2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 雪の甲津原から三島池 | トップページ | 木曽川水園のシモバシラ »

2015年2月 4日 (水)

鴨の里盆梅展

「三島池」でカモと戯れたあとは
すぐ傍にある「グリーンパーク山東」の”スパーク山東”へ。
恒例の「鴨の里盆梅展と幸せを呼ぶおもと展」です。

例年、早くからの開催で咲いていない盆梅が多く、
それもまたご愛嬌でしたが、
今年は遅めでチョッと期待しての立ち寄りでした。

Kamo01

券売所で、”咲いている?”、”う~~ん・・・”と、
いつもながらの会話です ^^;

Kamo02

Kamo03

Kamo04

樹齢300年の老木など、
常時約100鉢が展示されているという。

   Kamo05

いまだかって半分の盆栽さえ満開という、
そんな会場を見たことがありません ^^;

Kamo06

今年も例年のように思いますが、
それでもまだ咲いている方でしょうか?

   Kamo07

早いだけが取り柄の盆梅展。(怒られるか ><;)
それも恒例と思っていましたが、
今年は1月24日(土)からと少し遅い開催でした。

Kamo08

見ごろはやはり2月の中旬からでしょうか。

Kamo09

ここは愛好家の方がそれぞれ独自に育てられていて、
その個性や思いやりのある盆梅が並びます。

Kamo10

Kamo11

Kamo12

本来ならその盆梅の美しさを載せるところですが、
今回は咲いている花を中心に・・・

Kamo13

現在の咲き具合は全体の2~3割ほどでしょうか。
いちど3月終了間際の盆梅を見てみたいものと、
今年も思った会場でした。

同時開催の「おもと展」も少し ^^;

Kamo14

”おもと文化は徳川家康公から始まった”という。

Kamo15

Kamo16

昨年ここで初めて知った”万年青(おもと)”

まったくの無知でしたが、
これがなんとも味わいのある植物?でした。
その植えられている鉢もまた見事なものです。
盆梅とともに楽しめるのはここだけでしょうか。   1日

« 雪の甲津原から三島池 | トップページ | 木曽川水園のシモバシラ »

お出かけ・花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鴨の里盆梅展:

« 雪の甲津原から三島池 | トップページ | 木曽川水園のシモバシラ »