2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 木曽川水園の菜の花 | トップページ | いなべ勝泉寺のしだれ桜 »

2016年3月28日 (月)

湖北五山 初山宝林寺

奥浜名湖地区にある初山宝林寺、龍潭寺、方広寺、
摩訶耶寺、大福寺の古刹は湖北五山と呼ばれています。

先に「大本山方広寺」を載せましたが、
ここもまたそのひとつ、
浜松市北区細江町中川にある「初山 宝林寺」です。

Shosan01

県道沿いにある山門

ここはまだ訪れたことがなかったところで、
今回はこの「初山 宝林寺」が見たく、
新しく開通した新東名高速のドライブでした。

Shosan02

山門を入ると正面に「仏殿」があります。

いったん受付のある東入口に戻りますが

Shosan03

ここは藤の花が有名なのか?
参道の左右に藤棚庭園があります。

Shosan04

受付の傍にあるそのひとつ、
小さな藤棚の下から見る仏殿。

Shosan05

江戸時代に中国明から京都の万福寺に
黄檗宗が伝えられて以来、
国内で一番最初に創建されたという末寺で、
漢文4年(1664)に
明国の僧、独湛禅師によって開創される。

Shosan06

右に「報恩同堂」を見て
順路とは逆に左から境内をめぐります。

Shosan07

「梵音堂跡」
明治末期に倒壊、そのあとに建てられるも
昭和初期に再び倒壊し現在に至る・・・と。

Shosan08

赤い幟がはためく参道を行くと

Shosan09

右に「方丈」への道

Shosan10

左に「龍文堂」

Shosan11

Shosan12

正面に「阿弥陀三石仏」
その前に「金鳴石」があります。
この石をたたくと金を叩くような澄んだ音がします。

「龍文堂」で願をかけ、「金鳴石」を叩くと金が鳴る(成る?)、
お金の成る石、宝くじの当たる石とか ^^;

Shosan13

”茅葺き屋根”の「方丈」

Shosan14

仏殿裏の蔵経所

Shosan15

振り返れば
くぐってきた「方丈」への”一之拝門”

Shosan16

大庫裡への門前?
ここは湖北五山の他の古刹より規模が小さく、
見どころは本堂内の仏像群がメインでしょうか。

「湖北五山」でただひとつ、
まだ未訪だった「初山 宝林寺」でした。  camera  21日

« 木曽川水園の菜の花 | トップページ | いなべ勝泉寺のしだれ桜 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/63381752

この記事へのトラックバック一覧です: 湖北五山 初山宝林寺:

« 木曽川水園の菜の花 | トップページ | いなべ勝泉寺のしだれ桜 »