2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月31日 (金)

おふさ観音 風鈴まつり

奈良県橿原市小房にある「おふさ観音」。
今年もすでに始まっている”大和の夏の風物詩”
「おふさ観音 風鈴まつり」(~8月31日まで)です。

境内に吊り下げられた2,000を超える風鈴、
その音色が涼を運び、
訪れる多くの人の厄を払うという・・・。

Ofusa01

山門を入るといつもの風景!
たくさんの風鈴と
その涼やかな音につつまれる境内です。

Ofusa02

Ofusa03

咲き残るバラ園の上を吹き抜ける風に鳴る、
風鈴の音を聞きながらまずは本堂にお参り。

Ofusa04

本堂前香炉台の天井にもたくさんの風鈴

Ofusa05

その横には販売もされている
日本各地の風鈴も展示されています。

いつものように本堂横から本堂裏へ。

Ofusa06

Ofusa07

風鈴の吊り下げられたバラのアーチを抜けて、
本堂裏の千手観音様前。

Ofusa08

夏雲で青空はありませんが暑い日、
吹く風で”チリ~ン、チリ~ン”と鳴る音に、
少しは涼を感じます ^^;

Ofusa09

Ofusa10

木々に吊るされた風鈴を見ながら
茶房「おふさ」への道ですが、
これもまた趣がありいいもんです。

Ofusa11

”かき氷”が人気の茶房「おふさ」。
こちらでは日本各地の風鈴が展示されています。

Ofusa12

その風鈴
以前ほどの数はありませんが、
各地の伝統的な風鈴もいくつかあります。

Ofusa13

こちらは卓上型?風鈴 ^^

Ofusa14

”かき氷”をいただきながら・・・ ^^;
眺める日本庭園「円空庭」。

ひと休みして

Ofusa15

本堂前のバラ園に戻りました。

Ofusa16

咲き残っていたバラのひと花 ^^;

春と秋の「バラまつり」とともに、
「おふさ観音」恒例の夏の「風鈴まつり」。
この数日の暑さにたまらず、
気持ちだけでも涼をと出かけてみました。  camera 30日

2015年7月30日 (木)

三重県上野森林公園

三重県伊賀市にある「上野森林公園」。
サギソウ園でサギソウが咲き始めたとの情報に、
橿原市へ出かけた途中に立ち寄ってみました。

まずは「サギソウ園」へ。

Uenop01

目立つ花はこちらも咲き始めたヌマトラノオですが、
咲き始めたという肝心のサギソウはどこに?

Uenop02

Uenop03

思わずそう言いたくなるほど、
咲いていたのは数輪でした ><;

他に咲く花も

   Uenop04

ホザキノミミカキグサ

Uenop05

アカバナとまだ寂しい限りです。

Uenop06

ハッチョウトンボもこの一匹だけ ><;

Uenop07

こちらはキイトトンボ
飛んでいるのを撮るのは難しいですが ><;

   Uenop072

止まるときっちり撮れます ^^;

Uenop08

カワラナデシコ
サギソウ園のサギソウはまだこれからでした。

このあとはいつものように園内散策!
これがまたムチャ暑い!! ><;

Uenop09

園内をぐるりと回って”菩提池”
咲くスイレンを見ながらひと休みです。

Uenop10

久しぶりに撮るスイレン

Uenop11

しばし水辺で涼もとりました ^^;

Uenop12

入口に戻って
「花のテラス」に咲くコスモス。

朝早く、とはいっても開園すぐの時間、
見るべき所もあまりない園内をひと回り。
サギソウの見ごろはまだこれからです。  camera 30日

2015年7月29日 (水)

醒井の梅花藻

米原市醒井の地蔵川に咲く梅花藻。
今年は雨が多く水量が多いとの情報もあり、
梅雨が明けてからしばらく待っていました。

その水量も気になっていた地蔵川

Samegai01

思っていた以上に水が多く、
川の流れも早いため花は水の中で揺れています ^^;

Samegai02

Samegai03

資料館(問屋場)前もご覧のとおりで、
水面に立ちあがる梅花藻もわずかです。

Samegai04

Samegai05

サルスベリの木がある上流部。
花は咲き始めですが、
どうやらこの花が咲き落ちるころまで水は減らないかも?

こうなると少しの期待は下流部ですが・・・

   Samegai06

ここはいつもは水面に立ち上がる梅花藻が見れる
栄橋周辺ですぅがやはり水の中でした ><;

最後の望みはすぐ下流になる地蔵川橋周辺です。

Samegai07

Samegai08

かろうじて水面に立ち上がる梅花藻です ^^

Samegai09

そしてこの白い帯。
近づくと落葉も絡んで見苦しいところもありますが、
何とか綺麗な花が見れました。

Samegai10

Samegai11

サルスベリのひと花も絡んでいます  ^^;
今年は台風が来る前が水量も少なく、
どうやらいちばんの見ごろだったようです。
あとは水量が減るのを待つしかありません。

このあと枝折の「天神水」まで行ってみました ^^;
名神高速をくぐり枝折地区に入ります。

Samegai12

見える集落は下丹生地区。
この田園のなかを行くと
醒ヶ井養鱒場へのハイキングコースになっています。

Samegai13

透きとおった水の綺麗な
天満宮「天神水」の湧水池。

   Samegai14

湧き出す水が集まって流れる水路、
ここに梅花藻が咲きますが・・・

Samegai15

Samegai16

やはりここも水量が多く、
水面に立ち上がる梅花藻は少しだけでした ^^;

Samegai17

Samegai18

花はダメでも湧き出る水は冷たく、
流れに手を浸せばしばし暑さを忘れます。

この日は流れのなかで揺れる水中花!
できればサルスベリの花が落ちるころ、
あらためて訪れてみましょう。   camera  27日

2015年7月28日 (火)

一宮七夕まつり 後編

第60回 おりもの感謝祭 一宮「七夕まつり」。
続きは真清田神社境内から、
木曽川高校ブラスバンドパレードまでです。

Ichimiya201

真清田神社 楼門
左右に翼廊がついた入母屋造り、銅板葺き。

Ichimiya2012

飾りで華やかな門をくぐると

Ichimiya202

いつもは静かな境内ですが、
中央に献納酒樽、
左右には色とりどりの七夕飾りです。

Ichimiya203

拝殿
軒下にもカラフルな吊り下げ飾りが。

Ichimiya204

Ichimiya205

風になびく飾り
その先には恒例の”火の輪くぐり”がありますが・・・

Ichimiya206

まだ火の輪にはなっていませんでした ^^;

境内の片隅には特設舞台があります。

Ichimiya207

こちらではすでに
さまざまな団体の演技が始まっていました。

ここから戻ります ^^;

Ichimiya208

境内入口の飾り

Ichimiya209

ふたたびアーケードの飾りを見ながら、
この日最初のイベントがスタートする本町4丁目へ。

Ichimiya210

ちょうど”木曽川高校ブラスバンド”の
パレードがスタートしました。

Ichimiya211

Ichimiya212

音がないので雰囲気が伝わりませんが ^^;
やはり祭りを盛り上げるブラスバンドパレードです。

Ichimiya213

途中までブラスバンドの最後尾について行き、
一宮駅へと戻ります。

Ichimiya214

風に揺れるアーケードの吊るし飾り

Ichimiya215

パレードは銀座通りに入りました。
途中のロータリーを回りまた商店街へと戻ります。

Ichimiya216

そのパレードを見送って駅へと戻りました。

Ichimiya217

駅前の七夕飾り

おりもの感謝祭 一宮 「七夕まつり」。
5年ぶりに訪れた七夕まつりでしたが、
この日は土曜日のためか、
入れ違いに会場に向かう人でごった返していました。

2015年7月27日 (月)

一宮七夕まつり

愛知県一宮市の中心街で、
7月23日(木)から26日(日)までの4日間開催された
「おりもの感謝祭 一宮七夕まつり」。
その週末25日(土)の様子を見に出かけました。

メイン会場でのイベントの中心はお昼前からですが、
本町商店街を中心に色鮮やかな吊り下げ飾りや、
伝統的な吹流し飾りが七夕まつりを盛り上げています。

Ichimiya01

一宮駅からメイン会場へと続く銀座通り、
そのロータリーに飾られている七夕飾りを見て商店街へ。

Ichimiya02

本町アーケード街に入り、
中央部からいったん南の4丁目まで行きます。

Ichimiya03

本町4丁目
ここから北へと商店街の七夕飾りを楽しんでいきます ^^

Ichimiya04

本町3丁目のアーチ式仕掛け物飾り

Ichimiya05

アーケードにはたくさんの吊り下げ飾り

Ichimiya06_2

中学校の創作飾り

Ichimiya07

”138タワー”もあります大型吊り下げ飾りです ^^

   Ichimiya08  
   
ときには後ろを振りむいたりと、
七夕飾りを楽しんでいきます ^^;

Ichimiya09

こちらは大型吊り下げ飾りとアーチ式飾り

Ichimiya10

商店街の中央部?に戻ってきました。

Ichimiya11

銀座通りの吹流し飾りをみて、
さらに北へと行きます。

Ichimiya12

小学校創作七夕飾りのサイドには
年中、年長園児たちの飾りもあります ^^

Ichimiya13

その小学校の児童による創作飾り

   Ichimiya14

アーケードも終わりに近づいてきました ^^;

Ichimiya15

大型飾りが続きます。

Ichimiya16

真清田神社拝殿の飾り

Ichimiya17

アーチ式仕掛け物飾りの最後は七夕です ^^;

   Ichimiya18

本町2丁目であーけどは終わり、
この先は天の川イルミネーション通り。

   Ichimiya19

夜になり灯りが点くと天の川になるようです ^^;

Ichimiya20

そして国道155号線を挟んで、
この先は「真清田神社」境内へ。

こちらはサブ会場になっていて、
境内には吹流しの七夕飾りが中心にステージもあります。
時間とともに人が増えてきました。
このあとは神社境内から・・・続きます。   camera 25日

2015年7月26日 (日)

ひるがの湿原植物園

載せる順番が前後してまとまりがありませんが、
「ダイナランドゆり園」のあとは「ひるがの湿原植物園」でした。
この時期花はあまり咲いていませんが、
高鷲までくればやはりここは覗いてみたいところです。

Hirugano01

湿原植物園を入った左には芝生広場と
休憩所の東屋があります。
手前の水路にはアジサイ、シモツケソウ、クサレダマに、
ノリウツギ、見えませんがコウホネも ^^;

Hirugano02

正面にあるスイレン池には、
これまたたくさんのスイレンが咲きます。

Hirugano03

湿原の中の短い木道を回っていきます。

湿原に咲く花では

Hirugano04

Hirugano042

キンコウカにヒツジグサぐらいでしょうか。

湿原を回って山野草園から、
ミズバショウ周辺には入ると少し花に出会えます。

Hirugano05

オカトラノウにこれは何セセリ?

Hirugano06

Hirugano07

サワヒヨドリにはイチモンジセセリ?と、
ツマグロヒョウモンでしょうか。

Hirugano08

クサレダマに

Hirugano09

オトギリソウ

Hirugano10

Hirugano11

そしてヤマオダマキと黄色系が。

Hirugano12

こちらは咲き始めのマツムシソウ、
8月になればいちばんの見ごろになります。

園内に咲くアジサイもまだ綺麗ですが、
湿原を出た近くにある「ひるがの湿原ポケットパーク」にも、
綺麗なアジサイが咲いていました。

Hirugano13

駐車場周辺に咲くそのアジサイです。

Hirugano14

Hirugano15

色とりどりのアジサイ!
これが今年載せる最後のアジサイでしょう ^^;

今年も「高速乗り放題プラン」を使った岐阜納涼の旅 。
思わぬ雨の山行もありましたが、
またそれなりに楽しんだ2日間でした。  camera 21日

2015年7月25日 (土)

羽島田園街道ひまわり畑

岐阜県羽島市市之枝地区にある休耕田で、
今年も”ひまわり”が見ごろを迎えています。

名神羽島インターから2㎞ほど南にある「羽島浄化センター」。
その北側の休耕田に広がる”ひまわり畑”で、
毎年行われている「いちのえだ田園フラワーフェスタ 」。

夏は”ひまわり祭”です。

Denen01

祭のイベントは
今日25日(土)と明日26日(日)でしょうか?

26日(日)に浄化センターの敷地で開催される
全国植樹祭(10月11日谷汲で開催))の、
羽島市行事のためにテントの設営中でしたが、
祭りのイベントもこれに併せて行われるようです。

Denen02

展望台から眺めるひまわり畑のパノラマ。
写真の右端(北側)まで行って戻ります ^^;



Denen03

ヒマワリ畑の北東角から南側の眺め。
いつもながらこのスケールには驚かされます。

南側の道を戻ります。

Denen04

見える山は養老山系

Denen05

浄化センター内が駐車場ですが、
この日は数台の観光バスも見かけました。

Denen06

バスツアーが組まれるほど、
このひまわり畑も有名になったようです ^^

畑のなかへ入ります。

Denen07

雨で少しぬかるんだところもありますが、
それよりもムチャクチャ蒸し暑い!!

Denen08

汗が滴り落ちますが・・・
畑には入らないと撮れない花も ><;

Denen09

後ろ姿と

Denen10

前から ^^;

Denen11

青空とはいきませんが・・・

Denen12

Denen13

とにかくわが背丈ほどのヒマワリだけに、
目線で合わせる顔と顔? ><;

Denen14

Denen15

とにかく暑くてたまらず、
撮るだけ撮って畑から脱出でした。

「いちのえだ田園フラワーフェスタ」
”ひまわり祭”は7月下旬までとなっていますが、
花はちょうど今が見ごろのピークです。  camera  24日

2015年7月24日 (金)

雨の乗鞍岳

「高速乗り放題割引プラン」を使っての岐阜の旅!
今年も”ひるがの高原”のあとは「乗鞍岳」でした。

2日目は朝焼けのきれいな早朝出発でしたが、
残念ながら途中から雨になります。
走りながら行程変更も考えましたが行くだけ行こうと、
高山には入ったら晴れます。

着いた乗鞍岳

Norikura01

富士見岳登山口からのパノラマは
畳平駐車場と左にお花畑、右に鶴ヶ池です。

Norikura02

ここから強風に悩まされながら肩の小屋へと行きますが、
大雪渓の上に広がる山頂剣ヶ峰は霧の中です。

Norikura03

肩の小屋
快晴の乗鞍岳はここまででした ><;

Norikura04

登るにつれて霧がひどくなります。

Norikura05

朝日岳から蚕玉岳(こだまだけ)への稜線。

ここはいつも風が吹き抜けるところですが、
この日は猛烈な風と霧雨でした。
眼鏡も水滴でくもって前がよく見えません ><;

いったん稜線の下まで戻り待機します。

Norikura06

いつもならここで一息入れるところですが、
この日は行くか戻るか、
皆さんには思案する場所になったようです。

我が身もしばらく待ちましたが、
これ以上は無理して行くこともないと下山です。
これがお気軽登山のいいところでしょうか ^^;

Norikura07

今年も下る途中で出会った中学生の一団。
毎年この時期には中学生の集団登山がおこなわれるようで、
この日もほかに数校の団体と行き違いました。

Norikura08

ハクサンイチゲ

肩の小屋周辺に咲く花も多く、
戻って花を撮っていたらなんと目の前にライチョウです!
それも数羽の親子ずれ!でした。

Norikura09

おかあさん!

Norikura10

こども ^^

   Norikura11

いったい何羽いるのか分からないほど
たくさんのこどもが走り回っています。

Norikura12

皆さんも登山道脇に並んで撮影に夢中でしたが、
これはラッキーでした。

しばしライチョウを追っかけましたが、
やはり花もすこし ^^;

Norikura13

アオノツガザクラとコイワカガミ

Norikura14

富士見岳麓に咲くイワツメクサとミヤマダイコンソウ

ここで横なぐりの雨になります ><;
畳平まではあと少し

Norikura15

鶴ヶ池周辺に咲くウサギギクにヨツバシオガマ、
そしてイワギキョウ
この辺りにはコバイケイソウやオンタデも多いです。

Norikura16

コマクサ
この花を入れないわけにはいけません ^^

初めて経験した強風と雨の乗鞍岳。
さすがにお花畑の散策も中止しましたが、
思わぬライチョウ親子との出会いが救いでした。  camera 22日

2015年7月23日 (木)

