2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月30日 (月)

旧彦根藩松原下屋敷庭園

名勝「玄宮園」の紅葉を楽しんだあとはこの日の目的地へ。
琵琶湖畔へ走ること数分の松原町にある
「旧彦根藩松原下屋敷(尾浜御殿)」の庭園でした。

新緑の春と、紅葉の秋に特別公開されていて、
今回は二度目の訪問でその紅葉です。
(11月30日で公開はすでに終了しています ^^;)

Hikone01

屋敷の入口門(見学受付)から

Hikone02

玄関棟の横を通り抜けて庭園へ。

数年前に春の公開で知ったところですが、
その時の新緑がもみじだったとは迂闊でした ><;

Hikone03

11代当主井伊直中により文化7年(1810))ごろに、
琵琶湖畔に造営された下屋敷ですが

Hikone04

もうひとつの下屋敷である槻御殿(玄宮楽々園)とは
立地や趣も異なり、
公式性を離れた庭園を主体とした下屋敷であったと。

Hikone05

琵琶湖の水位と連動して汀線(波打ちぎわ)が変化する
汐入形式の手法を用いた池を中心にした庭園。

Hikone06

春に訪れたときにはまだ水があり、
そこには州浜が広がっていましたが

Hikone07

琵琶湖との間に道路ができて以来、
いつの間にか水は干しあがったようです。

Hikone08

屋敷棟は雨戸が閉められ拝見できませんが、
奥座敷の前にある古い手水鉢と燈籠に
かつての面影を偲ぶことができます。

Hikone09

こちらはその東側最奥にある、
築山の重なった庭園の木々と色づいた紅葉。

Hikone10

Hikone11

今年はいちばん色づきが良くなくて
例年はもっと”真っ赤”だとは、係り員の方のお話 ^^;

Hikone12

Hikone13

良くないとはいえ見事な紅葉

Hikone14

これが”お浜御殿”の紅葉でした。

Hikone15


終盤とはいえ公開が終わるのが惜しい・・・
そんな気がするほどの紅葉を楽しんだ
「旧彦根藩松原下屋敷」の庭園でした。  camera 28日

2015年11月29日 (日)

名勝 玄宮園の紅葉

飽きもせず終盤の紅葉を追っかけていますが、
この日は彦根市へ。
今回は彦根城には登城せずに名勝「玄宮園」の紅葉です。

もう何度も訪れているところですがなぜか雪の日が多く、
秋の紅葉は初めてでした ^^;

Genkyuen01

江戸時代には隣接する「楽々園」とともに
「槻(けやき )御殿」と呼ばれた彦根藩の下屋敷。

Genkyuen02

中国唐時代の玄宗皇帝の離宮をなぞらえて、
命名されたと考えられる・・・という。


Genkyuen03

Genkyuen04

細かい説明は無しにして
今回は紅葉です ^^;

Genkyuen05

Genkyuen06

池・魚躍沼(ぎょやくしょう)に紅葉が写り込んで、
これぞ快晴ならではの景色でしょうか。

Genkyuen07

Genkyuen08

その池を回り込んで、
池に架かる最初の龍臥橋から見る
「鶴鳴渚(かくめいなぎさ)」。

Genkyuen09

東口への分岐からふたつめの橋へ

Genkyuen10

Genkyuen11

その中之島からの紅葉、
その辺りがいちばんの見ごろ、見どころでした。

Genkyuen12

橋を渡った先にある「鳳翔台(茶席)」

Genkyuen13

お茶席から見る彦根城天守

Genkyuen14

鳳翔台周辺の紅葉!
終盤に入っていますが綺麗です ^^

Genkyuen15

撮影中のモデルさん?
ではなさそうでしたが一枚便乗 ^^;

Genkyuen16

茶席下にある建物(名前は?)前から

Genkyuen17

今年は良くないといわれる紅葉ですが、
ここもまた例年ほどではないようです ><;

Genkyuen18

Genkyuen19

西口から東口へと見てきました「玄宮園」の紅葉。

言われて見れば・・・でしたが

Genkyuen20

五色のモミジ?
久しぶりに写欲の湧いたモミジ葉でした。

この日は他に目的があって訪れた彦根ですが、
ここは外せないと立ち寄った「玄宮園」。
終盤とはいえまずまずの紅葉には満足でした ^^;
さて、その目的の場所はこのあとに・・・。  camera 28日

2015年11月28日 (土)

岐阜 養老公園の紅葉

久しぶりに朝から素晴らしい快晴でしたが、
午前中は野暮用があって
午後から出かけた岐阜県養老町の「養老公園」です。

紅葉情報は”見ごろ”ともあり、
公式サイトの写真ではまだ早い感じでしたが・・・

Yoro01

Yoro02

駐車場から渡月橋の辺りまでは、
これは?と思う紅葉もあり期待しました。
しかし、ここまで ><;

Yoro03

Yoro04

その先からは次第に緑のモミジが多くなり、
妙見橋を渡って滝道には入ると見どころはなく、
オマケに時雨れ始めました ><;

Yoro05

下から見上げる「養老薬師」

Yoro06

そして
少しは紅葉らしい木々に囲まれた「養老の滝」

Yoro08

散るモミジ葉もありますが・・・


Yoro09

さすがにまだこれからでしょうか ?

この日はこのまま来た道を戻り、
途中の万代橋から「養老神社」への道へ入ります。

Yoro10

Yoro11

その養老神社周辺
こちらもあの見事な紅葉は全くなく緑の木々ばかり ><;
そのまま妙見橋まで戻り滝谷の右岸に渡ります。

Yoro12

Yoro13

不動橋周辺
こちらはまだ多少はらしい紅葉ですが、
すでに落葉した木も ><;

Yoro14

見るべき紅葉もなく

Yoro15

渡る不動橋

振り返れば・・・

Yoro16

時雨れる山側とは正反対に、
晴れた町側にはうっすらと虹が架かっていました。

我が経験では
ここは12月初旬ごろが見ごろのはずですが、
果たして今年はどうでしょうか?^^;   camera 27日

2015年11月27日 (金)

かみいしづ緑の村公園

いなべ市の聖宝寺から国道365号線を北へ走るとある、
大垣市上石津町上多良の「かみいしづ緑の村公園」です。

自然豊かな森の中に様々な施設が集まった公園ですが、
特に紅葉で知られるところではありません。
この日はウオーキングを兼て、
少しだけ園内周遊道路沿いにある紅葉を見に立ち寄りです。

Kamiishizu01

駐車場の前にある”あひる池”の先にある
メタセコイヤの黄葉。
この日はここから反時計回りで公園の取り付け道路を
バンガロー村へと歩きます。

Kamiishizu02

春には訪れる「ぼたん園」、
利用者もなく?貸し切りの公園内です ^^;

Kamiishizu03

テニスコート場から
体験宿初施設「奥養老」を回り込んで

Kamiishizu04

Kamiishizu05

Kamiishizu06

「しいたけ園・バーベキュー場」周辺。
特に紅葉を見に来る人たちもいないところですが、
結構綺麗な紅葉が楽しめます。

ここから公園の外周を回る取り付け道路へ。

Kamiishizu07

Kamiishizu08

この山中(創造の森)をめぐる散策道もありますが、
今はすべて立ち入り禁止になっています ><;

Kamiishizu09

この先で「日本昭和村」への
サイクリングコースを分けてバンガロー村へ。

Kamiishizu10

道は山中の舗装道

Kamiishizu11

ときおり現れる紅葉を楽しみながらの歩きです。

Kamiishizu12

ちょうどバンガロー村への中間辺り

Kamiishizu13

Kamiishizu14

この辺りが紅葉のいちばん綺麗なところでしょうか?
この先はバンガロー村へと山道(舗装道)を歩くのみ ^^;

ここから引き返すか、
公園の野営場へと分岐道を下るかですが、
こちらはこの時期あまりお勧めできません ><;

この日はそのまま歩き続けました。

Kamiishizu15

山中を歩くこと10分ほどでバンガロー村に到着!
石碑がいくつか建っていますが
そのひとつは「茶屋場跡」の碑。

ここは多良から時へと通じる伊勢街道のひとつで、
”横欠け四十七曲り”といわれた難所にあつた茶屋の跡とか。
また、関ヶ原の戦いで敗れた島津義弘を守って落ちる途中、
この地で自刃した島津豊久の隠れ小屋があったとも。

ひとつ勉強したあと ^^;このまま山中を下り、
国道365号線に出て公園に戻りました

Kamiishizu16

公園の野営場にある終盤の紅葉です。

少しは運動不足の解消にもなりましたが、
思った以上に紅葉が楽しめた
大垣市の「かみいしづ緑の村公園」でした。  camera 25日

2015年11月26日 (木)

聖宝寺の紅葉 いなべ市

三重県いなべ市藤原町にある「聖宝寺」、
今年もすでに「もみじ祭り」が始まっています。

いつもは祭りが始まると見ごろになる紅葉ですが、
今年はまだ見ごろ情報がなく、
午後から雨予報のなか思いきって出かけてみました。

Shoubouji01

約280段の石段を登り着いた拝観受付で、
協力金(200円)を払って
境内庭園に入るとまず目にするのがこの鏡池。

Shoubouji02

そして本堂右と左にある”血染めのもみじ”。
(今はそう呼ばれているかどうか?わかりません)

庭園を回りますが・・・

Shoubouji03

Shoubouji04

もう、早いだの、色づきが悪いなどとは言いません ><;
そんなこの日の「聖宝寺」の紅葉です。

Shoubouji05

六地蔵堂前

Shoubouji06

Shoubouji07

Shoubouji08

回遊式庭園上段の「浄土池」周辺、
どこも燃えるようなあの紅葉にはほど遠いです。

Shoubouji09

部分的に撮れば綺麗な紅葉もあります。

Shoubouji10

下段の「鏡池」へ移動

Shoubouji11

ちょうど池の落ち葉を掃除されていましたが、
逆さモミジも寂しい限りです。

Shoubouji12

庭園から見下ろす滝の広場、
そこに飾られていた?光のオブジェが気になりました。
(傘の前で小さい光がたくさん点滅しています ^^;)

広場へと下ります。

Shoubouji13

八つある仏教のシンボルのうち、
「蓮」、「傘」、「勝利の旗」の三つを表しているそうです。
よくわからないですが、
手前に小さな黄色いライトが点滅しています ^^;

今年はほかにもこちら

Shoubouji14

「鳴谷滝」への道には竹筒が敷き詰められて、
紫色?(ブルーか?)に光る光のオブジェで
通れぬ”三途の川”が造られています。

これもライトアップの一つのようです。

Shoubouji15

広場のイチョウもこの日はいまひとつ ><;

オマケ!

Shoubouji16

駐車場近くに咲いていた冬桜。
個人の方の庭に咲くお馴染みの桜ですが、
「小美冬桜(こびとさくら)」と名付けられていました ^^;

少しは期待した「聖宝寺」の紅葉でしたが、
ここも残念ながらいまひとつでした。   camera  25日

2015年11月24日 (火)

そぶえイチョウ黄葉まつり

愛知県稲沢市祖父江町で始まっている
「そぶえイチョウ黄葉まつり」(~29日(日)まで)。
このところの紅葉もひと休みで
ちょっと目先を変えてみようと出かけてみました。

”祖父江の銀杏も色ずき始め”との情報をもらっていましたが、
久しぶりの日差しに思わず出かけたものの・・・。

Sobuei01

Sobuei02

祐泉寺会場、いただいた情報どおり、
まだ色づき始めそのものです ^^;

Sobuei03

町中が真っ黄色に染まるイチョウですが

Sobuei04

ほとんどがまだ染まっていません。

Sobuei05

乳イチョウの古木があるお宅、
これもグラデーションといえるのかどうか ?><;

Sobuei06

乳イチョウ、
この日はその乳が皆さんの注目でした。

Sobuei07

名鉄山崎駅への道筋
これで多少はすくわれました ^^

Sobuei08

ぎんなん取り

Sobuei09

ちょっとさえないコラボですが

Sobuei10

傍に染まっているイチョウがありません ><;

Sobuei11

ぎんなん

Sobuei12

せめてこれぐらいの見どころがあれば・・・
そんな思いがした今日の祖父江町でした。

この日は早々に退散します ><;

Sobuei13

主役が違いますが皇帝ダリア

Sobuei14

ミカン

Sobuei15



Sobuei16

菜の花

遠くから見ると綺麗に見えましたが、
近寄るとまだ青葉の目立つイチョウが大半、
空は青空、イチョウは青葉でした。

町中が黄色に染まって見ごろになるのは、
ちょうどこの週末になりそうです。  camera 24日

2015年11月23日 (月)

近江五個荘 紅葉めぐり

滋賀県近江八幡市にある「教林坊」から、
東に数百メートル走ると東近江市五個荘です。

「教林坊」とは同じ轍山(きぬがさやま)の山麓にあり、
紅葉の名所?のひとつ、
五個荘川並町にある「紅葉公園」に立ち寄ります。

Momijip01

各地の紅葉状況から、
今年は期待できないと思いましたが、
やはり素通りはできません ^^;

Momijip02

これは!と思うような入口辺りの紅葉

Momijip03

この辺りは比較的日差しが差し込むためでしょうか?

