2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月31日 (木)

専通寺のしだれ桜 海津市

岐阜県海津市南濃町奥条にある「専通寺」。

旧海津市南濃庁舎の西側、山の手を入った集落に
ひっそりと佇むお寺ですが・・・
小さな境内に見事な2本の”しだれ桜”があります。

Sentsuji01

駐車場からいったん参道に出て
山門越しに見えるそのしだれ桜

Sentsuji02

山門横から

Sentsuji03

2本の木がまるで寄り添うように見えることから
地元の方たちからは”親子桜”と呼ばれています。

Sentsuji04

正面から回り込みますが

Sentsuji05

Sentsuji06

右が樹齢二百数十年ともいい、
左が樹齢百数十年ともいう古木・・・

Sentsuji07 
本堂正面から

境内いっぱいに花咲く様は

Sentsuji08

まさに名桜

Sentsuji09

平日とはいえ
この日も多くの見物客が訪れ
人気のしだれ桜です。

Sentsuji10

Sentsuji12

Sentsuji13

あらためてその”親子桜”。

養老山地の麓にある「専通寺」。
境内を覆いつくさんばかりに咲く、
見事なしだれ桜の古木でした。   camera 31日

2016年3月30日 (水)

いなべ勝泉寺のしだれ桜

三重県いなべ市北勢町西貝野にある「勝泉寺」。
静かな山間の村にたたずむ古刹ですが、
境内に3本のしだれ桜があります。

前日の新聞に記事が載り、
ほゞ満開とのことで出かけてみました。

Ageki01

境内の入口のしだれ桜

Ageki02

8年前に紹介したときは、
まだ訪れる人も少なく静かでしたが・・・、

Ageki03

マスコミで紹介されたこともあり、
訪れる人たちも年々増え続けているようです。

この日も前日までに紹介されたためか、
すでに大勢の人たちでした ><;

Ageki04

本堂右手にあるのが、
そのなかでもメインとなるしだれ桜。

Ageki05

Ageki06

樹齢340年ともいわれる古木で

Ageki07

Ageki08

度重なる焼失による本堂再建のときに、
2本が植えられたという・・・

Ageki09

綺麗なピンク色した花のしだれ桜は
情報どおり満開!です。

Ageki10

Ageki11

久しぶりに見る
その見事な姿に見惚れました。

Ageki12

入口の木を見ながら
今度は本堂左にあるしだれ桜です。

Ageki13

こちらもかなりの古木で、
メインのしだれ桜に負けず満開!

Ageki14

Ageki15

こちらは白い花びらですが

Ageki16

Ageki17

本堂の左右で違ったしだれ桜が楽しめます ^^;

Ageki18

見ごろは今週いっぱいでしょうか?


Ageki19

こちらはすぐ近くにある墓所のシダレザクラ

Ageki20

これもまた見事な古木で、
勝泉寺のしだれ桜に負けじと満開です。

いなべ市北勢町阿下喜地区の山間にある「勝泉寺」、
満開を迎えた”しだれ桜”を楽しみました。 camera 30日

2016年3月28日 (月)

湖北五山 初山宝林寺

奥浜名湖地区にある初山宝林寺、龍潭寺、方広寺、
摩訶耶寺、大福寺の古刹は湖北五山と呼ばれています。

先に「大本山方広寺」を載せましたが、
ここもまたそのひとつ、
浜松市北区細江町中川にある「初山 宝林寺」です。

Shosan01

県道沿いにある山門

ここはまだ訪れたことがなかったところで、
今回はこの「初山 宝林寺」が見たく、
新しく開通した新東名高速のドライブでした。

Shosan02

山門を入ると正面に「仏殿」があります。

いったん受付のある東入口に戻りますが

Shosan03

ここは藤の花が有名なのか?
参道の左右に藤棚庭園があります。

Shosan04

受付の傍にあるそのひとつ、
小さな藤棚の下から見る仏殿。

Shosan05

江戸時代に中国明から京都の万福寺に
黄檗宗が伝えられて以来、
国内で一番最初に創建されたという末寺で、
漢文4年(1664)に
明国の僧、独湛禅師によって開創される。

Shosan06

右に「報恩同堂」を見て
順路とは逆に左から境内をめぐります。

Shosan07

「梵音堂跡」
明治末期に倒壊、そのあとに建てられるも
昭和初期に再び倒壊し現在に至る・・・と。

Shosan08

赤い幟がはためく参道を行くと

Shosan09

右に「方丈」への道

Shosan10

左に「龍文堂」

Shosan11

Shosan12

正面に「阿弥陀三石仏」
その前に「金鳴石」があります。
この石をたたくと金を叩くような澄んだ音がします。

「龍文堂」で願をかけ、「金鳴石」を叩くと金が鳴る(成る?)、
お金の成る石、宝くじの当たる石とか ^^;

Shosan13

”茅葺き屋根”の「方丈」

Shosan14

仏殿裏の蔵経所

Shosan15

振り返れば
くぐってきた「方丈」への”一之拝門”

Shosan16

大庫裡への門前?
ここは湖北五山の他の古刹より規模が小さく、
見どころは本堂内の仏像群がメインでしょうか。

「湖北五山」でただひとつ、
まだ未訪だった「初山 宝林寺」でした。  camera  21日

2016年3月26日 (土)

木曽川水園の菜の花

一宮市木曽川堤のエドヒガンを見たあとは、
いつものことながらすぐ近くにある
各務原市の「河川環境楽園・木曽川水園」でした。

水園の花たちも冬から春へと衣更えかと思いましたが、
春は名のみの風の寒さや・・・
一気に春へとはいかないようで、
まずは下流域の水辺に咲く満開の菜の花です。

Suien301

「木舟遊覧」乗り場の近くから
水辺を取り囲むように菜の花が咲きます。

Suien302

この時間はちょうどお昼休みで
木舟の遊覧も休憩中 ^^;

Suien303

満開の菜の花を見ながら

Suien304

Suien305

水辺を回って行きます。

Suien306

ムラサキハナナも満開!

Suien307

八橋(木道)の架かる対岸の水辺周辺、
ここからは園内の花散策です ^^

Suien308

小さな木のシデコブシ

Suien309

ベニバナトキワマンサク

Suien310

レンゲツツジの咲く農家の棚田から
水園の中流域へとは入ります。

Suien311

山野草園の周辺は
今が真っ盛りと咲くヒュウガミズキ

Suien312

そして水車小屋にはサンシュウと黄色一色 ^^;

この先は上流域

Suien313

吊り橋手前には
これも黄色のリュウキンカ ><;

Suien314

垂水の沢にはフッキソウが咲き始めて、
戻る中流域には

Suien315

少しですがカタクリも ^^;

Suien316

戻ってきました下流域では、
ちょうど木舟の遊覧が始まっていました。

「河川環境楽園・木曽川水園」。
春の花々が咲くのはまだこれからでしたが、
下流域に咲く満開の菜の花でした。  camera  23日

2016年3月25日 (金)

足助香嵐渓のかたくり

愛知県豊田市足助町の香嵐渓にある
飯盛山斜面に咲くカタクリの群生地。
今年も見ごろを迎えてこの3~4日が見ごろとの情報に、
少し寒かったですが日差しもあり出かけました。

今年の散策路は
「太師堂」のある西斜面からの一方通行です。

Asukek01

今年はニホンカモシカの食害で、
かなりの被害が出ているとのことでしたが・・・
やはり花数が少なく感じます。

Asukek02

カタクリといえばやはりアップ ^^;

