2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« JRで行く滋賀の城巡り Ⅱ | トップページ | 本薬師寺跡 ホテイアオイ »

2016年8月30日 (火)

大津 義仲寺

大津「膳所城跡」から旧東海道を戻って、
膳所駅への”ときめき坂”を見るとすぐにある「義仲寺」。
この地(粟津)で果てた木曽義仲と、
近江を愛した松尾芭蕉の墓があることで知られています。

スタンプラリーの途中でしたが、
大津といえばやはりここは外せません ><;

Gichyuji01

旧東海道沿いにある「義仲寺」、
山門と右には巴御前を追福する「巴地蔵堂」。

Gichyuji02

狭い境内は以前に訪れたときとは様変わり?
ずいぶんと木々の緑が目立ちます。

Gichyuji03

「史料館」の前の芭蕉の木もおおきくなり、
その下には近江を愛した芭蕉の句
”行く春をあふミ(おうみ)の人とおしみける”が建ちます。

Gichyuji04

左には
芭蕉が滞在した「無名庵(むみょうあん)」。

Gichyuji05

そして右には義仲寺本堂「朝日堂(ちょうじつどう)」。
本尊の木彫 聖観世音菩薩に、
木曽義仲・義髙公親子の木像が厨子に納められ、
義仲公や芭蕉ほか31柱の位牌が安置されています。

Gichyuji06

境内左側に立ち並ぶ墓碑塚や多くの句碑、
木陰に隠れていますが・・・

Gichyuji07

芭蕉の名句
”古池や 蛙飛こむ 水の音”の碑

Gichyuji08

その前には、
木曽義仲の側室巴御前の塚「巴塚」です。

Gichyuji09

その傍から奥へと並ぶのが
手前から義仲と芭蕉の墓。

Gichyuji10

木曽義仲公墓
芭蕉が木曽塚と唱えたという木曽塚。

Gichyuji11

芭蕉翁墓
生前から”木曽殿と一緒に・・・”との芭蕉の遺言どおり、
亡骸はここ義仲寺の木曽塚の横に埋葬されました。

Gichyuji12

そして墓の前に建つ「翁堂」
今回は近寄ることができませんでしたが、
堂内には芭蕉翁座像ほか丈艸(じょうそう)、
去来、蝶夢法師像が安置されています。

Gichyuji13

「翁堂」左手の木々の中にあるひときわ大きな碑には、
芭蕉病中句として知られる
”旅に病で 夢は枯野を かけ廻る”が刻まれています。

私事で恐縮ですが、芭蕉を追っかけて始めた我がブログ、
その最初の記事がここ大津での”近江を歩く”でした。
以来何度目か?久しぶりの訪問でした。  camera 26日

« JRで行く滋賀の城巡り Ⅱ | トップページ | 本薬師寺跡 ホテイアオイ »

お出かけ・趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/64121777

この記事へのトラックバック一覧です: 大津 義仲寺:

« JRで行く滋賀の城巡り Ⅱ | トップページ | 本薬師寺跡 ホテイアオイ »