Momijip04

それとも色づきのいい種類のモミジだからか?
綺麗な紅葉でした。

Momijip05

あとは日差しのない山中の紅葉になります。

Momijip06

Momijip07

全体には早すぎたようですが・・・
ヤマモミジの色づきもさまざまです。

Momijip08

訪れる人もいない、
閑散とした轍山山麓を彷徨いました。

  ~~~

ここからさらに北へ2kmほど走ると五個荘石馬寺町。
こちらはれっきとした紅葉の名所でもある
馬の寺 「石馬寺(いしばじ)」です ^^;

Ishibaji01

ここも白洲正子の随筆”かくれ里”に登場します。

”石馬寺は、その西のはずれの山中にあるが、
山の入口には、「石馬禅寺」と書いた石標が立っており、
真直ぐ登って行くと、寺の石段につき当る。”
” かくれ里”より。

Ishibaji02

紅葉情報は”見ごろ”でしたが

Ishibaji03

石段参道入口

Momijip03_2

石段参道も
まだ早すぎてこれからです。

Ishibaji05

石段の参道を上り、
さらにつき当たった寺の石段を上ると
「本堂」と「宝物館」前に出ます。

Ishibaji06

Ishibaji07

情報の”見ごろ”はここでしたが、
すでに終わった感もあります。

Ishibaji08

やはりこのところの天候のためでしょうか?
今年の紅葉はよくありません ><;
”見ごろ”とは思えぬ「石馬寺」でした。

3年ぶりにめぐった「紅葉公園」と「石馬寺」。
あの見事な紅葉はどうなったのか?
なんとも寂しい ><; 紅葉でした。  camera 21日

2015年11月21日 (土)

石の寺 教林坊

滋賀県近江八幡市安土町石寺にある「教林坊」。

2,000坪の境内をうめる紅葉の名所で、
白洲正子の随筆「かくれ里 石の寺」でも紹介されており、
「石の寺 教林坊」として知られる。

昨年と同じ日の訪問

Kyourinbou01

惣門
訪れた時間は午前と午後の違い

Kyourinbou02

表門への参道
この日はまだ庭園に日が昇り始めたばかり

Kyourinbou03

昨年はまだ早すぎて”見ごろ間近”、
今年はすでに”見ごろ”でしたが・・・

Kyourinbou04

庭園への道には
早くも散り落ちたモミジ葉が

Kyourinbou05

枯れ滝、鶴、亀、など巨石を用いて表現された、
桃山様式の池泉庭園の上部をめぐります。

Kyourinbou06

Kyourinbou07

Kyourinbou08

悲しいかな ><;
まだ日差しの入らぬ庭園ですが

Kyourinbou09

Kyourinbou10

散りモミジとともに、
今が見ごろのピークでしょうか。

Kyourinbou11

Kyourinbou12

本堂裏
このグラデーションもまた良し!

Kyourinbou13

本堂前
もみじ祭り期間中は「秘仏不動明王」がご開帳

Kyourinbou14

書院へ

Kyourinbou15

本尊「赤川観音」霊窟と
太子説法岩に散るモミジ葉

Kyourinbou16

Kyourinbou17

書院前から
小堀遠州作と伝えられる名勝庭園を見て、
庭園をひとめぐりしました。

Kyourinbou18

この日は書院座敷には入れません ><;
玄関口から
人の途切れたところで「掛軸庭園」です ^^;

推古13年(605)に聖徳太子によって創建された、
観音正寺の子院として現存する唯一の寺院。
石の寺「教林坊」の紅葉でした。    camera 21日

2015年11月20日 (金)

徳川園の紅葉

名古屋市東区にある「徳川園」。
市内の紅葉はまだ早いだろうと思いながら、
近くまで出かけたついでに立ち寄りました。

「徳川園」では今日から12月13日(日)まで、
「徳川園紅葉祭」が開催され
11月29日(日)まではライトアップされます。

Tokugawaen01

黒門口「虎仙橋」からですが、
ここから「大曾根の滝」まではまだ緑です。

「四睡庵」側の道へ出ます。

Tokugawaen02

Tokugawaen03

わずかに色づいた紅葉ですが、

Tokugawaen04

少しだけ期待を持たせて ^^;

Tokugawaen05

大曾根の滝道はまだ緑 ^^;

一回りして

Tokugawaen06

「龍門の滝」前

Tokugawaen07

Tokugawaen08

少し見どころのある「龍仙湖」の中道は西側

Tokugawaen09

大曾根口前

ここから反時計回りで

Tokugawaen10

西側は「瑞龍亭」への道

Tokugawaen11

Tokugawaen12

まだ色づき始めの紅葉ですが、
ここも順次見ごろを迎えそうです。

オマケ!

Tokugawaen13

「ぼたん園」に咲いていた一輪


まぁ、さすがにまだ綺麗とは言えませんが ^^;
人気のスポットだけに入園者もまずまずで、
早いグラデーションを楽しまれていました。  camera 19日

2015年11月19日 (木)

明治村の紅葉・1丁目

犬山市にある「明治村」の紅葉、続きです ^^;

下調べでは5丁目と1丁目が見どころとのことでした。
ところが春の桜と同じように結構見どころが多く、
3丁目まではかなり楽しんできました。
2丁目にはそれらしきところはなく、
このあとは必見!といわれる1丁目の紅葉です。

その1丁目の中心部へ行きます。

1tyome01

その道すがらにある池の手前から、
「聖ヨハネ教会堂」周辺。

さて、1丁目の紅葉

1tyome02

必見!といわれるだけあってか、
モミジの木が集中しています。

1tyome03

1tyome04

いきなり「学習院長官舎」周辺の紅葉です。

中心となるこの辺り

1tyome05

1tyome06

このモミジの大木が目を引きますが、
愚痴は言うまいと思いつつ・・・いかんせん曇天 ><;

1tyome07

1tyome08

1tyome09

「西郷従道邸」周辺

1tyome10

1tyome11

和食処「碧水亭」から
「森鴎外・熱目漱石住宅」へと回り込みます。

1tyome12

その「森鴎外・熱目漱石住宅」

1tyome13

この日は某キー局の新年ドラマが撮影準備中で、
残念ながら見学できず ><;
建物内からの紅葉は見れません。

「日本庭園」に回ります。

1tyome14

1tyome15

見ごろか、見ごろ間近か??

1丁目の紅葉はさすがに必見!でしょうか。
これは来年のお楽しみになりました。

1tyome16


明治村