Asukek03

Asukek04

花被の基部にあるこの紋様。
この紋様を撮るために?
皆さんしゃがみ込みます><;

Asukek05

花の開き方もまた様々に・・・

Asukek06

この日は寒さがぶり返し、
まだ時間が早かったのかもしれません。

Asukek07

白いカタクリです ^^;

Asukek08

Asukek09

数が少ないこともありそれだけ人気。
わざわざ探す人も多く、
もちろん我が身もそのひとり ><;

Asukek10

北側の斜面を下りますが、
こちらもやはり花数が少なく感じます。

Asukek11

Asukek12

Asukek13

しかし

Asukek14

さすがに群生する花の数が違います ^^;

Asukek15

Asukek16

気温が上がり暖かくなると花開き、
下がると閉じるを繰り返して1週間ほどの短い命・・・
それゆえかスプリングエフェメラルとも。

ここ数日は花冷えの天気予報ですが、
花の終盤は早いかもしれません。  camera 24日

2016年3月24日 (木)

木曽川堤のエドヒガン

各地から桜の開花便りが聞かれ、
満開予報もまもなくのところが多くなってきました。
こちらは例年早く咲くエドヒガンで知られる
愛知県一宮市の木曽川堤です。

3日前に下見したばかりでしたが ^^;
まだ早いとは思いながらちょっと気になっていました。

Sanpasen01

「木曽三川公園138タワーパーク」沿いの木曽川堤には、
エドヒガンサクラやシダレサクラの古木が植えられ、
見事な桜並木が約4km続きます。

Sanpasen02

昨年は3月27日に見ていますが、
その時はすでに満開近しの見ごろでした。

Sanpasen03

綺麗なところを撮っています。

今年は早いと思いながらまだ下見から3日後、
さすがに気が急きました ><;
残念ながらあまり開花は進んでいません。

Sanpasen04

一部は見ごろですが、
全体ではまだ咲き始め?でしょうか。

Sanpasen05

ちょうど「138タワーパーク」の外れ、
ここから先はまだ蕾が多いです ><;
もちろんソメイヨシノはまだ蕾です。

堤防からサイクリングロードに降りて戻ります。

Sanpasen06

公園の中心部に戻るにつれて
綺麗に咲いている木が多いですが、

Sanpasen07

それもほんの一部

Sanpasen08

やはり
ここのエドヒガンに限って言えば

Sanpasen09

見ごろは昨年と同じころになるのでしょうか。

Sanpasen10

Sanpasen11

それでも平日とはいえ、
多くの人が楽しまれていました。

ところで「138タワーパーク」の園内にある
エドヒガンの古木も見てみました ^^;

108tp01

入口にあるこちらは”ベニバスモモ”、
すでに前から見ごろでしたが・・・今がピークです。

他にもコブシやトサミズキなどが咲きますが

108tp02

エドヒガンはまだ3~4分咲きほどでしょうか?

108tp03

108tp04

古木も見ごろはもう少し先のようです。

例年より早い桜の開花情報ですが、
木曽川堤のエドヒガンはどうやら昨年どうり?
見ごろはこの週末辺りからになりそうです。  camera 23日

2016年3月23日 (水)

方広寺・奥山半憎坊

浜松市北区引佐町奥山にある「大本山方広寺」。

奥浜名湖の自然の中にひっそりとたたずむ
「湖北五山」のひとつで、
奥山高原の入口になる山深い奥山地区にあります。

Hokoji01

門前商店街を抜けるとある「黒門」が
参道への入口

Hokoji02

受付を済ませ。
左にある「弁天堂」を見て行くと

Hokoji03

山門(赤門)
ここから本堂へと続く参道沿いには
表情豊かな”五百羅漢”が迎えてくれます。

Hokoji04

右に帰路になる”らかん坂”を分け、
案内順路に従い裏参道の「禅哲学の道」へ

Hokoji042

たくさんの羅漢像を見て赤い鳥居をくぐり、
流れる小川の
せせらぎの音を聞きながら参道を行くと

Hokoji043

「椎河大龍王堂」
この先から視界が開けます。

Hokoji05

左手山上に見える「三重塔」
本堂への赤い「亀背橋」を右手に山上へと向かいます。

Hokoji06

上る参道の途中から見る本堂

Hokoji07

そして山上に建つ「三重塔」
ここへは車で来ることができます ^^;

Hokoji08

戻って坂を下ったところにあるのが、
応永8年(1401)に建立された
県下最古の木造建築物「七尊菩薩堂」。

そのまま直進して行くと

Hokoji09

「開山堂」前にある「勅使門」

案内は左手にある「半僧坊真殿」へ

Hokoji10

方広寺の鎮守半僧坊大権現を祀る
「半僧坊真殿」
明治14年(1881)に建てられた権現造り

Hokoji11

向拝の水平柱には
上り龍、下り龍の見事な彫物です。

戻って本堂へ。

Hokoji12

建徳2年(1371)、
後醍醐天皇の皇子によって開創された禅寺で、
正式には「深奥山(じんのうざん)方広万寿禅寺」。

さて、本堂から境内内部を参観

Hokoji13

本堂に祀られている「釈迦三尊」を拝観し、
建物を繋ぐ渡り廊下を行きます。

Hokoji14

「観音堂」、「開山堂」と見て

Hokoji15

長い廊下を行くと「半僧坊真殿」

Hokoji16

戻って本堂裏にある「らかんの庭」から、
さらに渡り廊下で最上部にある「上天台舎利殿」へ

Hokoji17

舎利殿から眺める建物群の甍と三重塔

今回も「奥の院」は行きませんでしたが、
大本山方広寺と半僧坊真殿を拝観して戻ります。

Hokoji18

帰り道の”らかん坂”にある「石橋の羅漢」は、
時には4体、ときには5体に見えるという。

新東名高速のドライブを兼て久しぶりに訪れた
奥浜名湖「湖北五山」の古刹、
「方広寺・奥山半僧坊」でした。   camera 21日

2016年3月22日 (火)

フラワーパーク江南

愛知県江南市にある「フラワーパーク江南」。
園内にエドヒガンの古木がありますが、
今年の開花が気になって、
犬山の圓明寺に行く前に立ち寄っていました。

Fpkonan01

3本あるエドヒガンですが、
花芽が開き始めているその1本。

Fpkonan02

Fpkonan03

古木のエドヒガンは少し花が開き始めています。
比較的早く咲くエドヒガンですが、
さすがにまだこれからでした。

この公園では季節の花がたくさん咲きます。

Fpkonan04

広い公園を取り巻くように咲く
この時期の花たちを見に園内をまわります。

Fpkonan05

休日のひとときを楽しむ家族連れ、
穏やかな日差しではありましたが、
風が強く寒さも感じるこの日の「フラワーパーク江南」。

Fpkonan06

長い帯となって植えられたスイセン畑

Fpkonan07

満開のクリスマスローズ

Fpkonan08

芝桜の丘では
花も少しずつ咲き始めています。

Fpkonan09

Fpkonan10

花畑に咲く寒咲きハナナ

園内各所に咲く樹木も花を付け

Fpkonan11

果実の庭にはアンズ?でしょうか

Fpkonan12

堤防沿いに咲くユキヤナギ

Fpkonan13

満開のハクモクレンに

Fpkonan14

クリスタルフラワー周辺には
コブシも咲き始めています。

Fpkonan15


期待したエドヒガンはまだでしたが、
木曽川堤のエドヒガンも色づいて、
暖かい日が続けば一気に花開くようです。
見ごろはこの週末辺りでしょうか。  camera 20日

2016年3月21日 (月)

犬山圓明寺のシダレザクラ

愛知県犬山市犬山東古券(寺内町)にある
「圓明寺(えんみょうじ)」。

境内にある樹齢300年ともいわれる
”シダレザクラ”で知られていますが、
満開は20日ごろとの情報でした。

Enmyoji01

門幕の掛けられた山門をくぐります。

Enmyoji02

2年ぶりでしたが・・・
やや小振りになった感もありますが、
まだ7分咲きほどでしょうか?

