最近のトラックバック

« 湖北のコハクチョウ | トップページ | 和歌山城 西之丸公園 »

2016年1月18日 (月)

紀州 和歌山城

和歌山県和歌山市にある「和歌山城」。
八代将軍吉宗、十四代将軍家茂を輩出した、
徳川御三家のひとつ紀州徳川家の居城です。

初めての訪問でした。

Wakayama01

西の丸跡(広場)から
天主と多門でつながる乾櫓。

Wakayama02

天守閣

天正13年(1585)、羽柴秀吉が紀州を平定し、
弟・秀長に命じて虎伏山の峰に築城したのが始まり。
手がけたのは築城の名手、藤堂高虎でした。

Wakayama03

二の丸と西の丸に架かる御橋廊下

その後、幾多の変遷を経て
元和5年(1619)、徳川家康の10男・頼宣が入城し、
以来、紀州徳川家の居城となる。

Wakayama04

一の橋・大手門
この日はここから登城しました ^^;

Wakayama05

大手登城道(勝手に付けた名です ><;)

見どころのたくさんあるお城ですが、
右には樟の大樹、左には井戸があります。

突き当たると

Wakayama06

枡形に曲がる一中門跡で、
抜けると右に二の丸跡跡と虎伏像がありますが無視 ^^;
直進して行くと岡口門と表坂に向かいます。

ここからの注目は石垣群です。

Wakayama07

表坂の石畳と石垣

石垣は切込接ぎ(きりこみはぎ)と
打込み接ぎ造り。

Wakayama08

坂の途中から眺める岡口門。

築城当時は大手門でしたが、
途中から搦手門(裏門)になります。
現存する数少ない遺構のひとつ ^^

Wakayama09

坂を登ると松の丸跡

こちらにもクスノキの大木があります。
右に続く石垣は自然の石をそのまま積んだ野面積み。

Wakayama10

天主下に出ました。
道は右に登って左へと折れますが

Wakayama11

直進して本丸御殿跡からの天守。
右に下る道は裏坂です。

Wakayama12

天守二の門(楠門)と二之丸櫓

Wakayama13

門をくぐると乾櫓

Wakayama14

そして2層小天守と白亜の3層大天守です。
一時は国宝(旧国宝)に指定されていましたが、
戦災で焼失、昭和33年(1958)の再建です。

Wakayama15

天守最上階から眺める西側。

先には和歌山港と紀の川が望め、
二之丸櫓と乾櫓が多門で繋がった
連立式天主の様子が良く分かります。

Wakayama16

小天守内部

Wakayama17

順路が逆になりますが
乾櫓から二之丸櫓を通って多門内を天守へ。

Wakayama18

内部をぐるりと見学できます ^^

Wakayama19

大天守内に戻ってきました。

Wakayama20

天守内の見学を終えて新裏坂を下ります。

護国神社沿いを行くと

Wakayama21

追廻門(おいまわしもん)
柱に本瓦の屋根を載せた高麗門ですが、
この門も現存する遺構のひとつ。

砂の丸跡広場の傍を戻って

Wakayama22

裏坂に向かう道、
この辺りは”鶴の渓”と呼ばれています。

このあとは徳川頼宣が西の丸に築いた
「西之丸庭園」ですが・・・続きます。  camera 16日

« 湖北のコハクチョウ | トップページ | 和歌山城 西之丸公園 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

好好爺さんは、北へ南へといろんな場所へお出掛けされていますね^^
この時期は見頃を迎える植物が少ないので、お出掛けする場所の
選定が難しそうです^^;
和歌山城、初めて見ましたが大きなお城ですね。
天守までかなりの距離がありそうです。
私は途中でへばってしまいそうです^^;

和歌山は暖かい事もあって、紅梅が満開ですね^^

いわし さん
この時期はほんとに出かけるところに悩みます><;

お城は好きで、城跡も含めてよく出かけています。
和歌山城は以前から行きたかったお城で、
大阪に出かけたついでに立ち寄ってきました ^^;
思っていたより広い城内でしたね。

紅梅
咲いているとつい撮ってしまいます ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/63079368

この記事へのトラックバック一覧です: 紀州 和歌山城:

« 湖北のコハクチョウ | トップページ | 和歌山城 西之丸公園 »