2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 近江八幡雛めぐり | トップページ | 商家に伝わるお雛さん »

2016年2月21日 (日)

続・近江八幡雛めぐり

近江八幡商家の町なみで開催されている
「近江八幡節句人形めぐり~町なみに装うひいなのほほえみ~。
メイン会場のお雛さんを楽しんだあとは
近江商人の町なみに飾られたお雛さんめぐりです。

全30店舗に展示されているお雛さんですが、
場所が点在しているためすべてを見るのはちょっと大変です ^^;

Omihina01

資料館からすぐ近くにある商家

Omihina02

ここは必ず立ち寄るお店ですが、
江戸期から大正期の古雛は必見!

Omihina03

地区150年という建物にぴったりのお雛さんです。

Omihina04

八幡堀に出ました。
ここから石畳の小径を行きます。

途中で見かけたお雛さんのあるお店に、
つい案内を乞いました。

Omihina05

年代不詳とのことでしたが実に素敵な内裏雛で、
女雛の天冠も綺麗です。

町なみに展示されているお雛さんを
展示番号順に見て行くのはとてもできませんが、
なるべく集中する道筋を選んでいきます ^^;

Omihina06

「白雲館」にあった古雛、
写り込みがが激しいですがあえて・・・

Omihina07

ヴオーリズ建築の「旧八幡郵便局」では

Omihina08

小さなお雛さんたちが迎えてくれます。

仲屋町(すわいちょう)通り(南北筋)から
南の筋(旧朝鮮人街道)へ入り、
いったん東へ行くとある「奥村邸」。

Omihina09

玄関が閉まっているため
引き戸を開けて案内を乞います^^;

Omihina10

段飾りが3つありましたがそのうちのふたつ。
古い建物にちょっと新しい段飾りでが、
なんともいえない雰囲気があります。

この道筋には旧家が建ち並びます。

Omihina11

こちらは「野間清六邸」(しみんふくし滋賀)。

”無料、ご自由にお入りください”の案内に
遠慮なく入らせていただきました ^^;

Omihina12

以前とは展示場所が違っていましたが?

Omihina13

”これって、黙って入ってほんとにいいの?”

Omihina14

そんな気持ちで拝見したお雛さんでした ^^;

Omihina15

「旧朝鮮人街道」
野洲の中山道から分岐し八幡、安土、彦根と北上、
彦根鳥居本で再び中山道に合流する約42kmの道。
整備された経緯は諸説あり。

ひなめぐり最後のお店は
天明4年(1784)に創業という表具屋さん ^^

Omihina16

懐かしい”ままごと道具”や小間物などが並ぶ店先で、
おばあちゃんとの会話が弾みます。

Omihina17

おばあちゃんのおすすめのひとつは
いつも3人官女のひとり、白髪の官女さんです ^^
ここまではぜひ回ってほしいところ。

町なか雛めぐり

Omihina18

今年も最後はガラス越しのこのお雛さんでした。

「近江八幡町並みに装うひいなのほほえみ」、
全30店の飾りを見るのはとても無理でしたが、
そんななかからほんの一部のお雛さんでした。

« 近江八幡雛めぐり | トップページ | 商家に伝わるお雛さん »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・近江八幡雛めぐり:

« 近江八幡雛めぐり | トップページ | 商家に伝わるお雛さん »