最近のトラックバック

« 鞍馬散策 奥の院 | トップページ | アメリカフヨウ »

2016年7月17日 (日)

京の奥座敷 貴船

鞍馬山散策のあとはセットともいえる貴船の散策でした。

貴船といえば「貴船神社」本宮から奥宮ですが、
ここは京の奥座敷、
この時期はやはり人気の川床でしょうか ^^;

Kifune01

道筋にずらりと並ぶ川床料理のお店。
ただ、ちょうどお昼前で川床はほとんどが”満席” ><;
いまさらながらその人気に驚かされます。

まぁ、こちらは料理には関係がなく ^^;
まずは「貴船神社」に参拝です。

Kifune02

鞍馬山の西門を出るとすぐにある「貴船神社」本宮
二の鳥居をくぐります。

Kifune03

観光客は多いんですが、
人が途切れるのを待ったら撮れました ^^;

Kifune04

山門をくぐるといきなりこの七夕飾り!
ちょうど「七夕笹飾りライトアップ」が開催中でした。

Kifune05

本宮参拝

貴船神社といえば”御神水”と”水占みくじ”

Kifune06

この日は七夕飾りの願いとともに、
多くの子供たちがみくじを手にしていました ^^;

Kifune07

北参道から町筋へでます。

Kifune08

すでに川床では食事中の人たち

Kifune09

貴船神社中宮 結社(ゆいのやしろ)に参拝

Kifune10

境内を回って天の磐船(あめのいわふね)
御神木などを見て戻り

Kifune11

ごった返す町筋を行くと
奥宮手前にある天越橋からの貴船川です。

Kifune12

橋の傍にはご神木の「相生の杉」があり
同じ根から生えた2本の杉は樹齢千年とか。

Kifune13

奥宮への入り口、思い川を渡ります。
先にある木船名石”つつみヶ岩”を見て参道を行きます。

Kifune14

奥宮神門

Kifune15

拝殿前広場

Kifune16

本殿

「貴船神社 奥宮」まで来ましたが、
ほとんどの方はここで戻られます ^^;

実は、貴船神社には各宮にご神木があります。
省きましたが、本宮、中宮(結社)は桂、ここ奥宮は道理の杉。

そしてもうひとつ、
この奥宮からさらに道を行くとあるのが

Kifune17

この貴船神社のカツラノ木です。
特にご神木ではありませんが、
京都市指定天然記念物になっている古木。

ちょっと人知れぬ?場所にひっそりとある、
天然記念物のカツラの木でした。

Kifune18

さらに続くこの道は芹生峠を越えて
山深い京都京北「芹生の里」に出ます。

歌舞伎「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」の
「寺子屋」の舞台となったかくれ里。
また出かけたい場所のひとつです ^^;  camera 14日

« 鞍馬散策 奥の院 | トップページ | アメリカフヨウ »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん

貴船神社も、その時参拝しています。「川床料理」が有名のようで、私も一度は食べてみたいですが、その昔からあったのでしょうね。貧しい当時の私は、きっと知っていても、立ち寄れなかったことでしょう。今ではツアーで募集していますよね。

shuttle さん
貴船の川床料理は大半がツアーのお客さんですね。

川床は夏の人気だけに個人のお客さんも多いですが、
正直、庶民の身としてはちょっと高値の昼食ですね。
以前は手ごろな一品もありましたが、
この日は探せどほとんど同じような川床膳からでした。

京都の夏は暑いと聞きますが、好好爺さんのお写真を
見ているだけだと涼しく感じてしまいます^^
木々の緑が素敵です。
川床での食事は風流で良さそうですが、お値段が凄そうです^^;

杉の樹もカツラの樹もとても立派です。
これだけ大きな樹を間近で見る事が出来るのは良いですね。

いわし さん
貴船は山里だけに京都でもずいぶんと涼しいです。
ただ、この時期は人の多いのが難ですが ^^;

川床では以前に一品料理を食べたことがありますが、
今は会席膳が主でとても手が出ませんでした ><;
貴船神社は3宮とも御神木があり、
どれも樹齢のある古木で見応えがあります。
ここはやはり鞍馬とセットで訪れるのがいいですね^^

 好好爺様
きょうも素敵な、行って観たいと思って居たところを拝見いたしました。
貴船神社は、秋になりますと「シュウメイギク」の綺麗なところでは
なかったでしょうか・・・。最近はこちらでも「シュウメイギク」は咲きますが、
大分前に雑誌でだったと思いますが、貴船神社に楚々として咲いている様子が
印象的でした。
そちらは暑いでしょうねぇ。こちらは浜開きは済みましたが泳ぎには寒い気温です。
お体おいとい下さいませ。

hiro さん
京都の奥座敷といわれるだけに貴船の夏は特に人気です。

秋のシュウメイギク、
貴船菊といわれるだけにここが本元ですが、
最近は花が少なくなったといわれています。
もうずいぶんと前に境内の石段沿いや、
道沿いの玄関先で見た記憶があるぐらいです ^^

小樽も浜開きが終わったんですね。
こちらはようやく梅雨明けしたようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/63920389

この記事へのトラックバック一覧です: 京の奥座敷 貴船:

« 鞍馬散策 奥の院 | トップページ | アメリカフヨウ »