今年は初めて春と秋に訪れました。
この日はあいにく曇り空での紅葉狩りでしたが、
桜とともに素晴らしい紅葉が楽しめます。  camera 17日

2015年11月18日 (水)

明治村の紅葉・5~3丁目

朝から薄曇りでしたが住民登録の更新もあり、
ちょうど紅葉も見たくて出かけた犬山市の「明治村」。

秋に訪れるのは初めてでしたが・・・その紅葉!
もう色づきがどうのこうのとはいいません ^^;
まずは5丁目から3丁目のめぼしいところを見ていきます。

Meijimura1

北口の入村ゲートから下る坂道

Meijimura2

帝国ホテル中央玄関前の芝生広場から、
見える建物は「菊の世酒蔵」。
ここから「金沢監獄中央看守所・監房」の西側から
「金沢監獄正門」へと回っていきます。

Meijimura3

少し見える建物は「川崎銀行本店」(展望タワー)。

Meijimura4

金沢監獄の建物から

Meijimura5

回り込んだ西側の道沿い

Meijimura6

Meijimura7

洋食屋「浪漫亭」前から

Meijimura8

聖ザビエル天主堂への坂道、
ここからしばらく紅葉の見どころはありません。

4丁目に入って宇治山田郵便局舎の手前から、
SL名古屋駅への坂道を行きます。

Meijimura9

Meijimura10

駅舎手前

Meijimura11

駅舎から
奥にSLの転車台があります。

Meijimura12

ちょうど入線してきた機関車が方向転換しました ^^;
SL名古屋駅から市電の名古屋駅へ出ます。

Meijimura13

Meijimura14

道沿いの紅葉が色づき始めています。

「名古屋衛戍病院」の東側を通り3丁目へ入り、
「長崎居留地に十五番館」への上り口。

Meijimura15

ここはちょうど見ごろで綺麗な紅葉でした。

あとは「品川灯台」から
「西園寺公望別邸」に行きます。

Meijimura16

手前にある茶室「亦楽庵」

Meijimura17

Meijimura18

「西園寺公望別邸」を回り込んで

Meijimura19

Meijimura20

「幸田露伴住宅」周辺、
ここから「北里研究所本館・医学部」へ抜けます。

2丁目にはらしき紅葉スポットはありません。
このあとは明治村必見といわれる
1丁目の紅葉スポット!です。   camera 17日

2015年11月17日 (火)

美濃五山 真禅院

大垣市青墓町の「円興寺」から南西に走ること約20分ほど、
こちらは垂井町宮代にある「朝倉山真禅院」。
すぐ傍にある美濃国一の宮「南宮大社」の元神宮寺で、
「朝倉観音」とも呼ばれ親しまれている古刹です。

厚い雲間から日が差し始めた境内

Sinzenin01

「本地堂」前から境内南

Sinzenin02

そして北側

Sinzenin03

「鐘楼」横
まだ紅葉は色ずき始めに見えましたが

Sinzenin04

「三重塔」前のモミジの木は散り急いでいます。

Sinzenin05

Sinzenin06

脇参道もご覧のとおりで、
日の当たるところははやくも散りモミジです。

Sinzenin07

Sinzenin08

三重塔前から庫裡前と境内の南側

Sinzenin09

わずかに見ごろの紅葉と、奥に「鐘楼」。

庫裡の前庭に入ります。

Sinzenin10

散りモミジ ^^;

Sinzenin11

ドウダンツツジの大木は見ごろ間近

Sinzenin12

戻って「鐘楼」から、
梵鐘は奈良時代後期のもので
美濃国最古の鐘ともいわれます。

Sinzenin13

色づき始めた紅葉

Sinzenin14

本地堂横もモミジを南側から

Sinzenin15

宝篋院塔と、
ここはまだ色づき始めたばかりですが、
これが普通でしょうか。

「真禅院」の紅葉、
散ったモミジもあれば青葉もありと、
今年の紅葉は色づき具合がよく分かりませんが ^^;
境内全体の見ごろはまもなくでしょうか。  camera 15日

2015年11月16日 (月)

美濃五山 円興寺

岐阜県大垣市青墓町にある「円興寺」。

岐阜県屈指の古刹で美濃五山のひとつでもあり、
源氏一族の菩提所としても知られ、
”飛騨・美濃紅葉33選”にも選ばれている名所です。

晴れていたんですが現地は曇り 空でした。

Enkouji01

この日の染まりようではどうしても日差しが欲しくて、
しばらく待ちながらの撮影でしたが・・・

Enkouji02

Enkouji03

雲の切れ間からの日差しを待って、
一気に撮り直しです ^^;

Enkouji04

こんなに早くここに来るのは記憶にないですが、
今年はモミジ葉の傷みが目立ちます。

Enkouji05

晴れたわずかな時間での撮影 ^^;

Enkouji06

雨に濡れた石段には
すでに散り始めたモミジ葉です。

Enkouji07

庫裡の玄関前からは
樹齢400年という見事な”クスノキ”が目を引きます。

Enkouji08

Enkouji09

日差しのなかの紅葉!
いまさらですが・・・待った甲斐ありでしょうか ^^;

Enkouji10

ここはこのイチョウの黄葉がまたポイント ^^;
ちょうど見ごろで、これは普通なんですが・・・

Enkouji11

モミジの色づきがまばらでイマイチ ><;
これも天候のためでしょうか?

Enkouji12

本堂への石段を上ります。

Enkouji13

本堂
本尊は「木造聖観音立像」で非公開。

Enkouji14

鐘楼

Enkouji15

モミジの色づきは別にして、
思っていたより早いイチョウの黄葉とのコラボでした。

美濃五山とは、美濃地域にある天台宗の古刹、
美江寺、横蔵寺、善学院、円興寺、真禅院の総称ですが、
西濃にあるもうひとつが「真禅院」。
こちらも紅葉で知られますが・・・走ります。  camera 15日

2015年11月15日 (日)

東近江紅葉めぐり・NG集

各地の紅葉も見ごろの情報が多くなり、
紅葉狩りには絶好の週末でしたが土曜日は雨 ><;

出かける予定もなく休養日になりましたが、
今回もまた走り回った東近江の紅葉めぐりから
本記事に載せなかったNG集です。

まずは「永源寺」

Eigenji01

いきなりの急坂「羅漢坂」ですが、
まだ色づき始めでこの先も青葉が続きます。

Eigenji02

愛知川沿いの紅葉

Eigenji03

山門前
この辺りは見ごろだっただけに撮りすぎました ^^;

Eigenji04

すでに散り始めていた「法堂」から「経堂」前
この辺りは雨の影響が心配なところです。

次の湖東三山「金剛輪寺」

Kongourinji01

本坊「明壽院」玄関前

Kongourinji02

名勝庭園の”血染めのもみじ”、
左に”不断桜”が咲きます。

Kongourinji03

池に映る紅葉もまだ”見頃間近”ですね  ^^;

Kongourinji04

青葉の多い参道でしたが、
日差しのなかの「千体地蔵」。

Kongourinji05

金剛輪寺最大の見どころ「血染めの紅葉」
綺麗ですが・・・
周囲のモミジがまだ染まりきっていません ><;

Kongourinji06

本記事で載せなかった「三重塔」
モミジもまだ青葉でした ^^;
ここは雨にも負けず染まってほしいところです。

「西明寺」です。

Saimyouji01

この9月に竣工したという真新しい山門ですが、
あえて門前の紅葉です ^^;

Saimyouji02

参道のモミジもまだ緑 ^^;
ここが染まるのはまだ先でしょうか?

Saimyouji03

「蓬莱庭」入口にある本坊庭園の不断桜

Saimyouji04

本堂から二天門

Saimyouji05

戻る参道から、
「伝教太師尊像」が建つ休憩所広場です。

「永源寺」と湖東三山「金剛輪寺」と「西明寺」の紅葉。
本記事には載せなかった写真のなかから、
あらためて再編集しました。     camera 11日

2015年11月13日 (金)

湖東三山・西明寺

見ごろの紅葉には少し期待外れの「金剛輪寺」から、
この日は久しぶりに「西明寺」に回りました。

例年、湖東三山でも見ごろになるには遅い「西明寺」ですが、
この日も情報はまだ”見ごろ間近” (13日現在見ごろに)。
このところご無沙汰だけにあえての入山です。

Saimyoui01

真新しい山門をくぐって入山

正面受付すぐの「不断桜」は花もなく、
名神高速道路の上を行きますが紅葉は・・・

Saimyouji02

まもなく見ごろ ^^;でしょうか。

Saimyouji03

この先、石垣参道が続き、
「観正坊」周辺までの紅葉はまずまずですが、
その先はまだ青葉が目立ちます。

Saimyouji04

最初の見どころ(私的には ^^;)
参道中間にある受付の手前です。
まだ色づき始めのように見えますが・・・見ごろ間近です。

Saimyouji05

中門を入って名勝庭園「蓬莱庭」へ

Saimyouji06

前庭の”不断桜”

Saimyouji07

Saimyouji08

「蓬莱庭」を抜けて裏参道(登り専用)から、
本堂へと行きます。

Saimyouji09

Saimyouji10

庭園を回り込んで、
一部ですが綺麗な紅葉を見ながら本堂へ。

Saimyouji11

最後の短い石段を上がると、
「洗心水」「三重塔」を正面に見る「本堂」前です。

Saimyouji12

三重塔

Saimyouji13

本堂
紅葉は情報どうり見ごろ間近です ^^;

Saimyouji14

本堂内陣では紅葉期間中だけ、
「刀八毘沙門天」が特別御開帳されています。

Saimyouji15

二天門から表参道

Saimyouji16

その「二天門」を振り返って、
表参道を戻ります。

Saimyouji17

西明寺の霊木
樹齢1,000年といわれる「夫婦杉(千年杉)」

Saimyouji18

Saimyouji19

中門前の休憩所から二天門への参道、
紅葉はまもなく本番でしょうか?

オマケ!

Saimyouji20

ここに来ればやはりこの一枚 ^^;
紅葉は情報どおり”見ごろ間近”でしたが、
西明寺のモミジ葉はまだ傷みもなく綺麗でした。

湖東三山、
どうやら情報では全山見ごろになりましたが、
この週末は雨の予報です ><;   camera 11日

2015年11月12日 (木)

湖東三山・金剛輪寺

「永源寺」の紅葉を楽しんだあとは湖東三山です。

「永源寺」からはいちばん近い「百済寺」ですが、
ここはまだ石垣参道の紅葉が色づき始めで今回はパス ^^;
”見頃”情報の出ていた「金剛輪寺」でした。

Kongourinji01

黒門
時間はちょうど11時、
差し込む日差しに綺麗な紅葉ですが
ピークではありません。

Kongourinji02

受付への参道

Kongourinji03

受付から「西谷堂」への道と、
まだ少し早い感もあり、でしょうか。

Kongourinji04

「西谷堂」前もまだ7割程度のようです。

Kongourinji05

お休み処「華楽坊」の庭園。
色づいたところを撮っていますが、
全体にはまだ青葉が目立ちます。

Kongourinji06

「明壽院」の名勝庭園に入りました。

Kongourinji07

座敷からの眺め
庭園の”血染めのもみじ”もまだ燃えていません ^^;

Kongourinji08

同じモミジの裏からです。
見ごろといえば見ごろですが・・・
どうも色づきがイマイチです ><;

Kongourinji09

「明壽院」から白門をくぐり

Kongourinji10

「本堂」への長い参道に入ります。

Kongourinji11

まだ緑の多い参道ですが、
ここが染まるのは1週間ほど後でしょうか?

Kongourinji12

ようやく着いた「二天門」
七難即滅を願う大きなわらじが下がります。

Kongourinji13

紅葉情報は7割ほどの色づきでしたが、
どうやら正解でしょうか。

Kongourinji14

”血染めのもみじ”と三重塔

Kongourinji15

その”血染めのもみじ”もいまひとつ ><;

Kongourinji16

周辺もまだこれからです。

Kongourinji17

Kongourinji18

「三重塔」も、
見下ろす境内の紅葉もピークはまだこれから。

ここも場所によって色づきがまばらです。
気になつていたモミジ葉の傷みも少し気になりましたが、
見事なグラデーションが見れるまであと少しでしょうか。
このあとは例年見ごろの遅い「西明寺」です。  camera 11日

2015年11月11日 (水)

永源寺の紅葉

曇天の東近江紅葉めぐりから1日経ちましたが、
これ以上はない好天になりました。
あらためて出直しと、
気持ちの変わらぬうちに連日の東近江です。

この日も鈴鹿の山には一部に雲がかかりますが、
トンネルを抜けて「永源寺」に直行です ^^;

Eigenji01

お馴染みの急な石段(羅漢坂)を登り詰めて総門前。
ここまでは見るところもなく??で、
この青葉にチョッとこの先が心配でしたが・・・

Eigenji02

Eigenji03

総門を入ると見事な紅葉が広がります!