Enmyoji03

Enmyoji04

咲いていない部分があり、
真っ白に・・・とはいきませんが

Enmyoji05

満開になると
純白の花傘が開いたようになります。

Enmyoji06

Enmyoji07

Enmyoji08

とはいえ、
中心部の一部はすでに満開です ^^

Enmyoji09

Enmyoji10

一昨年より10日ほど早い訪問でしたが

Enmyoji11

Enmyoji12

満開の見ごろにはあと少し ^^;

Enmyoji13

今年も変わらぬ
見事な古木のシダレザクラでした。

このあと周辺のサクラを見て回りましたが、
こちらはまだ蕾から咲き始め。
見ごろになるのはもう少し先のようです。  camera 20日

2016年3月20日 (日)

日本大正村

岐阜県恵那市にある「日本大正村」。
旧明智町の町おこしとして立村されたテーマパークですが、
大正時代の雰囲気を保存・再現した店舗、資料館、
博物館などが軒を連ねています。

ここもお雛さんを見ながらの町なか散策でしたが、
今回はその主要施設をご紹介。

Akechi01

駐車場から明智川に沿って南へと歩き

Akechi02

町はずれに出ると
江戸時代に三河と飛騨を結んだ南北街道に出ます。

Akechi03

ここにあるのが旧大塩病院の病舎を改造した
「回想法センター」。

Akechi04

一瞬、廃校になった校舎かと思いました。

回生法とは、”昔懐かしい生活用具などを用いて、
かつて自分達が体験したことを語り合ったり、過去のことに
思いをめぐらしたりすることにより脳を活性化させ、
生き生きとした自分を取り戻そうとする療法” だそうです。

Akechi05

各部屋に置かれた懐かしい時代の生活用具に、
なるほどと納得しながら初めて知った施設でした。

ここから町なかの主要施設(有料)を見学していきますが、
こちらもすべて初めての施設です。

Akechi06

まずは「おもちゃ資料館」

Akechi07

館内には明治、大正から昭和期にかけての
懐かしいおもちゃが展示されています。

Akechi08

南北街道から中馬街道に入ったところが「大正時代館」、
レトロな元カフェーの喫茶「天久」が入口 ^^;

Akechi09

喫茶店の二階展示室には
ちょうど帝国ホテルや東京駅の模型が展示されていました。

この喫茶店に隣接する「大正時代館」

Akechi10

こちらには大正天皇に関する展示品や、
当時の家庭生活道具などが展示されています。

このあとはメイン通りから中心部へと行きますが

Akechi11

まずは「日本大正村資料館」

Akechi12

一階の部屋では”郷土の玩具展」

一部4階建ての建物で、
当時は手動のエレベーターが付いていたという。
資料館はかっての繭蔵を改造したもので

Akechi13

明治・大正の蓄音機や教科書

Akechi14

教育や文化、生活用品などが展示され、
順路に従って回ればその広さが実感できます。

傍に隣接するのが「大正の館」

Akechi15

明治の末期に建てられた当地の名門、橋本家の住居跡で、
大正時代の生活様式を見ることができます。

そして

Akechi16

大正村の中心部、
町の東西をつなぐ大正路地には入ります。

路地を上っていくと

Akechi17

「日本大正村役場」
明治39年に建てられた町役場庁舎で、
2階建ての木造洋館で有形文化財。

Akechi18

2階には「村長公室」があります。
村長は初代が高峰三枝子、2代司葉子、
そして現在が竹下景子さんです。

道は高台へと上っていいますが

Akechi19

「大正ロマン館」(肝心のところは撮影禁止><;)を見て

Akechi20

「旧三宅家」

Akechi21

築300年以上という合掌造り、茅葺き屋根の農家建築で、
囲炉裏の火が暖かい旧家。

ここから先は「明智城跡」へと続く道ですが

Akechi22

この日の散策はここまででした。

高台にある「旧三宅家」前から見下ろす
「日本大正村」(旧明智町)。
お雛さんとともに楽しんだ大正村の各施設でした。

2016年3月19日 (土)

石積みのまち坂本

滋賀県大津市坂本。
延暦寺と、日吉大社の門前町であり、里坊のまち、
また、穴太衆積みの石垣が美しいまちとして知られ
国の伝統的建造物群保存地区に指定されています。

お雛さんを見に訪れたときの町歩き、
日が経ちましたがちょっとだけのぶらり坂本です ^^;
Kunin

下坂本にある「公人屋敷」から日吉大社へと、
左右に建ち並ぶ里坊を見ながら西に向かって歩きます。

Sakamoto01

見事な石垣の続く道

Sakamoto02

途中から南へ折れると「滋賀院門跡」

Sakamoto03

拝観するも良し、
境内を通って「慈眼堂」を経由していくも良し、
南の通りへと抜けます。

Sakamoto04

さらに西へと歩くと「日吉東照宮」参道、
幾重にも重なる石段を上ります。

Sakamoto05

これがかなりの急登 ><;

右に「ケーブル坂本駅」から来る道を見て、
最後の石段を上ると・・・

Sakamoto06

正面に建つ「日吉東照宮」

徳川家康没後、
天海上人によって元和9年(1623)に創建される。

Sakamoto07

寛永11年(1634)に
本殿と拝殿を石の間で連結する権現造の様式で改築。

Sakamoto08

少し高台にある「日吉東照宮」
前面には光り輝く琵琶湖が広がります。

ここから一段下の道を北へ歩くと

Sakamoto09

すぐに「ケーブル坂本駅」(登録有形文化財)

Sakamoto10

比叡山延暦寺の表参道として昭和2年(1927)に敷設、
山麓と延暦寺駅間、日本最長の2025mを11分で結ぶ。

坂本ケーブルが軌道の比叡山表参道なら

Sakamoto11

日吉大社の横にある石段の道、
こちらが歩いて登る表参道(本坂)の入口。

石段を登って行くと
ケーブル坂本駅を回り込んで来た道と合流し、
約3km、1時間ほどで根本中堂に出ます。

Sakamoto12

横にある「早尾神社」先から見る
八王子山と中腹にある日吉大社「奥宮」。

Sakamoto13

そして「日吉大社」

細かい名所旧跡は省きましたが、
穴太衆積みの石垣が美しい坂本のまち。
その南エリアをぶらり歩いてみました。

2016年3月18日 (金)

愛知県森林公園・植物園

まだ春の花は期待できないとは思いつつ、
あまりの快晴に久しぶりに歩きに出かけた
愛知県森林公園の「植物園」でした。

第一駐車場から東門へと行き、
この日は植物園の大外を左廻りでした。

Shinrin01

竹林からボート池に沿って「ときわ橋」へ。

この辺りは比較的花木が多いところ、

Shinrin02

珍しく”ウグイスカグラ”がビッシリ

Shinrin03

マンサク
他にもサンシュウ、キブシにアセビと賑やかですが

Shinrin04

橋を渡ると咲く”ハルリンドウ”はボチボチです ^^;

Shinrin05

展示館前にある「山野草園」には
フクジュソウとシロボウエンゴサクが少しだけ。

Shinrin06

野鳥の巣箱にいた”ジョウビタキの♀”です ^^

ここから北門へと行き、
岩本池沿いを回り込み「岩本橋」にでます。

Shinrin07

橋の上から岩本池
この辺りも花木が多いですが

Shinrin08

この日はトサミズだけでした。
この先で「ふるさとの森」には入ります。

Shinrin09

東口から入ってここから右へ、
最奥にある東北・北海道地区から正面に見える
北陸・甲信越地区へと戻ります。

Shinrin10

まだ咲き残っていた”サクランボ”は山形県の木。
ここが「ふるさとの森」最奥の北の端。

Shinrin11

戻る途中のツバキのトンネルは”ユキツバキ”、
新潟県の県木。

Shinrin12

「ふるさとの森」南口にある九州地区エリア、
その先にある湿地の”ハルリンドウ”もボチボチです ^^;
ここで昼食タイムのあと
いったん公園南口に行きます。

Shinrin13

すぐにある”コブシ”の大木は咲き始め、
この日の暖かさで一気に開花するかもしれません 。

そして

Shinrin14

南口にあるフラワーガーデンには、
まだ綺麗な”菜の花”でした。

ここから戻って公園南側の外周へとは入ります。

Shinrin15

ここからの道は”アオモジ”が多く咲くところ。
野鳥も多く見れますが・・・撮れません ><;

Shinrin16

代わりに撮った”ビロードいちご”、だそうです ^^;
まもなく植物園の散策も終わりが近く・・・

Shinrin17

まだ咲き残る梅を見ながら梅林を抜けると

Shinrin18

「沈床花壇」
この大外を回り込むとツバキの道。

Shinrin19

早咲きのツバキは花を落としていますが、
全体にはまだパッとしません ><;

Shinrin20

この日は野鳥もたくさん撮りましたが、
その最後に出会った”コゲラ”でした  ^^;

約3時間ほどのウオーキングを楽しんだ
愛知県森林公園・植物園、
周辺のシダレサクラはまだこれからです。  camera 17日

2016年3月17日 (木)

春らしく・・・

寒さもどうやらひと段落してようやく春らしく・・・。
少しは花どころの記事と思いながら、
この時期は野暮用も多くちょっと近場で花三昧 ^^;

近場で花といえばやはり「なばなの里」。

Nabana01

いまさら説明することもない施設ですが、
今の里内を彩る花木です ^^;

Nabana02

入口に咲く”緋寒桜”と”ミツマタ”、
見ごろになっています。

Nabana03

”河津桜”は見ごろが続きますが、
そろそろ終盤でしょうか。

Nabana04

ビール園前のサンシュウ

「しだれ梅苑」の花は終わりですが、
あとは里内の花たちを・・・ 

Nabana05

Nabana06

Nabana07

河津桜のトンネルも少し葉が出始めて
今がピークでしょうか。

Nabana08

池に浮かぶ花びらも目立ち始めました。

Nabana09

Nabana10

Nabana11

花曇り

Nabana12

アカバナミツマタ

Nabana13

Nabana14

春らしく・・・

Nabana15

イルミネーションも長期開催中、
花のライトアップも人気のなばなの里です ^^;

花ひろばのチューリップにはちょっと早すぎましたが、
これから暖かい日が続けば、
一気に花開くかもしれません。    camera  16日

2016年3月16日 (水)

日本大正村 おひなまつり

岐阜県恵那市にある「日本大正村」。
旧恵那郡明智町の町おこしとして構想、立村され、
町全体(旧明智町)がテーマパークになっています。

この時期「大正村おひなまつり」が開催されますが、
何年振りか?で訪れました。
まずは駐車場から南へ歩いて町の外れ?にある
「回想法センター(旧大塩病院)」へ。

Taishomura01

ここから町なか雛めぐりですが、
最初の雛飾りはこの「旧大塩病院」から。

Taishomura02

別館の建物玄関

Taishomura03

なんともレトロな建物のなかには、
昭和後期?の段飾りでした。

ここからはほとんどがメイン施設の飾りになります ^^;

Taishomura04

ここは南北街道と中馬街道の分岐するところ。

左の中馬街道には入り
「大正時代館」のお雛さんを見たあと(段飾りでした ^^;)

Taishomura05

ここ「日本大正村資料館」と「大正の館」に入館。

いずれの施設もあらためて紹介したいほどですが、
今回はあくまでもお雛さんです ^^;

Taishomura06

ここもまた凄い建物の資料館ですが、
隣接する「大正の館」のお雛さんは段飾りと御殿飾り。


Taishomura07

こちらは休憩所の飾りです。

Taishomura08

町の中心部に入りますがここは「大正村役場」、
飾られているお雛さんは
昭和後期の段飾りがひとつ。

Taishomura09

唯一、楽しみにしていた古雛が飾られていたのが、
ここ「大正ロマン館」の「大正村所属ひな飾り」でした。

Taishomura10

その入口の段飾り。

ここは歴代村長さんの関係する資料もあり、
ムチャ期待していましたが・・・
なんと、この先はすべて撮影禁止 ><;見るだけでした。

さらに上にある「旧三宅家」へと行きます。

Taishomura11

囲炉裏部屋のある茅葺き屋根の家。

Taishomura12

飾られているのはここも昭和後期の段飾りです。

大正村のお雛さんは「大正ロマン館」の古雛以外、
ほとんどが昭和の段飾りでした ^^;

ここから最後の「明智文化センター」へと戻ります。

Taishomura13

途中に通る「大正路地」。
大正村役場から続くこの道筋は古き時代の雰囲気が楽しめます。

「大正村おひなまつり」
最後は文化センターの「大正村土びな展」です。

Taishomura14

文化センターの玄関ロビーには、
サイドにつるし飾りと正面には雛段に並ぶお雛さん。

Taishomura15

ホールの入口には”つるし飾り”が。
そして

Taishomura16

Taishomura17

Taishomura18

ホールを囲むようにびっしりと飾られた”土びな”です。
これはまたこれでビックリ!の数でした。

訪れてから少し経ちましたが、
「大正村おひなまつり」は4月3日(日)まで。

2016年3月15日 (火)

続・じないまち雛めぐり

富田林の寺内町一帯で行われた「じないまち雛めぐり」。
「旧杉山家住宅(重文」のお雛さんを楽しんだあとは
町なかに飾られたお雛さんです。

旧杉山家からすぐにある「仲村家」

Jinaimachi01

玄関座敷に飾られたお雛さんは
今回のチラシ・ポスターに使われています。

Jinaimachi02

寺内町地区は東西南北に道筋がつながりますが、
今回はこの南の端から北へと見て行きました。

Jinaimachi03

興正寺別院山門前

町筋や町家、店舗にとお雛さんが飾られた

Jinaimachi04

江戸時代の町並みが残る寺内町一帯。

お雛さんめぐりは人気があり、
2日間の開催だけに多くの人出で賑わいます。

Jinaimachi05

何気なく飾られたこのお家の古雛は
何度見ても素晴らしいものですが、
いつもより早い時間のためか静かでした。

Jinaimachi06

Jinaimachi07

道筋に飾られたお雛さん

Jinaimachi08

こちらのお宅は女性に人気 ^^;

