最近のトラックバック

« 奈良 般若寺の水仙 | トップページ | 伏見稲荷お山めぐり »

2016年1月10日 (日)

新春を寿ぐ 和紙人形展

滋賀県日野町の「近江日野商人館」で開催されている
~新春を寿ぐ~「和紙人形展」。
ちょっと我が身には不似合いな催しものですが ^^;
新春に人形もいいかと出かけてみました。

Hino01

日野町歴史民俗資料館「近江日野商人館」

三連休とはいえ、実に静かな日野の町でしたが、
こちらもまだ人が訪れることもなく貸し切りです ^^

Hino02

ここはいろんな催事が行われるところですが、
いつも華やかな飾りの玄関です。

Hino03

庭園が見える展示室には

Hino04

ガラスケースの陳列棚にその一部が並びます。

そんななかで

Hino05

Hino06

やはり気になるのはお雛さんですね ^^;

そして
廊下を挟んだメインの展示場です。

Hino07

中央正面と

Hino08

Hino09

左右に並ぶ和紙人形の数々

Hino10

Hino11

Hino12

Hino13

地元の人形作家・藤永多津子師の作品
数百点が初公開です。

Hino14

見る人が見れば何の人形かは分かるでしょうが・・・
ただ見事な細工を眺めるばかりでした ><;

Hino15

押絵風?雛人形 ^^;

Hino16

獅子は違いますが ^^;
どれも和紙の美を雅に装う人形たちです。

「和紙人形展」は2月7日(日)までですが、
今年は2月14日(日)から始まる
「日野ひなまつり紀行」と並行して
その一部も展示されるとのことです。  camera 9日

« 奈良 般若寺の水仙 | トップページ | 伏見稲荷お山めぐり »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん

日野町歴史民俗資料館「近江日野商人館」は、「和紙の館」なのですね。和紙で作られた人形は、色彩感に溢れ美しいですね。形も良いです。色紙に貼り付けられた紙人形は我家にも一枚あります。家内が友達の造ったものを貰ったとか。壁に掛けて毎日眺めています。

shuttle さん
ここはいつもひな飾りを見に行くところです。

これは新春恒例の展示ですが、
例年はだるま展やてまり展などが行われます。
和紙とは思えぬ人形の衣服は素晴らしいですね。
楽しんできました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/63034129

この記事へのトラックバック一覧です: 新春を寿ぐ 和紙人形展:

« 奈良 般若寺の水仙 | トップページ | 伏見稲荷お山めぐり »