2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 雪の若狭路・明通寺 | トップページ | 徳川園の冬牡丹 »

2015年1月 7日 (水)

雪の若狭路・鵜の瀬

「明通寺」から少し戻って遠敷川沿いの道に入り「鵜の瀬」へ。

ここは途中にある「神宮寺」とかかわりがあり、
ともに紹介するべきですが神宮寺には立ち寄らず
そのまま南進していきます。

すぐに下根来(しもねごり)にある「鵜の瀬公園」に到着。

Unose01

公園にある鵜の瀬給水所、
ここもまた名水百選に選ばれています。

Unose02

雪に埋もれた公園から眺める遠敷川(おにゅうがわ)と
川に突きだした鵜の瀬の河原。

渡った橋を戻ってその「鵜の瀬」へ行きます。

Unose03

道路から数メートル先にある第一鳥居。
積雪は膝下辺りまでですが、
踏み込むかどうかか思案していたら踏み跡がありました。

これはラッキー!
深い踏み跡に足を入れていきます ^^

Unose04

少し石段を下りると第二鳥居があり、
その傍らには祠が建っています。

鳥居をくぐり

Unose05

眺める遠敷川上流(公園方面)と

Unose06

下流

竹柵のある場所は”お水送り神事”を
多くの市民や観光客が見守る場所。

Unose07

その河原と奥に見えるのが「鵜の瀬」の淵。

川の傍に近寄れず(近寄りません ^^;)
その綺麗な水の流れをお見せできませんが、
大岩に架かる注連縄と右に小さく祠が見えます。

Unose08

ここが毎年3月2日に、
奈良東大寺二月堂への「お水送り」の
送水神事が行われるところ。

通りすぎてきた「神宮寺」の”閼伽井”から汲まれた”お香水”が、
松明行列とともにここに運ばれ、
河原で大護摩が焚かれるなか遠敷川へと注がれます。

Unose09

そのお香水はこの岩間の淵から
10日かけて東大寺・二月堂の「若狭井」に届くといわれ、
奈良のお水取りは3月12日に行われます。

その言われとなった話は省きますが、
その行事の模様や関連資料は
鵜の瀬公園の資料館で見ることができます。

Unose10

除雪作業中の道路側から見る
鵜の瀬公園とその資料館です。

雪景色が見たくて走った雪の若狭路。
福井県若狭町から小浜市東部をめぐった、
新春ぶらり旅でした。      camera 4日

« 雪の若狭路・明通寺 | トップページ | 徳川園の冬牡丹 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/60926588

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の若狭路・鵜の瀬:

« 雪の若狭路・明通寺 | トップページ | 徳川園の冬牡丹 »