受付の先から山門まではちょうど見ごろ。

と、いうよりすでにピークを迎えた紅葉?です。

Eigenji04

その山門
この辺りもすでにピークを迎えています。

Eigenji05

庫裡前から

Eigenji06

「方状(本堂)」前に出ました。

Eigenji07

この先真っ直ぐに、右の「禅堂」と「経堂」、
左にある「法堂」から「開山堂」の道へと入ります。

Eigenji08

Eigenji09

Eigenji10

「法堂」前から「経堂」前へ

Eigenji11

「経堂」前の真っ赤なモミジ、
こちらはすでに散り急ぎます ><;

Eigenji12

そのモミジを回り込んで北入口へ

Eigenji13

「茶筅塚」

Eigenji14

北入口
ここから戻ります ^^

Eigenji15

戻る参道
やや日差しに透ける紅葉になります ^^;

Eigenji16

「経堂」前に戻ってきました。
渡り廊下を通って「開山堂」前へ。

Eigenji17

Eigenji18

燃え尽きて、
散り急ぐかのような見事なグラデーション・・・・

Eigenji19

御茶処、「不動明王」への太鼓橋周辺

Eigenji20

そして山門に戻って
今年もみごとな紅葉の「永源寺」でした。

ただ、今年は傷んだ葉が目立ち、色づきもまばらです。
見ごろが早かったここだけなのか?それとも・・・
確かめに湖東三山「金剛輪寺」へと走ります。  camera 11日

2015年11月10日 (火)

曇天の紅葉めぐり・東近江

「永源寺」の紅葉が見ごろを迎えたとの情報に、
天気の回復を待っていたら
「百済寺の遠望庭園」、「金剛輪寺」も見ごろとのこと。

走る国道421号でしたが鈴鹿の山は厚い雲の中!
思わず躊躇しながらも石博トンネルを抜けます。

Higashiomi01

トンネル出口の山の紅葉!
これ以上はない曇天の中です ><;

Higashiomi02

Higashiomi03

さすがにここは日差しがほしかった。

ここで戻ろうかと思いましたが、
そこは曇り空でも見たい一心で少し先の「道の駅」まで ^^;

Higashiomi04

出来たばかりの「道の駅」

Higashiomi05

Higashiomi06

すぐ傍にある「蓼畑橋」から眺める愛知川の紅葉。

さて、ここでどうするか思案でしたが?
来た以上はと・・・
ここからはなんともセコイ紅葉見物でした ><;

まずは「永源寺」

Higashiomi07

ここは無料駐車場がなく、
やむなく愛知川越しに見る本堂周辺と、

Higashiomi08

「禅堂」、「標月亭」周辺の紅葉です。

情報どおり見ごろのようですがこの曇天ではと通過!
そのまま「百済寺」へと走ります。

Higashiomi09

Higashiomi10

ここは初めて紹介^^;
百済寺”赤門”に向かう道筋にある「引接寺(いんじょうじ)」。

その境内の紅葉と

Higashiomi11

こちら百済寺「赤門」

Higashiomi12

その傍の紅葉と

Higashiomi13

「引接寺」への道筋です。
未練たらしくまだ”日差しがほしい・・・ ><;

Higashiomi14

「百済寺」
石垣の参道はまだ”色づき始め”の情報どおり。

Higashiomi15

本坊越しに見る紅葉はまずまずでしょうか?
「百済寺」もここまで ><;

紅葉の代わりにこちらを

Higashiomi16

百済寺では”長寿桜”と呼ばれているようですが、
秋から春まで咲くという十月桜でしょうか。

さて、ここまで来ればと・・・走りました「金剛輪寺」。

Higashiomi17

黒門(惣門)前

Higashiomi18_2

境内受付前の紅葉です。
ここでつかの間でしたが日が差しました ><;
本来なら入山ですが・・・引き返します。

なんともセコイ紅葉めぐり?でしたが、
これはあらためて出直しです。   camera 10日

2015年11月 9日 (月)

郡上大和の紅葉・NG集

天気もイマイチでこの日は休養と決め込み、
久しぶりに写真の整理をしながらふと思い出したのが、
あのジャッキー・チェン映画でお馴染みの
NGシーンを使ったエンドロールです。

今回の記事でもボツ(不採用)にした写真が多くあり、
その一部をエンドクレジット風に復活させてみました ^^;

Ng01

「東氏記念館」の窓ガラスに映る紅葉

Ng02

そのモミジの木

記事には載せなかったその写真、
まずは「古今伝授の里フィールドミュージアム」から

Ng03

駐車場とレストラン”ももちどり”沿い

Ng04

茶屋”いなおほせどり”前
ここから「和歌文学館」を抜けてフィールドへ出ます。

Ng05

県道沿いの黄葉

Ng06

栗巣川を渡り
古今花の森(ぼたん園)から「和歌文学館」

Ng07

Ng08

「東氏館跡庭園」広場の東屋から先へ

Ng09

栗巣川に架かる「古今橋」
これで「古今伝授の里フィールドミュージアムを一周。

このあとは奥美濃ドライブで上古道集落へ。

Ng10

山中にあった「東俣村太郎右衛門屋敷跡碑」
碑石に近寄れなければこちらを載せていました ^^;

Ng11

Ng12

戻った「照願寺」周辺の紅葉

このあとは母袋温泉(上栗巣集落)です。

Ng13

道沿いの山の紅葉

Ng14

Ng15

上栗巣「西宝寺」境内

Ng16_2

そして上栗巣集落の山の紅葉

つい思い付きでボツ写真を再構成してみましたが、
こんなところもあったのかとご覧いただけたなら、
これもまた良し!でしょうか ^^;     camera 6日

2015年11月 8日 (日)

郡上奥美濃紅葉ドライブ

「古今伝授の里フィールドミュージアム」の紅葉、
この日は目的がここだけのため時間がありました。

以前からこの前を走る県道318号(寒水徳永線)は、
この先興味がある場所が2ヵ所あり、
一度走ってみたいと思っていたところ。
途中の紅葉も少しは期待しながら・・・
行き当たりばったりの山間ドライブでした ^^;

Gujyo01

最初の目的地へは途中に紅葉の見どころもなく^^;
着いたのはここ上古道の集落。

Gujyo02

その県道沿いにある
”郡上一揆の義民 東俣村太郎右衛門”の顕彰碑。

Gujyo03

そして近くにある「照願寺」にあるお墓と

Gujyo04

さらに山中に分け入った林道から、
徒歩数分の畑のなかにあったこの”屋敷跡”碑でした。
ここまではあくまでも我が趣味の世界 ^^;

戻った県道は明宝の寒水(かのみず)まで続くはずですが、
その先は林道になりこれ以上行く気もなく ><;
次の目的地「母袋(もたい)温泉」へと引き返します。

Gujyo05

戻る途中から再び県道を離れて山中への道へ。
これが広い2車線の舗装道で  ^^;

Gujyo06

Gujyo07

途中に垣間見る山々の紅葉もまた素晴らしく

Gujyo08

Gujyo09

道沿いのお寺や山々の紅葉を見ながら、
思いがけない紅葉ドライブに。

Gujyo10

ここもまた行き着く先はただひとつ栗巣の集落 ^^;
その入口にある「奥母袋総社」と周辺の紅葉。

そしてこの先は林道という突き当り、
標高800mにあるアウトドアー施設の「母袋温泉」です。

Gujyo11

春は山菜採り、夏はキャンプ、秋は紅葉、
冬はスキーが楽しめるそうですが・・・

Gujyo12

眺める山々の紅葉もまた良し!と思っていたら、
たまたま出会った方に聞くともう遅いという・・・><;
そして教えていただいた施設の中にある紅葉スポット!

案内を乞うて入場させてもらいました ^^;

Gujyo13

バンガローの立ち並ぶ一画では、
見事な紅葉が楽しめます。

Gujyo14

栗巣川に架かる橋

Gujyo15

川のほとりの紅葉

Gujyo16

流れ落ちる小さな滑滝

Gujyo17

この辺りはほんの入口ですが・・・

Gujyo18

ここはまた母袋烏帽子岳(1340m)への登山口、
さらに先にも紅葉は続いているようです。

一度は走りたいと思っていた郡上大和町の県道318号。
奥美濃の山里をひとめぐりしたミニドライブでしたが、
これもまた我が趣味の世界でした。    camera  6日

2015年11月 7日 (土)

古今伝授の里 紅葉

今年は”せせらぎ街道”の紅葉を見に走れなくて、
いつもセットで見ていた郡上市大和町牧にある
「古今伝授の里フィールドミュージアム」の紅葉が
やけに気になっていました。

今年はいったいどうなっているのかと?
遅まきながらドライブを兼て出かけてみました。

11月の訪問は初めてです ^^;

Fieldm01

栗巣川沿いの黄葉は綺麗ですが

Fieldm02

県道沿いにある駐車場周辺の、
カツラ、ケヤキなどはすで落葉しています。

Fieldm03

Fieldm04

正面入口から
「東氏記念館」前の綺麗な紅葉を見て

Fieldm05

レストラン”ももちどり”を回り込みます。

Fieldm06

レストラン横は真っ赤に染まっていますが、
池の周辺はやはりグラデーションのモミジです ^^;

Fieldm07

Fieldm08

ここはこのグラデーションが見どころでしょうか。

Fieldm09

11月に入っての紅葉見物は初めてでしたが、
これが3度目の正直!でしょうか?

Fieldm10

Fieldm11

いつもながらのグラデーションとはいえ、
初めて見る紅葉らしいい紅葉と、黄葉?です。

Fieldm12

ちょうどレストラン”ももちどり”の
池の周りをひとめぐりしました。

ここから少し戻って「篠脇山荘」の裏手に出ます。

Fieldm13

ガラス越しに見る広間からの紅葉、
ここから少し上にある”シシ垣(猪垣)の小径”を歩き、
茶屋”いなおほせどり”へ。

Fieldm14

今年は見事に染まった赤と黄色に、
緑も混じってえも言われぬ趣があります!

Fieldm15

高台にある茶屋”いなおほせどり”

Fieldm16

見事な紅葉を仰ぎ見ながら

Fieldm17

少し下って「篠脇山荘」正面から、
建物の前庭になる池の周囲の紅葉。

戻って「和歌文学館」周辺です。

Fieldm18

Fieldm19

Fieldm20

逆光のグラデーションもいいですが・・・
順光でも見事な赤いモミジ葉を堪能します。

Fieldm21

振り返れば・・・「篠脇山荘」正面入口

Fieldm22

そして「和歌文学館」の横には
葉を落とし始めたラクウショウの黄葉でした。

今回はちょうど1週間ほど遅い訪問!
見事な紅葉に黄葉、
そして緑とのグラデーションを楽しみました。

オマケ!

Fieldm23

好き嫌いはあるでしょうが・・・
真っ赤なモミジ葉も入れおきましょう ^^;

「古今伝授の里フィールドミュージアム」。
素晴らしい紅葉と黄葉でした。
このあとはさらに山奥へと走ります。   camera 6日

2015年11月 6日 (金)

ぶらり たけふまちあるき

「たけふ菊人形」を楽しんだあとは
周辺の紅葉でも見に行こうかと思っていました。

会場を出るとき、ふと手にした越前市のパンフレットをみて、
これは!!急遽予定を変更。
駅前駐車場まで車を走らせて武生のまち歩きです ^^;

駅前から西に歩くと旧武生の商店街 ^^

Echizen01

まずはその手前にある「武生公会堂記念館」
今は郷土史などの博物館)(入館無料)ですが、
建物は国登録文化財です。

ここから風情のある露地を歩いて、
表通りに戻ると「札の辻」。

Echizen02

枡形に交差するのは旧北陸道

Echizen03

Echizen04

北側に続く道路沿いの商店街と、
道路角に建つ「府中札の辻」の案内板と道路元標。

Echizen05

Echizen06

道を挟んで建つのは安政元年(1854)創業の
老舗「菓子本陣月尾」と、
重厚な町家構えの商家「大塚呉服店」。

Echizen07

その横にあるのが
武生まちあるきの定番スポットという「蔵の辻」です。

Echizen08

Echizen09

Echizen10

大正から昭和初期の木造店舗や蔵が活かされた、
ちょっとしたレトロ空間が広がります。

Echizen11

かってこの辺りは関西と北陸を結ぶ
物資の中継基地として栄え、
商人の蔵がたくさん建ち並んでいたという・・・。

Echizen12

今はカフェや食事処もあり、

Echizen13

短い水路には鯉が泳ぎます ^^

いったん表通りに出ます。

Echizen14

旧い建物が続きますが、
ことらはレトロな洋館の旧武生郵便局」。

観光案内所の”まちなかプラザ”でひと休みして、
西に向かうと

Echizen15

突き当りに見えるのが「総社大神宮」

Echizen16

国府がおかれた当時に
越前国内の神々を一か所に集めて祀られた総社。

参拝して北側の道に出ると

Echizen17

寺町通り筋(京町)に出ます。

Echizen18

その手前にあるのが
聖武天皇の詔勅によって建てられた越前国の「国分寺」。

寺町通りをまっすぐ行くと「引接寺(いんじょうじ)」。
県下最大の石造大仏さんが有名だそうです ^^;

総欅造りの山門も必見!ですが・・・

Echizen19

あえてその傍にある「丈生幼稚園」です。

明治32年ごろに建てられた旧福井県警察部庁舎。
擬洋風の残照を色濃く伝える遺構であるとともに
望楼付き園舎として広く親しまれている。とあります ^^;

Echizen20

寺町通りは
ここからさらに多くの社寺をめぐっていきますが、
掲載はここまでです。

2005年に今立町と合併して越前市になり、
かっての武生の名前は今はどこにもありません。
その面影を少しだけ懐かしんだ、
旧武生市の”むかしまちあるき”でした。  camera 3日

2015年11月 4日 (水)

たけふ菊人形 Ⅱ

越前市武生で開催されている「たけふ菊人形」展。

前半は正面入口から会場西側に展示された菊花と、
メインの「菊人形館」を中心に見てきましたが、
後半は会場東側の”菊のアートガーデン”と菊花です。

Takefu201

Takefu202

菊花に囲まれた「菊人形館」を出て、
中央にある「こどもの王国」を見ながら
東側にある菊花展の会場へ向かうと・・・

Takefu203

”くまのジャンボトピアリー”と、
「菊のアートガーデン」へのアーチが迎えてくれます。

Takefu204

Takefu205

円形の噴水池を取り巻くように、
さまざまな菊トピアリー展示されています ^^

Takefu206

Takefu207

全てを載せたいほどの菊のトピアリー。

ゆっくりとそのなかを回りながら
ほのかに漂う菊の香りも楽しみます。

Takefu208

Takefu209

以前に見たときには
こんな造形物があったか?記憶にありませんが、
これは菊人形以上に楽しめました ^^;

Takefu210

噴水広場の”ハンギングバスケット”、
そして最後は会場東側に展示されている菊花です。

Takefu211

こちらは”菅物”が中心!

Takefu212

Takefu213

やはりこの菊花は大菊よりも撮りやすいですね ^^;

Takefu214

小菊盆栽仕立て

Takefu215

古典菊は嵯峨菊です。

Takefu216

福助にダルマ作りと背の低い厚物が続き

Takefu217

Takefu218

最後の展示は
小菊と懸崖の仕立てものでした。

この日は雨上がりとはいえ祝日でもあり、
多くの人たちが訪れていました。
「たけふ菊人形」は11月8日(日)までです。  camera 3日

2015年11月 3日 (火)

たけふ菊人形 Ⅰ

紅葉にはまだ早すぎるようでしたが、
あわよくば菊人形と両方を楽しもうかと・・・
走る北陸道は雨でした ><;

福井県越前市武生中央公園で開催中の「たけふ菊人形」、
数十年ぶりに訪れました。

Takefu01

会場入り口
現地到着とともに雨は上がりました。

今年の菊人形展示
テーマは”平安菊花絵巻 紫式部”。

Takefu02

Takefu03

正面入り口を入るとご覧の菊人形!
紫式部・第一景「越前国着任の儀式と総社参詣」でした。
紫式部の父藤原為時と娘の紫式部の菊人形です。

ここから「菊人形館」へと行きますが

Takefu04

いきなりの千輪菊と

Takefu05

Takefu06

「菊花五重塔」です ^^;

さすがに”日本三大菊人形”のひとつ!
(大阪枚方市(2005年で終了)、と福島二本松市)
ここから続く菊花展。

Takefu07

Takefu08

Takefu09

大菊、厚物、盆栽仕立てなど、
いろんな種類の菊花が続くブースを見ながら

Takefu10

「菊人形館」に入館です ^^

Takefu11

菊の着せ替え中 ^^

Takefu12

まず第二景は
「日野山を望み歌を詠む紫式部」。
ここからの解説は省きます ><;菊人形をどうぞ。

Takefu13

第三景
「紫の上との出会い ~源氏物語 第5帖「若紫」~

Takefu14

館内の様子です ^^;

Takefu15

第四景
青海波の舞 ~源氏物語 第七帖「紅葉賀」~

書いていて源氏物語は全く分かりません ><;
続けます^^;

Takefu16

第五景
牛車の争い 源氏物語 第九帖 ~「葵」 ~

Takefu17

第六景
源氏物語の中のたけふ 源氏物語 第五十一帖 ~「浮舟」~

そして第七景は
~紫式部 恋人への相聞歌~

Takefu18

たけふ菊人形自慢の
世界最大級のメガ菊人形(約3m)だそうです ^^;
これにて平安菊花絵巻全7景でした!

さらにこちらは特別景

Takefu19

「越前和紙の紫式部」
伝統工芸品 越前和紙で作られた紫式部でした。

さすがに見事な菊人形を堪能!

Takefu20

このあとは屋外展示会場です。

会場を取り巻くように展示されている菊花と、
ジャンボトピアリー、菊のアートガーデンなど、
改めて菊花に飾られた会場をめぐります。   camera 3日

2015年11月 2日 (月)

阿久比町みんなの菊花展

愛知県阿久比町にある「ふれあいの森」。
四季桜を先に出しましたが
今年も「みんなの菊花展」が開催されていました。

すでに開催は1日(日)で終わっていますが、
こちらもやはり紹介しておきましょう ^^;

Agui01

こちらは第一駐車場に展示されている菊花。

Agui02

Agui03

Agui04

大菊の厚物、1本仕立てから三本仕立て、
古典菊に小菊の懸崖作りに、
管物などの菊花が展示されています。

ここからメイン会場になる第二駐車場へと移動します。

Agui05

Agui06

途中にあった大きな鉢植えの「ロウヤガキ(老爺柿)」。
小さくて可愛い柿の実ですが渋柿です ><;
地植えの古木を伊賀地方で見たことがありますが、
鉢ものでこれだけ大きなのは初めてです。

さて、菊花展のメイン会場

Agui07

Agui08

広い駐車場の
左右の花壇に展示されているたくさんの菊花!

Agui09

正面のブース
配置は例年と変わりません。

Agui10

Agui11

ここは一般の菊花展?とは違って
町民の皆さんが丹精こめて育てた菊花です。

Agui12

昭和62年の国土庁監修「全国市町村なんでも日本一事典」で、
住民参加型の菊花展では日本一と認められたそうです。

Agui13

町民のみなさんの地道な努力が開花した菊花展。

この日も地元の愛好家の皆さんたちが、
菊花のひと花、ひと花を見くらべては
花の育成などについて鑑賞されていました。 camera  30日

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »