2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 伏見稲荷お山めぐり | トップページ | 伏見稲荷から泉涌寺へ »

2016年1月12日 (火)

伏見稲荷竹乃下道

今年は初めて連日の「伏見稲荷」詣ででしたが、
この日は以前から歩きたかった”竹乃下道”と、
稲荷山四つ辻から「泉涌寺」までの歩きでした。

まだ参詣者の多い千本鳥居から奥の院に出て、
お山めぐり道に入るとすぐに「伏見神宝神社」への道へ。

Takenosita01

「伏見神宝(かんだから)神社」(通称=しんぽうさん)。
ここまではいつもの参詣道 ^^
ここから竹林の続く”竹乃下道”へと入ります。

Takenosita02

この道は稲荷山山麓より大亀谷向かい、
木播から大和に通じていたという。

しばらくは数組のグループと一緒でしたが、
あとはひとりのおばあさん?と
抜きつ抜かれつの歩きでした ^^;

Takenosita03

この道はまたお滝道とも呼ばれ、
滝行場の社が多いところとわかっていましたが、
このあとそれを実感します。

Takenosita04

しばらくで最初の滝行場「弘法の滝」です。

鳥居が続く参道を下りていくと

Takenosita05

その滝がありましたが修行者以外は入れません ^^;
社や滝についての説明などとてもできませんが
次々と現れる稲荷塚と行場の滝を見ながらの歩きです。

Takenosita06

この道は伏見稲荷の案内図にはありませんが、
多くの稲荷塚が建ち並びます。

「弘法の滝」を過ぎると次が「青木ケ滝」。

Takenosita07

ここでは参拝されている方々とお会いしましたが、

Takenosita08

その方たちをすり抜けるように出たところがこの滝。

Takenosita09

「竹乃下道」
古くは深草から大和へと通じる道であったともいわれ、
”深草トレイル”として整備されています。

Takenosita10

車道に合流しました。
稲荷山山頂(一ノ峰)へは道を左にとります。

Takenosita11

すぐに「白菊大神」社

Takenosita12

ここは道から眺める「白菊の滝」 ^^;
このあたりから道は上りになります。

Takenosita13

すぐに「御劔ノ滝」です。

Takenosita14

ここも立ち入れませんが、
ちょっと隙間から失礼しました ><;

Takenosita15

上りの道がキツくなると道が分かれます。
右に行くと大岩神・(読めません ><;)、末広滝、
左が稲荷山頂上の朽ちかけた案内板があります。

まず右へ

Takenosita16

坂道をどんどん登って滝を探しましたが、
ここの滝は枯れ滝でした ^^;
この先さらに山を登っていくおばあさん ^^;と分かれ、
塚群をすり抜けてすぐ左にある「末廣大神」へ。

Takenosita17

その「末廣ノ滝」も扉が閉まったままでした。

この前は稲荷山頂上への道

Takenosita18

これがまた頂上直下で急登の階段です。

足元に赤い小さな冬イチゴの実を見ながら、
ひと汗かくと鳥居が見えました。

Takenosita19

稲荷山鳥居参道から下ってくる
「末廣滝」への参道鳥居です。

そして

Takenosita20

稲荷山お山めぐりの鳥居参道に出ます。
一ノ峰「末廣大神」はすぐ、
この日も大混雑でお参りにも長い列ができていました。

どうしても歩きたかった「竹乃下道」。
伏見神宝神社から一ノ峰まで40分とありましたが、
ほゞ同タイムでの到着でした。     11日

« 伏見稲荷お山めぐり | トップページ | 伏見稲荷から泉涌寺へ »

趣味・歩く」カテゴリの記事

コメント

TV番組でここ伏見稲荷と三十三間堂の番組を見て、まだまだ私の知らない伏見稲荷と三十三間堂があり、出かけたいものだと思っていました。

流石好好爺さんいろんなことをご存知ですね、出かけるときの参考にさせていただきます。

風 kei さん
伏見稲荷も4度目になるとほゞ回りきりましたが、
ここはまだでいつか歩こうと思っていました。

伏見稲荷大社の直轄ではありませんが、
なかなか趣のあるところです。
距離も短くお山めぐりよりは楽かもしれませんね。

こんばんは~
お山巡り「竹乃下道」を歩かれて良かったですね、お疲れ様でした。
伏見神宝神社は狛干支12支巡りでお参りしたぐらいです。
申年ですが今年はお猿さんに逢わなかったのですね。

彩 さん おはようございます。
いちど歩きたかった道でしたがようやく歩いてきました。

この道はお山めぐりのミニ神蹟みたいな感じですね。
伏見神宝神社もゆっくり参拝してきました。
お猿さん
あれ以来一度も見たことがないですねが
いったいどうなったのか不思議です ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伏見稲荷竹乃下道:

« 伏見稲荷お山めぐり | トップページ | 伏見稲荷から泉涌寺へ »