2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大垣 春の芭蕉祭 | トップページ | 木曽三川公園チューリップ祭 »

2016年4月 6日 (水)

五条川の桜 犬山市羽黒

以前に五条川の桜を見ようと、
清須市の清州公園から岩倉、江南、大口町を経て
犬山市羽黒まで歩きましたが、
その先はどうなっているのかと気になっていました。

”桜だより”もはや散り始めのところも出始めて
こんなことをしているときではないんですが、
これもまた花見かと ^^;羽黒からの続きです。

Haguro01

名鉄小牧線羽黒駅の傍にある「小弓の庄」。
明治後期に建てられたという銀行の建物で、
羽黒地区のまちづくり拠点施設になっているそうです。

すぐに五条川の桜堤に出ます。

Haguro02

サクラの間に少し見える「尾張富士」。
羽黒地区の五条川もまた、
川面に張り出すように見事なサクラ堤が続きます。

Haguro03

Haguro04

川の左岸に付けられた「尾北自然歩道」もまた同じ

Haguro05

清州から歩いて来たサクラを思い出しながら、
この日もいったいどこまで続くサクラなのかと、
つい、ため息が出そうになります。

Haguro06

歩道と川面には
すでに散り始めた花びらもありますが・・・
見事な古木のサクラ並木です。

Haguro07

しばらくで右から来る上街道(木曽街道)に出会うと、
朝日橋で道は右岸へと変わります。
羽黒橋からここまでわずか1kmほど ^^;

Haguro08

延々と続いてきた五条川も川幅が狭くなり、
サクラも次第に寂しくなってきました。

Haguro09

川面も生い茂る草に隠れるようになり、
見事なサクラ堤もこの辺りまででしょうか。

Haguro10

ソメイヨシノに混じって咲くオオシマザクラ

Haguro11

羽黒桜街道地区の五条川に架かる「桜街道橋」

Haguro12

サクラも少し途切れ始めると

Haguro13

「犬山市羽黒東部老人憩いの家」。

Haguro14

ここで五条川は尾北自然道と離れ
新郷瀬川と合流し南下していきますが・・・
清須市から延々と続いてきた
五条川堤のサクラはここで終わりです。

Haguro15

すぐ前には新郷瀬川に架かる「富士橋」があり、
その北側に咲くサクラと

Haguro16

道に散った花びらが綺麗でした。

「尾北自然歩道」は富士橋を東へ進み、
尾張富士の麓を入鹿池へと向かいますが、
我が身は見えない五条川に沿って
県道を入鹿池から明治村へと歩きます。   5日

« 大垣 春の芭蕉祭 | トップページ | 木曽三川公園チューリップ祭 »

お出かけ・桜」カテゴリの記事

コメント

羽黒駅から明治村、入鹿池まで歩かれたとは、お疲れ様でした。
明治村までは急坂なので大変ではなかったですか?
まだ、岐路もありますし^^;

私も以前、五条川の上流側が気になって自転車で行って見たことがあります。
確か、水門があってそれ以上は行けなかった記憶があります。
羽黒から上流側は、岩倉市や大口町と比べると護岸工事が進んでいないようで
逆に自然の中の川と桜って感じがしますね。
7日は雨が降るようなので、好好爺さんが行かれた時が最後の見頃だったかもですね。

この辺りの桜は、降り方によっては明日の雨で寂しくなってしまいそうです^^;

いわし さん
気になっていた五条川の上流部でした。

羽黒地区も見事なサクラでしたが、
距離的にはあっという間でした。
明治村へは入鹿池経由では坂は気にならないほどです ^^;

五条川は大口町の小口地区で木津用水にぶつかり、
国道41号線を高架橋で越えます。
この間のみわずかですがサクラ堤が途切れますが、
多分この辺りまで行かれたのでしょうか。
今日もまた雨ですね ><;
近辺のサクラはもう終わりかと思いますが、
これからは遅咲きのところになりますね ^^

五条川を清州から歩かれたとはすごい~。
私はもっぱら車で部分部分を見てはいますが、歩くてみるとその良さが数倍感じられそうですね。

風 Kei さん
以前に歩いた続きでした。

この羽黒地区の五条川も見事な桜堤でした。
各地区での桜堤はそれぞれに見ごたえがあり、
飽きることはないですね。
20数キロにわたる五条川の桜、さすがでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五条川の桜 犬山市羽黒:

« 大垣 春の芭蕉祭 | トップページ | 木曽三川公園チューリップ祭 »