋と見どころはしっかりと覚えています ^^;

そして街道筋にあるスタンプポイントのロケ地は
「豊郷小学校旧校舎群」。

Biwaichi212

今は教育委員会事務局や図書館が入っていますが、
施設は開放されていて見学できます。

Biwaichi213

ここでロケがされた作品は”逆転裁判”、”15歳の志願兵”など、
どれも知らない作品ですが・・・
できれば内部も紹介したい施設でした。

このあと、近江鉄道豊郷駅から多賀大社駅、そして彦根へと戻り、
ふたたびJRで近江八幡駅と乗り継いで次の「八幡堀」へ。
今回もまた「ビワイチスタンプラリー」で琵琶湖一周 ^^;
滋賀の”ロケ地めぐり”を楽しみます。    camera  20日

2016年10月27日 (木)

花フェスタ 花の地球館

チョッと終了日が近い高取の”かかし巡り”を挟みましたが、
「花フェスタ記念公園」に戻ります。

「世界のバラ園」を楽しんだあとは、
いつものように東エリアのロータリーのバラ園から
「花の地球館(大温室)」へと行きます。

Hanafesut01

ハナミズキが色づき始めたポッポの道を、
東エリアへと行きますが散策路の斜面に花はありません。

Hanafesut02

語らいの広場前を走るポッポ!

Hanafesut03

ロータリーのバラ園も
花数は少ないものの見ごろです。

花トピア前には新しい花の庭があります ^^;

Hanafesut04

”ブンちゃんのお庭に秋がやってきた~♪”
が、テーマだそうですが・・・

Hanafesut05

”バラまつり”期間中の限定でしょうか?
花に埋もれた”熊のブンちゃん”のおうちです ^^;
ここは知らなかったですが撮影スポットでしょうか。


さて、「花の地球館」

Hanafesut06

今回のガーデンショーは、
ハロウィンをテーマにした”ハロウィンガーデン”でした。
初めて上から下へと下りていきます  ^^;

Hanafesut07

上からはハロウィンの飾りが下がり

Hanafesut08

Hanafesut09

かぼちゃをはじめ、ハロウィンのイメージカラーである
オレンジ・パープル系の植物や

Hanafesut11

Hanafesut12

コウモリにたくさんのお化けなどの装飾で
でハロウィンが演出されています。

Hanafesut13

フロアに置かれた巨大カボチャには、
たくさんの人たちの願いのメッセージが貼られています!

”ハロウィン”の装飾は13日(日)まで、
「ガーデンショー」は11月27日(日)までです。  camera 22日

2016年10月26日 (水)

高取 町家のかかし巡り

奈良県高取町で開催されている「高取町家のかかし巡り」。
始まってからすでに終盤に入っていますが(~31日(月)まで)、
今年も案山子たちに会いに出かけてきました ^^;

近鉄壺阪山駅前から土佐街道筋にかけて、
約200体の案山子が飾られています。

Takatori01

駅前から土佐街道に出て最初の交差点。
サブ会場のひとつですが、
たくさんの案山子がで迎えてくれます ^^;」

Takatori02

今年のテーマは”トトロの世界”だそうで、
案山子とともに”トトロ”がいます ^^

Takatori03

ここは”牛の居る所”に変わってから数年・・・
今年も力作が並びます。

Takatori04

この日は久しぶりの日曜日でしたが、
まだ人の少ない土佐街道。

Takatori05

ここも毎年力作が楽しめる「じいちゃん ばあちゃんの館」。

Takatori06

子供たちの成長を毎年案山子で綴ってみえますが、
今年は”ハロウィーンと子供たち”でした ^^

あとは町筋の案山子から

Takatori07

お店の前や

Takatori08

町家の案山子を楽しみながら・・・

Takatori09

メイン会場の「街の駅 城跡」です。

Takatori10

Takatori11

Takatori12

会場内は案山子で作られている”トトロの世界”。
いつもながら手の込んだ作品が楽しめるところ ^^;

そして古民家には

Takatori13

Takatori14

これまでにメイン会場で展示された多くの案山子たちが勢ぞろい?
懐かしい案山子たちに再開できます ^^;

Takatori15

観光案内所「夢創館」の庭。

今年の”かかし巡り”はこの先、
「児童公園」のある札の辻まででした。

Takatori16

最後は少し戻って「池田邸屋敷跡」の三叉路、
日常風景を表現したという案山子たちが集まっています。
案山子に混じった本物の人もいますが、分かるでしょうか? ^^;

高取町「町家のかかし巡り」。
今年もまた楽しい案山子たちとの出会いでした。  camera 23日

2016年10月25日 (火)

花フェスタ秋のバラ園Ⅱ

花フェスタ記念公園の「秋のばらまつり」。
「バラのテーマガーデン」のあとは「世界のバラ園」です。

西ゲートから”みみのテラス”へと続くバラロードは
”バラの歴史と魅力をたどる径”だそうですが、
どちらかというと音楽広場に目がいってしまいます ^^;

Hanafesw01

”みみのテラス”ができてから
ここはずいぶんと雰囲気が変わりました ^^;

Hanafesw02

テラスから見下ろす「世界のバラ園」の西側、
見た目はやはり寂しい感はありますが・・・
秋はやはりこんなもんでしょうか。

Hanafesw03

各コーナーの咲いているところを撮りながら、
南から北、西から東へと順不同で回っていきます。

Hanafesw04

Hanafesw05

咲いたボリューム感のあるところもありますが・・・

Hanafesw06

咲きそろっているところも
遠くから見るとまばら感があります ^^;

Hanafesw07

”世界の殿堂入り”コーナー

Hanafesw08

通り抜けます ><;

Hanafesw09

その北側に出ました。

Hanafesw10

北の園路を回り込んで

Hanafesw11

東側にある”地球花壇”
今年はコスモスが植えられていました。

Hanafesw12

中央部はイノシシの被害で倒れた花もありますが、
全体には綺麗で、まだ見ごろが続きそうです。

Hanafesw13

思わぬコスモスも楽しめた「世界のバラ園」でした。

秋はバラが一年で最も色鮮やかで美しいという・・・
そんな秋のバラ園を楽しんだ「花フェスタ記念公園」。
「秋のバラまつり」は11月13日(日)まで開催中! camera 22日