Jinaimachi09

茶箪笥?の上に、玄関の間にと、
所狭しと飾られたお雛さんを楽しまれています。

Jinaimachi10

Jinaimachi11

短期間の開催だけに
こうした飾りもできるのかもしれませんが・・・
道筋の飾りも工夫されています。

Jinaimachi12

旧家の商家

Jinaimachi13

飾りも実に華やかでです。

Jinaimachi14

時間が経つにつれてどんどんと人が増えてきましたが、
人気のお家は飾りを楽しむのも大変です ><;

Jinaimachi15

こちらのお店、
飾られていたお雛さんにはチョッとびっくり。

思わず時間をかけて拝見しましたが、

Jinaimachi16

Jinaimachi17

おぼこ顔の享保雛、
なかなかお目にかかれないお雛さんでした。

Jinaimachi18

この日は天気も良く
雛めぐりにはもってこいの散策日和。

お昼近くになって、
駅に戻るころには町なかはごった返してきましたが、
ゆっくりと楽しんだ「じないまち雛めぐり」でした。

2016年3月14日 (月)

じないまち雛めぐり

大阪府富田林市の寺内町(じないまち)一帯で、
12日(土)・13日(日)に開催された「寺内町ひなめぐり」。
2日間だけの開催でしたが
快晴となった12日(土)に出かけてきました。

Jinai01

例年よりは早く着いたものの・・・
すでに駅前の本町通りは大勢の人たちです ^^;

Jinai02

本部と案内所のある本町公園

Jinai03

本町商店街の飾りを

Jinai04

楽しみながら、
この日は真っ直ぐに南の外れにある「旧杉山家住宅」へ。

Jinai05

この時期は入館者が多く
これまで見学したことがありませんでしたが、
この日は早めに到着しての入館。

Jinai06

玄関土間から
”ダイドコ”と奥にある”角屋(つのや)”の飾り。

Jinai07

Jinai08

時間が早いとはいえ見学者を避けての撮影ですが、
初めてじっくりと見るお雛さんです ^^;

Jinai09

それほど古い雛飾りではありませんが、
昭和初期の御殿飾りと昭和中期の段飾り。

Jinai10

箪笥の上のお雛さんも年代ものでしょうか。

Jinai11

その下には「形代」に「天児(あまがつ)もあり、
郷土人形の「大内雛」も。

Jinai12

二階には御殿飾りがふたつ、
片方にお雛さんはありません ><;

Jinai13

Jinai14

1階に下りれて奥座敷の雛飾り。

ダイドコの源氏枠飾り以外は、
特にこれといったお雛さんはありませんが、

Jinai15



現存する町家のなかでも最古と考えられ、
寺内町の創設にかかわったという旧家の建物。
明治時代に与謝野晶子らとともに活躍した
歌人・石上露子(杉山孝)の生家でもあります。

Jinai16

「旧杉山家」のお雛さんを楽しんだあとは
町なか雛めぐりへ。

100か所近くの民家や商店、街角に飾られた
町なかのお雛さんを見ながら、
右へ左へと折れる道筋を北へと戻ります。  camera 12日

続きを読む "じないまち雛めぐり" »

2016年3月13日 (日)

南房総 ぶらり旅

南房総旅の最終日は快晴!となりましたが、
2日目の雨で今年もまた行程は予定通りにはいきません ^^;
これが自由な旅のいいところか?は別にして、
今回の旅の見どころをチョイスしてみました。

白浜をあとに内房を北上していきます。
途中にある「館山城跡」は最終日に予定していましたが、
雨の上がった2日目の最後に変更していました。

Tabi301

戦国大名里見氏の居城跡で
城山公園の一画にある館山城(八犬伝博物館)。

Tabi302

ここが「恋人の聖地」とは知りませんでしたが、
城跡のふもとには
曲亭馬琴(滝沢馬琴)著になる「南総里見八犬伝」の、
モデルとなったといわれる「八遺臣の墓」があります。

Tabi303

公園の麓とはいえ、
地道の散策路を下ったなんとも雰囲気のあるその墓所。
ここはやはり見ておきたかったところでした。

さて、3日目に戻って次なる目的地は
館山市船形にある「大福寺崖観音」でしたが・・・

Tabi304

本堂と山上に見える「崖観音」。
ところが、肝心の崖観音は修理で工事中。

Tabi305

この先は立ち入り禁止で拝観できません ><;
で、それならと行程を変更。

近くにある「那古寺(那古観音)」です。

Tabi306

「仁王門」を入ると

Tabi307

平安時代後期の
阿弥陀如来坐像(県文)を祀る「阿弥陀堂」

Tabi308

その先には宝暦11年(1761)建立の「多宝塔」

Tabi309

そして「本堂」が建ち並びます。
養老元年( 717)に行基が千手観音を刻み、
ここに一宇を建てて祀ったのが始まりと伝えられます。
ここはまた、
「坂東三十三観音札所」の結願寺でもありました。

そして今回の房総の旅、
最後は鋸南町の鋸山にある「日本寺」でした。

Tabi310

鋸山、その一部がほゞお寺ですが、
その山頂にある「百尺観音」入口。

ここには参拝順路が車で2ヶ所、
そして鋸山ロープウエイ経由の3ヶ所があります。
(もちろん登山道は別です ^^;)

今回はロープウエイ経由でした。

Tabi311

山頂に切りたつ険しい崖に囲まれた場所、
そこに刻まれた?大観音像。

さらに上に行きます。

Tabi312

山頂展望台にある「地獄のぞき」
崖の先に突き出た展望所から眺める下は
まさに奈落の地獄を見るということでしょうか。

Tabi313

その展望所は完璧に鉄(アルミ)柵で囲まれ、
恐怖感はありません ^^;

Tabi314

この展望所から下ると「日本一の大仏」をはじめ、
「日本寺」の数々の見どころを回ることができますが、
この日は二人旅・・・ここまででした ^^

Tabi315

白く見えるのは
富津(ふっつ)の大坪山山頂に建つ「東京湾観音」。
(遠くに小さく見えるため切り取っています ^^;)

Tabi316

左手には金谷の町並みと浦賀水道、
そのはるか先には富士山も見えるはずでしたが
この日はチョッと無理でした ^^;

今年もまた天気に悩まされましたが、
早春の南房総を楽しんだぶらり旅でした。  camera 7・8日

2016年3月12日 (土)

南房総白浜 野島埼灯台

昨年に続いて今年もまた房総半島の旅。
今回は南房総をめぐろうと初日は勝浦からでしたが、
房総の旅2日目は雨と風で海上も大荒れ、
お花畑と道の駅をめぐるだけで見るところなし ><;
予定は未定 ?

迎えた3日目は快晴!

