2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東海道のおひなさん 関宿 | トップページ | 津 大門のおひなさん »

2015年2月27日 (金)

東海道のおひなさん 亀山宿

亀山市の関宿から東へ走り、
こちらは東海道五十三次46番目の宿場町「亀山宿」です。

こちらの街道筋に飾られたおひなさんは
ほとんどがガラス越しになりチョッとツラいですが ^^;
まずはサブ会場?のおひなさんから。

Kameyama01

「市民協働センター・みらい」のおひなさんは
昭和後期の段飾りと、
手作りのおひなさんが展示されています。

ここからは東町の旧東海道筋を東へと歩きます。

   Kameyama02

いつもは店内で拝見する古雛ですが、
今回は外から撮れました ^^;

Kameyama03

この御殿飾りは写り込みを承知でしたが、
素敵な古雛だけにあえて ^^;

道はすぐに三叉路に突き当りますが、

Kameyama04

この角が城下町の「江戸口門跡」。
東海道はここから左に折れていきますが、
ひなめぐりはここから少し行って戻ります。

しばらく東海道を戻り東町から西町へ。

Kameyama05

こちらが「東海道のおひなさん」、
亀山宿のメイン会場になる「旧舘家(きゅうたちけ)住宅」。

明治5年に建てられた商家に飾られたおひなさん。

Kameyama06

今年もまた賑やかな吊るし飾りが迎えてくれました。

亀山宿のおひなさんはここに凝縮されたようなものですが、
その飾りにはまぁ、毎年驚かされます ^^;

Kameyama07

Kameyama08

街道筋のひなめぐりをされない方も、
ここを見るだけで大満足されているようです。

Kameyama09

Kameyama10

昭和の初期から中期?の御殿飾りに、
比較的新しい段飾りが並びますが、
その飾りには毎年ひと苦労されているようです。

Kameyama11

天神飾りもあります ^^;

ここの見どころはもうひとつ、
2階の飾りです。

Kameyama12

以前はその旧商家の造りを見るだけでしたが、
ここにお雛さんが飾られてからその部屋が一変しました。

Kameyama13

段飾りから御殿飾り、
そしてこんな細かい飾りもあります。

Kameyama14

そっと置かれた「大内雛」
紀州雛とともに好きなおひなさんです ^^

Kameyama15

御殿飾り
こちらもまた綺麗な飾りです。

Kameyama16

1階の風呂焚き口に置かれた内裏雛、
こうした飾りも楽しいものです。

「東海道のおひなさん」亀山宿。
今年もまたメイン会場の飾りが中心になりましたが、
少し離れていますが東の本町筋と、西の野村町、
そして布気町にもおひなさんが飾られています。

« 東海道のおひなさん 関宿 | トップページ | 津 大門のおひなさん »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海道のおひなさん 亀山宿:

« 東海道のおひなさん 関宿 | トップページ | 津 大門のおひなさん »