2016年10月24日 (月)

花フェスタ秋のバラ園Ⅰ

花フェスタ記念公園「秋のバラまつり」。
バラを後回しにして「茶室・織部庵」を先出ししましたが、
あらためて西ゲートからこの日のバラ園です。

天気は晴れるとの予報でしたが・・・曇り空です ^^;

Hanafesb01

お馴染みのマスコットキャラクター
「ゆめか」と「ゆめと」が迎えてくれる西ゲート。

Hanafesb02

”テラスガーデン”から”水とバラの庭”を見て

Hanafesb03

”ロイヤルローズガーデン”へ。

Hanafesb04

咲く花はやはり寂しいですが・・・
ものすごいバラの香りに包まれます ^^;

Hanafesb05

桂由美さんのローズユミガーデンを見て

Hanafesb06

「バラのベルベデーレ」へ。

Hanafesb07

ここから”コンテストガーデン”、”フォーマルガーデン”へと、
「テーマガーデン」の円型バラ園をひと回り。

Hanafesb08

さすがにボリューム感のある春のバラ園とは違って、
秋は花数が少なく、
チョッと寂しく感じるのは仕方ないですね ><;

Hanafesb09

その分、花の色も香りも濃厚になり

Hanafesb10

Hanafesb11

バラが一年で最も美しいとき・・・だそうです ^^;

円型バラ園から”アンネのバラ園”を通り

Hanafesb12

”青いバラの庭”

Hanafesb13

アップで撮るのが精一杯の花数です ^^;

Hanafesb14

”香りの庭”に入りましたが、
こちらはさらに寂しいですが・・・人気のバラ園 ^^;

Hanafesb15

”香りの庭”に秋明菊。
バラを見に来て何を撮っているんだといわれそうですが、
見事な咲きように思わず ><;

最新(22日現在)の開花情報では”見ごろ”でしたが、
例年の咲きように比べると少し寂しく感じたのは自分だけか?
このあとは「世界のバラ園」へ・・・続きます。  camera  22日

2016年10月23日 (日)

花フェスタ記念公園 織部庵

岐阜県可児市にある「花フェスタ記念公園」。
今、「秋のバラまつり」が開催中ですが(11月13日(日)まで)、
バラも見ごろを迎えた・・・との情報に出かけました。

この日はバラもさることながらまず向かったのは
「茶室・織部庵」です。

Hanafes01

珍しくイベント見物は、
織部庵の広間で開催中の”花器と花の展覧会”でした。

Hanafes02

と、いっても、花器(陶器)やいけばな(華道)には
まったく疎い身で、興味があったのはその建物の内部 ^^;

ここからは許可を得ての撮影。

Hanafes03

いけばなの飾られた玄関の間。

遠い昔、
紅葉の美しい日本風庭園を見たことがありますが、
その建物の内部は今だ見たこともありません。

この日はちょうどイベントの開催日と絶好の好機 ^^;

Hanafes04

すぐに渡り廊下で、その先に広がる日本風庭園。
左手に見える建物が茶室だった?かと・・・

Hanafes05

茶室への渡り廊下?

Hanafes06

北側にある広間棟

千利休の亡き後「天下一の茶人」となった武将古田織部にちなみ

Hanafes07

その「織部好み」と呼ばれる
独創的な様式を随所に取り入れたという茶室「織部庵」。

Hanafes08

もちろん花器もこのイベントの展示作品。

Hanafes09

三方に開口部が設けられた広間には

Hanafes10

この日のイベントのためにいけばなが飾られ、
いつもとはチョッと違った雰囲気かもしれません。

Hanafes11

西側にある大きな濡縁が広間棟の特徴でしょうか。

Hanafes12

北側は少し狭い平面的な庭になっています。

いつもは閉まっていて見ることのできない「織部庵」ですが、
(事前連絡すれば見学可のようです)
この日はイベント開催のおかげで見ることができました。

Hanafes13

こちらは何度も載せている立礼席棟入口。
床(ゆか)に美濃産の陶板が敷かれています。

この日は茶室には入れたかどうかが?でしたが、
こうしたイベントに巡り合わないとなかなか見れない
「織部庵」の建物内部でした。     camera  22日

2016年10月22日 (土)

ブルーボネット・秋

少し古い記事になりますが、
名古屋港ワイルドフラワーガーデン「 ブルーボネット」です。
今年は9月に思わぬ天候不順が続いたため、
”ワイルドフラワーの里”の花は生育不足とか・・・。

花の情報は別にして、
10月は毎年恒例の「ハロウィーンイベント」に、
「AUTUMN GARDEN」が開催中です。

Bluebonnet01

お馴染みのハロウィーン仕様に飾られた撮影ポイント!

園内はイエローコスモスを中心とした
秋の草花に彩られるはずでしたが・・・

Bluebonnet02

イエローキャンパスも寂しく・・・これはまだ早いのか?
それともやはり発育不足か? ><;

園内はすっかり”ハロウィーン”ですが

Bluebonnet03

お馴染み、ウッドデッキには恒例のフラワー展示イベント、
秋を彩る綺麗なお花で描かれた”ボネットちゃん”です。

Bluebonnet04

「サニーハウス」前には金は飾りも ^^;

Bluebonnet05

レモンイエローに染まるのは「花の谷」も、
何やら晩秋の趣です。

Bluebonnet06

「カリヨンの鐘」
名古屋港ガーデンふ頭に停泊しているのは「飛鳥Ⅱ」。

Bluebonnet07

「ワイルドフラワーの里」
情報どおり花は寂しく、すでに来季への準備中 ^^;

Bluebonnet08

「日本・テキサス友好の庭」
たくさんのシュウメイギクが咲いていますが、
赤紫の八重(貴船菊)

Bluebonnet09

「ボネットちゃん」もハロウィーン

Bluebonnet10

「ジャパニーズワイルドフラワーガーデン」にはワレモコウに

Bluebonnet11

ホトトギス

Bluebonnet12

Bluebonnet13

「キッチンガーデン」

ブルーボネットハロウィーン!
今日、22日(土)には年に1度の”ハロウィーンフェスティバル”
限定夜間イベント!が開催されます。   camera 16日

2016年10月21日 (金)

木曽三川公園センター

岐阜県海津市の「木曽三川公園センター」。
恒例の「秋の花物語」が開催中です。(~11月3日(木・祝)まで)
台風の影響をうけたコスモスも順調に回復しているとの情報に、
別用で長浜へ出かける途中に立ち寄ってみました。

いつものように北駐車場からです ^^;

Sansenc01

北入口近くにあるソバ畑に咲く赤ソバ・高嶺ルビー

Sansenc02

センタープロムナード

Sansenc003

Sansenc04

左手に咲くキバナコスモス

Sansenc05

そして大花壇のコスモスです。
台風で受けたダメージで小さい花だけが残ったのか?
と、一瞬思いましたが・・・背丈が小さい種類だそうです ^^;

花は見ごろですが

Sansenc06

この日(20日)はイルミネーション準備のために
すでに刈取り作業をするとか ><;
そのため園路には立ち入り禁止でした。

Sansenc07

ということで・・・、
大花壇以外に残るコスモスは
プロムナードと芝生広場周辺だけになるようです ^^;

Sansenc08

「三川池」もイルミネーションの準備中!

Sansenc09

プロムナード南側には枯れコキア?

Sansenc10

芝生広場のコスモスは
南側から北側へと広場に沿って植えられています。

Sansenc11

花は蕾が多く見ごろはまだこれから

Sansenc12


大花壇のコスモスが刈取られるということで、
チョッと寂しい「木曽三川公園センター」ですが、
しばらくはこちらがメインになりそうです。 camera 20日

2016年10月20日 (木)

大垣 平町のコスモス畑

秋晴れのなかでのコスモスめぐりは、
羽島市市之枝から県道18号線を北西へ走って大垣市平町へ。

大垣大橋を渡り県道50号線に入るとすぐに目的地。
ここは夏のヒマワリでお馴染みですが、
秋はコスモスが咲きます。
ヒマワリ以来でしたが・・・こちらも見ごろです。

Hiramachi01

県道からその全体、コスモス畑はご覧の2枚 。
ちょうど新幹線が通り過ぎました ^^;

Hiramachi02

ヒマワリ畑のすぐ隣(東側)にあり、
やはりコスモスと新幹線との競演が楽しみなところでしょうか。

Hiramachi03

ワンちゃんも新幹線が通ると見物?^^;

Hiramachi04

県道側と新幹線側、
コスモス畑はどちらも見ごろです。

Hiramachi05

新幹線を待ちながら・・・
秋空と

Hiramachi06

通過する新幹線 ^^;

Hiramachi07

とにかく、列車はひっきりなしに通過します。

Hiramachi08

すれ違いを待ちます。

Hiramachi09

思っていたよりチョッとタイミングがずれましたが

Hiramachi10


Hiramachi11

まぁ、コスモスと新幹線、
いろいろと楽しめて時間を忘れます ^^;

とにかくここは花を愛でるより、
通過する新幹線と遊ぶのが楽しみでしょうか。
そんな大垣平町のコスモス畑でした。  camera 18日

2016年10月19日 (水)

羽島 市之枝のコスモス

羽島市市之枝の「羽島市浄化センター」北に広がる休耕田に、
約1200万本のコスモスが植えられていて
「いちのえだ田園フラワーフェスタ コスモス2016」が開催中!

メインイベントは15(土)・16(日)に行われたようですが、
コスモスはこれからが見ごろのピークでしょうか。

Ichinoeda01

ここも広大なコスモス畑で近隣でも人気のところ。

Ichinoeda02

一部ではまだまばらな咲き様のところもあり

Ichinoeda03

近づくとつぼみも多く

Ichinoeda04

Ichinoeda05

全体では7~8分咲きでしょうか?

Ichinoeda06

満開まではあと少しとはいえ・・・
さすがに綺麗です。

Ichinoeda07

Ichinoeda08

朝日を浴びるコスモス

Ichinoeda09

快晴の秋空!

Ichinoeda10

この日は平日でもあり、
見物客もまだ少なくボツボツでしたが

Ichinoeda11

地元の子供たちの園外学習?でしょうか。

Ichinoeda12

関係者の方の話を聞きながら、
特別運行の花トラクターでコスモス畑をひとめぐり ^^;

Ichinoeda13

朝から汗ばむような暑さでしたが・・・
この日はそんな暑さも忘れるような秋景色。

見事な市之枝のコスモスを楽しみました。  camera 18日

2016年10月18日 (火)

日野”秋のさじき窓アート”

日野町西大路のコスモスを楽しんだあとは、
”日野まちなか歴史散策と秋のさじき窓アート”でした。

15(土)・16(日)に行われた日野町秋の恒例のイベント!
手のうちは分かっていても、
ぶらりと楽しむにはこれ以上はない天気でした ^^;

Hinos01

町の中心部、大窪の交差点から「綿向神社」まで、
約1.5kmの町なか散歩ですが、
”さじき窓”のメインは「まちかど感応館」からになります。

Hinos02

さじき窓の中には飾りもあれば・・・窓だけのところも ^^;

Hinos03

さじき窓が無い家でも、
中ではいろんなイベントが開催されています。

Hinos04

それを楽しみ体験するのも
また町なか歩きの楽しみでしょうか。

Hinos05

Hinos06

さじき窓から楽しみ

Hinos07

家の中にお邪魔して楽しむ飾りなど・・・
町の歴史と文化も紹介されています。

Hinos08

日野にかかわる食器類に民芸品など

Hinos09

この日は日野ならではの”さじき窓”が主役 ^^;

Hinos10

人力車も走って
商人町の風情が残る町並みが盛り上がります。

Hinos11

日野の祭りには欠かせない同じみの”鯛素麺”、
もちろん、この日の昼食はこの弁当でした ^^;

Hinos12

見て、楽しんで・・・ぶらり日野町

Hinos13

「綿向神社」参道に入ると、
「日野商人ふるさと館」の”さじき窓”

Hinos14

ここでは一番大きく立派だという「西大路の曳山」が公開中!

ちょうどお囃子の演奏中でしたが、
この2日間は特別に曳山に載せてもらえるという、
うれしいサービスもありました ^^;

Hinos15

そして「馬見岡 綿向神社」。
春に行われる「日野祭」はこの神社の例大祭ですが、
「桟敷窓」はその祭りを見るための特別席です。

この日は久しぶりの町なか散策、
日野”秋のさじき窓アート”でした。  camera 15日

2016年10月17日 (月)

近江日野のコスモス畑

久しぶりに朝から快晴の先週末でした。
晴れれば少し遠出でもと思っていただけに、
花と祭り?でも楽しもうかと鈴鹿山脈を越えます ^^;

昨年は見れなかった日野町西大路のコスモス畑。
毎年同じころに出かけているため、
そろそろ見ごろではないかと走りました。

Hinoc01

この日は「ブルーメの丘」には入園しませんでしたが、
その駐車場からです ^^;
端っこの畑はまだ咲き始めでしたが・・・

Hinoc02

まずは道路を挟んだ左側(山側)から。

Hinoc03

ブルーメの丘を見てぐるりと回ります ^^;

Hinoc04

Hinoc05

綿向山と鈴鹿の雨乞岳

Hinoc06

Hinoc07

久しぶりに日差しのなかで見るコスモスです ^^;

ここはそんなに広くはないですが、
周りの田園風景に鈴鹿の山脈も見えて好きなところ。

Hinoc08

花の綺麗なときにとタイミングをみて来ていますが、
山側にはまだ咲き始めたばかりの畑があります。

Hinoc09

道を挟んだ西側、
こちらもまだ咲き始めの畑がありますが・・・
手前にある見ごろの畑から。

Hinoc10

やはり青空に映えるコスモス!

Hinoc11

Hinoc12

文句無し!です ^^;

Hinoc13

楽しませてもらいました。

このあとは、いつもなら「ブルーメの丘」のコスモスですが、
この日は外から見てもあまりパッとせず ><;
日野市の町歩き、「秋のさじき窓アート」でした。  camera 15日

2016年10月16日 (日)

東員町のコスモス畑

菰野町田光から東に走ると員弁郡東員町。
三重県の北勢地区ではこちらも有名なコスモス畑がありますが、
14日現在の開花情報は”5分咲き”でした。

少し間を開けた方がよかったかな?とも思いましたが・・・
帰り道になるため立ち寄ってみました ^^;

Toin01

”5分咲き”
こちらも広いだけに咲きムラがありチョッと??ですが、
一部では見ごろのところもあり、まぁ、そんなところでしょうか。

Toin02

今年のコスモス畑は東員消防署の南側だけです。

Toin03

会場が変わったとはいえ、広いコスモス畑だけに、
やはり満開になれば見事でしょう。

Toin04

Toin05

咲いているところをチョイスしています ^^;

Toin06

場所的にはちょうど北勢線の線路が見えて、
お馴染みの”黄色いガタンコ”との競演が楽しめます。

その”ガタンコ”を待ちます ^^;

Toin07

この日の開花を見て撮る場所は2ヶ所、(自分的には ^^;)

電車は30分に上下1本ずつ(時間によって違いますが)
同時に近いかたちで通過します。

Toin08

西桑名からの下り電車が来ました。

Toin09

通りすぎて東員駅に入線します。
すぐに上りの電車が来ますが・・・

Toin10

その合間に場所を変えながら「藤原岳」を一枚 ^^;

Toin11

上り列車通過!

Toin12

Toin13

ちょっと遠くからの撮影でしたが花と遊んでみました ^^;
満開になればまた違った角度からも
コスモスと”黄色いガタンコ”との競演が楽しめそうです。

東員町のコスモス畑、
見ごろのピークはこの週末明け?からでしょうか。  camera 14日

2016年10月15日 (土)

菰野町・田光のコスモス

10月も中旬になり気になっていたコスモスですが、
この日は周辺のコスモスめぐりでした。

まずは三重県菰野町にある田光(たびか)のコスモス畑。
近隣のコスモス畑でも早くからテレビで放映され、
すでに”コスモス地域交流会”も終わっていて
いちばん気になっていたところでした。

Tabika01

いきなり”イエローキャンパス”の黄色い帯に目がいきましたが、
その手前には”あかつき”や”ピコティ”が咲いています。

今年は国道306号線の西側、
朝明郵便局南西の山麓側に約40万本のコスモスだそうです。


Tabika02

中央正面、鈴鹿の山々を背景に
ちょうどピークを迎えて見ごろでしょうか。

Tabika03

その右手(北側)にもコスモス畑ですが、
イエローキャンパスが綺麗だけに・・・

Tabika04

Tabika05

なかなか先に進めません ><;

Tabika06

その北側のコスモスを見ながら
コスモス畑の中央に延びる道を頂部へといきます。

Tabika07

その途中から見下ろしていますが、
場所は変わってもここは毎年広大なコスモス畑です。

Tabika08

下に戻ってきましたが、
やはりイエローキャンパスがアクセントになりますか ^^;

Tabika09

こちらは北側にあるヒマワリ畑に咲くコスモス。
見える山は「釈迦ヶ岳」と左に「猫岳」、「羽鳥峰」の山容。

Tabika10

咲き残るヒマワリを

Tabika11

少しだけですが、コスモスとともに楽しみます ^^;

Tabika12

Tabika13

いちばん下にある畑から。
こちらはややピーク過ぎの感がありましたが、
”ピコティ”のアップを楽しみました ^^;

菰野町では今年も各所にコスモス畑が点在しますが、
なかでも人気のここ、田光のコスモス畑でした。  camera 14日

2016年10月14日 (金)

北国街道上田・柳町

信州上田の旅、その見どころをめぐったつもりの旅でしたが、
気が付けばほとんどが神社仏閣めぐりになっていました。
上田城跡に真田氏本城跡も「真田神社」に真田氏ゆかりの
神社仏閣が多く・・・まぁ、止む無しともいえますか ><;

そんななかでここだけは別でした^^;市街地を通る「北国街道」、
その道筋に残る”柳町”の景観です。

Hokkoku01

「上田城跡(公園)」をひとめぐりして北虎口に出ます。
観光駐車場をから二の丸通りを北に歩き北国街道には入ります。

Hokkoku02

東に向かって歩きますが後ろが善光寺側「坂木宿」
ここから東にある「海野宿」へと向かうことになります。

道筋は職人町の紺屋町を抜けていきます。

Hokkoku03

蛭沢川に架かる緑橋を渡るとそこからが柳町。

Hokkoku04

Hokkoku05

白壁の土蔵と格子の建物が見事な雰囲気で、
これが往時の町筋か?とも思うほど。

Hokkoku06

お味噌の醸造元の建物ですが、
この界隈にまずビックリさせられて・・・

Hokkoku07

先の交差路を曲がると
その先に北にまっすぐ延びる町筋になります。

柳町、その名の由来か?また印象的な柳の木。

Hokkoku08

Hokkoku09

道の角にある「保命水」
明治14年に海禅寺境内の湧き水を引いて以来、
町の人々や北国街道を往来する人々に利用されていたという。
水道が引かれた現在も一部がこうして保存されています。

Hokkoku10

隣りにあるお蕎麦屋さん ^^;

Hokkoku11

建ち並ぶ建物も商家の町らしく、袖うだつがあがり、

Hokkoku12

見慣れた宿場町とはまた違った、
江戸時代のものとは思えない綺麗な町筋です。

Hokkoku13

酒屋の蔵元
表の看板に、思わずお邪魔しました。

Hokkoku14

店内に飾られていたお雛さんです ^^;
享保雛に古今雛、五人囃子も素晴らしい飾りでした。

Hokkoku15

柳町の南口
ポケットパークの傍にある柳町の案内板です。

北国街道はここで東に折れ、すぐに南の原町へと入りますが、
かっての上田宿にはその面影はありません。  camera 10日

2016年10月13日 (木)

信州上田・別所温泉

信州上田の旅は真田氏ゆかりの地めぐりでしたが、
もうひとつの目的が「別所温泉」でした。
信州最古の温泉もさることながら、
この地にある3寺、特に「北向観音」がそのひとつ。

散策は温泉を楽しんだ翌朝でした。

Bessho01

まずは外湯の「石湯」から。
”真田幸村隠しの湯”とありますが・・・それは
女忍者”お紅”との初混浴、幸村18歳の春だったとか ^^;

Bessho02

散策路に入って気が付きましたが、
外湯「慈覚太師之湯」は歩いて来た後ろにありました ><;

ここを曲がると目的の「北向観音」です。

Bessho03

参道から境内には入ると正面に本堂

Bessho04

右に「鐘楼」

Bessho05

その奥には「護摩堂(不動堂)」

Bessho06

境内広場から本堂

Bessho07

境内北東隅にある「額堂」
絵馬堂ですが、現在は仁王尊が安置されています。

Bessho08

額堂の横、中央には秩父三十四観音が安置された
「札所観音堂」、その横には「愛染堂」が建っています。

境内の西側です。

Bessho09

鐘楼横にある”愛染カツラ”
樹齢1,200年ともいわれる霊木ですが、曰くは省きます。
いまさらながらですが・・・
川口松太郎の「愛染かつら」はあまりにも有名 ^^;

Bessho10

その前にある「温泉薬師瑠璃殿」と多くの歌碑に句碑
中央は北原白秋の歌碑ですが・・・

Bessho11

あえて、その横にあった芭蕉の句碑を ^^;
”観音のいらかみやりつ花の雲” 貞享3年(1686)・笈日記

北向観音は常楽寺が本坊で、
その「常楽寺」はここから歩いて10分ほどのところにあります。

Bessho12

見事な茅葺きの本堂ですが、
ここには弘長2年(1262)の刻銘のある石造多宝塔があります。

Bessho13

本堂裏手のスギ林の中、中央がその石造多宝塔(重文)。

そしてもうひとつの見どころ

Bessho14

本堂前にある「御船の松」
樹齢350年と言われ宝船の形に見える・・・見えるでしょうか ^^;

Bessho15

ちょっと場所を変えてみましたが。

ここにはもうひとつ国宝「八角三重塔」のある
「安楽寺」があります。
こちらも見応え十分なお寺ですが・・・またの機会に。 camera 11日

2016年10月12日 (水)

信州上田・真田の郷

大河ドラマ「真田丸」もクライマックスを迎えますが、
遅まきながら・・・信州上田の旅をしてきました。
さすがに今の上田城(城跡公園)は凄い人出で、
あらためてドラマの影響を痛感 、
いまさら「上田城」でもないかと・・・気持ちはこちらでした^^;

「上田城址公園」から北へ約30分ほど走ると、
真田氏発祥の地と知られる真田郷、現在の上田市真田町です。

Honjyo01

もちろん目当ては「真田氏本城跡」

真田の郷のほゞ中央にあり、
上田城築城以前の本拠であったといわれる山城跡。

Honjyo02

ここもやはり人気ですが・・・
上田城とは比較になりませんが静かです ^^;

Honjyo03

入口から”堀切(防御のため峰や尾根を切った堀)”が続きますが、
斜面の草むらには当時の登城道でしょうか?らしき道が。

Honjyo04

縄張りは進むにつれてはっきりとしてきますが、
堀切の続く先には”土塁”が現れます。

Honjyo05

回り込んで行くと本郭(本丸)跡に

Honjyo06

背後にあるその土塁

Honjyo07

さらに奥(北側)へと続く縄張りは
二の郭、三の郭と続く細長い縄張りになっています。

Honjyo08

本郭にある説明板の先が

Honjyo09

二の郭から三の郭

Honjyo10

一段下には虎口跡に

Honjyo11

わずかに残る石積み跡です。

Honjyo12

城跡から眺める先には
正面中央に「砥石城」(一段低い尾根)がはっきりと見えます。

オマケ! ^^;

Honjyo13

大河ドラマのシーンで撮影に使われた場所、
第3話で信繁ときりが座った白樺の木が残されていました ^^;