Nojima01

Nojima02

野島埼灯台の夜と朝。
夕日のスポットですが朝陽は見れません ^^;

旅の最終日はこの野島崎公園からスタートでした。

Nojima03

一周、約20分ほどの散策ですが、
灯台を中心に太平洋の波涛が打ち寄せる公園を回ります。

Nojima04

明治2年(1869)に
フランス人技師、ウェルニーの設計によってつくられた
日本最初の洋式8灯台のひとつ。

Nojima05

西側に広がる白浜の街

Nojima06

散策路は公園の南端へ続きます。

Nojima07

公園の最南端
岩礁の上にはベンチが置かれています ^^

Nojima08

Nojima09

房総半島最南端の碑

Nojima10

岩礁の上に置かれたベンチと、
”朝陽と夕日の見える岬 ”には、
南房総白浜サンライズポイント”の石柱。

Nojima11

真下に見える公園と灯台

Nojima12

眼前に広がる荒々しい岩礁に、
押し寄せては砕け散る太平洋の波涛。
絶景の眺めを楽しみます。

Nojima13

Nojima14

公園の東側に広がる樹林帯を抜けて

Nojima15

灯台の正面に戻りました。

大正14年(1925)に再建された白亜の八角形灯台は、
我が国2番目に古い西洋式灯台で
白く輝く姿から「白鳥の灯台」ともよばれています。

花の南房総といえば早春の花!ですが・・・

Sirahamap

2日目のメインロードは雨のため、
この日快晴のなかで見た菜の花とポピーでした ^^;

このあとは内房ラインを北上していきます。  camera 8日

2016年3月11日 (金)

月ヶ瀬梅渓梅まつり

奈良市月ヶ瀬にある「月ヶ瀬梅渓」の梅まつり。

旅に出ている間に”見ごろ”になったようですが、
昨日の雨でどうなったか?気にしながら、
これ以上は待てないだろうと出かけてみました。

いつもながらしんどい急坂を登って「一目八景」から。

Tsukigase01

一目見て終盤です ^^;

Tsukigase02

次が

Tsukigase03

「帆浦梅林」
こちらもまもなく終わりでしょうか。

散り始めた梅林は撮るほどのこともなく

Tsukigase04

「天神神社」手前にある「品種園」

Tsukigase05

この辺りはまだ綺麗です。

Tsukigase06

赤い小橋を渡って「天神神社」への道。
この日は花曇り?といえるかどうかの曇り空、
花殻が目立って余計にパッとしません ><;

途中見るべきところもなく

Tsukigase07

落花が目立つ
梅のトンネルを抜けて行きます。

Tsukigase08

上から眺める湖畔の梅林も終盤でしょうか。

Tsukigase09

Tsukigase10

今年は「代官坂」を下りずに
落花の綺麗なここから引き返します。

帰りはまだ綺麗だった「品種園」の上にある梅林を見て
「真福寺」へといつものコース ^^;

Tsukigase11

ここは散りぎわの見ごろで、
今がピークでしょうか。

Tsukigase12

しだれ梅林へと下りました。

Tsukigase13

Tsukigase14

しだれ梅も綺麗です。

Tsukigase15

Tsukigase16

下から、上からと綺麗な梅林を楽しんで、
「真福寺」への道を行きます。

Tsukigase17

真福寺境内

Tsukigase18

散り始めていますが・・・綺麗です。

Tsukigase19

散る花もよろしいかと ^^;

Tsukigase20

菜の花との競演もまた良し!

”見ごろ”情報(7日現在)から日が経ちましたが、
私的には渓谷沿いの見ごろは
この週末がラストチャンスかもしれません。  camera 10日

2016年3月10日 (木)

続 かつうらビッグひな祭り

千葉県勝浦市の「かつうらビッグひな祭り」、
メイン会場の展示飾りを見たあとは町なか雛めぐりです。

朝から降ったという雨は上がっていましたが、
町なか3ヶ所の特別雛壇飾りはすべて中止になり、
予想はしていたもののちょっと残念。

しかし、いきなりここから ^^

Katsuura01

この旧い建物に思わず覗き込んだ玄関口

Katsuura02

Katsuura03

いきなり素晴らしい、
明治期と江戸後期の古雛に迎えられました。

Katsuura04

「津屋崎人形」。
福岡県特産民芸品の郷土人形ですが、
雛人形を見るのは初めてでした。

Katsuura05

気分を良くしてめぐる町なかお雛さん ^^;
けっこう古いお雛さんがあります。

そして「遠見岬(とみさき)神社」

Katsuura06

「ビッグひな祭り」の見どころのひとつ、
本来ならこの60段の石段に
約1,500体のお雛さんが飾られていたはずですが、
残念ながら写真です ><;

まぁ、雰囲気だけを楽しんで

Katsuura07

商店街のお雛さんを見ていきます。

Katsuura08

Katsuura09

こちらもまた多くのお雛さんでした ^^;
ほとんどがお店の中に飾られていますが、
こうした休憩所?なども設けられています。

Katsuura10

お店の隣りにある住居の階段

Katsuura11

こちらはお店のなかに飾られていたお雛さんから、
江戸期の「次郎佐衛門雛」を
現代風の江戸ちりめんによる木目込人形。

Katsuura12

町なかを巡って
シャトルバス乗り場へと向かう道筋。

Katsuura13

Katsuura14

見せてくれます飾りですが、
こうした飾りを見ると
町なか雛めぐりのいちばんうれしいときです ^^

Katsuura15

残念ながら町なかひな壇飾りは見れませんでしたが・・・

メイン会場と町なか商店街に飾られた、
たくさんのお雛さんを楽しんだ
千葉県勝浦市の「ビッグひな祭り」の最終日でした。

2016年3月 9日 (水)

かつうらビッグひな祭り

千葉県勝浦市で行われていた「かつうらビッグひな祭り」。
以前からどうしても見たかったひな祭りで、
最終日の6日(日)にあわせた房総半島の旅でした。

走る途中から降ったり止んだりの天気を気にしながら、
到着したときは雨は上がっていましたが、
まずはメイン会場の勝浦市芸術文化交流センター
「Küste(キュステ)」に飾られたお雛さんからです。

Bighina01

Bighina02

Bighina03

会場入口からの通路沿いと、
部屋の中にずらりと飾られたお雛さんにまずビックリ!

Bighina04

Bighina05

全国から寄贈されたお雛さんに、
古雛も混じってこれぞ所狭しでしょうか。

Bighina06

Bighina07

檜皮葺の白木造り御殿雛に
昭和中期の御殿もあります。

Bighina008

窓際にも素敵な古雛が並び

Bighina09

工夫されたその飾り付けも楽しみながらホールへ。

Bighina10

2001年に徳島県勝浦町より
およそ7,000体のひな人形を里子として譲り受け、

Bighina11

ここ千葉勝浦でも
「かつうらビッグひな祭り」が開催されたのが始まりとか。

Bighina12

その後、全国からの寄贈も含めて、
この勝浦市芸術文化交流センター「Küste」をはじめ、
市内各所に約30,000体のひな人形が飾られています。

Bighina13

正面と相対して飾られていたお雛さん。

ビッグひな祭りの見どころは、
この会場のお雛さんと、
町なかで特別雛壇に飾られるお雛さん。

Bighina14

そして日本最大級という
この「享保雛(15体段飾り)」だそうです。

Bighina15

その飾りには注目でしたが、
これがその享保雛とは分かりませんでした ><;

この日、勝浦は朝から雨が降ったため、
町なか特別雛壇の飾りはすべて中止でしたが、
このあとはめげずに町なか雛めぐりでした。  camera 6日

2016年3月 8日 (火)

