最近のトラックバック

« 徳川園の冬牡丹 | トップページ | 長谷寺の冬ぼたん »

2016年1月 7日 (木)

桑名七里の渡し公園

昨年の11月3日に一部がオープンした
三重県桑名市にある
木曽三川公園「桑名七里の渡し公園」(住吉地区)です。

諸戸庭園と六華園の傍で整備が進んでいましたが、
その一部が完成して一般公開されています。
特にこれという公園ではありませんが(いまのところ ^^;)
コンセプトは”川やまちと一体となった歴史公園”だそうです。

Sansen 
今回オープンした公園は詳しい資料がなく、
「広報くわな」の開園記事を参考に
独自に付けた番号順に回ってみました。 


Kuwana01   
北側から見た公園の揖斐川沿いの道路沿い(東側)。
諸戸庭園のレンガ塀と調和を図るために、
公園を取り囲んでいるレンガ塀の景観がいいですね ^^


Kuwana02 
「六華苑」に隣接する北側の入口


Kuwana03 
道路沿いの東側入口


Kuwana04 
中央に”湧水口”を配した公園の中心部

Kuwana05 
その湧水口
明治期に諸戸清六が独力で完成させた
諸戸水道の共用栓が復刻されたものです。

Kuwana06 
木曽三川がイメージされているのでしょうか?
岩間から湧き出た水は

Kuwana07 
かって六華苑に存在したという
円形花壇がデザインされた中心部を流れ

Kuwana08 
木曽三川の下流部?へと注ぎ大河となる・・・
そんなイメージでしょうか?


Kuwana09 
公園の西側に出ました。

園路を諸戸庭園への入口に歩きます。


Kuwana10 

諸戸庭園側入口


Kuwana11 
そして道路側南入口
こちらはレンガ塀と竹組の塀です。


Kuwana12   
公園南から


Kuwana13 
川?を飛び石で渡ります。

Kuwana14 
せせらぎ、景石の配置による日本庭園の景観。


Kuwana15 
ふたたび西側に出ました。
ここから正面の岩間を抜けていきます。

Kuwana16 
随所に使われている景石は
揖斐石といわれるチャート石(揖斐川町産出)。

Kuwana17 
その頂き?からの公園中央部です ^^;

木曽三川河口部では初の公園となるという
国営木曽三川公園「桑名七里の渡し公園」。
このあと揖斐川右岸地区、七里の渡し地区が整備され、
この住吉地区とともにすべてが完成するそうです。

« 徳川園の冬牡丹 | トップページ | 長谷寺の冬ぼたん »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/63009421

この記事へのトラックバック一覧です: 桑名七里の渡し公園:

« 徳川園の冬牡丹 | トップページ | 長谷寺の冬ぼたん »