2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月28日 (土)

津 大門のおひなさん

亀山市の「東海道のおひなさん」から、
こちらは津市で行われている「津・大門のおひなさん」です。

津観音寺の門町町、大門(だいもん)商店街は、
通称”だいたて商店街と呼ばれ
そのアーケード内は伊勢街道が通っています。

Tsu01

津観音寺

東海道から伊勢街道に変わりますが、
その各店舗に展示されている約2,000体のおひなさん。
今年からメイン会場が変わりました。

Tsu02

津観音「仁王門」前にある
「街の駅 だいもん」の店舗がその会場。

Tsu03

その店舗内にずらりと並ぶ段飾りですが、
なぜか御殿飾りがありません。

Tsu04

木目込み雛

メイン会場はここだけで、
どうやら今年は各店舗に展示された
おひなさんをめぐることになります ^^;

Tsu05

まずは門前から南へと抜ける伊勢街道筋の、
商店街に飾られたおひなさんです。

Tsu06

どうしても古雛に目がいきますが、
昭和初期と書かれたおひなさん。
ガラス越しですが綺麗に撮れました ^^;

Tsu07

おひなさんではありませんが、
”六歌仙”の可愛い人形です。

Tsu08

こちらは店内にお邪魔しました。
昭和23年と書かれた源氏枠御殿飾り。
左右のサイドが欠落していましたが、
なんとかこのまま保存していってほしいものです。

Tsu09

こちらは立派な段飾りの傍にあった木目込み立ち雛、
なぜか小さなお雛さんにも魅かれます。

   Tsu10

これは毎年楽しみなおひなさんで、
「明治生まれのおばあちゃん」のおひなさん。
今年も巡り会えた・・・そんな気持ちですね ^^;

Tsu11

いろんな飾りのおひなさんがあります。

Tsu12

こちらは和菓子屋さんの店内。

ここから戻って大門交差点(伊勢街道の道標があります)を、
西へと歩きます。

Tsu13

今年は御殿飾りが少なかったですが、
ここがふたつめのお店の飾りでした。

Tsu14

撮るには苦労するおひなさんですが、
見るには楽しい雛めぐりです。

飾りの右下にある古雛です。

Tsu15

大正期のおひなさんでしょうか。

「津大門のおひなさん」
今年は商店街を歩いて楽しむことになりますが、
開催は3月3日(火)の雛祭り当日までです。

2015年2月27日 (金)

東海道のおひなさん 亀山宿

亀山市の関宿から東へ走り、
こちらは東海道五十三次46番目の宿場町「亀山宿」です。

こちらの街道筋に飾られたおひなさんは
ほとんどがガラス越しになりチョッとツラいですが ^^;
まずはサブ会場?のおひなさんから。

Kameyama01

「市民協働センター・みらい」のおひなさんは
昭和後期の段飾りと、
手作りのおひなさんが展示されています。

ここからは東町の旧東海道筋を東へと歩きます。

   Kameyama02

いつもは店内で拝見する古雛ですが、
今回は外から撮れました ^^;

Kameyama03

この御殿飾りは写り込みを承知でしたが、
素敵な古雛だけにあえて ^^;

道はすぐに三叉路に突き当りますが、

Kameyama04

この角が城下町の「江戸口門跡」。
東海道はここから左に折れていきますが、
ひなめぐりはここから少し行って戻ります。

しばらく東海道を戻り東町から西町へ。

Kameyama05

こちらが「東海道のおひなさん」、
亀山宿のメイン会場になる「旧舘家(きゅうたちけ)住宅」。

明治5年に建てられた商家に飾られたおひなさん。

Kameyama06

今年もまた賑やかな吊るし飾りが迎えてくれました。

亀山宿のおひなさんはここに凝縮されたようなものですが、
その飾りにはまぁ、毎年驚かされます ^^;

Kameyama07

Kameyama08

街道筋のひなめぐりをされない方も、
ここを見るだけで大満足されているようです。

Kameyama09

Kameyama10

昭和の初期から中期?の御殿飾りに、
比較的新しい段飾りが並びますが、
その飾りには毎年ひと苦労されているようです。

Kameyama11

天神飾りもあります ^^;

ここの見どころはもうひとつ、
2階の飾りです。

Kameyama12

以前はその旧商家の造りを見るだけでしたが、
ここにお雛さんが飾られてからその部屋が一変しました。

Kameyama13

段飾りから御殿飾り、
そしてこんな細かい飾りもあります。

Kameyama14

そっと置かれた「大内雛」
紀州雛とともに好きなおひなさんです ^^

Kameyama15

御殿飾り
こちらもまた綺麗な飾りです。

Kameyama16

1階の風呂焚き口に置かれた内裏雛、
こうした飾りも楽しいものです。

「東海道のおひなさん」亀山宿。
今年もまたメイン会場の飾りが中心になりましたが、
少し離れていますが東の本町筋と、西の野村町、
そして布気町にもおひなさんが飾られています。

2015年2月26日 (木)

東海道のおひなさん 関宿

三重県の各地で行われている「ひな祭り」、
この日は亀山市の「東海道のおひなさん」でした。

旧東海道の亀山宿と関宿に飾られたおひなさん、
それぞれに違った飾りが楽しめますが、
まずは西にある関宿のおひなさんからです。

Seki01

メイン会場のひとつ「足湯交流施設」

Seki02

いつもながら大小、そして見事な段飾りが、
座敷いっぱいに飾られています。

今年は奥の座敷にも飾りがありました。

Seki03

こちらには木目込み、御殿飾りに、
小さいですが綺麗な5段の段飾りです ^^

Seki04

街道筋は西の追分に向かう新所の町並み。

Seki05

朝早くからですが
庭から見れるように戸口が開けられています。

戻って東の追分へと東海道筋を見ていきます。

Seki06

いつも珍しいおひなさんが見れるお店。
今回はひとメモ、思いのこもった文が添えられていた
このおひなさんです。

Seki07

こちらもメイン会場のひとつ「旧落合家」住宅。
こちらには古雛が多く展示されていますが、
今年の目玉は「正法寺山荘・曲水の宴」。

Seki08

地元、鷲山の地に築かれた、
正法寺山荘跡での”曲水の宴”が
おひなさんで表現されています。
奥の古雛もまた良し! でここは見どころです ^^;

Seki09

町歩きのおひなさんめぐりは
どうしてもガラス越しになりますが ^^;
閉まっているお店やお家は案内を乞います。

Seki10

江戸、大正、昭和、平成のおひなさんが飾られている、
ここも人気の橋爪家。

Seki11

特に江戸時代という、
白木造りの御殿飾りはここならでしょうか。
明治のおひなさんがないのがチョッと寂しい ^^;

Seki12

中町の通り
関宿は東の追分から西の追分まで、
約1.8kmにわたり宿場の面影を残す町並みが続きます。

Seki13

街道筋東の外れにあるお店の飾りです。

Seki14

そしてすぐに東の追分、
ここは「伊勢別街道」との分岐点で外宮まで15里(60km)。

20年に一度の遷宮が終わってこの春には、
桑名の七里の渡し跡の鳥居とともに、
内宮宇治橋の鳥居が移され建替えられます。

話が飛びました ><;