南房総 野島崎灯台




千葉県南房総市白浜にある
房総半島最南端に建つ「野島崎灯台」です。

ただいま、房総半島の旅の途中です。
今年もまた、初日曇り時々雨、2日目雨と、
天気に恵まれない旅になりましたが、
今日は初めて晴れました^ ^
朝焼けを期待していたんですが朝日は・・・
さて、旅の最終日はどうなりますやら^ ^


2016年3月 7日 (月)

墨俣 つりびな小町めぐり

旬の花を挟みましたが雛めぐりに戻ります ^^;

「光受寺」のしだれ梅を楽しんだあとは
美濃路墨俣宿”つりびな小町めぐり”でした。
寺町のお寺を見ながら墨俣宿入口に戻り、
あらためて町なかの雛めぐりです ^^;

Sunomata01

墨俣本陣跡に新しく建てられた「墨俣渡船場常夜灯」。
ここから旧美濃路墨俣宿へ入ります。

Sunomata02

すぐ後ろにあるお家の飾り。
”つりびな小町”の飾りはこの辺りに集中していますが、

Sunomata03

Sunomata04

お店の飾りが続いたあと

Sunomata05

ここが小町めぐりの拠点になりますか、
江戸時代の面影を残す墨俣宿脇本陣。

Sunomata06

Sunomata07

兼ショップに飾られたつるし飾りの数々、
場所が狭いだけにちょっと圧倒されるほどです ^^;

Sunomata08

隣りの座敷には人形作品展といっしょに。

このあとはスタンプラリーマップとともに、
点在するお店やお家の飾りを見ていきます。

Sunomata09

いきなり前にあったお店のウインドー・ディスプレイ、
写り込みを承知ですが見事な折り鶴でした。

Sunomata10

もう現役は引退した(と思いますが?)
お風呂屋の飾りも健在 ^^;

ここからは宿場の道筋を離れます。

Sunomata11

オープンに飾られたお店やお家の飾りを見ながら
町なかを行ったり来たりと散策 ^^

Sunomata12

ここが墨俣宿の外れにある「八幡神社」。
美濃路はここから東結に出て大垣へと向かいます。

小町めぐりはふたたび道筋と分かれて右に、
町なかへと戻ります。

Sunomata13

同じお雛さんめぐりでも、
やはりつるし飾りがあると華やかですね ^^;

Sunomata14

ここは町なかから外れて
チョッと分かりにくい場所にある「延命寺」、
飾られているのは本堂前でしょうか?

Sunomata15

土手の向こうに「墨俣一夜城」を見て町なかへ。

Sunomata16

このお店のつるし飾りも変わりません ^^
狭い土間にびっしりとつるし飾りです。

Sunomata17

ここで初めて御殿飾りを見ました ^^;
ただ、お雛さんが不在です。

逆回りで見てきた「つりびな小町めぐり」ですが、
ゴールの「脇本陣」はもうすぐ。

Sunomata18

最後はやはりつるし飾り(つりびな)です。

今年も美濃路墨俣宿一帯を華やかに彩る
「いき枠墨俣~つりびな小町めぐり2016~」。
開催は13日(日)までです。 

2016年3月 6日 (日)

一宮 万葉公園の河津桜

愛知県一宮市の萩原町戸苅・築込と
高松地内にある「万葉公園」。

季節の花が咲く公園として知られていますが、
いつもブログを拝見している”いわし”さんから、
河津桜が満開との情報をいただきました。

Manyo01

満開!です ^^

「高松分園」の花しょうぶには出かけたことはありますが、
本園の河津桜は初めてでした。

Manyo02

Manyo03

園内の一画にまとまって植えられているため、
そこだけがピンクに染まっています。

Manyo04

ここは桜もさることながら、
花の間を飛び交うメジロを狙って
多くのカメラマンが集まるところのようです。

Manyo05

この日もメジロを撮影する人たちが大勢。
超望遠レンズを付けたカメラで
どっしりと構えるカメラマンもいて凄い雰囲気です。

Manyo06

Manyo07

この花のなかにいるメジロを狙いますが・・・
花のなかを群れて動き回るメジロを撮るのは,
なかなか結構根気がいります。

Manyo08

Manyo09

Manyo10

まぁ、これは好きな人に任せて、
少し場所を移動。

Manyo11

近くを走る電車を狙ってみました。
ここにはサクラの木が1本しかないのが残念 ^^;

電車を撮ったらやはり新幹線でしょうか ^^
ここから東へ少し離れた場所にある「高松分園」へ。

Manyo12

初夏の”花しょうぶ”で知られていますが、
河津桜も少しだけ咲きます。

ここは傍を新幹線が走ります。

Manyo13

Manyo14

チョッと抜けが悪いですが・・・
ここも咲く場所が限られるだけに
構図的にもワンパターンはご愛嬌で ^^;

Manyo15

本園がメジロならこちらはヒヨドリ

花のアップも一枚

Manyo16

これ以上はない満開の河津桜を堪能。

この日は暑いほどの好天に、
花を愛でながら季節の移ろいを感じるひとときでした。
”いわし”さん、情報ありがとうございました ^^  camera  4日

2016年3月 5日 (土)

伊吹大久保のセツブンソウ

雛めぐりの予定でしたが旬の花を挟みます ^^;

滋賀県米原市の大久保地区、
セツブンソウの自生地があることで知られています。
「セツブンソウふれあい祭り」は13日(日)ですが、
いつもの買い物に出かけたついでに立ち寄ってみました。

Okubo01

駐車した場所の都合上、
今回は「長尾寺跡」近くにある第2自生地から。

Okubo02

「長浜・米原・奥びわ湖」の観光サイト
米原エリアの開花情報では7分咲きとありました。

Okubo03

こちらは日差しもよく、
思った以上に咲いています。

Okubo04

Okubo05

開きかけの花もありますが、
7分咲きの見ごろ、正解でしょうか ^^

Okubo06

昨年より10日ほど早い訪問でしたが、
これはと、メインの自生地に期待しました。

その自生地、
入口にあったはずの案内板もなく入口の坂も舗装道?
どこにも花は咲いていません ><;
場所を間違えたか?と思いながら・・・

Okubo07_2

最初の群生を見たのは
入口からかなり登ったところでした。

Okubo08

昨年は自生地が雪の下にあり2週続けて訪問しました。
その時のイメージとはほど遠く、
どうやら間違いと気付きましたが咲く花を見れば・・・で

Okubo09

最上部辺りまで登っていました。

Okubo10

間違ったとはいえ、かなりの花数があり、
この辺りは見ごろの場所でしょか。

Okubo11

ただ、まだ少し残雪があり、
落ち葉のなかに隠れている花が多いですが ><;

Okubo12

むやみに踏み込むと隠れている花を踏みそうで、
ムチャ気を使いながらの撮影。

Okubo13

立ち上がっている花を探しては

Okubo14

望遠をフル活用

Okubo15

こちらの花はまだこれからでしたが、
ただ、ここへ立ち入れるのかどうかは・・・??
そんな山の中でした ><;

途中で数人の方に出会いましたが、
戻った入口。

Okubo16

まだ山野草には早すぎましたが
雪割草(ミスミソウ)が数輪咲いていました。

どうやら道を一本間違えてあらぬ場所へ迷いこみ ><;
思わぬ自生地で楽しんだ
「大久保のセツブンソウ」でした。  camera 3日

2016年3月 4日 (金)

墨俣光受寺の飛龍梅

岐阜県大垣市墨俣町墨俣にある「光受寺」。
樹齢70数年の枝垂れ梅「飛龍梅」で知られますが、
境内には他にも約20本の梅の木が咲きます。

今年は梅の見ごろが早く気になっていましたが、
この時期に開催される雛めぐりイベント
「いき枠墨俣~つりびな小町めぐり~」を待っていました。

Koujyuji01

山門を入ると
境内いっぱいに満開の梅です。

Koujyuji02

梅はやや、終盤に入っていますが、
全体に今が満開!見ごろのピークでしょうか。

Koujyuji03

人気の紅枝垂れ梅「飛龍梅」

Koujyuji04

龍が天に昇っているように見える、
そんな幹の形から名付けられたという・・・。

Koujyuji05

毎年剪定されているためか

Koujyuji06

樹形はほとんど変わらず見事な枝ぶりです。

境内に植えられた他の梅もまた見ごろ。

Koujyuji07

Koujyuji08

いずれも「飛龍梅」に負けずと咲いています。

Koujyuji09

Koujyuji10

ピンクにまじって白の枝垂れもあり、
境内は彩りゆたかな梅一色!

ここはまた、
つりびなスタンプラリーの会場のひとつ。

Koujyuji11

ミニギャラリーにはつるし飾りに、
ひな人形が展示されています。

Koujyuji12

久しぶりに拝見する古雛

Koujyuji13

江戸期の「享保雛」も健在でした ^^

Koujyuji14

Koujyuji15

この日は天気が今ひとつでしたが、
平日とはいえ多くの人で賑わっていました。

このあとは美濃路墨俣宿一帯で行われている
「つりびな小町めぐり2016」。
町なかの”つりびなとお雛さん”めぐりです。  camera 2日

2016年3月 3日 (木)

二見 賓日館のお雛さん

伊勢市二見町で開催されている「おひなさまめぐりin二見」。
町なかお雛さんを楽しんだあとは、
いつものように「賓日館」に飾られているお雛さんでした。

見学者の多い「賓日館」。

Hinjitsu01

玄関先のお雛さんは
有名人形店の平成の豪華な御殿飾りです。

受付から案内順路に従って

Hinjitsu02

2階「翁の間」には
江戸期から昭和期までの古雛や御殿飾りが並びます。

Hinjitsu03

Hinjitsu04

さすがに見応えのあるお雛さん、
以前に見たものもあれば初めてか?と思うものも・・・
それだけ記憶が薄れているということでしょうか ><;

Hinjitsu05

江戸後期の古今雛

Hinjitsu06

寛永雛

”形代”から始まり”立ち雛”にみられる雛人形が、
初めて座り雛として作られた室町雛以来、
内裏雛など現代雛の源流となるお雛さんです。

Hinjitsu07

こちらは明治期の親王雛ふたつ、
特徴的な衣装・生地の違いがよく分かります。

2階を移動

Hinjitsu08

大広間
中央にはこちらにも伊勢志摩サミット開催を記念した、
変わり雛の”おひなサミット”です。

Hinjitsu09

床の間に展示されていたお雛さん。
「駿河雛」とありましたが、
静岡県駿河区の伝統工芸品だそうで初めて見ました。

1階の展示へ

Hinjitsu10

各部屋に飾られたお雛さん、
今年は創作雛人形がメインでした。

Hinjitsu11

刺繍工芸「室町雛」とありましたが、
これも現代創作雛ですね ^^

Hinjitsu12

我が身としてはどうしてもこちらに目がいきます ^^;

Hinjitsu13

明治に寄贈されたという「源氏枠御殿」。
天保6年(1835)のお雛さんとともに、
前に並ぶ”立ち雛”もまた古いものです。

古雛、現代雛が一度に楽しめる「賓日館」のお雛さん。
「おひなさんめぐりin二見」は3月6日(日)までです。

2016年3月 2日 (水)

いなべ梅林公園

二見「賓日館」のお雛さんの予定でしたが梅です ^^;

三重県いなべ市藤原町鼎にある
いなべ市農業公園「梅林公園」。

この日は昨夜からの雪でうっすらと雪化粧したものの快晴!
これは青空に冠雪の藤原岳、残雪の梅林が見れるか・・・と、
勝手に決めて走りましたが藤原町は吹雪きます ><;

Inabe01

到着したときは雪のちらつく天気でしたが
一瞬、晴れた梅林

Inabe02

このあとは雪が降ったり止んだりと
まぁ、さえない撮影になりました ><;

Inabe03

梅はすでに終盤

Inabe04

しだれ梅も雪のなかで冴えませんが
今がちょうど見ごろです。

Inabe05

舞う雪とともに・・・梅も寒そうです ^^;

Inabe06

Inabe07

何度目か?の雪のいなべ梅林

Inabe08

とにかく寒い!そんななかでも
時間が経つにつれて人が増えてきます ^^;

Inabe09

晴れてくれたら・・・
そんな思いでしたが雪は止んでも晴れ間は無し ><;

Inabe10

Inabe11

展望所から

Inabe12

西から少し明るくなって、
鈴鹿連山の北、三国、烏帽子岳が顔を出します。

Inabe13

藤原岳は雪のなかでしたが、
こちらもうっすらと見え始めていました ^^;

Inabe14

Inabe15

”見ごろ”が続く梅林ですが、
この週末辺りがピークでしょうか?

思惑とはチョッと違いましたが、
雪としだれ梅の競演を楽しんでこれもまた良し!
「いなべ梅林公園」でした。   camera 1日

2016年3月 1日 (火)

おひなさまめぐりin二見

伊勢市二見町のお店や旅館、施設など、
町なか一帯に展示されているお雛さんをめぐる
「おひなさんめぐりin二見」(~6日(日)まで)。

今年は「伊勢志摩サミット」を祝っての開催、
その展示拠点「二見生涯学習センター」からです。

Futami01

Futami02

つるし飾りに傘福で華やかな玄関の飾りに迎えられて

Futami03

お馴染みのホールの飾りですが、
今年は段飾りはこの一面だけ ^^;

Futami04

Futami05

奥にはテーマになっている”サミット飾り”です。
”おひなサミット”。官女サミット”など、
いつもなら段に並ぶお雛さんも円卓飾りでした ><;

これも「福よせ雛」の影響なのでしょうか?
こうした飾りが多く見られます。

Futami06

とはいえ、
明治後期(1903)のお雛さんもありました。

Futami07

旅館街に揚がる横断幕、
この日は土曜日でしたが・・・ちょっと寂しい人出 ><;

Futami08

旅館の玄関先に飾られたお雛さん

Futami09

”自由に・・・”の案内にお邪魔しての撮影 ^^;

Futami10

Futami11

こちらはお店の飾り、
それぞれに違ったお雛さんや飾り付けを楽しみます。

Futami12

今回で12回目を迎える二見のおひなさんですが、
ここは第3回目からのお付き合い ^^

Futami13

こうしたお店や旅館の飾りを見てきていると、
お雛さんにも何かしら愛着を感じ感じます。

Futami14

まぁ、ここに限っただけではありませんが、

Futami15

久しぶりに訪れてみると、
なんだか余計にそんな気がします ^^;

すこし寂しい町なか雛めぐりでしたが、
このあとはもうひとつの展示拠点「賓日館」のお雛さん。
今年の飾りはこのあとに・・・。      camera 27日

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »