2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« いなべ梅林公園 | トップページ | 墨俣光受寺の飛龍梅 »

2016年3月 3日 (木)

二見 賓日館のお雛さん

伊勢市二見町で開催されている「おひなさまめぐりin二見」。
町なかお雛さんを楽しんだあとは、
いつものように「賓日館」に飾られているお雛さんでした。

見学者の多い「賓日館」。

Hinjitsu01

玄関先のお雛さんは
有名人形店の平成の豪華な御殿飾りです。

受付から案内順路に従って

Hinjitsu02

2階「翁の間」には
江戸期から昭和期までの古雛や御殿飾りが並びます。

Hinjitsu03

Hinjitsu04

さすがに見応えのあるお雛さん、
以前に見たものもあれば初めてか?と思うものも・・・
それだけ記憶が薄れているということでしょうか ><;

Hinjitsu05

江戸後期の古今雛

Hinjitsu06

寛永雛

”形代”から始まり”立ち雛”にみられる雛人形が、
初めて座り雛として作られた室町雛以来、
内裏雛など現代雛の源流となるお雛さんです。

Hinjitsu07

こちらは明治期の親王雛ふたつ、
特徴的な衣装・生地の違いがよく分かります。

2階を移動

Hinjitsu08

大広間
中央にはこちらにも伊勢志摩サミット開催を記念した、
変わり雛の”おひなサミット”です。

Hinjitsu09

床の間に展示されていたお雛さん。
「駿河雛」とありましたが、
静岡県駿河区の伝統工芸品だそうで初めて見ました。

1階の展示へ

Hinjitsu10

各部屋に飾られたお雛さん、
今年は創作雛人形がメインでした。

Hinjitsu11

刺繍工芸「室町雛」とありましたが、
これも現代創作雛ですね ^^

Hinjitsu12

我が身としてはどうしてもこちらに目がいきます ^^;

Hinjitsu13

明治に寄贈されたという「源氏枠御殿」。
天保6年(1835)のお雛さんとともに、
前に並ぶ”立ち雛”もまた古いものです。

古雛、現代雛が一度に楽しめる「賓日館」のお雛さん。
「おひなさんめぐりin二見」は3月6日(日)までです。

« いなべ梅林公園 | トップページ | 墨俣光受寺の飛龍梅 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二見 賓日館のお雛さん:

« いなべ梅林公園 | トップページ | 墨俣光受寺の飛龍梅 »