Seki15

戻る途中に立ち寄った
老舗和菓子屋「深川屋(関の戸)」のおひなさんです。

Seki16

東海道五十三次47番目の宿場町関宿。

その面影を色濃く残し、
今も人気の宿場町に飾られた「東海道のおひなさん」、
その関宿編でした。
このあとは東へ走って亀山宿です。

2015年2月25日 (水)

御座白浜 志摩市

白い砂と遠浅の海岸、透明度が抜群のビーチで知られる
三重県志摩市志摩町御座。
ここの魅力は夏の海水浴場ですが、
冬は海の幸を楽しめる漁師の町でもあります。

Goza01

Goza02

志摩市の前島半島(志摩半島)の突端に位置する
志摩市御座。

紺碧の海と白砂の続く遠浅の浜は、
三重県でも屈指の海水浴場 ^^

   Goza03

町は細い世古の道が入り組み

Goza04

町なかはこうした車台と
原付バイクが主な乗り物 ^^;

Goza05

そんな町のメイン観光はここ「潮仏(石仏)」。

”女性の腰から下の病にご利益があるといわれている仏様は、
海中に祀られていて潮の満ち干により、
水上に現れたり消えたりすることから潮仏ともいわれます。”

この時間、夕刻は海面に出ていました ^^

日が変わり翌朝です。
朝日を見に行きますが・・・海ではなく町なかです ^^;


Goza06

最初に日の出が見れるのはここか?と、
見当をつけておきましたが・・・

Goza07

「御座神社」拝殿前下から
陽が昇るのを確認して漁港に向かいます。

Goza08

まだ日が昇る前の御座漁港

Goza09

昨日見た「潮仏(石仏)」へと行きます。

Goza10

昨夕と違って石仏さんは海の中でした ^^;
ここで陽が出るのを待ちます。

Goza11

第二鳥居に朝日が昇ります。
まず撮れない(機会がありません ^^;)ですが、
今回は唯一の機会と狙っていました。

Goza12

御座漁港にも朝陽が昇りました。

Goza13

この日、最初?の漁船が戻ってきました。

志摩市御座の朝、
夏の喧騒とは違って静かな冬の漁師町、
これからこの町の1日が始まります。

2015年2月24日 (火)

続・あげきのおひなさん 

いなべ市阿下喜地区で21日(土)から始まった
「あげきのおひなさん’15」。
その初日の模様を町なかめぐりから紹介しましたが、
続いてはメイン会場の「ウッドヘッド三重」のおひなさんです。

こちらも年々飾られるお雛さんが多くなりました ^^

Inabeuh01

入口の両サイドには、
ペットボトルのキャップで作られたおひなさんがあります。

チョッと並べてみます ^^

Inabeuh02 Inabeuh03

まぁ、何でもない手作りのおひなさんに見えますが、
女雛のベルトの下を切り取ってみました。

Inabeuh020

”あげきのおひなさん”と書かれたキャップです。
なかなか手が込んでいます ^^;

Inabeuh04

今年は玄関正面に
明治のおひなさんが飾られていました。

1階奥の座敷へ。

Inabeuh05

左手には昭和20年代の御殿飾りと昭和中期の段飾り、
右手には今年も手作りのおひなさんです。

そして奥には

Inabeuh06

昭和38年の御殿飾りと、
右にはお馴染み ^^大正10年の白木造り御殿です。

メイン展示の2階へ行きます。

Inabeuh07

今年は夏の八幡祭で担がれる
”阿下喜女みこし”が展示されています ^^;

Inabeuh08

そして、メインのひな壇に並ぶのは
約800体のおひなさん!

Inabeuh09

会場奥と

Inabeuh10

右に並ぶ吊るし飾り。

そしてこれ以上は無理と思われる?
高さまで積みあがった22段のひな壇には

Inabeuh11

Inabeuh12

Inabeuh13

ここ数年増え続ける?おひなさんが、
びっしりと並びます ^^;

Inabeuh14

毎年、展示には工夫を凝らし準備してきたという・・・

Inabeuh15

その見事なおひなさんの飾りでした。

今年は天候にも恵まれた初日でしたが、
久しぶりに町中からメイン会場まで、
じっくりと楽しんだ「あげきのおひなさん」でした。

2015年2月23日 (月)

あげきのおひなさん’15

三重県いなべ市北勢町阿下喜の町なか一帯で
今年も始まった「あげきのおひなさん」。
ここも長~いお付き合いになりますが、
やはりここは地元のうち ^^;その初日に出かけました。

この日は雛めぐりにはこれ以上はない快晴の暖かい日!
今回は町なかのおひなさんをめぐります。

Ageki01

いつものように本町通りから。
以前はサブ会場でもあった店舗跡です ^^;

そしていつも気さくに見せていただくお店に。

Ageki02

いつもは昭和31年の御殿飾りですが、
今年は他の飾りから

Ageki03

綺麗な内裏雛です ^^

本町通りから西町通りへ入ります。

Ageki04

まだ雪の冠った「藤原岳」を望む
旧濃州道(いなべ街道)を西へと歩きます。

Ageki05

昭和4年というおひなさん、
毎年見ていますが今年はガラス越し ^^
しかし、何度見ても素晴らしい古雛です。

Ageki06

こちらはお休み処、
小さいチワワが可愛いかったですが、
何におびえたか?は震えていました ><;

Ageki07

Ageki08

この町のひなめぐりも開放的で、
個人のお宅も自由にガラス戸を開けて拝見できます。

Ageki09

昭和初期の御殿飾りと昭和30年代のお雛さん。
この御殿飾りも逸品でした。

Ageki10

こちらのお雛さんは”寄り添い雛”とか。

商店のお雛さんはガラス越しが多いですが、
なかにはこうして直接見せていただけます ^^;

Ageki11

Ageki12

これがやはり町なかお雛めぐりのいいところ。

そして今年はお寺の本堂内に飾られた
そんなおひなさんを見ることができます ^^

Ageki13

北町通り入口にある「相願寺」

Ageki14

通い出してから9年目にして初めて見る、
お寺の本堂内に飾られたおひなさん ^^;

Ageki15

こちらは「西念寺」

Ageki16

Ageki17

これは初めての試みでしょうか?
うれしい飾りですね ^^

初めのころは約50軒ほどに飾られたおひなさんでしたが、
10年の節目を越えて
今では約100軒の民家や商家に飾られています。

Ageki18

春を思わせる陽気に”フクジュソウ”も咲いていました。

このあとはメイン会場「ウッドヘッド三重」に飾られた
約800体のおひなさんです。    camera  21日

2015年2月22日 (日)

波切大慈寺のてんれい桜

三重県志摩市大王町波切にある「大慈寺」。

初夏には1,500株のあじさいが咲き乱れる
”志摩のあじさい寺”として知られていますが、
この時期は”てんれい桜”と呼ばれる河津桜が咲きます。

この日は御座白浜へと向かう途中で、
少し早いかな?とも思いましたが立ち寄ってみました。

Tenrei01

本堂前にある”てんれい桜”は
先代典嶺和尚が丹精して育てたという桜の原木。

境内にはこの桜の子孫が8本

Tenrei02

Tenrei03

さらに20本の「てんれい桜」が植えられていて、
毎年一足早い春の訪れを告げてくれますが、
残念ながらまだ花は咲き始めたばかりでした ^^;

Tenrei04

今年の観桜会は3月1日(日)に行われますが、
その時はちょうど見ごろになっているでしょう。

Tenrei05

境内を囲む美しい瓦土塀とてんれい桜ですが、
ここには1本の”天城桜(寒緋桜?)”があります。

Tenrei06

境内にただ1本だけあるその桜は、
ちょうど2月初めから咲き出したという・・・

Tenrei07

Tenrei08

今はもう見ごろから終盤に入っています。

Tenrei09

この日はこの”天城桜”が主役でした ^^;

Tenrei10

志摩市波切の「大慈寺」に咲く”てんれい桜”。

ようやく蕾がほころび始めたばかりでしたが、
天城桜と入れ替わってこの河津桜が見ごろを迎え、
波切の町に春の訪れを告げるでしょう。     camera 19日

2015年2月20日 (金)

菜の花畑とお雛さん 斎宮

三重県明和町の斎宮跡に咲く菜の花が見ごろとのことでした。
「いつきのみや歴史体験館」では
”いつきのみやの春~桃の節句~”が開催中でもあり、
ちょうどいい機会と出かけた菜の花畑とお雛さんです。

Saiku01

斎宮史跡全体模型のある広場から
「斎宮歴史博物館」のある西へ続く古道沿いに、
菜の花畑が広がります。

Saiku02

こちらが近鉄電車の
線路沿いに広がる菜の花畑。

Saiku03

場所が場所だけに、
近くを走る近鉄電車がワンポイントになります ^^;

Saiku04

Saiku05

何面かある菜の花畑ですが、
思っていたより広い畑が点在していて、
今がちょうど見ごろでしょうか。

Saiku06

Saiku07

ここを知ったのは昨年、
以来、今年は絶対にここへと決めていました ^^;

Saiku08

通りすぎる電車が多いため、
撮影には苦労しません ^^;

Saiku09

Saiku10

いちばん北側(線路から遠い場所)にある菜の花畑と、
少し遠景で捉えた電車。
いろんな特急が走り過ぎますが・・・
好きな電車を狙うのもまた楽しいかもしれません。

Saiku11

菜の花を楽しんだあとは
「いつきのみや歴史体験館」のお雛さんです ^^;

Saiku12

”平安装束試着体験”の間に展示されたお雛さんは、
正面?には昭和から平成の内裏雛と段飾り。

その左には江戸期から平成の内裏雛が並びます。


Saiku13

Saiku14

下の内裏雛は御髪が直接お顔に描かれた古いもの。
宝冠も外されていますがいいお雛さんです ^^

Saiku15

こちらは珍しい雅楽の五人囃子で、
大正9年の綺麗な段飾り。

Saiku16

そして御殿飾りは昭和28年のものです。
久しぶりに見る
「いつきのみや歴史体験館」のお雛さんでした。

菜の花を見て「斎宮歴史博物館」まで歩きましたが、
ここには梅園があります ^^;

Saiku17

まだ紅梅が咲き始めたばかりでしたが、

Saiku18

梅の花は徐々にほころび始めています。

この日は風が強く寒い日でしたが、
ひと足早い春の訪れを感じる菜の花畑と、
”いつきのみやの春 ~桃の節句~”でした。  camera 19日 

2015年2月19日 (木)

近江日野商人館のお雛さん

雨となった日野町「日野ひなまつり紀行」。
残念ながら町なかの”おひなさんめぐり”は中止して、
「日野商人館」に展示されている古雛を楽しみます。

Hinos01

毎年楽しんでいる古雛ですが、
今年は江戸時代の”御殿びな”が初公開されているという。
雨になったとはいえ、これはまたラッキーでした ^^;

Hinos02

今年の玄関の飾り。
昨年と変わりませんが少しアレンジされています ^^;

Hinos03

受付に飾られているのは
大正期の白木造りの御殿飾りがふたつ。

   
   Hinos04

片隅に置かれた満開の盆梅。

こんな日でしたが団体さんの先客あり ^^
その間、初公開という”御殿飾り”を拝見!

Hinos05

なんというか・・・言葉もありませんが、
庶民には縁遠い?そんな飾りです ><;

Hinos06

日野を代表する薬業発祥の祖、
正野玄三家に伝えられてきた江戸時代の”御殿飾り”。

嘉永5年(1852)に京都の人形師から購入したという
白木造り源氏枠御殿飾りで、
正野家の床の間の広さに合わせて作られたものといいう。

Hinos07

この雛道具類は西大路藩の殿様
市橋家より拝領したものと伝えられる、と。

まぁ、有るところにはあるものです。

Hinos08

いろんな御殿飾りを見てきましたが、
これもまさしく一見の価値あり!
とはいえ、ただ眺めるだけでした ^^;
   

奥座敷の飾りです ^^

Hinos09

今年は座敷の正面に展示されています。

Hinos10

Hinos11

並ぶおひなさんは変わりません。

Hinos12

いつもながら見事な古雛ですが、
年代も表示されていて
同じ古雛でもその特徴が良く分かります。

今年はあらためて三人官女と仕丁を ^^;

Hinos13

Hinos14

なんとも明るい三人官女と
下はお顔に直接髪が描かれた古い三人官女、
ともに年代を感じるものです。

仕丁もまた素晴らしいものです。

Hinos15

関西風(京都風)の喜怒哀楽(泣・笑・怒)をあらわした
秀逸の仕丁(三人上戸)です。

Hinos16

こちらは関東(江戸風)の仕丁。
年代が違いますがともに古い時代のもの。

Hinos17

大きな”御殿飾り”もいいですが、
こうした簡素な源氏枠御殿にも魅せられます。

そして、やはりこのお雛さんですね。

Hinos18

何度見ても素晴らしい”享保雛”です。

この日は雨の日野町でしたが、
あ然とした ^^;江戸時代の源氏枠御殿飾りも見れて、
ラッキーな「日野ひなまつり紀行」でした。

2015年2月18日 (水)

雨の日野ひなまつり紀行

この日は天気も良し!と雛めぐりにと走る国道421号線。
石博峠にかかると雪交じりの雨になりました。

トンネルを抜けるとそこは雪国 ><;
白くなり始めた急坂を下り永源寺町に入ると雨に変わります。
着いた日野町も雨でした ^^;

Hino_h01

観光案内所のある「まちかど感応館」、
初めて雨の”日野ひなまつり紀行”です。

雨が上がれば町なか雛めぐり、
降り続けば「近江日野商人館」のお雛さんと決めて、
まずは観光案内所の雛飾りです。

Hinoh02

いつもながらの綺麗な雛飾りですが、、
こちらは正面の飾り。

   Hinoh03

見慣れた”立ち雛”もあります。

Hinoh04

明治時代の内裏雛

Hinoh05

江戸か明治か?とありましたが、
こちらも綺麗な古雛です。

Hinoh06

大正期の御殿飾りでしょうか?
ここだけでも十分楽しめるお雛さんです ^^;

