2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東海道のおひなさん 亀山宿 | トップページ | はんだ蔵のまち 桃の節句 »

2015年2月28日 (土)

津 大門のおひなさん

亀山市の「東海道のおひなさん」から、
こちらは津市で行われている「津・大門のおひなさん」です。

津観音寺の門町町、大門(だいもん)商店街は、
通称”だいたて商店街と呼ばれ
そのアーケード内は伊勢街道が通っています。

Tsu01

津観音寺

東海道から伊勢街道に変わりますが、
その各店舗に展示されている約2,000体のおひなさん。
今年からメイン会場が変わりました。

Tsu02

津観音「仁王門」前にある
「街の駅 だいもん」の店舗がその会場。

Tsu03

その店舗内にずらりと並ぶ段飾りですが、
なぜか御殿飾りがありません。

Tsu04

木目込み雛

メイン会場はここだけで、
どうやら今年は各店舗に展示された
おひなさんをめぐることになります ^^;

Tsu05

まずは門前から南へと抜ける伊勢街道筋の、
商店街に飾られたおひなさんです。

Tsu06

どうしても古雛に目がいきますが、
昭和初期と書かれたおひなさん。
ガラス越しですが綺麗に撮れました ^^;

Tsu07

おひなさんではありませんが、
”六歌仙”の可愛い人形です。

Tsu08

こちらは店内にお邪魔しました。
昭和23年と書かれた源氏枠御殿飾り。
左右のサイドが欠落していましたが、
なんとかこのまま保存していってほしいものです。

Tsu09

こちらは立派な段飾りの傍にあった木目込み立ち雛、
なぜか小さなお雛さんにも魅かれます。

   Tsu10

これは毎年楽しみなおひなさんで、
「明治生まれのおばあちゃん」のおひなさん。
今年も巡り会えた・・・そんな気持ちですね ^^;

Tsu11

いろんな飾りのおひなさんがあります。

Tsu12

こちらは和菓子屋さんの店内。

ここから戻って大門交差点(伊勢街道の道標があります)を、
西へと歩きます。

Tsu13

今年は御殿飾りが少なかったですが、
ここがふたつめのお店の飾りでした。

Tsu14

撮るには苦労するおひなさんですが、
見るには楽しい雛めぐりです。

飾りの右下にある古雛です。

Tsu15

大正期のおひなさんでしょうか。

「津大門のおひなさん」
今年は商店街を歩いて楽しむことになりますが、
開催は3月3日(火)の雛祭り当日までです。

« 東海道のおひなさん 亀山宿 | トップページ | はんだ蔵のまち 桃の節句 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津 大門のおひなさん:

« 東海道のおひなさん 亀山宿 | トップページ | はんだ蔵のまち 桃の節句 »