2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 木曽川水園のシモバシラ | トップページ | 木曽三川公園 秋の花物語 »

2015年10月 4日 (日)

朝倉の梯子獅子

10月に入って最初の週末、
各地で秋祭りも本番を迎えていくのに迷いましたが、
ここ数年、一度は見たいと思っていた獅子舞!
といっても単なる獅子舞ではありません ^^;
愛知県知多市の「牟山神社(むさんじんじゃ)」で行われた、
”朝倉の梯子獅子”でした。

とにかく短い時間の獅子舞です。
見たい、撮りたいと、なんともじれったいことでしたが、
その雰囲気が伝わりますかどうか・・・一度に掲載です。

Asakura01

前夜から行われていた祭りのこの日は大祭。

Asakura02

いたしの公認キャラ”梅子”ちゃんも応援です ^^

Asakura03

神事に続いて

Asakura04

Asakura05

子供獅子の奉納

Asakura06

神楽囃が始まって・・・と続けていますが、
この間、かなりの待ち時間がありました ><;

そして獅子舞の開始です!

Asakura07

まずは舞台に飛び出した獅子が
神前に対して御抜の儀式を表現するという
舞台への出場からでした。

終わると梯子の下へと走ります。

Asakura08

31段の梯子を上りながら舞うのは運勢の舞、
まずは”山登り(梯子登り)”から。

Asakura09

途中で何度か振り返りますが、
五穀豊穣、大漁祈願と氏子の安全を祈っての運勢の舞

Asakura10

Asakura11

梯子の舞、最後は”アオリ”という、
垂れさがった稲穂に大量の網をあげる所作だそうです。

梯子の天頂についたあとは櫓上の舞

Asakura12

いろいろありますが・・・

Asakura13

櫓は高さが9m、
雄獅子面をかぶった二人一組がお囃に合わせて
曲芸まがいの舞を演じます。



Asakura14

写真では分かりませんが、
この櫓全体が獅子の動きとともに揺れます ^^;

Asakura15

Asakura16

この辺りは見ていてもハラハラ、ドキドキ!でしょうが・・・
撮って入る身はファインダー越し ><;

Asakura17

Asakura18

Asakura19

Asakura20

とはいえ、
興奮する見事な舞(演技)が続きます。

Asakura21

所作は”ノミトリ”、”大アオリ”と続いたようです。

それらしき演技を追いながら、
櫓の上ではクライマックスを迎えていました ><;

Asakura22

終盤に入ります。

Asakura23

Asakura24

急角度に建てられたすべり木を滑り降りて、
櫓の上の舞は終わりました。

Asakura25

最後は舞台に戻って感謝の舞
豊年満作、大漁満足を祝う舞が披露されて
獅子は舞台裏へ。

慶長の初めごろ、イノシシによる被害に苦しめられた村民たちが、
梯子攻めにして退治したところ翌年は豊作になった。
そこで喜んだ村民たちは豊年祭とともに獅子の供養を思い立ち、
梯子に登る雄獅子の舞を演じたのがその始まりという。

わずか30分弱の短い時間でしたが、
その見事な梯子獅子を楽しみました。   4日

« 木曽川水園のシモバシラ | トップページ | 木曽三川公園 秋の花物語 »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝倉の梯子獅子:

« 木曽川水園のシモバシラ | トップページ | 木曽三川公園 秋の花物語 »