ここから少し南に下ったところにある「真田屋敷跡」

Honjyo14

大手門跡

東西に広がる居館跡で、西には「真田氏歴史館があり、
今は「御屋敷公園」として整備されています。

Honjyo15

本館のあとには真田昌幸が上田城へ移る際に勧請したと
伝えられる「皇太神社」があり、
真田氏一族の貴重な遺構が各所に見ることができます。

真田氏ゆかりの地、見どころはたくさんありますが、
やはりここ、真田の郷の「真田氏本城跡」でした。 camera 10日

2016年10月11日 (火)

信州上田

長雨も終わってようやく晴れの続く予報に、
延期していた信州上田の旅です。
上田といえばやはり真田氏ゆかりの地!
旅は上田城跡から真田の郷、そして、別所温泉。
今回は一泊と短いですが、
楽しみだった旅を続けています。



2016年10月10日 (月)

戸田川緑地

名古屋市港区にある「農業文化園・戸田川緑地」です。
今はこれといった花はありませんが、
この日は「秋まつり」が開催中(~10日月・祝まで)。

ちょっと天気がイマイチでしたが・・・
咲いている花を見ながら園内の散歩です ^^;

Todagawa01

「農業科学館」のイベントは
”ハロウィンは秋の収穫祭”(~11月6日まで)。

「フラワーセンター」へと続く”陽なた小径”には
シュウメイギクが咲きます。

Todagawa02

Todagawa03

小径に群生するシュウメイギク

Todagawa04

周囲は”まつり”で賑やかですが、
ここはひとり占め ^^;

Todagawa05

花の少ないこの時期に貴重な秋の花です。

小径を抜けて「フラワーセンター」へ

Todagawa06

センター前の花壇にはキバナコスモスにサルビアなど。

館内では繭を使って花をアレンジした
”花まゆ展”が開催中ですが、(~10月30日まで)
残念ながら撮影禁止。

綺麗な作品を楽しんだあとは園内の散歩です。

Todagawa07

今年のコスモスは、
どこも天候不順のためでしょうか?
生育不足で遅れ気味のようです。

Todagawa08

農園には咲き始めた秋のヒマワリ(つぼみ多し ^^;)

Todagawa09

中央地区(右岸)北側のサトザクラの道には、
季節外れの”松月”が数カ所にさいていました。

折り返して中央地区(左岸)・とだがわ生態園へ

Todagawa10

水田の”島畑”には稲田に案山子。

いつものように
戸田川左岸を南下して南地区入口に戻り「花の丘」。

Todagawa11

Todagawa12

今はサルビアとセンニチコウが綺麗です。

Todagawa13

丘の北側に咲くコスモスは、
悪天候の影響を受けて倒れた花が多いです。

この日も曇り空でしたが秋まつりで家族連れが多く、
賑わう戸田川緑地でしたが・・・
どうやら秋の日差しが戻りそうですね。  camera 9日

2016年10月 9日 (日)

陶史の森のキノコ

すっきりしない天気に出かける気にもならず、
写真の整理などしながら過ごしていますが 、
ネタも切れてもう一度だけ「陶史の森」です ><;

シラタマホシグサを見るために”自然探求路”に入りましたが、
すぐに「林泉の池」があります。

Rinsen01

鯉が泳ぐ池ですが、この周辺が湿地帯でもあり、
池を取り巻くように整備されているのが「綾部の道」。

その道沿いにはたくさんのキノコが生えています。

Kinoko01

初めは気にもしなかったんですが、
あまりに多いため途中から撮り始めました ^^;

Kinoko02

名前はさっぱり分かりませんが・・・

Kinoko03

撮りだしたら面白くなり、
この日採った、いや、撮ってきた ^^;キノコを集めてみました。

湿地のあとは「志野の道」

Kuri01

道に落ちたたくさんの山栗

Kuri02

弾けた実もたくさんありましたが・・・
通りすぎます ><;

Kinoko04

撮っていて素人でも楽しいですが、
キノコの好きな方ならなおさらでしょう。

Kinoko05

Kinoko06

いろんなキノコがあります。

 Kinoko07_2  Kinoko08

食することができるのか、それとも毒キノコなのか??

Kinoko09

分からないままでしたが、それでも面白い ^^;

初めて載せる?キノコたち、
いろいろと楽しませてくれる「陶史の森」でした。 camera 6日

2016年10月 8日 (土)

陶史の森・散策

「陶史の森」にはネイチャーセンターを中心に、
陶器にちなんで名前の付けられた、たくさんの散策路があります。
湿地でシラタマホシクサを見たとは
その路を横切るように頂上にある「展望台」へと行きます。

スタートは第一駐車場横から

Toushi01

最初は”粉引の道”と名付けられた散策路で展望台まで、
案内板には900mとあります。

Toushi02

歩き始めてすぐの道沿いにはシラタマホシクサが咲いていますが、
この先、頂上まで花はありません ^^;

Toushi03

道は途中でいくつかの散策路と交差しますが、
そのつど、案内板があってもちろん迷う心配はなし。

Toushi04

散策路を分けるたびに景色が変わり、
道はアップダウンを繰り返していきます。

Toushi05

途中からはちょっとした山道歩きに ^^;
抜けて”志野の道”に出ると残りは150m。

Toushi06

すぐ先で”青磁の道”に合流すると
目的の「展望台」が見えました。

Toushi08

双眼鏡が供えられた展望台、360度の展望ですが・・・
この日は晴れていたものの遠くは霞んでいました。
ネイチャーセンターの方の話では10時頃までがベストとか。

Toushi09

御嶽山

Toushi10

木曽駒ヶ岳、恵那山方面
手前に見えるのは稚児岩大橋、セラテクノ土岐、
道の駅「どんぶり会館」のドーム型建物です。

Toushi11

しばらく休憩して下山?に使ったのは”志野の道”。

Toushi12

咲き残っていたノギランと

Toushi13

ヤマシロギク
花のない散策路で貴重な?花でした ^^;

たくさんの散策路が整備された「陶史の森」。
この日はその中の少しだけを歩いただけでしたが、
四季折々に自然と親しめるところです。  camera 6日

2016年10月 7日 (金)

陶史の森・土岐市

久しぶりの快晴に出かけたいところはたくさんありましたが、
この日は岐阜県土岐市肥田町にある「陶史の森(とうしのもり)」へ。
初訪問は湿地に咲くシラタマホシクサと、森の散策です。

森の中心となる「ネイチャーセンター」には、
一番遠い大駐車場に車を停めて歩きます ^^;

Toushim01

森の北側に広がる「雲五川せせらぎ公園」
中央丘陵地の森林を活用して整備された「生活環境保全林」で、
「土岐いきものふれあいの里」として多くの施設があります。

それはのちほど、として、
まずはこの日の目的でした湿地に咲くシラタマホシクサです。

Toushim02

「ネイチャーセンター」から”自然観察路”へ入ると、
その西側はもう全体が湿地帯 ^^;

Toushim03

小さいですがいくつかの湿地帯には
いちめんにシラタマホシクサが咲いています。

Toushim04

ここにはたくさんの散策路がありますが、
この辺りは”トンボの湿地”、”ホタルの里”とあります。

Toushim05

Toushim06

小さい湿地だけに
足元にまで咲き乱れるシラタマホシクサ!

Toushim07

Toushim08

湿地は「野鳥の森」散策路入口まで続きますが、
さすがにこれだけでは単調と、
他の花も探しましたが・・・時期的に中途半端でした ^^;

Toushim09

咲いていたのはサワシロギクが少し ><;

Toushim10

この花は終盤になると色が変わります。

Toushim11

スイラン

できればハッチョウトンボも飛んでくれればと思いましたが・・・
さすがに無理でした ^^;

Toushim12

ここにいたのはこのトンボ!

Toushim13

マユタテアカネ

Toushim14

アカトンボは見分けがよく分かりませんが、
これはネイチャーセンターの写真で確認 ^^;

湿地の花は少なかったですが、
シラタマホシクサは思っていた以上の群生でした。

Toushim15

ひとまず「ネイチャーセンター」に戻ってきましたが、
ここには家族連れも楽しめる動物小屋やチョウの館に、
遊具施設のある「ちびっこ広場」もあります。

このあとは頂上にある展望台へと行きます。  camera 6日

2016年10月 6日 (木)

モリコロパーク 花めぐり

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)の続きです ^^;
この日はコスモスがメインでしたが他にも花が咲いています。
とはいえ、花めぐり?というほどのものではありません。
大観覧車がある西のエリアから東のエリアへ、
そして南にある「日本庭園」へと園内を回る散歩でした。

西のエリアにある「こどものひろば~水のエリア~」

Moricoro01

夏にはたくさんの家族連れで賑わうところですが

Moricoro02

その園路沿いにフヨウが咲いています。

咲いている花は少ないですが・・・

Moricoro03

まだつぼみもあれば

Moricoro04

すでに枯れて結実したものも多く、チョッと複雑 ^^;

そのままバス通りを歩いて行くと「花の広場」に。
手入れ中で花の少ない花壇の中を通り抜けて東のエリアへ。

Moricoro05

Moricoro06

こちらも特に目立った花はありませんが

Moricoro07

たくさんの実を付けた”クロタラリア”ぐらいでしょうか。
ここから”こいの池”沿いに歩いていくと
コスモス畑のある東の「お花畑」に出ます。

先出ししたコスモスを見ながら

Moricoro08

お花畑を回り込んで行くと「あいちサトラボ」です。


Moricoro09

ボランティアの方々が手入れされている入口にある花壇と、
小さなソバ畑の花を見て

Moricoro10

きれいに手入れされた「お花畑」沿いの道を戻ります。

あとは南エリアにある「日本庭園」と、
「サツキとメイの家」ですが・・・この日は庭園を回っただけ ^^;


Moricoro11

日本庭園の紅葉もまだ早く
茶室「香流亭」から”かえで池”沿いを西口広場へ。

Moricoro12

その道沿いにはサルスベリが咲きます。

Moricoro13

背丈の小さいイッサイサルスベリでしょうか?

Moricoro14

まだたくさんの花を付けていました。

Moricoro15

久しぶりにコスモスを見に出かけた「モリコロパーク」。

この日のコスモスは、まだ見ごろには早かったものの、
散歩も兼て咲いていた花を楽しみました。  camera 4日

2016年10月 5日 (水)

モリコロパークのコスモス

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)のコスモス。
”大芝生広場周辺や観覧車前のコスモスが咲き始めた・・・”
という情報からすでに半月が経ちました。
10月8日(土)~10日(月・祝)の3日間、
観覧車前のコスモス畑で「コスモス彩りまつり」が開催されます。

嵐の前か?ひとときの晴れ間になりそうな天気に、
少し曇り空でしたがちょっと出かけてみました。

Moricorop01

この日は久しぶりに”リニモ”です ^^;
駅から真っ直ぐまつりの会場になる西口の「観覧車」前へ。

Moricorop02

ここはそれほど大きくないコスモス畑ですが

Moricorop03

やはり雨の影響か?花も寂しい状態で、
せっかく咲き始めたコスモスも多くが倒れています ><;

Moricorop04

すぐ傍を走る”リニモ”

次の台風もまた接近予報ですが、
花とまつりはどうなるでしょう?ちょっと気にしながら・・・
ここから東にある「お花畑」へと歩きます。

途中の花めぐりはあらためと載せるとして、
こちらも気になった大芝生広場周辺に咲くコスモスです。

Moricorop05

3面あるコスモス畑はまだ咲き始めか?
それとも・・・

Moricorop06

ただ、花畑に植えられたコスモスは、
それ以上に咲いています。

Moricorop07

Moricorop08

まだまだつぼみも多いですが・・・
少しは楽しめる開花状況にひと回り ^^;

Moricorop09

少しだけ銀穂のススキも

Moricorop10

お花畑にはいろんな花も咲いていて、
コスモスとともに楽しめます。

Moricorop11

フレンドシップ広場のエスカレータータワー

Moricorop12

リニモが走ります ^^;

Moricorop13

晴れるとの予報に思わず出かけましたが、
やはりコスモスはまだ早すぎました。

今年は天候不順のためでしょうか?
どこも見ごろは遅れているようです。
さらに北上中の大型台風はどうなるのでしょう ><;  camera 4日

2016年10月 4日 (火)

なばなの里のダリア

曇マークの天気予報が続いていて出かけることもなく、
雨の合間を見ては近くで暇をつぶしていますが、
この日も午後から薄日が差してきたので「なばなの里」へ。

コスモスもいまひとつ元気がありませんが、
咲き始めていたダリアが少しづつ見ごろを迎えています。

Nabanad01

まだつぼみが多いですが、
「花ひろば」の入口周辺は見ごろの花も。

Nabanad02

開き始めたガーデンマム(キク)

Nabanad03

ダリアも台風への防護用柵があるため
咲いてる花もアップでしか撮れないほどです。

Nabanad04

Nabanad05

この花は満開にならないと、
なかなか全体を撮るには難しい花ですが、
小輪は何とかまとめ撮りができます。

Nabanad06

中輪となると
まだ一部ではこれぐらいの咲きよう。

Nabanad07

Nabanad08

大輪はやはりアップで ^^;

Nabanad09

とはいえ、
なかなかうまく撮れないですね ^^;

Nabanad10

Nabanad11

Nabanad12

200種約 8,000株 32、000本のダリア、
現在4割ほどの開花だそうです。

満開になれば見事なダリアが楽しめますが、
また大型台風が接近との予報です。  camera 2日

2016年10月 3日 (月)

いなべ市のそば畑 丹生川中

いなべ市大安町に広がるそば畑、
三岐鉄道三岐線の三里駅から北へ走ると次が丹生川駅。

今回は三岐線沿線のソバ畑選んでいますが、
ここには「貨物鉄道博物館」があり、
線路を挟んだその周囲にバ畑が広がります。

Daiannyu01

丹生川駅

Daiannyu02

傍にある「貨物鉄道博物館(期日限定公開)」。

近鉄富田と西藤原を結ぶ三岐線は
セメントを運ぶ貨物線としても現在唯一運行されています。

Daiannyu03

藤原岳と貨物列車。
いきなり走ってきた貨物列車にあわてましたが ^^;
こちらが線路の右側(東)のソバ畑。

Daiannyu04

左側(西)のソバ畑に代わりましたが、
すぐに通過したのはこちらもセメントを運ぶ貨物列車です。

ソバ畑は主にこちら側に広がります。

Daiannyu05

鈴鹿セブンマウンテンのひとつ「藤原岳」。

ここは”鉄道とそばの花、藤原岳とソバの花の撮影に絶好・・・”
とのことですが

Daiannyu06

西側にはその鈴鹿山脈

Daiannyu07

そして

Daiannyu08

ソバ畑を撮りながら、
走る電車を待ちますが・・・なかなか来ません ^^;

Daiannyu09

待つことしばし、ようやく三岐カラーの電車が来ました。
まぁ、鉄道の沿線を選んだ以上は
やはりソバ畑と電車の1枚ぐらいは載せないと・・・ ^^;

あとはのんびりと里内をめぐります。

Daiannyu10

里の道筋に咲くヒガンバナ

Daiannyu11

大安町丹生川中地区のそば畑。
ここでも思わぬヒガンバナとの競演でした。

この日は三岐鉄道三岐線の駅に近い
大安町の2ヶ所にあるソバ畑でしたが、
いなべ市には他にもたくさんのそば畑があります。 camera 30日

2016年10月 2日 (日)

いなべ市のそば畑 平塚

この日は朝から青空が広がりましたが、
天気は午後から曇り・・・との予報でした。
それなら近場のソバ畑でもと三重県のいなべ市です。

市の中心部から北にかけて点在する多くのソバ畑に、
まず、どこに行けばいいか迷いましたが、
やはり電車の沿線に近いところがいいかと、
まずは大安町の平塚地区です。

Daianhira01

三岐鉄道三岐線の三里駅
もちろん電車ではありませんでしたが、
ここに車を停めて歩きます。

Daianhira02

いきなり、線路脇に咲いていた綺麗なヒガンバナです。
ここは電車を待ってまず一枚!

Daianhira03

このあとも、
周辺に咲き残る?ヒガンバナが綺麗で

Daianhira04

花に導かれるように
ソバ畑を忘れて里内をぶらり  ^^;

Daianhira05

しばらくヒガンバナを楽しんで

Daianhira06

ようやくソバ畑です ^^;

Daianhira07

思っていたよりはやや小さいソバ畑です。

毎年ソバの作付けされる場所が変わりますが、
大安町は昨年とほゞ同じ場所。

Daianhira08

駅からヒガンバナを見て少し遠回りをしましたが、
直接来れば10分ほどでしょうか。

Daianhira09

ややピーク過ぎの感はありますが

Daianhira10

まだまだ綺麗な花が楽しめます。

Daianhira11

ただ、ここではチョッと
ヒガンバナに目がいき過ぎました ><;

ソバの花もいいですが、
ここは電車とヒガンバナもよろしいかと。  camera  9月30日

2016年10月 1日 (土)

藤原宮跡 コスモス情報

奈良県橿原市「藤原宮跡」のコスモス、
まだ開花情報とまではいきませんが、
明日香の帰りに立ち寄ってみた9月27日の情報です。

コスモス畑の”秋ゾーン1”はまだ開花前ですが、
”秋ゾーン2”の、
鴨公小学校東側のエリアが咲き始めています。

Fujiwarakyu01

9月26日現在、
藤原宮のHPによる開花情報では2~3分咲きでしたが、

Fujiwarakyu02

Fujiwarakyu03

27日現在、まだ咲き始めですが、
咲いているところはこんな感じです。

Fujiwarakyu04

花はセンセーションだそうですが、
混じって咲いていたのはシェルでしょうか?

Fujiwarakyu05

全体が見ごろはまだまだ先のようですが・・・
ここは少し早いかもしれません。

ようやく咲き始めたコスモス、
楽しむにはまだ早かったですが、10月になり、
まもなく見ごろを迎えるでしょう。  camera 9月27日

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »