2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 尾鷲ヤーヤ祭り | トップページ | おひなまつりと福よせ雛 Ⅰ »

2015年2月 8日 (日)

祭りのあとさき

「尾鷲ヤーヤ祭り」を見に出かけた尾鷲市。
祭りの前に「念佛寺」の梅の花 が見たくて
この日も早めに出かけていました。

紀勢道の開通で尾鷲も近くなりました。

Owasek01

尾鷲港から見る「天狗倉山(てんぐらさん)」
熊野古道の馬越峠から30分ほどで登れます。

Owasek02

祭りの前の目的は
こちら「念佛寺」に咲く梅の花でしたが・・・

   Owasek03

残念ながら枝垂れ紅梅はまだ咲き始め ^^;

Owasek04

Owasek05

白梅も2~3分咲きでしょうか。
今年は寒さが影響したのかもしれません。

さて、祭りは途中で引き上げましたが、
駐車場に戻るために少しだけ歩いた熊野古道です。

Owasek06

祭りの道中手踊りは
その熊野古道で行われました。

Owasek07

戻る途中のスタート地点。
まだ三番祷グループが待機中でしたが、
今町・大名行列の長刀振の少年です。

Owasek08

中井町の”ねぶた”を見て、
ここからは静かな熊野古道を行きます。

Owasek09

ここは古道(街道)の雰囲気を
いちばん感じるところです。

Owasek10

左に建つのは「在蔵(ざいくら)」。
郷蔵(ごうくら)とも言われて、
江戸時代には紀州藩へ税として納める米や、
囲米を収納した建物です。

ここから緩やかな坂を少し下ります。

Owasek11

Owasek12

ここが市街地の南端になり、
立派な「庚申塚」と、道しるべがあります。

熊野古道伊勢路で最大の難所といわれる八鬼山と、
馬越峠とのちょうど中間ですね。

Owasek13

その八鬼山はすぐ目の前。

尾鷲市街地の熊野古道はここまで、
この先はその八鬼山越えが待っています ^^
ここで道を左にとり駐車場に戻りました。

« 尾鷲ヤーヤ祭り | トップページ | おひなまつりと福よせ雛 Ⅰ »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小さい子どもたちが、そうして立派に伝統を引き継いでいってくれていること、うれしいことですね。これからもがんばって欲しいと思います。
それにしても長刀振の少年、キリリとした顔立ちでなかなか似合っています。何度も何度も練習したのでしょうね~

熊野古道はいくつかのコースを歩きました。馬越峠も、八鬼山越えもしましたね~。
八鬼山では、苔むした石畳がツルツルで、何度も転びそうになりました^^。 なつかしいです。
今度は、まだ歩いていない、「羽後峠・三木峠越え」をしてみようと思っています。

スーちゃん さん
どこの祭りでも後継者不足が問題になっていますね。
小さい頃からこうして祭りに参加してくれると、
地元の方はうれしいでしょうね。

熊野古道を歩かれていましたか ^^
私はまだ馬越、八鬼山、松本峠しか歩いていません。
なかなかひとりではコース設定が難しい道ですが、
「羽後峠・三木峠」も歩いてみたいところですね。

Thank you for the good writeup. It in fact was a amusement account it.

Mr. Jackson
Thank you for your comments

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/61093571

この記事へのトラックバック一覧です: 祭りのあとさき:

« 尾鷲ヤーヤ祭り | トップページ | おひなまつりと福よせ雛 Ⅰ »