2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 竜吟の森 七滝の小径 | トップページ | 御在所岳のシロヤシオ »

2016年5月18日 (水)

竜吟の森 ウオーキング

「竜吟の森」のハイライト!
「七滝の小径」で滝めぐりを楽しんだあとは、
森をめぐるいくつかの小径を歩きます。

手にしたウオーキングマップから、
6つの小径を結ぶ山コース・約2.9km、
(滝コース約700mは歩いて来たので残り約2km)
の水晶山を経由する周回コースです。

Ryugin201

”七滝の小径”から”せせらぎの小径”を分けて、
竜吟湖を経由する「竜吟湖さわやかの小径」に入ります。

Ryugin202

日差しはまだありませんが、
新緑のまぶしい道を抜けると”百畳岩”への案内板。

立ち寄ります ^^

Ryugin203

森のなかに横たわるようにある
まるでスライダーを思わせるような岩です ^^;

Ryugin204

きれいに整備された木の階段を上って、
県道に出ると

Ryugin205

目の前に広がる?・・・とはいきませんが「竜吟湖」。
土岐川の洪水を防ぐ為、
上流の逆川(さかしまがわ)に作られた防災湖です。

Ryugin206

すぐに湖から離れて入る道は”逆川(さかしまがわ)の小径」、
こちらも気持ちのいい散策路です。

Ryugin207

下ると「観察小屋」と木道の自然路がありますが、
ここは何もなくパス ^^;
ここから少し舗装道を歩きます。

Ryugin208

道沿いに咲く”ミカワバイケイソウ”

Ryugin209

花を楽しみ再び森の中へ。
ここからは”こもれびの小径”です ^^

Ryugin210

タイミングよく日も差し始め、
その名のとおり”こもれびの小径”になりました ^^;

Ryugin211

再び県道に飛び出すと
続いて”やすらぎの小径”には入ります。

ここからは「水晶山」に向かっての軽い登り。
途中で初めて親子連れに出会いましたが、
水晶を採っているという・・・それで水晶山かと納得 ><;

Ryugin212

その水晶山山頂(466m)。
山頂表示板は459mでしたが??

Ryugin213

Ryugin214

”モチツツジ”が咲き残る
「パノラマ展望台」からの景色を楽しみます。

しばらく休憩のあと”鳥屋尾根の小径”を分けて、
”アルプスの小径”には入りましたが、
この道は山頂からいっきに下る急な木の階段 ><;

Ryugin215

鳥屋尾根の道と合流すると休憩所の「東屋」

Ryugin216

下ってきた「水晶山」山頂が見え、
周囲の山々も一望できます。

ここから最後の”深山の小径”を下りますが、
すぐに”ミツバツツジ”や
”ミカワバイケイソウ”の群生地案内板。

Ryugin217

”ミツバツツジ”は終わっていますが、
”ミカワバイケイソウ”の群生を見に立ち寄り
急な道を下って行くと

Ryugin218

”七滝の小径”に合流し「二の滝」に出ました。
ここから「瑞浪市自然ふれあい館」はすぐ ^^

滝をめぐり、新緑の山道を歩いて体リフレッシュ!
ほどよい運動ができて大満足の「竜吟の森」、
一周約2.9kmのウオーキングでした。  camera  15日

« 竜吟の森 七滝の小径 | トップページ | 御在所岳のシロヤシオ »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

緑濃くなった森林のなかのウォーキング、滝めぐりも含めて気持ちがよかったことでしょう。
かなり前に私も(JRさわやかウォークで)ここをウォーキングしました。
先日は大野や神戸町にもおみえだったんですね^^
本当にフットワークが軽い好々爺さん、どうぞこれからもあちこちお出かけされて素敵な写真を見せてくださいね。
お互いに景色や花を大いに楽しみましょう。

スーちゃん さん
ここもすでにウオーキングされていましたか ^^

初めての竜吟の森でしたがここはいいところですね。
滝めぐりに山歩きとバリエーションもあり、
季節を変えて再訪してみたいところです。

大野と神戸のバラ園は毎年楽しみにしています。
もう出かけるのも同じところばかりですが、
ときには新しいところにもと思っています ^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/63639287

この記事へのトラックバック一覧です: 竜吟の森 ウオーキング:

« 竜吟の森 七滝の小径 | トップページ | 御在所岳のシロヤシオ »