2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ブルーボネット開園 | トップページ | 足助 香嵐渓のカタクリ »

2015年3月21日 (土)

大久保のセツブンソウ続編

滋賀県米原市大久保地区のセツブンソウ。
前回は雪の中で少ししか見れずにあらためてと、
その時期を待っていました。

野暮用や雨もあって動けずようやく晴れたこの日でしたが、
現地は薄曇りで日差しは無し。

Okubo01

自生地の入口。
咲いてはいますが・・・、
夜来の雨と曇り空で花に元気がありません ><;

Okubo02

Okubo03

まだ時期的にも大丈夫だと思っていましたが、
花はすでに終盤になっていました ><;

Okubo04

Okubo05

Okubo07

どうやら雪と雨の影響もあったようです。

チョッとアップで撮るにはツラい状態ですが・・・
咲いているところは立ち入り禁止のところ ^^;

Okubo08

なんとか近くで開いている花を探しながら、

Okubo09

Okubo10

かろうじてこんな感じでした。

場所を変えてもうひとつの自生地でしたが

Okubo11

こちらはすでに花は無く、
これから実になるところです ><;

今年の大久保地区のセツブンソウは大誤算!
いいところなしで終わってしまいました。

移動するときに見た山野草です。

Okubo12

咲き始めのミヤマカタバミ

Okubo13

ミスミソウ
これは植えられたものでしょうか?^^;

Okubo14

フクジュソウ

奥伊吹大久保地区のセツブンソウ。
これは来年まで持越しです ^^;
あらためて来年の楽しみとしておきましょう。   20日

« ブルーボネット開園 | トップページ | 足助 香嵐渓のカタクリ »

お出かけ・花」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん

偶々「散輪坊さん」のブログでも、この「セツブン草」が載っていました。信濃の寒い地方の話ですから、やはり、滋賀県米原市大久保地区も寒い場所なんでしょうね。期待されるのは、奥伊吹大久保地区だとか。わざわざ訪ねて見に行くだけの価値のある可憐な花なんですね。カタクリのように群生しているようですが。

shuttle さん
セツブンソウもまた人気がありますね。

中部圏での群生地は新城の石雲寺、藤原岳9合目と、
ここでしか見たことがありませんがやはり寒冷地でしょうか。
他にも咲くところはありますが、
これだけの群生地は限られます。
ここは関西地区から訪れる人が多いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大久保のセツブンソウ続編:

« ブルーボネット開園 | トップページ | 足助 香嵐渓のカタクリ »