アメリカフヨウ

ゆり園を先に載せましたが、
こちらは木曽三川公園「かさだ広場」に咲くアメリカフヨウです。

この花もいつが見ごろか分かりませんが、
遅いより早い方が綺麗なのは間違いなく ^^;
開園に合わせて早い時間にと走りました。

Kasada01

かさだ広場の駐車場を取り囲むように、
たくさんの花が咲いています。

Kasada02

Kasada03

梅雨明けとも思える夏空には、
(この日の午前中に梅雨明けでした ^^;)
大きな花が似合います。

   Kasada04

咲いた花はその日に萎む1日花ですが、
長い期間次々につぼみができて
翌日にはまた新しい花が咲きます。

花の色もとりどり

Kasada05

Kasada06

Kasada07

やはり多いのはこの三種類でしょうか。

Kasada08

近づくと我が顔ぐらい大きい花の中央から突き出ている、
なんとも可愛いらしい雄しべと雌しべ ^^;

Kasada09

Kasada10

雄しべが集まって筒状に雌しべを包んで、
その先に突き出た雌しべの先端は五裂します。

Kasada11

まぁ、とにかく大きい花です ^^;

Kasada12

この日も朝から蒸し暑い日でしたが、
この花を撮っているともう暑くて汗びっしょり ><;

Kasada13

すでに体感温度は真夏日!でした。

このあと「河川環境楽園・木曽川水園」に行きましたが、
すでに駐車場は満杯!そういえばもう夏休み、
おまけに3連休の最終日でした ><;  camera  20日

2015年7月22日 (水)

ダイナランドゆり園

梅雨が明けたら明けたで猛烈な暑さの続く毎日に、
少し予定を早めて出かけた
岐阜県高鷲町にある「ダイナランドゆり園」です。

天気予報は晴れ!でしたがそこはやはり山の天気か?
標高1,000mにあるゆり園は曇り空でした ><;

Takasu01

入口に咲くカラフルなユリは綺麗ですが・・・

Takasu02

まだちょっと早い感じがしました。

Takasu03

いつものようにゾーン分けされた
ゆり園の散策路を登って行きます。

Takasu04

昨年初めて知った”フラワートレイン”は
途中から散策路を走ります。

Takasu05

開花情報は”見ごろ”でしたが、
360万輪のユリはどの時期が見ごろかは
見る人の気持ち次第でしょうか  ^^;

Takasu06

コンビネーションゾーン
まだ蕾がたくさんありますが、
咲き始めのユリは開いた花が綺麗です。

Takasu07

頂部にあるモザイクゾーンのユリはこれから ^^;

Takasu08

その最頂部に登ってきました。
ここが見ごろになると見下ろすユリは見応えがありますが、
ここは早くてこの週末からでしょうか?

モザイクゾーンのユリを見ながら
ゲレンデを下ります。

Takasu09

Takasu092

一部はすでに咲いていますが、
まだ見ごろではありません。

Takasu10

入園してから1時間ほどですが、
フラワーリフトのお客さんも増えてきました。

Takasu11

そしてようやく青空です ^^;

   Takasu12

”幸せのエコーの鐘”周辺、
やはり陽が差すと花も綺麗です。
朝は曇り空でしたが綺麗なこちらを採用 ^^;

Takasu13

Takasu14

ここは”フラワートレイン”の乗降場、
しばらく花を楽しみながら休憩して戻ります。

Takasu15

リフトに乗る方も多くなってきました。

Takasu16

ちょうど中腹辺りから

Takasu17

Takasu172

カラフルゾーンを回っていきます。

Takasu18

そして入口に戻ってきました。

天気はまずまずでしたが暑さを忘れるにはいちばん!
そして花も見ごろといえば見ごろの、
「ダイナランドゆり園」でした。  camera 21日

2015年7月21日 (火)

武豊ゆめ回廊

いつもながらの思い付き ^^;
「半田赤レンガ建物」で手にしたパンフレットを見て、
半田市の南に隣接する武豊町へ。
この日も予定になかった町めぐりでした。

パンフには
武豊ゆめ回廊~蔵と鉄道 歴史薫る懐かしの風景路~
”歴史の小径”と”みそ蔵の小径”が紹介されていました。
その”みそ蔵の小径”を散策です。

Taketoyo01

JR武豊駅前の広場には
台風から列車を守るためになくなった駅員さんの胸像です。

ここから南へとめぐる”みそ蔵の小径”を行きます。

Taketoyo02

かっては武豊港へと続いていた線路跡。
この先には武豊停車場跡がありますが、
それはこのあとの散策の楽しみに・・・ ^^

まずは”みそ・たまり蔵”を見ていきます。

Taketoyo03

武豊町の南部に集中する醸造元

Taketoyo04

その蔵元の建物をめぐっていきますが、
その途中にあるのが「武豊停車場跡。

Taketoyo05

そこに残る展車台

Taketoyo06

詳しくはこちらで ^^;

Taketoyo07

この日はたまたま大足区(おおあしく)の
「蛇車(じゃぐるま)祭り」の開催日でした。
すでに気持ちはこちらに・・・ ^^;

Taketoyo08

幾筋にも折れる道筋に点在する醸造蔵をみながら、
散策路の途中にある
「堀田稲荷神社・豊石神社」へと急ぎます。

Taketoyo09

その「堀田稲荷神社」境内。
ちょうど山車は昼休みから、
午後からの区内曳き回しに出るところでした。

Taketoyo10

Taketoyo11

豊石神社の祭礼である「蛇車祭り」は、
この地に残る「竜の悲恋伝説」をもとに
200年以上前に始まったという伝統行事だそうです。

Taketoyo12

山車が境内から県道に曳き出されます。

Taketoyo13

Taketoyo14

Taketoyo15

まぁ、ひととき散策を忘れて、
いつもの祭り見物にのめりこんでいました ><;

Taketoyo16

無事県道に曳き出され、
これから区内を曳き回されていきます。

町なか散策から思わぬ祭り見物でしたが、
とにかく暑い、暑い日 ><;
汗だくになりながら楽しんだ武豊町でした。  camera 19日

2015年7月20日 (月)

半田赤レンガ建物

半田市にある「半田赤レンガ建物」。
1年間の整備工事が終わってこの18日(土)にオープン!
これまで年に数回の公開されるだけでしたが、
これからは常時一般公開されます。

オープンされたばかりの「赤レンガ建物」に行ってみました。

Handa01

いつものように「紺屋海道」からレンガ建物へ。
南側のオープンテラスから北へまわります。
Handa03

以前、”雛まつり”のときに訪れて以来ですが、
建物の外観はそのままに見事に蘇っています。

Handa04

東入口が設けられて
建物は見違えるように綺麗になりました。

Handa05

機銃掃射の穴跡残る北側のレンガ壁はそのままに、
こちらも綺麗な入口ができました。

明治31年(1898年)にカブトビールの製造工場として誕生。
明治時代に建てられたレンガ建造物としては
日本で五本の指に入る規模を誇ったという。

こちらから入館します。

Handa06

あの薄暗い建物の内部はもう見ることはできませんが・・・、
そのあとにいくつかの部屋が整備されています。

Handa07

企画展示室やクラブハウスなどの施設は、
すべて有料で利用できます。

Handa08

共用サロン

   Handa09

各施設とも
この日はオープンイベントの会場となっています。

Handa10

共用サロンを抜けると東側通路

建物についても見どころが随所に見られますが、
今回は難しいことは抜きで ^^;

通路の右が有料施設の「常設展示場」、
フリーの左側通路からその展示場を紹介。

Handa11

北側から”赤レンガシアター”

Handa12

”カブトビールを創り、売り、蘇らせた”と題する、
カブトビールの展示資料室です。

Handa13

”半田赤レンガ建物誕生物語”
建物の歴史を見ることができます。

Handa14

通り抜けると東エントランスホール。
ここにはショップと

Handa15

カフェがあります。
カフェでは復刻したカブトビールが楽しめます ^^;

Handa16

その常設展示室(¥200-)を見ていきます・・・が、

   Handa17

写真が撮れるのは”カブトビールの展示室”
それもこのビールのタワーとの記念撮影だけです。
(チョッと拡大解釈でカブトビールの看板を ^^;)

再び北側のクラブハウスへ戻り

Handa18

Handa19

この日、クラブハウスBで行われていた、
光の切り絵作家“酒井敦美さん”の幻想的なアート展
「光の絵本には入ろう~光の切り絵展~」を鑑賞。
(18日(土)~20日(月・祝)の3日間限定開催です)

初めて見る”光の切り絵展”

Handa20

約20分の繰り返し上映でしたが、
これにはひきこまれて最後まで見てしまいました。

建物の壁をそのままに生かしたレンタルスペースと
常設展示室が中心ですが、
文化・芸術活動などのものづくり発信の場として
新しくよみがえった「半田赤レンガ建物」。
半田の観光拠点のひとつとして再誕生です。  camera 19日

2015年7月19日 (日)

雨に咲く花・いぶき薬草園

台風一過、
雨が上がって午後からは晴れるとの予報に、
ちょいと買い物に出かけた道の駅「伊吹の里(旬菜の森)」。
三重と岐阜の違いか?走る途中から大雨に ><;
道の電光掲示板には”西濃・大雨警報発令中!”。

買い物を済ませたあとも降り続く雨でしたが、
ここまで来たらやはりここ、
ジョイ伊吹にある薬草園に立ち寄ります。

Ibuki01

入口にあるイブキジャコウソウの花畑、
花はすでに終わっていました。

Ibuki02

これだけ見れば何の花か分かりませんが、
イブキジャコウソウのアップです ^^;

この薬草園にはハーブと
伊吹山に咲く花が植えられています。

ハーブ園から

   Ibuki03

チーゼルの蕾?咲くとピンクの環ができます。

Ibuki04

お馴染みのオレガノ

ここからは伊吹山に咲く花!
降りしきる雨の中で、
咲いていたのはほんの少しでしたが・・・

Ibuki05

カワラナデシコ

Ibuki06

オニユリのつぼみ ^^;

Ibuki07

ヤブカンゾウ

Ibuki08

トモエソウ

Ibuki09

エゾフウロ

   Ibuki10

オオバギボウシ

Ibuki11

キリンソウ
こうして撮っていると結構咲いていました。

   Ibuki12

タムラソウのつぼみ ^^;

Ibuki13

ソバナ

Ibuki14

クルマバナ

Ibuki15

そしてコオニユリと伊吹山の花図鑑 ^^;

そろそろ夏本番の伊吹山ですが、
まもなくシモツケソウが咲くと、
山頂のお花畑はピンクの花に覆われるでしょう。  camera  18日

2015年7月18日 (土)

嬉野宇気郷やまゆりの里

田丸城跡のハスを見たあとは松阪市の山里です。

”宇気郷ひなまつり”で知られる柚原町(ゆのはらちょう)から、
さらに山奥へと走ると嬉野小原町(おはらちょう)宇気郷地区。
ここはヤマユリが咲く”やまゆりの里”です。

Ureshino01

周りを山に囲まれた自然あふれる山里、
その里を分けるように流れる殿出川(とのでがわ)。

この右手にある
旧宇気郷小学校跡(現・嬉野宇気郷公民館。
その裏手にある金網と電流柵に囲まれた土手に、
約200株の”やまゆり”が咲きます。

Ureshino02

しかし・・・まだ早すぎました ><;

以前に訪れたときは少し遅かったため気が急きました。

Ureshino03

Ureshino04

咲く花は数輪 ^^;花の時期はこんなもんですね ><;
見ごろにはまだ1週間ほど先でしょうか?

ここから美杉方面に走ると
もうひとつの「やまゆりの里」があるそうですが未確認。
ただ、そちらもまだ咲いていないとか。

川を渡って反対側の集落へいきます。

Ureshino05

城跡だったという石垣が残る「寶徳寺」

Ureshino06

その山門前に咲くヤマユリも一輪だけ ^^;
ただ、この前が少し様変わりしていました。

Ureshino07

周辺の土手に咲くノカンゾウは変わりませんが、
その一画に休憩所ができています。

Ureshino08

ここは公民館の裏から、
山の展望台を回って里内をめぐる遊歩道があり、
里内を散策できますがその途中に造られた休憩所です。

その傍にヤマユリが咲いていました。

Ureshino09

ほんの少しでしたが

Ureshino10

Ureshino11

花は無理か?と思っていただけに

Ureshino12

少しとはいえ、
綺麗なヤマユリが見れただけでも良し!でした ^^;

公民館に戻る道筋には

Ureshino13

咲き始めていたキバナコスモスです。

ヤマユリにはまだ早すぎましたが、
都会の喧騒を離れた自然豊かな山里で、
心癒されたひとときでした。   camera 15日

2015年7月17日 (金)

田丸城跡の大賀ハス

台風11号の接近でしばらく動けないだろうと、
その前に少し花めぐりをしてきました。
まずは三重県玉城町田丸にある
田丸城跡の内堀(役場横)に咲く大賀ハスです。

Tamaru01

田丸城跡二の丸跡に向かう「二の門跡」、
この左手にある内堀に大賀ハスが咲きます。

Tamaru02

二の門跡の前から見た内堀

Tamaru03

保育園のある反対側にきました ^^;

見事な野面積みの石垣が残る内堀に咲くハスは、
見慣れた蓮池や蓮田とは違って趣があります。

Tamaru04

鯉もいますがアヒルの夫婦がいました ^^

咲く花もいろいろと・・・

Tamaru05

Tamaru06

Tamaru07

お堀に咲くハス。
平成のはじめに故人から寄贈された大賀ハスの種と、
蓮根を水槽に入れて栽培し開花させたもの。

Tamaru08

すでに花托も見られますが、

Tamaru09

それに負けじと蕾や咲き始めの花も多いです。

Tamaru10

そのハスを田丸城築城670年を記念して、
2007年に、ここ田丸城跡内堀に移植したもの。

Tamaru11

Tamaru12

Tamaru13

今では見事に繁殖し、
これだけ多くのハスが咲いています。

Tamaru14

ハスもさることながら
この石垣の美しさも必見!(私的に ^^;)

Tamaru15

どこからか?
保育園の園児たちが戻ってきました。

田丸城跡の内堀に咲く大賀ハス。
今年もまた綺麗なピンクの花を咲かせて、
訪れる人を楽しませています。   camera 15日

2015年7月16日 (木)

相差散策・鯨崎遊歩道

海女と漁師の町として知られる鳥羽市相差町。
「相差鯨まつり」の合間に相差の見どころを
少しだけ散策してみました。

まずは以前にも少しだけ載せたお馴染みのところから ^^;

Osatsu01

「相差海女文化資料館」、
ここでは相差の海女文化と歴史に触れることができます。

Osatsu02

傍にある新明神社への案内に道を行くと
その突き当りに「新明神社」があります。

Osatsu03

この境内に祀られているのが「石神さん」。

女性の願い事を必ずひとつだけは叶えられるということで、
たくさんの女性がお参りに訪れる人気のスポットです。
もちろんお参りは本殿に参拝してからにしましょう ^^;

Osatsu04

新明神社はこの時期、夏越大祓の茅の輪をくぐって参拝です。
先に見えるのは長寿を守る神木という、
楠木の古木(枯木)を覆う覆屋社「長寿の館」。

Osatsu05

拝殿
2013年の秋、
55年ぶりに建て替えられたばかりでした。

このあとは再び港に戻って
近くにある「鯨崎遊歩道」を散策です。

Osatsu06

Osatsu07

漁港の東側に突き出た岬の海岸線を行くと、

Osatsu08

突き当りに海女小屋「おぜごさん」があります。

Osatsu09

その横から遊歩道を上りますが、
上りきって下ると反対の千鳥ヶ浜(白浜)側。

Osatsu10

右奥に千鳥ヶ浜海水浴場がみえます。

Osatsu11

ここに「十一面観音菩薩発祥の地」碑があります。

”鯨が観音様を背に乗せてこの地にやってきた”との伝説から、
その観音像を青峰山(正福寺)に納めたという故事を伝える碑。

Osatsu12

戻って岬の遊歩道に入ります。

Osatsu13

Osatsu14

綺麗に整備された道を行くと
途中にある”恋路ヶ浜・立石さん”の案内板があります。
階段の遊歩道を下りてみました。

Osatsu15

断崖?と大小の岩に囲まれた小さな浜辺ですが、
中央の小さな?(高さ2mほど)岩が立石さんのようです。

”昔から、地元の漁師が後継ぎの男の子がほしい時、
早朝にこの岩をなでると立派な男の子が生まれると
信じられている。・・・”と説明にあります。

Osatsu16

この狭い砂場が恋路ヶ浜、
または恋ヶ浜と呼ばれているようです。

戻って更に先に行くと

Osatsu17

岬の先端に「鯨供養の塔」がありました。
遊歩道は岬を回って付けられていて、
他にも見どころもあったようですが ^^;
残念ながらそのまま戻ってしまいました ><;

鯨崎で見かけた花ひとつ

Osatsu18

恋路ヶ浜に咲いていたハマナデシコです ^^;

祭りの合間の待ち時間に楽しんだ、
相差の町なかと鯨崎遊歩道でした。  camera 14日

2015年7月15日 (水)

相差天王くじら祭り

鳥羽市相差町で14日に行われた「相差天王くじら祭り」です。

観音様が鯨に乗って鯨崎に着いたという伝説がある相差町、
平成元年には鯨崎の沖の定置網に鯨が迷い込んだことから
鯨の供養と地域活性化のためにと始まったという、
町を挙げての手づくりの祭りです。

Kujira01

大漁旗がたなびく祭り会場、
6年ぶりに出かけた祭りでした。

朝からの東名阪大渋滞でちょうど開始前に到着 ><;

Kujira02

待つことしばし、
町内を練る子供たちのマーチングバンドで祭りの開始です。

Kujira03

続くは園児たちが担ぐ保育園の”恵比寿神輿連”

Kujira04

Kujira05_2

続いて小中学生の”竜宮連”
可愛い鯨神輿のあとに竜宮城が続きます。

Kujira06

そのあとには婦人会、OB,一般踊連

Kujira07

この日もムチャ暑い日でしたが、
皆さん一生懸命頑張っています ^^;

Kujira08

そして”くじら祭り”の鯨神輿は子くじらの練り

Kujira09

くじらに乗るのは観音様
青峯山正福寺の本尊である十一面観音が
鯨に乗って相差へあがったという伝説からでしょうか。

Kujira10

会場入口に先廻りしましたが、
大鯨の神輿がきました。

Kujira11

まつり会場を練る鯨神輿。

このあと祭りのハイライトまでは
2時間ほどのアトラクションが入ります。
こちらは長い待ち時間となります ><;

Kujira12

この辺りは町をあげての手づくりの祭りでしょうか ^^;

そして祭りのハイライト

Kujira13

Kujira14

祭り会場を激しく練った鯨神輿は
漁港の傍の海岸へと運ばれます。

Kujira15


Kujira16

ここからが祭りのクライマックス!
鯨神輿はここで海女さんたちにバトンタッチされます。

Kujira17

担ぎ手の男衆に代って
6人の海女さんに導かれて海に帰る会場パレード!
の、はずだったんですが・・・

Kujira18

Kujira19

あらら?・・・なんと、
ただ舟に曳かれていってしまいました。
この間10分ほど、
このために2時間待つたんですが ><;

このあと予定されていた宝船からの福まきも
台風接近のため中止に。

Kujira20

宝船ならぬ市場の屋根からの福まきでした。

6年前に見た海上パレードが忘れられずに
待った2時間・・・ああ、なんと!
これが手づくりの祭りのいいとこでしょうか ^^;
このあとは夜の部になりますが、ここまででした。  camera 14日

2015年7月14日 (火)

大相撲名古屋場所 初日

連日の猛暑のなかで12日(日)から始まった
「大相撲名古屋場所」の初日です。


   Nagoyab01

相撲のぼりがはためく名古屋市体育館。
今年も”ちゃんこ”目当てでお昼からの入館でした。

早くから並んだお目当てのちゃんこは混ぜ方が足りなく、
スープが多めで具が少なく早く並ぶのも考え物 ^^;
スープで腹も膨れて?さて相撲です。

取組もやや時間が押し気味でしたが

Nagoyab02

十両力士の土俵入りのあと
十両の取り組みが進みます。

   Nagoyab03

”満員御礼”の垂れ幕がさがり協会挨拶。

取組2番のあと中入り

Nagoyab04

東西幕内力士の土俵入りが終わると
横綱土俵入り。

Nagoyab05

東の横綱白鵬

Nagoyab06

西の横綱日馬富士

Nagoyab07

そして東の横綱鶴竜です。

私的、注目の取り組みから

Nagoyab08

まずは遠藤に旭天鵬は寄切りで遠藤の勝ち。

Nagoyab09

新大関照ノ富士は碧山との対戦、
いったんは押し込まれ、土俵中央では一瞬ヒヤリとする場面も、
最後は逆転の上手投げです。

Nagoyab10

2場所連続休場明けの横綱鶴竜には逸ノ城、
鶴竜が危なげなく押し出して初日白星発進。

残る横綱日馬富士と白鵬はともに辛勝し、
3横綱は安泰でしたが、
2大関が敗れるという波乱の名古屋場所初日でした。

Nagoyab11

名古屋城東門に造られている太鼓櫓では
打ち出し後の”はね太鼓”が打たれています。

Nagoyab12

小気味よい太鼓の音を聞きながら、
体育館を後にする多くの人たちでした。

今年も始まった「大相撲名古屋場所」、
昨年に続いてその初日の模様を楽しみました。
この日も暑い名古屋でした ><;

2015年7月13日 (月)

小渡 夢かけ風鈴

愛知県豊田市小渡町で毎年行われている夏の風物詩、
「小渡 夢かけ風鈴まつり」が11日(土)から始まりました。

今年は8月31日(月)まで行われますが、
商店街や各家々に約5,000個の風鈴が飾られ、
風に鳴る涼しげな音色が小渡の町筋に響きます。

Odo01

2年ぶりの訪問

Odo02

まだ祭りが始まる前でしたが、
商店街の入り口から町の最奥へと店の軒先や、
家々に飾られた風鈴を見ていきます。

Odo03

郷土食”あんぼ”の販売には子供たちも協力、
準備に追われています。

Odo04

願掛け風鈴が奉納される「増幅寺(風鈴寺)」

Odo05

まだ時間前で風鈴奉納の受付中、
境内には奉納されたたくさんの風鈴が掛かります。

Odo06

庫裡入口に飾られていた風鈴。
”こまいぬ風鈴”もあります ^^

町筋から少し離れtます。

Odo07

バス停に造られた休憩所は「おど夢かけふうりん駅」。

いつからか?風鈴飾りと朝顔の垣根ですが、
花が咲くのはまだまだ先 ^^;

Odo08

通りに戻ってきました ^^;

Odo09

この日はほどよい風もあり、
風が吹くたびに風鈴の音が心地よく響きます。

Odo10

商店街を抜けて、
町筋の奥へと入って行きます。

Odo11

山里の風景

Odo12

風鈴も各家庭の軒先や玄関口に

Odo13

こんな飾りも ^^、
短冊には江戸風鈴と書かれていました。

Odo14

Odo15

それぞれに工夫を凝らした風鈴飾り。

Odo16

これもまたひと工夫?

Odo17

そして町の最奥にある智教院(お不動さん)。
夕刻から行われる祭り最大のイベント、
”風鈴行列”はここから出発して町筋を練ります。

町なかへと戻ります。

Odo18

Odo19

風鈴寺境内ではイベントのひとつ
”流しそうめん”が始まっていました。
今年もこれが200円でいただく昼食でした ^^;

Odo20

お昼前になって、
続々と見物客が増えてきます。

「夢かけ風鈴」、祭りのメイン行事はこの日だけですが、
8月末までの長汀場、
期間中にはいろんなイベントも行われます。  camera 11日

2015年7月12日 (日)

岡崎 伊賀八幡宮の蓮池

愛知県岡崎市伊賀町にある「伊賀八幡宮」、
隋神門前に重文の神橋(石橋)を挟んで蓮池があります。

開花情報ではこの日が見ごろとのことで、
大府の星名池からそのまま南へと走りました。
駐車場から神橋の正面にまわります。

Iga01

蓮池東側

Iga02

正面
手前から石の鳥居、神橋、隋神門が並びます。

Iga03

蓮池西側
いつもならこちらが綺麗に咲くところですが・・・
どうやらまだ早すぎたのか?咲く花が少ない ><;

西の蓮池から見て回ります。

Iga04

見ごろまではあと少しでしょうか。

   Iga05

咲いてはいますが、
思っていたよりは花数が少ないです ^^;

Iga06

Iga07

昨年は5日に訪れていますが
かなりの花が開いてすでに見ごろでした。

Iga08

Iga09

今年は咲くのが遅いのでしょうか?

Iga10

Iga11

池の西側から東側へ

例年はほとんど咲いていない池ですが、
今年はまだ開いた花が多いですね。

Iga12

これもまた何年振りか?^^;

Iga13

池を一周してきました。

花の見ごろはもうすぐのように思いますが、
それでも人気の蓮池です。
この日もたくさんの人が訪れていました。   camera 10日

2015年7月11日 (土)

星名池のハス 大府市

愛知県大府市の北部にある「星名池」。

「大府みどり公園」に隣接する
北崎大池とともに整備された小さな池ですが、
蓮池としても知られる人気のスポットです。

Hoshina01

Hoshina02

池の中央には八橋遊歩道(水上散策路)が整備され、
中央には東屋の造られていて、
橋を行くと淡いピンクの花ハスが間近で楽しめます。

Hoshina03

見ごろまでは我慢と待っていましたが、
どうやらちょうど見ごろでした。

Hoshina04

池の中央に架かる八橋遊歩道を行きます。

Hoshina05

Hoshina06

橋の左右に咲くハスを間近で見ることができ

Hoshina07

Hoshina08

花を愛でるにはこれ以上はないところです。

Hoshina09

橋を渡って反対側、
池の周りの遊歩道を行きます。

Hoshina10

淡いピンクの上品なハスの花ですが、
花の種類はこのひとつだけ。

Hoshina11

開き切る前の少し濃いめの花が、
また違った花のような雰囲気をかもしだしています ^^;

Hoshina12

時間をおいて吹き出す噴水も、
またワンポイントに・・・

Hoshina13

Hoshina14

ただ、池の周りからは、
こうした横からの花が中心 ><;

Hoshina15

せいぜいこれぐらいの位置でしか撮れませんが、
この日は上から撮った蓮花はボツにして ^^;
見たままに、横からの花を中心に載せてみました。

Hoshina16

蓮池の右側に咲くアジサイも綺麗ですが、
花はすでに終わっています。

大府「星名池のハス」
見ごろはまだしばらく続きそうです。  camera  10日

2015年7月10日 (金)

水郷パークセンターのハス

朝からの雨にこの日は休養と思っていたら、
雨があがって何やら青空も出始めたため、
急遽近場へと走りました。

岐阜県海津市海津町福江にある
木曽三川公園「アクアワールド水郷パークセンター」、
その義呂池に咲くハスです。

Aquawp01

といってもこんな写真から ^^;

Aquawp02

お馴染みの義呂池は、
早くから咲きだす池の北側から。
遠くに咲く花はまずまずですが・・・遠い ><;

Aquawp03

比較的近くでもこんなもんです。

Aquawp04

昨年は結構咲いていたんですが、
ここでは近くで咲く花を見るのはまれ ^^;

Aquawp05

Aquawp06

それに輪をかけて今年は花が少ないとか ^^;
まぁ、撮れる花は撮りましたが、
せいぜいこんなもんでした ^^;

Aquawp07

蕾あり、花あり、花托ありとどこも同じですが、
ここは特に花の咲く時期がまとまっていません。

Aquawp08

Aquawp09

この日はちょうど18日(土)からの週末に始まる、
”ハスジャングル探検”の水路の整備が行われていました。
このイベントは人気で、
田舟に乗ってハス池のなかを巡ることができます ^^;

Aquawp10

義呂池の南側、
こちらはまだ咲いていません・・・というよりも、
なぜか葉がムチャ少なく感じました。
今年は花が咲かないかもしれません。

Aquawp11

クリーク、
ここはいつも早く咲きだすところだけに
すでに終わりでした ><;

Aquawp12

で、なぜか一羽だけ泳いでいたアヒルです。
一瞬、マガモ?と思いましたが、
こんな時期にそれはないですよねぇ^^;

木曽三川公園「アクアワールド水郷パークセンター」、
今年はまともなハスは見れませんでした。

オマケ!
帰りに立ち寄った「船頭平河川公園」のハス田です。

Sendohira01

花はヨウザンコウレン(陽山紅蓮)
もう終わったハス田だけに咲く花は数えるほどでしたが、
花の傍にあるハスの葉に注目でした ^^;

Sendohira02

Sendohira03

葉に溜まった水がブクブクと泡立って散っています。
まるで呼吸をしているようですが・・・そうなんです ^^;
これは気温が高くなると見られる現象だそうです。
この時間はちょうど日が差してムチャ暑いときでした。

性懲りもなくまた水と戯れてきました ><;   camera 9日

2015年7月 9日 (木)

信楽陶芸の森 もみじ池

大阪交野市の「機物神社」から帰る途中、
甲賀市信楽町にある「滋賀県立陶芸の森」に立ち寄りました。

信楽焼で知られる信楽の町を見下ろす高台にあり、
自然の地形と森林を生かした都市公園ですが、
その一画にある「もみじ池」にハスが咲きます。

Shigaraki01

頂部にある「陶芸館」前から見下ろす陶芸の森。

いつも停める第一駐車場まできましたが、
もみじ池は一番下の第4駐車場の傍にあります ^^;

ダイエット階段といわれる長い階段を下ります。

Shigaraki02

下りたところが”太陽の広場”
この傍にある「産業展示館」横からもみじ池へ。

Shigaraki03

ハスがなければただの調整池ですが ^^;
その周囲には多くのモミジの木があります。

さて、ハスはというと

Shigaraki04

Shigaraki05

着いた時間が遅かったこともありますが、
咲いている花は3日花と4日花 ^^;
それに開花にはまだ少し早かったようです。

Shigaraki06


Shigaraki07

降り続く雨に濡れる花

Shigaraki08

花もよろしいが、
葉にたまった水があちこちで流れ落ちます。

この日はこの水に挑戦 ^^;

Shigaraki09

Shigaraki10

撮り始めるとこれがなかなか落ちない ><;
雨のなかでひたすら水が溜り流れるのを待ちます。

Shigaraki11

そんななかで偶然をキャッチ!
花びらの落ちる瞬間は撮れませんでしたが・・・

Shigaraki12

花びらが一枚散りました

Shigaraki13

その反動で葉に溜まっていた水が流れ

Shigaraki14

その水で隣りの葉が揺れて
その葉からも水も流れ落ちる連鎖反応でした ^^;

まぁ、それだけ雨が降っていたということですが、
これも結構待つだけの辛抱がいります ><;

Shigaraki15camera

最後は平凡に、
蕾に止まるシオカラトンボです。

「信楽陶芸の森」もみじ池のハス。
雨のなかでひとしきり楽しんだハスと水との戯れでした。
ハスの見ごろはまもなくです。    camera  7日  

2015年7月 8日 (水)

機物神社七夕祭り

7月7日は”七夕祭り”。
現地の天気予報は雨でしたが雨を覚悟で出かけました。

大阪府交野市倉治にある「機物神社(はたものじんじゃ)」。
織姫の原型になったといわれる
天棚機比売(あまのたなばたひめ)が祭神で、
毎年7月6、7日に行われる例祭の”七夕祭り”です。

その本宮の7日(火)でした。

Hatamono01

祭りは夕刻の16時からですが、
この日はその雰囲気だけでもと午前中の参拝でした。

まだ準備中の露店を見ながら参道を行きます ^^;

Hatamono02

この先が”神様のお庭”という境内、
入ってやはりビックリ!

Hatamono03

狭い境内ですが
所狭しと笹飾りが建ち並びます。

Hatamono04

Hatamono05

昨年”彩さんの気まぐれ写真”で拝見し、
これだけはいちど見たいと1年間待っていた七夕祭りでした。

   Hatamono06

祭りの本番までにまだ時間がありましたが、
昨日の宵宮からすでに願いの短冊が飾られた笹飾りに、
その雰囲気は十分に感じます。

Hatamono07

願い事の短冊が掛けやすいように倒されている笹竹

Hatamono08

拝殿横には夕刻から始まる本番の子供神輿でしょうか?
小さい神輿が置かれています。

Hatamono09

拝殿前の茅の輪をくぐって参拝

Hatamono10

子供たちもお願い事でしょうか。
私も願いを書きました ^^;

Hatamono11

Hatamono12

真中の赤い短冊がそれ、
願い事は・・・さて何でしょう ^^;

Hatamono13

たくさんの願い事が書かれた短冊と、
可愛い飾りもあります ^^

Hatamono14

こちらは裏山門?でしょうか。

Hatamono15

内部では「はたおりの歴史展」の企画展示で、
1台の”はたおり機”が展示されています。

Hatamono16

その横には「伊勢神宮遥拝所」があります。

晴れていれば”星の町 交野”を散策しながら、
「星田妙見宮」にも行きたかったんですが・・・
雨も止むことがなくこの日はここだけでした。  camera 7日

2015年7月 7日 (火)

伊勢別街道

桑名の「七里に渡し」の”伊勢国一の鳥居”とともに、
東海道関宿の東の追分の”一の鳥居”が、
時を同じくして建替えられました。
その新しい鳥居をまだ見ていませんでした。

花も気になるところですが、体力と脚力も気になります ^^;
これを機に鳥居のくぐり初めを兼ねて、
この日は9年ぶりの「伊勢別街道」歩きました。

Isebetsu01

竣工式が行われてからひと月の真新しい鳥居。
ここから津市江戸橋の”伊勢街道”追分まで、
約18キロほどの伊勢別街道。
鳥居をくぐって坂を下りるとあとは南に直進して行きます。

四日市日永追分から伊勢にいたる伊勢街道の支道で、
江戸時代には京都方面からの参宮客で賑わった道ですが、
そのころは「いせみち」、「参宮道」、「山田道」などと記され、
伊勢別街道の名が使われるのは明治以降という。

Isebetsu02

鈴鹿川を「勧進橋」で渡りますが、
早くも雨が降り始めました。
この日の予報は降雪量0%だったんですが、
梅雨ですものね ><;
Isebetsu03

橋を渡るとすぐ左手にあるのが
「鈴鹿駅家跡(すずかのうまやあと)」で、
馬や人夫を備え宿舎を設けた場所。

Isebetsu04

その一画には目印に植えられていたという
”御厩の松”と呼ばれる松の根株が保存されています。

ここを左折し、連子格子のある家並みを見て行き、
県道10号線に合流すると名阪国道をくぐります。
右に石山観音道を分けるとすぐに県道と分かれ楠原宿へ。

Isebetsu05

ここは東海道関宿追分からわずか30分ほどの
短い距離にある最初の宿場だけに、
次の椋本宿の補助的な宿場町であったのでしょう。

再び県道に出てすぐに左折し山道を行くと芸濃町林。
雨は止みそうもなくさらに強くなり傘を差します ><;

Isebetsu06

蛭谷街道との分岐に建つ旧明村役場、現芸濃町資料館。
洋風建築の古い建物ですが一見の価値あり、
ただし外観だけで ^^;街道はここで右に折れます。

   Isebetsu07

再び県道に合流しますが、
その合流地点に建つ道標県常夜灯。
”右 さんぐう道 左 京道”とあります。

雨がこれ以上ひどくなればエスケープもと思いながら、
この街道は椋本(むくもと)からしか路線バスはなし ><;
そこまではただ歩くだけです ^^;

Isebetsu08

その椋本に入る手前を行く「横山池」沿いの道、
雨は降り続きます。

Isebetsu09

椋本宿入口に建つ道路里程標の標柱と、
きれいに色ぬきされた道標。

この前がバス停でエスケープするならここでしたが、
ちょうど津行のバスが出るところ・・・逃せばあと1時間後。
しかしここは外せないところで宿場に入ります。

Isebetsu10

宿場(街道)に残る唯一の宿、旅館「角屋」。
名前の通りちょうど宿場の真ん中あたりの角にあり、
木造切妻造桟瓦葺で江戸時代の古い建物です。

Isebetsu11

入口に掲げられた多くの”参宮講札”に
往時の賑わいが偲ばれます。
(旅館は平成25年12月に廃業されているそうです。)

ちょうどバスが通過していきました ^^;
ここから県道10号線に合流するとあとはもう歩くだけです。
芸濃インターを通過し、その先で旧道に入ると高野尾町。

長~~い集落を歩いて
再び新道に合流する手前にあるお堂。

Isebetsu12

”ぜに可け松”と刻まれた石柱が建ちますが、
ある民話に残る伝説の松があったという。

再び何もない道を行きます。
大里睦合町で10号バイパスから分かれ再び旧道へ入ると、
しばらくで大里窪田町、ここから窪田宿です。

Isebetsu13

「明治天皇窪田御小休所」の碑が建つ建物。
ここが本陣のあったところか?
この先で国道23号線中勢バイパスを横断します。

街道も残るはもう少し ^^;

Isebetsu14

直進してしまいそうですが、
紀勢本線の跨線橋手前で右折、細い道に入ります。

   Isebetsu15

すぐにある「窪田常夜灯」、江州の文字がみえますが、
文化14年(1817)、近江国の金物商たちが
神宮へ寄進したもので津市内で最大のものです。

すぐに一身田駅の踏切を越えます。
左に高田本山専修寺、寺内町を見て先を急ぎます。

Isebetsu16

近鉄名古屋線江戸橋踏切を越えると
伊勢街道との追分はすぐ。

Isebetsu17

その伊勢街道との追分に建つ常夜灯。
東海道関宿東の追分からちょうど5時間でした。

Isebetsu18

この先、伊勢街道は南下していきますが、
この日はここまで、近鉄江戸橋駅へと向かいました。

結局エスケープすることもなく歩き終えました。
見どころの少ない伊勢別街道ですが、
それなりに楽しく歩ける道のひとつです。  camera 4日

2015年7月 6日 (月)

立田赤蓮保存田

愛西市の「森川花はす田」から
北へ3㎞ほど走るとある「赤蓮保存田」です。
この2ヶ所は必ずセットにしていますが、
今回の開花は果たしてどうでしょうか?

やはり赤ハスが中心でした。

Akahasu01

ひとつのハス田に種類別に植えられているハスですが、
そのハス田が数枚あります。

そのうちのふたつほどに咲く花です。

Akahasu02

その中でも特に咲いていたハス田

Akahasu03

Akahasu04

何種類かの花が一緒に咲いています。
もちろん名札は種類別にありますが、
ひとつひとつを確認していません ^^;

Akahasu05

Akahasu06

ここにもちょうど上から見れるように
少し高いところに通路があります。

Akahasu07

ここは多くのハスが植えられているため、
規模は小さいですが種類が楽しめます。
もっとも素人にはほとんど同じにみえますが ^^;

   Akahasu08

ミセススローカム
なぜかこのハスだけはすんなりと ^^;

Akahasu09

この真っ白いハスは・・・”清月蓮”か?

   Akahasu10

こちらも白いハス、
これも確認していませんが”黄陽蓮”?
どちらも綺麗ですね~。

ところで今年初めての気がしますが、
この保存田の前に新しいハス田がありました。

Akahasu11

仏花用に栽培されている八重の赤蓮です。

いつものハス田は少し北にあります。

Akahasu12

こちらがそのハス田。
ご覧のようにまだつぼみばかりでしたが

Akahasu13

ひと花だけ見つけました ^^

南越前町で見た花弁が100枚以上あるという
”誠蓮(まことはす)”に似ています。

愛西市立田地区のはす田めぐり。
少し気が急きましたが全体にはまだこれからかも。
あとは台風がどうなるか?心配です。    camera 3日

2015年7月 5日 (日)

森川花はす田

「船頭平河川公園」のハス田の状態を見て、
すぐ近くにあるこちらも愛西市、
「森川花はす田」の開花がどうも気になっていました。

翌日でしたが、夜来の雨も上がり、
曇り空でしたが早いうちにと出かけてみました。

Morikawa01

こちらはまだ咲き始め?かと思いましたが、
中央にある展望所周辺はかなり開花しています。

そちらを中心に ^^;

Morikawa02

Morikawa03

蕾から1日花、
そしてすでに4日花まで見られますが、

Morikawa04

この辺りはいろいろと花が楽しめます。

Morikawa05

Morikawa06

まだ蕾も多く、
本番はこれからのようですが、

   Morikawa07

蕾、2日花、3日花 ^^;

Morikawa08

ハスは
2日花が開いたときがいちばん綺麗といわれますが、
昼頃にはまた閉じるという・・・

Morikawa09

Morikawa10

今は赤いハスが中心ですが、

Morikawa12

ミセススローカムも少し咲いていました。
(名札もありますがこれだけは覚えました ^^;)

Morikawa13

ハスの種類もまた多く ^^;
それを見極めるほどの知識はありません。

   Morikawa14

美しい花を愛でるのは
できれば9時頃までにと・・・、
それ以降はまたゆっくりと閉じて4日目を迎えるそうです。

Morikawa15

誰かが意図して置いたのか・・・
雨上がりにはこういうのが多いです。
(撮る方も撮る方ですが ><;)

Morikawa16

すでに花托もたくさんありました。

ハス田全体ではまだ半分も咲いていません。
咲いていないハス田もあり、
見ごろはまだこれからでしょうか?です。  camera 3日

2015年7月 4日 (土)

船頭平河川公園

谷汲からの帰りに立ち寄った「船頭平河川公園」です。

花ハスの様子は5日前に
”風 kei”さんのブログで教えてもらっていたんですが、
その後どうなったかと気になっていました。

「水生植物園」のハス田に咲くその花ハスです。

Sendo01

目立ったのはこれだけ ^^;

Sendo02

咲く花も数えるほど ><;

Sendo03

蕾(閉じた花です ^^)もまだありますが

   Sendo04

それもほんの少し。
遅咲きのハス田にはこれから咲くとは思えないほど・・・
まだ葉っぱばかりです。

Sendo05

Sendo06

早咲きはすでに花托(ハチス)になっています ><;
さすがに今年は開花が早いのか?様子が違います。
これを見て「森川花ハス田」は?と気になりました。

せっかくの船頭平河川公園、
あとはアジサイです。

Sendo07

河川公園”デ・レーケ像広場”の周辺には、
少ないですがアジサイが咲きます。

Sendo08

Sendo09

あまり近づくとくもの巣の餌食になりますが ><;
遠くから眺める分には大丈夫 ^^;まだ綺麗です。

Sendo10

Sendo11

外周から中央園路には入ります。

Sendo12

ガクアジサイもまだ綺麗!

Sendo13

デ・レーケ像のある芝生広場へ行きます。

Sendo14

「木曽川文庫」への道筋です ^^

Sendo15

芝生広場に建つ”デ・レーケ像”

この日はアジサイがメインになりましたが、
ここ「船頭平河川公園」、分かっていたとはいえ、
例年とのハス田の違いには戸惑いました。  camera 2日

2015年7月 3日 (金)

谷汲ゆり園

”ゆりまつり”は19日(日)までですが、
今年は花の咲くのが早くてすでに終盤かとも思いながら、
日差しが期待できそうな北へと走りました。

岐阜県揖斐川町の
谷汲大洞地区にある「谷汲ゆり園」です。

Tanigumi01

山を切り開いたヒノキ林に
51品種、30万株のユリが植えられています。
そのゆり園は早咲きが終わっていますが、
今は遅咲きの花が咲いています。

まずは山側の大外からゆり園を回ります。

Tanigumi02

園側の斜面はすでに終盤でしょうか、
花はまばらです。

山の散策路を上って外側の斜面に行きます。

Tanigumi03

見事に晴れて日差しが暑いですが、
その光を浴びて色とりどりのユリが咲きます

Tanigumi04

今は黄色と白系が中心ですが、
ちょうど見ごろのピークでしょうか。

Tanigumi05

Tanigumi06

もう遅いかと思っていましたが、
この辺りは誤算?のうれしい咲き様でした ^^;

Tanigumi07

少しだけ傷んだ部分の花も多いですが、
アップで撮れる花もまだたくさんあります。

Tanigumi08

大外の散策路から中段の道を戻ります。

Tanigumi09

Tanigumi10

この道からは谷汲の町が見わたせます。

Tanigumi11

Tanigumi12

山の外側のユリは満開のピークですが

Tanigumi13

ゆり園側は
まとまった花を探すのがチョッとツラいところ。

Tanigumi14

しかし、この日はムチャ暑い日になりました ><;
木陰のなかのゆり園へと下ります。

Tanigumi15

ゆり園の最奥から入口へと戻りますが、
まだアジサイが綺麗でした。

   Tanigumi16

昔は山裾から斜面一帯に、
ブルー系のアジサイがユリに負けずと咲いていましたが

Tanigumi17

今はこの辺りに少しだけです ><;

Tanigumi18

木漏れ日の差す林の中ですが、
日傘をさす方が多いです。

Tanigumi19

ユリはその種類別に縦に長く植えられていて、
木立のなかを縫うように咲いています。

Tanigumi20

彩り豊かなゆり園ですがさすがに終盤でしょうか、
今は濃い色のユリが少なくなり、
淡い色が多くなっていました。

「谷汲ゆり園」
かなり剪定されたユリが目立ちますが、
こちらはまだしばらくは楽しめそうです。   camera 2日

2015年7月 2日 (木)

旅の終わりは

旬ものを挟んできましたが、
芭蕉「奥の細道」をめぐった旅の最終日に戻ります。

鶴岡から村上市までは奥の細道で歩いた道と、
付かず離れずの山中を通る国道7号線を走りました。
その村上市。
芭蕉はここでも2泊しています。

Murakami01

ここ「宿久左衛門」宅跡がその宿泊地ですが、
現在は1日1組の限定宿として営業中とか。

Murakami02

村上は鮭の町としても有名なところで、
こうした塩引き鮭を干すお店がみられます。
ここから南へと続く道筋が町の中心部。

懐かしい店に立ち寄り買い物でした ^^;

Murakami03

かっては造り酒屋だったというこのお店。

Murakami04

店先から奥に入ると

Murakami05

たくさんの塩引き鮭が干されています。(見学可)
こうして1年間乾燥したあと商品となるそうです。

目的の買い物をすませ町をぶらついたあと
帰路につきました。

ところが続きあり ^^;高速道路(無料区間)に入ってから
ガソリン不足に気が付きました。
有料区間になる荒川胎内ICでいったん高速道を下りて、
近くのガソリンスタンドを探して走っていましたが、
なにやら思い出のある道筋に出ました。

胎内市乙(たいないしきのと)
ここも奥の細道の道筋でした ^^;

Oppouji01

そしてこのお寺、「乙宝寺(おっぽうじ)」です。
芭蕉は午前10ごろ村上を立ち、
ここには午後12時半ごろにここに到着しています。

参拝

Oppouji02

神橋を渡ると右の池には弁天堂が建ち、
左には金毘羅堂と蓮池です。

Oppouji03

その先には見事な仁王門、
仁王像は行基菩薩の作といわれます。

Oppouji04

くぐった先には左に「鐘楼」

Oppouji05

右には名水「独鈷水」の湧く手水舎があり

   Oppouji06

その奥には国重文の「三重塔」が建ちます。

Oppouji07

そして少し石段を上ると大日堂(金堂)です。
本尊は大日如来、弥陀如来、薬師如来の三尊。

奈良時代・天平8年(736)、聖武天皇の勅命により、
インド僧バラモン僧正と行基菩薩が
北陸一帯の安穏を祈って建てた勅願寺です。

Oppouji08

Oppouji09

そして右奥には「地蔵堂」と「観音堂」、
その周辺には多くの歌碑や句碑が建ち並びます。

Oppouji10

観音堂の前にある芭蕉句碑「浮世塚」。

句は 「奥の細道」とは関係ありませんが、
”うらやまし 浮世の北の 山桜” 元禄5年(1692)の吟。

他にも多くの諸堂が建つ新潟屈指の古刹。
偶然とはいえ、これも何かの縁だったのか?
思わぬ旅の締めくくりでした。

2015年7月 1日 (水)

三重県上野森林公園

三重県伊賀市下友生(しもともの)にある
「三重県上野森林公園」です。

サギソウが咲くのはまだ先ですが、
そろそろハッチョウトンボの季節 ^^
「木の館」からの帰りに様子を見に立ち寄りました。

   Kazari

まもなく「七夕」
ビジターコテージ内ホールでは
展示企画の「七夕飾り」が飾られています。

いつものように「サギソウ園」に行きます。

Iga01

修理されて新しくなった木の歩道。
この時期サギソウはまだ咲いていませんが

   Iga02

「水辺のテラス」横には”カキラン”が少し ^^;

さて、ハッチョウトンボは

Iga03

いました!
頭の先に黄色く見えるのは”ミミカキグサ”

Iga04

すでに5月中旬に羽化したとのことでしたが、
すでに成虫になっています。

この日はもう一匹。

Iga05

少々ぼけていますが ^^;
こちらはまだ小さいハッチョウトンボでした。

他にも赤とんぼがいます。

Iga06

こちらは成熟前の”ショウジョウトンボ”でしょうか?

2匹を確認していつもの水たまり(帯水域)へ行きますが、
この日、湿地で見た花です。

Iga07

花は終わっていましたが”モウセンゴケ”

   Iga08

”コバノトンボソウ”

   Iga09

咲き始めたばかりでしょうか?
”ホザキノミミカキグサ”

あとはカワラナデシコが少し咲いていましたが、
サギソウ園をから散策路をサブコテージに行きます。
途中にハッチョウトンボが保護されている
水たまり(帯水域)があります。

Iga10

こちらにも数匹のハッチョウトンボがいました。
一度は飛んでいるところをと思いながら・・・
これがなかなか飛んでくれません。
もっとも飛んでも撮るのが難しいですが ^^;

ところがこの日は数匹が飛んでいるところをGET!

Iga11

ところが、
帰って確認したらなんと驚き、ボケボケの中のその一枚!
これはもう運だけのハッチョウトンボの交尾でした。

ハッチョウトンボの交尾はわずか十数秒といわれますが、
その瞬間が撮れていました。
まさに偶然、こんなこともあるんですね ><;
うれしいこの日の一枚でした。    camera 29日

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »