2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 国道421号奥永源寺 | トップページ | 岐阜公園菊人形・菊花展 Ⅰ »

2014年11月 8日 (土)

華の草津宿本陣

滋賀県草津市の草津宿は、
旧東海道と中山道が合流する交通の要所でもある
東海道53次の江戸から数えて52番目の宿場町でした。
街道筋には今も「草津宿本陣」が現存します。

今年も恒例の「華の草津宿本陣」が開催されるとのことで、
本陣に菊が?と、思わず出かけてしまいました。

JR草津駅から旧中山道を南へ約500mほど行きます。

Kusatsu01

天井川であった旧草津川のトンネルを抜けると、
東海道との追分(右が旧東海道)に出ます。

「草津宿本陣」はこのすぐ南にあります。

Kusatsu02

Kusatsu03

旧東海道と大菊の飾られた本陣

Kusatsu04

左の表門を入ると受付です。

Kusatsu05

Kusatsu06

受付の横には嵯峨菊も飾られています。

Kusatsu07

Kusatsu08

正面には玄関広間。
その式台にも菊花が飾られていました。

”華の草津本陣”はここまでです ^^;
これではどうしようもなく ><;
久しぶりに本陣内を見学しました。

Kusatsu09

関札の並べられた玄関広間

   Kusatsu10

本陣内は菊を主体にした”いけばな展”です。
その一部も入れて主要どころをご紹介 ^^;

Kusatsu11

上段へと続く畳廊下
この左右に東西広間が並びます。

Kusatsu12

Kusatsu13

その東広間と菊のいけばな。

Kusatsu14

上段へと上がる一段高い畳廊下
この左にあるのが

Kusatsu15

「台子(だいす)の間」
主客に茶を点てた部屋でもあり、
「上段の間」の控えの間でもあります。

Kusatsu16

そして東には「向上段の間」

相対する西側には

Kusatsu17

「上段の間」です。

Kusatsu18

廊下の先にある庭園

Kusatsu19

廊下はその先の「湯殿」へと続いています。

これが「草津宿本陣」の主要部ですが、
他にも御膳所、台所土間などあります。

そして

Kusatsu20

この4月に新しく開館した「楽座館」。
本陣に関係する資料が展示されていますが、
館内は撮影禁止でした ^^;

8年前に東海道歩きで訪れて以来の「草津宿本陣」。
華の菊花は別にして ^^;
懐かしい街道歩きを思い出したひとときでした。

« 国道421号奥永源寺 | トップページ | 岐阜公園菊人形・菊花展 Ⅰ »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん

菊花展も美しいですが、今に残る「「草津宿本陣」葉、素晴らしい建物ですね。畳み廊西かれた赤い敷物の両側に大きな部屋が幾つもありそうです。また、上段の部屋は大名など身分の高い人が止まる場所でしょうか。簾までつけてあります。豪勢な造りです。

おはようございます!

デジタルの時代になってもこのような建物が残って、かっての時代を
彷彿させてくれています。
畳廊下の赤い絨毯が印象的です。
それぞれの「格」に応じて泊まるお部屋なども決まっていたのでしょうね。

士農工商・・・と呼ばれた身分制度が思い出されます。

shuttle さん
菊花展に魅かれて久しぶりの訪問でした。

ここは2軒あった本陣のひとつで、
現存する本陣の建物としては最大級のものだそうです。
廊下を挟んでいくつかの広間がありますが、
人数が多いときは廊下も広間になります。
上段の間は主客(大名)の間で一段高くなっています。
東海道に残る貴重なひとつの建物ですね。

碧空 さん
旧街道筋に残る現存する本陣のひとつで貴重な建物です。

皇女和宮や徳川慶喜も泊まったという本陣だけに、
その歴史を感じますね。
大名など主客が泊まる部屋は上段の間といって、
また格式のある特別の部屋になります。
往時の様子を感じさせてくれる建物ですね ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/60611008

この記事へのトラックバック一覧です: 華の草津宿本陣:

« 国道421号奥永源寺 | トップページ | 岐阜公園菊人形・菊花展 Ⅰ »