雨は止みません ><;
ここから「近江日野商人館」へと行きます。

Hinoh07

降りしきる雨ですが
開けられている桟敷窓もあり、

Hinoh08

町筋の家々に展示されているお雛さんも、
外からは楽しめるようになっています。

Hinoh09

ここは古雛が多く展示されているお店。
ガラス戸を開けてわざわざ声をかけていただきました ^^
上から”享保雛”、”古今雛”、”有職雛”が並びます。

   Hinoh10

左隅には”立ち雛”

Hinoh11

明治期の”有職雛”

Hinoh12

江戸期の”享保雛”

Hinoh13

そして”竹田人形”と、
上には”押絵雛”(おきあげ)です。

雨とはいえ、町なかの展示雛も楽しめます ^^;
このあとは「近江日野商人館」で初公開されている
これはビックリ!の”御殿びな”でした。   camera 18日

2015年2月17日 (火)

春の訪れはまだ

寒い日が続きましたがこの日は一転して暖かい日に。
春にはまだ早い「なばなの里」のようですが、
梅が少しづつ咲き始めたとの便りに出かけてみました。

先週末から”しだれ梅苑”も開苑しましたが、
こちらの開花情報はまだ”つぼみ” ^^;

Nabana01

梅苑入口のしだれ梅が数輪 ^^
苑内は咲く花を探して宝さがし ><;です。

Nabana02

Nabana03

しだれ梅の見ごろは
やはり2月末辺りからでしょうか。

里内の梅も咲き始めています。

Nabana04

今は和食処”翡翠”周辺の梅が
白梅、紅梅とも見ごろを迎えつつあります。

Nabana05

Nabana06

Nabana07

とはいえ、
春の訪れにはまだまだ早い・・・
そんな「なばなの里」の梅情報でした。   camera 16日

2015年2月16日 (月)

続・中馬のおひなさん

「足助 中馬のおひなさん」
西町から本町筋の”おひなさん”を見てきましたが、
このあとは田町銀座から新田町へと歩きます。

Asuke201

ここからが田町銀座
ここまで来ると人はまた少なくなります。

Asuke202

町角にある建材店の店先は
今年も変わらぬ飾りです ^^

Asuke203

お菓子処の雛飾りは”餅ばな”が彩りを添えています。
それぞれに特徴のある飾りですが、
いつも簡素な御殿飾りには魅かれます。

Asuke204

何気なく飾られていました”大内雛”
山口市伝統の大内塗りの人形ですが、
これもまた好きな人形のひとつ ^^

Asuke205

何かしらこの店先はつい撮ってしまいます ^^;
店先に飾られたお雛さまも年代物が並びます。

   Asuke206

そのひとつの御殿飾り。
豪華な飾りが作れなかった頃の贅沢品でしょうか。

Asuke207

そして古雛ならここ、「足助中馬館」です。
毎年違った飾りを載せていますが、
それだけ数があるということですね。

Asuke208

今年はこの白木造りの御殿(源氏枠)飾りです。
この手の飾りが見れるところは少なく貴重です ^^;

Asuke209

ガラス越しですが、
敢えて載せます真多呂人形です。

Asuke210

個人のお宅
こうしてお部屋の飾りが拝見できるのは
お雛めぐりのうれしいところ。

   Asuke211

足助といえばやはり土雛ですが、
飾り付けもひと工夫されていますね。

Asuke212

町筋は新田町には入ります。
さらに人が少なくなってきました ^^;
この辺りが込み出すのはお昼過ぎでしょうか?

Asuke213

「田町交流館」
年々飾りが少なくなっているように感じます ><;

Asuke214

老舗旅館の飾りは、
大正時代の源氏枠御殿飾りと内裏雛でした。

Asuke215

この御殿飾りは
最初に見たときから変わっていません。

Asuke216

こちらは何年ぶりかで載せます。
”酒飲み人形”
なんとも微笑ましいではありませんか ^^;

新田町の飾りもあと少し

Asuke217

こちらのお店には昭和40年代の7段飾り、
その一部ですが綺麗に保管されています。

Asuke218

最後はやはりこの江戸末期の”享保雛”。
毎年このお雛さんに会いたくここまで来ますが、
このお家に飾られているのが憎いところです ><;

戻るころから風が強くなり始めて、
思わぬ寒さにたまらず ><;
今年は町なかだけの見物でした。

2015年2月15日 (日)

足助 中馬のおひなさん

今年は雪の日が多いですが、
この日も朝から雪が舞うなかでした。
足助は晴れているだろうと勝手に決め込んで出かけましたが、
晴れてはいたものの猛烈な寒さ ><;

チョッと風邪気味の身にはツラい寒さでもあり、
この日は町筋だけと西町からです。

Asuke01

お馴染みの老舗旅館ですが、
この時間はまだ人が少ないです。

Asuke02

ここもお馴染みの”お蕎麦屋さん”。
今年は少し展示が変わりましたが、
江戸時代の享保雛はそのままでした。

   Asuke03

ここのおひなさんは初めてでしたが、
昭和3年代の御殿飾りと箱雛が並びます。

ここから西町を少し戻って

Asuke04

お馴染みの「足助交流館」です。

ここは毎年変わりませんが、
徳島勝浦町から里親として来ているお雛さんと、
個人の方寄贈の御殿飾りが並びます。

ここから中橋を渡り新町へ。

Asuke05

ようやく人が増えてきました ^^;

Asuke06

ここもお馴染みですが「新町郷蔵」
大正後期の御殿と起こし雛(揚げもん)でしょうか?

Asuke07

いつも新しい手製の御殿と古雛をですが、
今年はこちらの内裏雛です ^^

Asuke08

チョッとガラス越しですが綺麗な陶雛でした。

Asuke09

しばらく見ていませんでしたが、
綺麗な手作り吊るし雛の飾られたお家です ^^

新町から本町へと入ります。

Asuke10

町筋に飾られている”餅ばな”も
雛めぐりに彩りを添えています。

Asuke11

もう何度も拝見していますが、
お菓子処の店先に飾られている古雛です ^^

Asuke12

土びな会場の「本町区民館」
その土びなからほんの一部です。

Asuke13

こちらは個人のお宅です。
箪笥の上に飾られているのは
江戸時代と明治時代の古雛ですね。

Asuke14

中馬街道の物流の拠点として栄えた足助は、
その多くの建物が昔の面影を残し、
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

Asuke15

ガラス越しでしたが、
これは撮りたかった大正初期の内裏雛でした。

Asuke16

ここから左へ折れると次は田町銀座です。

載せている写真も昨年と重ならないようにしていますが、
少し長くなってきました。
続きのお雛さんめぐりはこのあとに・・・ ^^;  camera 14日

2015年2月14日 (土)

国名勝 東氏館跡庭園

岐阜県郡上市大和町牧にある
「古今伝授の里フィールドミュージアム」。
少し以前になりますが郡上八幡のお雛さまのあと、
残雪を期待して立ち寄りました。

主要施設周辺の雪は一部が残るのみ。
それではと道を挟んで南側にある
「国名勝 東氏館跡庭園」の雪景色です。

Kokin01

高瀬橋から栗巣川、
川を挟んで右と左では大違いです ^^;

Kokin02

植物園の”ぼたん園”も雪の中、
散策路を思い出しながら雪の上を行きます。

Kokin03

雪の帽子を冠った芝生広場の東屋。

Kokin04

梅園側に回り込む途中の水車小屋、
ここから「東氏館跡庭園」に沿っていきます。

Kokin05

雪のないときに一度紹介していますが、
雪の庭園は初めてです ^^;

Kokin06

昭和54年におこなわれたほ場整備のときに発見され、
翌年から5年間にかけて発掘調査が行われます。

Kokin07
その結果膨大な出土品のほか、
庭園遺構がほゞ原形のまま掘り出されます。

Kokin08

美しい石組みを持つ池泉庭園は
貴重な中世武将庭園としての価値が認められ、

Kokin09

昭和62年に国の名勝に指定されます。

その後第二次、三次の発掘調査が行われ、
その全貌が明らかになります。(要旨は関係HPから引用)

Kokin10

東氏が居城した篠脇城の麓にあり、
城跡へは庭園山側の登城口から登ることができます。

Kokin11
雪に埋もれた芝生広場です ><;

天文9年(1540)には越前の朝倉勢の来襲を受け、
篠脇城は2度目の戦火にあい、
これを契機に、翌年八幡町赤谷山に城を遷します。

Kokin12

冬季には唯一営業している
”和ショップ よぶこどり”のお雛さん。

雪の「古今伝授フィールドミュージアム」は、
チョッとお預けでしたが ^^;
「国名勝 東氏館跡庭園」の雪景色でした。

2015年2月13日 (金)

今尾の左義長

岐阜県海津市平田町今尾の「秋葉神社」で、
11日に行われた伝統の火祭り「今尾の左義長」。
県重要無形民俗文化財で高さ約7メートル、重さ約2トンの、
巨大な竹みこしを燃やし、火難災難厄除けを
祈願する勇壮な火祭りです。

Imao01

本番前に町内を練る竹神輿。
曳くのは顔に独特の化粧をした
そろいの長じゅばんと白足袋姿の若衆たち。

Imao02

こちらは子供竹神輿を曳く子供たち。
将来を担う子どもたちですね ^^

Imao03

いちばん手の竹神輿が境内に
曳き込まれ(吊り込まれ)ます。

Imao04

朝からすでにどんど焼きが行われていた境内、
その”灰除け”が行われて綺麗になった境内の定位置に
竹神輿が置かれます。

Imao05

神前の忌火が氏子総代の持つ藁に移されます。

Imao06

その火が竹神輿に移されると

   Imao07

   Imao08

火はあっという間に燃え上がりました。

若衆が手にした縄は水で濡らされていて
燃え盛る神輿を崩さないように巻き上げるもの。
またこの年の恵方に引き倒す役目もあります。

Imao09

Imao10

燃えさかる神輿の周囲を若衆たちが駆け回り、
上手く恵方の方向へと神輿を倒します。

Imao11

恵方の方角に倒された竹神輿

Imao12

しばらくして
燃え盛っていた神輿の”灰除け”です。

Imao13

先端を十字に組んだ長い竹で、
燃え残った灰を片隅に寄せて境内を綺麗にしますが、
これがなんとも熱そう ><;

Imao14

次の町内の竹神輿が入り
今度は燃え残りの竹神輿から火を藁にとり、
同じように神輿に火が付けられます。

場所を変えてその”灰除け”です ^^;

Imao15

場所を風下に変えましたが、
この位置では猛烈な煙と灰塵が飛んできます ><;

Imao16

Imao17

燃え盛る竹神輿も凄いですが、
この”灰除け”もまた見どころのひとつ!

Imao18

綺麗になった境内に次の神輿が入ってきました。
最初は子供竹神輿、続いて大人の竹神輿が入り、
2基が同時に燃やされます。

この後も13町の竹神輿が次々と燃やされ、
左義長は夕刻の5時ごろまで続きます。
いつもながら今年もここまででした。   camera 11日

2015年2月12日 (木)

雪の豊公園

「長浜盆梅展」を楽しんだあとは
雪の「豊公園(ほうこうえん)」でした。

慶雲館から駐車場に戻る途中

Nagahama01

跨道橋から眺める長浜城天守閣(展望台)。

Nagahama02

雪の豊公園

Nagahama03

「日本庭園」も雪に埋もれて
なんの彩りもありませんが

   Nagahama04

ちょっぴり目立った赤い葉っぱ

Nagahama05

春にはソメイヨシノを中心に
約700本の桜が一斉に咲き誇る豊公園。

Nagahama06

長浜城歴史博物館を囲むように咲くサクラは
「日本さくら名所100選」に選ばれています。

Nagahama07

この日はサクラの代わりに
木々には着雪した雪花でした。

Nagahama08

雪と琵琶湖

つかの間の晴れ間でしたが、
この後、ふたたび降り始めた雪にたまらず、
早々に引き揚げた長浜でした。

2015年2月11日 (水)

雪の慶雲館・長浜盆梅展

滋賀県長浜市の慶雲館で開催されている「長浜盆梅展」です。

この日は週明けと朝から降り続ける雪で、
人も少ないだろうとあえて雪の中を走りました。
いつもの駐車場に着くと途中の雪が嘘のように止みます。

会場の慶雲館ではなんと晴れ間も出ました。

Bonbai01

雪の慶雲館で見る盆梅展は3度目ですが、
昨夜から降り積もったという雪はかなりのもの。

Bonbai02_2

これまでのなかでは一番の積雪でしょうか?
日が差す雪の前庭が綺麗です。

Bonbai03

迎えてくれた玄関の盆梅は昨年と同じ”仁寿(じんじゅ)”。

開花情報では”七分咲き”でしたが(10日現在満開です)、
さて会場の盆梅はどうでしょうか ^^;

Bonbai04

古木・老木が多く展示されているメイン会場。
その窓際の盆梅は綺麗に咲いています。

この日はそれ以上に雪の主庭が気になります ^^;

Bonbai05

チョッと雪が多すぎて、
池泉回遊式庭園の趣は望めませんが ^^;
この景色が見たくて来ただけに
日が差すというオマケ付きのラッキーでした。

肝心の盆梅 ><;

Bonbai06

床の間の小さな盆梅は”流水”。
昨年とは展示が左右逆になっていますが、
隔年で展示を変えているのでしょうか?

Bonbai07

盆梅展の主役ははいつもの場所に ^^;
お馴染みの”比夜叉”と奥に”不老”です。

Bonbai08

樹齢400年ともいわれる盆梅の”不老”は、
ちょうど満開で見ごろ。

   Bonbai09

その奥には”芳紀”
こちらは満開にはあと少し。

Bonbai10

メイン会場の最奥
右にはこれも老木の”昇龍梅”です。

小さな盆梅が並ぶ渡り廊下を通り、
第二会場の広間に。

Bonbai11

正面にある紅枝垂れの”花簾”
花が入れ替わったのか咲き始めです。

Bonbai12

こちらは”廊下側にある満開の”煌春”

ここでは花の状態により入れ替えがあり、
その時により盆梅の開花もまちまちです ^^;

Bonbai13

第二会場右側の展示はいちばん手前が”さざれ岩”、
この盆梅も代表格のひとつ。

Bonbai14

そして左側です。

ここもずらりと古木、老木が並びますが
小鉢の盆梅も少し ^^

   Bonbai15

”白瀧(しらたき)”
何年経っても載せる盆梅は変わりません ><;

Bonbai16

”輪違い(りんちがい)”
”思いのまま”ともいわれる二色咲きですが、
枝ごとではなくこのように花びらでも咲き分けています。

Bonbai17

2階から眺める主庭
雪吊りのされた木々もまたよろしい ^^

今年は2階の展示が様変わりしています。

Bonbai18

盆梅の展示は無く、
部屋には多くの”ひょうたん”が展示されていて、
「長浜ひょうたん展」が開催されています。

この日は予想外の大雪に到着も大幅に遅れました。
おかげで?雪も止んで晴れるというラッキーもありましたが、
こんな日はやはり電車がいちばんでしょうか。   camera 9日

2015年2月10日 (火)

おひなまつりと福よせ雛 Ⅱ

「郡上八幡城下町のおひなまつりと福よせ雛」。
メイン施設の「郡上八幡博覧館」のあとは
町なかに展示されているお雛さまや福よせ雛めぐりです。

毎年変わらぬ城下町の雛めぐりですが、
まずは大手門跡から遊歩道で「郡上八幡城」へ登城です。

Fukuyose201

いつ見ても綺麗なお城です。

さて、その福よせ雛は

Fukuyose202

Fukuyose203

ただ、並ぶだけ?といったら怒られそうですが ><;
ツアーの団体さんでしょうか?

Fukuyose204

今回の登城は町歩きのウオーミングアップ ^^;として、
早々に町なかへと下城、
例年のように大手門跡から本町に出て左回りです。

   Fukuyose205

綺麗な”持送り”に思わず足が止まりました。
昨年は気が付かなかったのか・・・

Fukuyose206

そのお店にあった福よせ雛です。

Fukuyose207

この日、唯一屋外で見た福よせ雛です ^^;

Fukuyose208

宗祇水への入口

Fukuyose209

吉田川に架かる宮ケ瀬橋を渡ります。

Fukuyose210

”食品サンプル”生産量の日本一という郡上八幡。
サンプル販売のお店も多いですが、
そんなお店のひとつ、その店先です。

この福よせ雛めぐりもほとんどがガラス越し、
反射を抑えるため斜め撮りが多いのはご容赦を ^^;

Fukuyose211

新町に入ってここは”やなか水のこみち”
なんとも情緒があって好きなところ ^^;

   Fukuyose212

これは珍しい作品です ^^
吉田川の小石に描かれた手作りの小石雛。

栄町から南に折れて日吉町には入ります。

Fukuyose213

この通りは福よせ雛や、
お雛さまの展示が多いところ。

Fukuyose214

立ち雛

Fukuyose215

土雛

Fukuyose216

”お正月”という福よせ雛の展示からその一部を。

立町から北に戻り「郡上八幡旧庁舎記念館」に

Fukuyose217

ここは観光案内所に休憩所。
並ぶお雛さん、福よせ雛も多いですが、
こちらもほんの一部です ^^;

今度は新橋を渡り、
「郡上八幡城下町プラザ」へと戻ります。

Fukuyose218

Fukuyose219

途中のお店で見た福よせ雛と陶雛

まだ始まったばかりからでしょうか?
福よせ雛の展示もチョッと寂しい感もありますが、
期間が4月12日(日)までの長汀場。

Fukuyose220

新橋から見下ろす吉田川

暖かくなれば、
また違ったお雛さんめぐりが楽しめるでしょうか?
「郡上八幡城下町の おひなめぐりと福よせ雛」、
その初日の城下町のお雛さんめぐりでした。

2015年2月 9日 (月)

おひなまつりと福よせ雛 Ⅰ

岐阜県郡上市八幡町で始まった
「郡上八幡城下町のおひなまつりと福よせ雛」。
まだ残雪の城下町郡上八幡に、
春と福を呼ぶ恒例のイベントです。

町筋の商家や施設170ヶ所で
お雛さま福よせ雛が展示されています。

まずはメイン施設の「郡上八幡博覧館」から。

Fukuyose101

入口には段飾りと郡上踊りのお雛さん

Fukuyose102

そしてエントランスには木目込み雛の親王飾りです。

今回は館内のコーナーとともに
展示されている福よせ雛を見ていきます。

博覧館の最初は「水のコーナー」

Fukuyose103

郡上八幡は清流長良川と支流の吉田川が流れ、
水の流れを活かす町。

   Fukuyose104

清流イメージホールに釣り師たち・郡上八幡の魚など

Fukuyose105

水と人々との関わりが紹介されています。

次の「歴史のコーナー」には

Fukuyose106

湧水のほとりで別れを惜しむ
宗祇と美濃の篠脇城主東常縁(とうつねより)。

Fukuyose107

Fukuyose108

このコーナーでは
郡上の歴史に関する出来事・伝説が、
貴重な展示物とともに紹介されています。

そして「わざのコーナー」

Fukuyose109

農村の技から、町場の工芸品、現代の技術、
郡上の芸術家のアート作品などのコーナーです。

今回の”福よせ雛”もここがメインです。

Fukuyose110

Fukuyose111

テニスの錦織圭選手にあやかってか、
センターコート?の福よせ雛たちです。

Fukuyose112

Fukuyose113

ここは福よせ雛にとってもメイン会場だけに
趣向を凝らした多くの福よせ雛が展示されています ^^;

Fukuyose114

Fukuyose115

そしてお馴染みの土雛と、
楽しい福よせ雛が並びます。

博覧館の最後のコーナーは「郡上踊りコーナー」

Fukuyose116

1日に4回、郡上踊りの実演が開催されますが、
この日はツアー客が多く、
特別に踊りの実演が行われていました。

このあとはやはり町なか雛めぐりへ。
郡上八幡城に登城したあと、
城下町のおひなまつりと福よせ雛です。   camera 7日

2015年2月 8日 (日)

祭りのあとさき

「尾鷲ヤーヤ祭り」を見に出かけた尾鷲市。
祭りの前に「念佛寺」の梅の花 が見たくて
この日も早めに出かけていました。

紀勢道の開通で尾鷲も近くなりました。

Owasek01

尾鷲港から見る「天狗倉山(てんぐらさん)」
熊野古道の馬越峠から30分ほどで登れます。

Owasek02

祭りの前の目的は
こちら「念佛寺」に咲く梅の花でしたが・・・

   Owasek03

残念ながら枝垂れ紅梅はまだ咲き始め ^^;

Owasek04

Owasek05

白梅も2~3分咲きでしょうか。
今年は寒さが影響したのかもしれません。

さて、祭りは途中で引き上げましたが、
駐車場に戻るために少しだけ歩いた熊野古道です。

Owasek06

祭りの道中手踊りは
その熊野古道で行われました。

Owasek07

戻る途中のスタート地点。
まだ三番祷グループが待機中でしたが、
今町・大名行列の長刀振の少年です。

Owasek08

中井町の”ねぶた”を見て、
ここからは静かな熊野古道を行きます。

Owasek09

ここは古道(街道)の雰囲気を
いちばん感じるところです。

Owasek10

左に建つのは「在蔵(ざいくら)」。
郷蔵(ごうくら)とも言われて、
江戸時代には紀州藩へ税として納める米や、
囲米を収納した建物です。

ここから緩やかな坂を少し下ります。

Owasek11

Owasek12

ここが市街地の南端になり、
立派な「庚申塚」と、道しるべがあります。

熊野古道伊勢路で最大の難所といわれる八鬼山と、
馬越峠とのちょうど中間ですね。

Owasek13

その八鬼山はすぐ目の前。

尾鷲市街地の熊野古道はここまで、
この先はその八鬼山越えが待っています ^^
ここで道を左にとり駐車場に戻りました。

2015年2月 7日 (土)

尾鷲ヤーヤ祭り

三重県尾鷲市で2月1日から5日までの5日間行われた、
尾鷲神社の例祭「尾鷲ヤーヤ祭り」。

1日から4日までに行われた各町の若者衆の”練り”が、
伝統の奇祭といわれる祭りの見どころでしたが、
今回も5日の本祭”大名行列・道中手踊り”でした。

Owase01

尾鷲神社

市の20町(今回1町は不参加)が1~3祷のグループを組み、
(祷は祭を司る宮座と当屋の親方衆の謂れのようです)
手踊りを披露しながら旧熊野古道を神社まで練り歩きます。

Owase02

スタートを待つ1番祷グループの矢浜町、
このグループの先頭は「神楽」です。

Owase03

その矢浜町の「神楽」がスタート。
この日はスタート直後の場所で披露される、
道中手踊りを見ていきます。

最初の神楽が披露され

Owase04

続くのは堀町(祷受町)の”尾鷲節”
さすがに地元の民謡だけに、
見物している方もツラられてノッています ^^

Owase05

続いて大曽根町(祷務町)の大名行列。

大名行列の見どころは”長刀振(なぎなたふり)”ですが、
最初に行われるこの場所には報道の取材陣も。

その長刀振

Owase06

Owase07

Owase08

Owase09

小学生でしょうか、
その見事な演技におおきな拍手が!!

このあとには
各町の工夫を凝らした手踊りが続きます。

Owase10

新町の”島唄”
子供や若い子たちが主役ですね ^^

Owase11_2

野地新町の”うらじゃ”?
こちらはチョッと若い娘か ^^;

Owase12

板場町は”がむしゃら行進曲”
こ地らも若い子、小さい子が引っ張っています。

Owase13

Owase14

一番祷グループの最後は南町の”お江戸日本橋”、
奴姿の子供たちの手踊りです。

すぐ後には二番祷グループが来ています。

Owase15

このグループには「神楽」はなくて
高町の”尾鷲節”が先頭です。

Owase16

可愛い尾鷲節の手踊りです ^^

そして新田町の大名行列

Owase17

こちらの”長刀振”は少しお兄ちゃんでしょうか、
こちらも熱演の振りでした。

ここまで見て先頭を追います。

Owase18

熊野古道の馬越峠入口から。

堀町の”尾鷲節”が神社に向かっていました。
すでに先頭の矢浜町「神楽」は神社に入ったようで、
このあとは各町の手踊りが神社に奉納されます。

この日は雨の天気予報で30分のスタート遅れでしたが、
雨は降らず快晴のなかでの本祭でした。   camera 5日

2015年2月 6日 (金)

大口町のおひなさん

愛知県大口町の
「大口町歴史民俗資料館」で開催されている
企画展”ひなまつり”です。

町なか雛めぐりとは違って
こうした資料館や博物館では雛飾りを楽しみます ^^;

Oguchi01

資料館の入口です。
奥が町の資料館、
企画展の「ひなまつり」この右の展示し室です。

Oguchi02

企画展入口の前にあった土雛です。

Oguchi03

企画展会場の右には昭和中期の一般的な段飾り。

Oguchi04

こちらも昭和40年後半から50年始め、
この時代ではお馴染みのガラスケースのお雛さんです ^^;

Oguchi05

Oguchi06

ガラス越しの展示は
昭和を代表するころの御殿飾り。

Oguchi07

そのなかから、
昭和6年という車寄せつき?の御殿飾りです。

Oguchi08

そしてと大正時代の古雛が並びますが
その右隅にあるこのお雛さん。

Oguchi09

明治42年(1909)とありました。
チョッと珍しい現代的なお顔ですね。

   Oguchi10

こちらは雛軸(軸装)、
その下には木目込み豆雛です。

Oguchi11

その親王雛
なかなかお目にかかれませんが、
珍しいお雛さんです ^^;

Oguchi12

他にも”変わり雛”陳列ケースもありました。

Oguchi013

初めての訪問した
「大口町歴史民俗資料館」の”おひなさん”。

町なかひなめぐりとは違って楽しめる
ここもまたうれしいお雛さんの展示でした。

2015年2月 5日 (木)

木曽川水園のシモバシラ

立春というのにやけに冷え込みの厳しい朝でした。
これなら”シモバシラ”も見れるかと、
「河川環境楽園・木曽川水園」に出かけました。

走る木曽川堤防では-1℃、これならと期待をしながら、
着いたのは開園30分前の9:00、すでに2℃でした ><;

この日は正門からでなく
シモバシラがすぐに見れる裏口からです。

Suiens01

そのシモバシラ

Suiens02

Suiens03

残念ながら茎の根元にちょこっとだけ。
これはシモバシラ・・・ではなく シモ じゃないかと、
そんな冗談を言いたいところ ><;

   Suiens04

まぁ、せっかく見に来たシモバシラです。
ダメでもなんとかそれらしく・・・
ここは朝陽に照らされるきらきらシモ ^^; を。

Suiens05

   
   Suiens06

小細工なしで見たかったですが、
今年はまだ綺麗なシモバシラができていないとも・・・

Suiens07

   Suiens08
   
やはりできるのは12月中旬から1月初めの冷え込んだ朝、
時が経つと茎も弱ってきて、
綺麗なシモバシラができないそうです ^^;

Suiens09

今年はもう期待できそうもありませんが、
ちょこっとだけでも見れただけ良しとしましょう。

この時期は花のない「木曽川水園」、
せめて春を感じる花?でもと

Suiens10

探した”垂水の沢”。

Suiens11

咲き始めた”フキノトウ”です。

「木曽川水園」
ただいまその中心部が大規模改修工事中!

Suiens12

それに併せて現在
農家の茅葺屋根の葺き替えも行われています。

再整備工事は3月末まで、
春には新しい「木曽川水園」が開園します。
それまでに梅花や野草は楽しめるでしょう。   camera 4日

2015年2月 4日 (水)

鴨の里盆梅展

「三島池」でカモと戯れたあとは
すぐ傍にある「グリーンパーク山東」の”スパーク山東”へ。
恒例の「鴨の里盆梅展と幸せを呼ぶおもと展」です。

例年、早くからの開催で咲いていない盆梅が多く、
それもまたご愛嬌でしたが、
今年は遅めでチョッと期待しての立ち寄りでした。

Kamo01

券売所で、”咲いている?”、”う~~ん・・・”と、
いつもながらの会話です ^^;

Kamo02

Kamo03

Kamo04

樹齢300年の老木など、
常時約100鉢が展示されているという。

   Kamo05

いまだかって半分の盆栽さえ満開という、
そんな会場を見たことがありません ^^;

Kamo06

今年も例年のように思いますが、
それでもまだ咲いている方でしょうか?

   Kamo07

早いだけが取り柄の盆梅展。(怒られるか ><;)
それも恒例と思っていましたが、
今年は1月24日(土)からと少し遅い開催でした。

Kamo08

見ごろはやはり2月の中旬からでしょうか。

Kamo09

ここは愛好家の方がそれぞれ独自に育てられていて、
その個性や思いやりのある盆梅が並びます。

Kamo10

Kamo11

Kamo12

本来ならその盆梅の美しさを載せるところですが、
今回は咲いている花を中心に・・・

Kamo13

現在の咲き具合は全体の2~3割ほどでしょうか。
いちど3月終了間際の盆梅を見てみたいものと、
今年も思った会場でした。

同時開催の「おもと展」も少し ^^;

Kamo14

”おもと文化は徳川家康公から始まった”という。

Kamo15

Kamo16

昨年ここで初めて知った”万年青(おもと)”

まったくの無知でしたが、
これがなんとも味わいのある植物?でした。
その植えられている鉢もまた見事なものです。
盆梅とともに楽しめるのはここだけでしょうか。  camera 1日

2015年2月 3日 (火)

雪の甲津原から三島池

滋賀県米原市甲津原で毎年この時期に行われている
「雪合戦奥伊吹バトル&かまくら祭」。
いちど見てみたいと思っていたイベントでしたが、
天気も良く思いきって出かけました。

しかし、関が原には入ると雪になります ><;
会場の甲津原を通り越して向かう駐車場は奥伊吹スキー場。
途中からの渋滞にたまらずUターン。
この時点で雪合戦を見るのはあきらめていました。

Okuibuki01

戻った「甲津原交流センター」。
ここまで来て一枚の写真もないのはつらい ><;
チョッとトイレタイムをと、警備員の方にお願いして
一時停車させてもらいます ^^;

Okuibuki02

その間に携帯で撮った写真ですが、
こちらが雪合戦&祭りの本部。

雪合戦の会場は川を挟んだ左手奥。

Okuibuki03

こちらが「かまくら祭」の会場風景。

Okuibuki04

開始時間は過ぎていますが、
シャトルバスの送迎もまだでお客さんは誰もいません。

Okuibuki05

すでに雪合戦は始まっていましたが、
”かまくら祭り”はまだこれからのようでした。
これは来年(来ることができたら ^^;)の下見だと、
降りしきる雪の中を戻りました。

目的をなくしたぶらり旅 ><;
こうなると行先はここしかありません
「三島池」です。

Mishima01

雪も小降りになり晴れるか?と思いながら

Mishima02

Mishima03

Mishima04

カモたちと戯れました。

しかし、また雪がひどくなります。

Mishima05

凍った「三島池」は見たことがありますが、
雪景色は記憶もなく?これもまた良し!

まさかの雪のなか、
奥伊吹から三島池のドライブでした。 ><;  camera 1日

2015年2月 2日 (月)

瀬戸のお雛めぐり Ⅱ

今年も始まった「陶のまち瀬戸のお雛めぐり」。
「瀬戸蔵」の巨大”ひなミッド”の創作雛を楽しんだあとは
瀬戸の町なか雛めぐりです。

毎年同じ回り方ですが
まずは瀬戸蔵から東に歩いて「せと末広商店街」へ。

Setom01

町筋の各所には誘導標識?のショーケースが
たくさん立ち並びますが、
今年はその中にお雛さんが飾られています。

Setom02

これがまた楽しくて
これがメインといってもいいぐらい。(怒られるか ^^;)

Setom03

ほとんどが陶雛ですが、
これがまた素晴らしい作品から傑作まであります。
とはいえ、やはり商店街の飾りも ^^

Setom04

「せと末広亭」

Setom05

お店の飾りはどうしてもガラス越し ><;

Setom06

「松千代館」
飾られているところは毎年お馴染みで、
直接見れるところは限られています ^^

Setom07

比較的撮りやすいお店の飾り。
商店街を抜けると、
このあとは「窯垣の小径」に入ります。

Setom08

幾何学模様の壁や垣根に彩られた散策道は、
瀬戸市の観光スポットのひとつです ^^;

Setom09

Setom10

「窯垣小径ギャラリー」とお雛飾り。
残念ながら創作作品のため撮影は禁止、
ここは雛飾りの鑑賞だけです。

Setom11

まだ水仙も咲いていない小径。
このあとは再び中心部に戻ります。

Setom12

銀座通り商店街

この筋には古雛が多く飾られていますが、
残念ながらいつもガラス越し ><;

Setom13

Setom14

どう撮っても我が腕ではこれ以上は無理でが ><;
いいお雛さんがあります。

Setom15

明治時代の押絵雛

Setom16

ここもお馴染みの旧写真館の展示です。

この商店街には古雛が多く飾られていますが、
見たい古雛はやはりおなじところに ^^;

Setom17

古民家の「久米邸」
ここも古雛が多く実に立派な御殿雛がメインに。

Setom18

いつ見ても素晴らしい御殿飾り、
ただし、書かれている年代には?も ^^;

まぁ、それはともかく素晴らしい古雛を見せてもらって、
最後はやはりここでしょうか。

Setom19

高台に建つ「無風庵」。
ここ数年、飾りが変わっていましたが

Setom20

今年はこんなつるし雛でした ^^

これから始まる各地のお雛さんめぐり、
その最初は「陶のまち瀬戸のお雛めぐり」でした。

2015年2月 1日 (日)

瀬戸のお雛めぐり Ⅰ

暦の関係か?早くも始まりました町なか雛めぐり。
今年最初の雛めぐりは愛知県瀬戸市の
「陶のまち瀬戸のお雛めぐり」からです。

Seto01

この初日は強い風が吹荒れるく寒い日でした。

まずはメイン会場の「瀬戸蔵」から、
毎年工夫が凝らされた”ひなミッド”と、
真多呂人形の”変わり雛展”です。

Seto02

1階ホールに飾られた”ひなミッド”

そして入口の傍には
今年も真多呂人形の”変わり雛”です。

Seto03

今年の変わり雛は
お粗末地方議会雛、「エアケイ」大健闘雛、出雲でご慶事雛、
新幹線誕生50周年雛、

そして

Seto04

富岡世界遺産雛でした ^^

今年は町なかに出る前に
まずは”ひなミッド”を見てみます。

Seto05

正面から ^^
高さ4mのピラミッド型巨大ひな壇に並べられた、
約1,000体の陶磁器、ガラスの創作雛です。

Seto06

Seto07

陶雛

ひな壇を右へ回り込んでいきます。

Seto08

窯業高等学校の生徒の作品に

Seto09

個人の制作作品など、
プロとアマの作品がびっしりと飾られています。

Seto10

古布の長~~いつるし雛

Seto11

2階への階段から

   Seto12

そして見下ろす”ひなミッド”

Seto13

見事な創作雛人形を楽しんで
このあとはお馴染みの町なか雛めぐりです。

陶のまち瀬戸のお雛さん、
今年はどんな飾りが見れるでしょうか?
このあとはメインの雛めぐりです。  camera 1月31日

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »