2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 南房総白浜 野島埼灯台 | トップページ | じないまち雛めぐり »

2016年3月13日 (日)

南房総 ぶらり旅

南房総旅の最終日は快晴!となりましたが、
2日目の雨で今年もまた行程は予定通りにはいきません ^^;
これが自由な旅のいいところか?は別にして、
今回の旅の見どころをチョイスしてみました。

白浜をあとに内房を北上していきます。
途中にある「館山城跡」は最終日に予定していましたが、
雨の上がった2日目の最後に変更していました。

Tabi301

戦国大名里見氏の居城跡で
城山公園の一画にある館山城(八犬伝博物館)。

Tabi302

ここが「恋人の聖地」とは知りませんでしたが、
城跡のふもとには
曲亭馬琴(滝沢馬琴)著になる「南総里見八犬伝」の、
モデルとなったといわれる「八遺臣の墓」があります。

Tabi303

公園の麓とはいえ、
地道の散策路を下ったなんとも雰囲気のあるその墓所。
ここはやはり見ておきたかったところでした。

さて、3日目に戻って次なる目的地は
館山市船形にある「大福寺崖観音」でしたが・・・

Tabi304

本堂と山上に見える「崖観音」。
ところが、肝心の崖観音は修理で工事中。

Tabi305

この先は立ち入り禁止で拝観できません ><;
で、それならと行程を変更。

近くにある「那古寺(那古観音)」です。

Tabi306

「仁王門」を入ると

Tabi307

平安時代後期の
阿弥陀如来坐像(県文)を祀る「阿弥陀堂」

Tabi308

その先には宝暦11年(1761)建立の「多宝塔」

Tabi309

そして「本堂」が建ち並びます。
養老元年( 717)に行基が千手観音を刻み、
ここに一宇を建てて祀ったのが始まりと伝えられます。
ここはまた、
「坂東三十三観音札所」の結願寺でもありました。

そして今回の房総の旅、
最後は鋸南町の鋸山にある「日本寺」でした。

Tabi310

鋸山、その一部がほゞお寺ですが、
その山頂にある「百尺観音」入口。

ここには参拝順路が車で2ヶ所、
そして鋸山ロープウエイ経由の3ヶ所があります。
(もちろん登山道は別です ^^;)

今回はロープウエイ経由でした。

Tabi311

山頂に切りたつ険しい崖に囲まれた場所、
そこに刻まれた?大観音像。

さらに上に行きます。

Tabi312

山頂展望台にある「地獄のぞき」
崖の先に突き出た展望所から眺める下は
まさに奈落の地獄を見るということでしょうか。

Tabi313

その展望所は完璧に鉄(アルミ)柵で囲まれ、
恐怖感はありません ^^;

Tabi314

この展望所から下ると「日本一の大仏」をはじめ、
「日本寺」の数々の見どころを回ることができますが、
この日は二人旅・・・ここまででした ^^

Tabi315

白く見えるのは
富津(ふっつ)の大坪山山頂に建つ「東京湾観音」。
(遠くに小さく見えるため切り取っています ^^;)

Tabi316

左手には金谷の町並みと浦賀水道、
そのはるか先には富士山も見えるはずでしたが
この日はチョッと無理でした ^^;

今年もまた天気に悩まされましたが、
早春の南房総を楽しんだぶらり旅でした。   7・8日

« 南房総白浜 野島埼灯台 | トップページ | じないまち雛めぐり »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

地獄のぞき、私は高い場所が苦手なので写真を見ただけでも
ちょっと怖くなってしまいます^^;
岩場に刻まれた観音像は迫力ありますね。
房総半島には一度も行ったことがないので、こんな素敵な景勝地が
あるとは初めて知りました。
なかなか行ける場所ではないので、記事にしていただいた
好好爺さんに感謝です^^

いわし さん
ここはちょっと珍しい山(お寺)でした。

山頂のほんの一部を散策しただけでしたが、
この地獄のぞきは人気スポットのようです ^^
房総半島はなかなか出かけられないところですね。
他にも予定していたところがあり昨年に続いての旅でしたが、
そのスポットは残念ながら今回も雨で中止 ><;
機会があれば再挑戦してみたいです ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南房総 ぶらり旅:

« 南房総白浜 野島埼灯台 | トップページ | じないまち雛めぐり »