2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

太郎坊宮

滋賀県東近江市小脇町にある「太郎坊宮(阿賀神社)」。

ここも紅葉で知られるところですが、
紅葉情報も”見ごろ”とのことで
湖南三山からの帰りに立ち寄りました。

Tarobo01

標高350mの赤神山(太郎坊山とも)の中腹にあり、
その周辺の木々が色づいているのが分かります。

Tarobo02_2

山麓もすでに綺麗な紅葉です ^^

Tarobo03_2

”二の鳥居”をくぐると
まず「成願寺」への石段を登ります。
車ではここから右に折れたドライブウェイで
山上駐車場まで行けます。

今回は久しぶりに参道の石段を上りますが、
「太郎坊宮本殿」へはここから326m です^^;

Tarobo04

最初の石段を上ると正面に「成願寺 本堂」。

Tarobo05

その左手にある参道、
ここから「太郎坊宮 本殿」へと740段の石段が続きます。

途中、見るべき紅葉もなくただ石段を上るだけ ^^;

   Tarobo06

ゆっくり上り、
10分ほどで山上駐車場のある「祈祷殿」下に到着。

紅葉はここからが見どころです ^^;

Tarobo07

「絵馬堂」横から
ここからは本殿まで259段の石段です。

Tarobo08

紅葉を仰ぎ見ながら、
そして見下ろしながら”表坂”を行きます。

Tarobo09

「参集殿」前

Tarobo10

Tarobo11

「長樂殿」周辺

Tarobo12_2

Tarobo13

Tarobo14

「永安殿」、「拝殿」周辺。
この辺りは石段を上りながらの頭上と、
振り返っての紅葉が綺麗です ^^;

Tarobo15

「拝殿」の上に出ました。
紅葉の見どころはここまでです ^^;

ここから

   Tarobo16

「夫婦岩」の間をすり抜けて

Tarobo17

「本殿」前に出ます。
「太郎坊宮」の一番高いところに鎮座します。

Tarobo18

展望台からの眺めもまたよし!

Tarobo19

そして下る”裏坂”、
途中の「地主社」、「一願成就社」に参拝し、
参道の”七福神像”を見ながら「絵馬殿」へ。

Tarobo20

山上駐車場のある「祈祷殿」横から、
諸殿の建ち並ぶ参道を回って「絵馬殿」に戻りました。

山麓からは少々しんどいですが、
綺麗な紅葉を楽しみながら一汗掻いた、
”紅葉見ごろ”の「太郎坊宮」でした。   camera 27日

2014年11月29日 (土)

湖南三山 長寿寺

湖南市西寺の「常楽寺」から南へ1kmほど行くと、
東寺にある湖南三山・国宝「長寿寺」です。
ここは特に参道の散りモミジが目的でした。

夜来の雨のためか?ぬかるみの中の駐車場 ><;
思わず参道の散りモミジはと・・・。

Tyoujyuji01

時期的には散っているはずの紅葉でしたが・・・
山門周辺は綺麗です ^^;

Tyoujyuji02

山門越しに見る参道の散りモミジ。
入山します ^^;

Tyoujyuji03

「白山神社」との分岐から

Tyoujyuji04

国宝「本堂」です。

Tyoujyuji05

本堂脇から「丈六阿弥陀如来坐像」が安置されている
収蔵庫への道沿い。

Tyoujyuji06

本堂の仏像群を拝観して、
この日の目的でした散りモミジの参道です。

Tyoujyuji07

Tyoujyuji08

参道の散りモミジはやはり逆光です ^^;
雨のあとのために踏まれたモミジ葉が
チョッと残念でしたが・・・ ><;

Tyoujyuji09

Tyoujyuji10

山門周辺の散りモミジと
これぞ、散り始めの見事な紅葉です ^^

   
   Tyoujyuji11

早ければイチョウの落ち葉も綺麗ですが、
今はその上にモミジ葉が散っています ^^;

雨のあとだけに湿った落ち葉ですが、
それでも綺麗です ^^;

Tyoujyuji12

Tyoujyuji13

Tyoujyuji14

吹く風に散る葉も盛んでしたが、
散るもまたよし! ^^;

Tyoujyuji15

見上げる紅葉もまたよし!

Tyoujyuji16

あらためて振り返る参道の紅葉。

この日は参道の散りモミジが目的でしたが、
散り始めの紅葉とともに両方が楽しめました。  camera 27日

2014年11月28日 (金)

湖南三山 常楽寺

滋賀県湖南市の西寺と東寺にある「常楽寺」と「長寿寺」。

紅葉で知られる湖南三山の二ヶ寺ですが、
”見ごろ”情報は早くから出ていましたが・・・
ここは散りぎわの紅葉が見たくて待っていました。

まずは西寺にある「常楽寺」です。

Jorakuji01

雨上がりの本堂
この時はまだ曇り空でしたが日差しを待ちます。

Jorakuji02

日が差し始めた本堂前

Jorakuji03

すでに散り始めた母屋?横から「三重塔」への道。

Jorakuji04

母屋前からいったん本堂前に出ます ^^;

Jorakuji05

「三重塔」前に出て

Jorakuji06

”西国三十三観音参詣道”に入ります。

本堂と三重塔を右まわりで一周するように、
背後の山に石仏観音(江戸時代)が祀られています。

Jorakuji07

緩やかに上っていく観音参詣道

Jorakuji08

Jorakuji09

三重塔周辺の
山の斜面には真っ赤なドウダンツツジです ^^

Jorakuji10

塔の背後に来ました、
ここから道は下りになります。

Jorakuji11

下る途中には
竹生島、第三十番「宝厳寺」の石仏観音

Jorakuji12

Jorakuji13

そして観音参詣道出口から本堂横に出ます。

あとは境内の綺麗な紅葉を少し ^^;

Jorakuji14

鐘楼前

Jorakuji15

三重塔前

Jorakuji16

そして本堂前の紅葉です。

散るもよし!散らぬもよし!ですが・・・
思っていたほどの散りモミジではなく ^^;
まだ綺麗な紅葉の「常楽寺」でした。   camera 27日

2014年11月27日 (木)

水沢もみじ谷

三重県四日市市水沢町にある「水沢もみじ谷」、
ここも県内では紅葉の名所として知られています。
紅葉情報は”色づき始め”でしたが、
恒例の「水沢もみじ祭り」も始まりました。

チョッと早いとは思いましたが3連休の最終日、
遠出を避けて近場の紅葉見物でした ^^;

Suizawa01

”もみじ祭り”は~30日(日)まで。

谷の上からは綺麗な色づきに見えましたが・・・

Suizawa02

谷に下ります。

Suizawa03

谷の上部はかなり色づいていますが・・・
まだ緑葉が多く
全体にはやはり”色づき始め”でした ^^;

Suizawa04

谷の底部は全く染まっていません ><;
ここからは仰ぎ見ながらのいいとこ撮りです。

Suizawa06

Suizawa07

日の当たるもみじ谷の入口辺りが綺麗です。

上に上がってその県道に出ます。

Suizawa08

いちばん日の当たるところだけに
県道沿いの紅葉は綺麗です ^^

Suizawa09

真っ赤なモミジも少しだけ ^^;

Suizawa10

Suizawa11

まだ綺麗なグラデーション ^^;

Suizawa12

この日は
谷の上から眺める紅葉が綺麗でした。

Suizawa13

ここはやはり「もみじ祭り」の終盤から、
12月初旬が見ごろでしょうか。

そのころには終盤の紅葉と散りモミジが楽しめる、
いちばん美しいときではないかと・・・
そんな「水沢もみじ谷」の紅葉情報でした。   camera 24日

2014年11月26日 (水)

聖宝寺もみじ祭り

三重県いなべ市藤原町にある「聖宝寺」。

県内でも有数の紅葉の名所として知られ、
”見ごろ”に合わせて「もみじ祭り」が開催されます ^^
今年もすでにもみじ祭り」が始まりました。(~30日(日)まで)

3連休のど真ん中でしたが、
この日は雲ひとつない青空が広がり
これ以上はない好条件にさっそく出かけました。

Shoubouji01

「聖宝寺」への上り口にある「鳴谷神社(なるたにじんじゃ)」。

Shoubouji02

ここから275段の石段を上ります ^^;
いつからか?
コンクリートで石段の高さが歩幅に合わせて整備され、
ずいぶんと歩きやすくなっていました。

受付で協力金(200円)を払い境内へ。

Shoubouji03

正面に「本堂」
本堂前の”血のもみじ”は
真っ赤に染まるまではあと少しでしょうか?

Shoubouji04

本堂横のモミジは見ごろです ^^;


Shoubouji05

本堂左手にある
もう1本の”血のもみじ”は綺麗に染まっています。

境内を回ります ^^

Shoubouji06

境内には回遊式の「浄土池」と築山式「鏡池」があり、
色とりどりのモミジが池の周りを染めます。

Shoubouji07

Shoubouji08

「浄土池」の弁天島から彩りの違う左右の紅葉・・・
その池に沿った散策路を行きます。

Shoubouji09

Shoubouji10

   Shoubouji11

「浄土池」の右側から池を回り込んで行きます。

Shoubouji12

Shoubouji13

ちょうど”見ごろ”、”染まりごろ”でしょうか、
綺麗な紅葉です ^^

Shoubouji14

「浄土池」

Shoubouji15

そして「鏡池」の”逆さもみじ”です ^^;

   Shoubouji16

本堂前に戻ってきました。
今年は振り返った「鐘楼」横の大イチョウを。

受付横から「鳴谷滝」へと下ります。

   Shoubouji17

落差6~8mの二条の小滝です。

この広場にあるイチョウの木もまた見事ですが、
今回は省きます ^^;

そして今年もまた

Shoubouji18

「藤原岳」裏登山道口(聖宝寺コース)から見た、
本堂裏手の紅葉です ^^;

いなべ市の「聖宝寺」。
今年も綺麗な紅葉を楽しみましたが、
ここは14:00を過ぎると陽が山陰に入ります。
日差しのある紅葉はそれまでにぜひ・・・ ^^   camera 23日

2014年11月25日 (火)

石の寺 教林坊

湖東三山の「金剛輪寺」からは「西明寺」が順当ですが、
ここはパスして向かったのは近江八幡市でした。

ここも何年振りか?安土町石寺にある
侘び・さびのかくれ里「石の寺 教林坊」です。

Kyourinbou01

江戸時代前期の茅葺き書院と名勝庭園が、
ひっそりとたたずむ山裾の隠れ里。

ただ、この時期はひっそりとはいきません ^^;

Kyourinbou02

紅葉情報は”見ごろ間近”でした。

Kyourinbou03

受付から庭園拝観に案内されます。

いつもは午前中の訪問、
西日の差す午後の拝観は初めてでしたが・・・

Kyourinbou04

その西日に映える紅葉と、
小堀遠州の作と伝わる
桃山様式の池泉庭園が迎えてくれます。

Kyourinbou05

Kyourinbou06

Kyourinbou07

庭園の上部を回っています。

紅葉は”見ごろ間近”が正解のようです ^^;
ただ、西日に映える微妙な色合いのモミジが、
この庭園の雰囲気を醸しだしています。

Kyourinbou08

Kyourinbou09

本堂横に下りてきました。

Kyourinbou10

本堂を回り込んで

Kyourinbou11

付け書院の前庭に出ます。

Kyourinbou12

本堂裏には右に「太子の説法岩」、
手前に本尊「赤川観音」を祀る霊窟があります。

Kyourinbou13

そして書院前には
巨石を用いて豪快に表現された庭園が広がります。

Kyourinbou14

Kyourinbou15

庭園を回って戻って受付に戻ったあとは、
書院の部屋から座して庭園の鑑賞です ^^;

Kyourinbou16

その書院からの眺めは「掛軸庭園」と呼ばれ、
庭園の自然を切りとって
四季折々の山水掛軸に見立てているという・・・

名勝 「石の寺 教林坊」
轍山(きぬがさやま)の山麓にある静かな山里の古刹に、
しばしの癒しをいただきました。   camera 21日

2014年11月24日 (月)

湖東三山 金剛輪寺

湖東三山「百済寺」から北へ走ると次が「金剛輪寺」です。

三山のなかでは特に好きなところで、
境内を染め上げるモミジの木も多く、
また見事な2本の”血染めのもみじ”が楽しめます。

Kongour01

綺麗に色づいた紅葉が見事な「黒門」周辺。
期待できそうです ^^;

Kongour02

受付への参道

Kongour03

受付を入って”豆のき茶屋”手前、
この先で”華楽坊(食事処)”へと曲がります。

Kongour04

グラデーションの綺麗な紅葉を見て戻ります。

Kongour05

帰路になる「西谷堂」横、
燃えるような紅葉にしばし見とれて・・・
「赤門」から「明寿院 名勝庭園」へ。

Kongour06

書院の部屋越しに見る庭園の紅葉、
定番のスポットです ^^;

Kongour07

書院と茶室「水雲閣」の先にある庭園の東側。

Kongour08

庭園の紅葉”血染めのもみじ”です。

Kongour09

まずは池の奥から
これも定番の撮影スポット ^^;庭園を回ります。

Kongour10

Kongour11

二季咲桜も咲いていました ^^

とにかく見どころの多い金剛輪寺です。
ここから本堂横の”血染めの紅葉”です。
長くなりますがこのまま続けます ><;

Kongour12

名勝庭園を楽しんだあとは
本堂へと向かう参道に入り、

   Kongour13

紅葉はあまりありませんが、
”千体地蔵”の並ぶ長い参道を行きます。

Kongour14

ようやく!の感じで最後の石段を上がると
大きなわらじの下がる「二天門」に到着。

Kongour15

本堂前の香線台です ^^;

Kongour16

紅葉越しに見る「三重塔」

Kongour17

そして本堂横の”血染めの紅葉”です。

Kongour18

Kongour19

真っ赤に色づいていました!

ここはまた綺麗なモミジのグラデーションが楽しめます。

Kongour20

この紅葉を見ながら「三重塔」に行きます。

   Kongour21

この時期、塔の第一層が開廟されています。

Kongour22

見下ろす紅葉のグラデーション!

Kongour23

彩る豊かな紅葉の中に埋もれるように、
その見事な色合いを楽しんで参道を戻ります。

紅葉見ごろの「金剛輪寺」。
長い記事になりましたが黒門から三重塔まで、
見どころを一挙掲載しました。    camera 21日

2014年11月23日 (日)

湖東三山 百済寺

滋賀県の湖東三山、紅葉情報もすべて見ごろになりました。
3連休の混雑を避けて、
少し早いかとも思いながら出かけました。

走る道は国道421号で永源寺側から入ると、
湖東三山の最初が「百済寺(ひゃくさいじ)」になります。

Hyakusaiji01

そのアプローチはここ、
参道いちばん下の入口に建つ「赤門」。

ここから本堂へと長い参道が続きますが、
紅葉期間中の駐車場は
この先で参道脇に誘導されます ><;

Hyakusaiji02

Hyakusaiji03

駐車場から受付のある表門までは
見事な石垣の参道を行きます。
この辺りの紅葉も見事ですがまだ色づき始めです。

受付から本堂へは「本坊内庭園」を回り込んで、
”望遠台”から参道に入ります ^^;

Hyakusaiji04

”天下遠望の庭園”ともいわれる
池泉廻遊式ならびに観賞式の庭園。

Hyakusaiji05

Hyakusaiji06

池を回ってその”遠望台”へと行きます。

Hyakusaiji07

”紅葉見ごろ”の情報は
この庭園のことでしょうか?^^;綺麗です。

Hyakusaiji08

Hyakusaiji09

グラデーションに真っ赤な紅葉の
石段を上って行くと高台の”遠望台”に出ます。

Hyakusaiji10

Hyakusaiji11

はるかに比叡山(中央に小さく ^^;)も遠望できる
「天下遠望の庭園」と”遠望台”。

この背後から参道へと出ます。

   Hyakusaiji12

参道に出るとすぐ北参道との分岐、
その傍にある「弥勒半跏石像」への弥勒坂周辺。

Hyakusaiji13

「百済寺」はここから本堂にかけての紅葉の見ごろは、
かなり遅くなります。(経験では ^^;)、
この辺りはまだ早い方ではないでしょうか。

   Hyakusaiji14

「仁王門」手前

Hyakusaiji15

そして仁王門

Hyakusaiji16

仁王門から観音杉を回り込んで
本堂まではあと少し。

Hyakusaiji17

本堂前を通りすぎて鐘楼前から・・・

Hyakusaiji18

そして鐘楼周辺、
紅葉もまだイマイチでした。

帰路はそのまま北参道を下りるもよし、
上ってきた参道を戻るもよし。
湖東三山「百済寺」、庭園の紅葉は見ごろでしたが、
参道の紅葉はまだこれからでした。   camera 21日

2014年11月22日 (土)

湖北観音の里 紅葉散策

長浜市高月町とその周辺には「渡岸寺観音堂」の
国宝「十一面観音菩薩(向源寺所有)」をはじめ、
特に観音像が多いことから「観音の里」と呼ばれています。

湖北の紅葉を楽しんだあとは湖北「観音の里」の散策、
今回はその井口・雨森(あめのもり)地区でした。

まずは井口地区から

Kohoku01

いきなりですが「己高山 円満寺(日吉神社)の鐘楼。
県内最古の銅鐘(重文)という鐘楼を回り込みます。

Kohoku02

Kohoku03

Kohoku04

「鐘楼」前の神池の周辺に染まる
思わぬ綺麗な紅葉にまずビックリ ^^;

Kohoku05

鳥居をくぐって境内へ。

   Kohoku06

こちらにはイチョウの黄葉です。

ここから少し南へ行くと雨森(あめのもり)の集落。
細い集落の道をぬうように進むと

   Kohoku07

見事なイチョウの老木があります。

Kohoku08

推定樹齢300年ともいわれる
「天川命神社(あまかわのみことじんじゃ)」の大イチョウです。

Kohoku09

「滋賀県指定自然記念物」

   Kohoku10

しばらく撮影も忘れて眺めていました ^^;

Kohoku11

樹高 32m、幹周り5.7mという・・・
その見事な大イチョウの古木でした。

ここ雨森地区は集落内を縦横に水路が流れ、
多くの水車や花鉢が置かれています。

   Kohoku12

神社前の水路にも2連水車が回ります。
この先を左に曲がると「雨森芳洲庵」があります。

   Kohoku13

こちらにも水車が回り、花鉢が並びます ^^

Kohoku14

その前にある大きなケヤキの木がそびえる敷地。
ここが「雨森芳洲庵」でした。
「雨森芳洲」についての説明は省きます。

   Kohoku15

このケヤキの木もまた見事!
幹周り6.6m、樹高15mとか。

Kohoku16

その「芳洲庵」には
”閉館しました”との札がかかっていました ><;

通ってきた井口と雨森集落の道は、
木之本と関ヶ原を結ぶ「旧北国街道脇往還」の一部。
湖北「観音の里」散策、
この日はその旧街道も目的でした ^^;

2014年11月21日 (金)

鶏足寺から石道寺へ

長浜市木之本町古橋の「鶏足寺」から
「石道寺(しゃくどうじ)」へと続く紅葉散策路を行きます。

距離的にはほんのわずかですが

Shakudou01

緩やかな坂道を上がると
木之本町石道(いしみち)になります。

上れば下る ^^;

Shakudou02

Shakudou03

「石道寺」への道を下り始めると
すぐ下に本堂が見えます。

Shakudou04

Syakudou05

本堂横の綺麗に色づいたモミジ。

Syakudou052

真言宗豊山派の寺で、
本尊の「十一面観音立像」は平安中期の作と伝えられ、
国指定の重要文化財。

Syakudou06

「鶏足寺」のモミジが散り始めると、
ここは完全な散りモミジになりますが・・・
この日はまだ見ごろでした ^^;

Syakudou07

駐車場の傍にある池の周辺も綺麗です。

「鶏足寺」から来ると裏からになりますが、
こちらが「石道寺」の正面参道です ^^;

Syakudou08

Syakudou09

池から参道横の道を上がります。

Syakudou10

本堂下です。
ここは紅葉の見どころとして
「鶏足寺」とのセットのため観光客も多いところ ^^;

Syakudou11

本堂前から

その大半は紅葉を見て引き返していきますが、
本尊の「十一面観音立像」を拝観する人も多く、
紅葉とともに見どころのひとつです。

来た道を戻ります ^^;

Syakudou12

朝に撮った「與志漏神社」境内
ここの紅葉も綺麗でした。

長浜市木之本町にある紅葉の名所、「鶏足寺」と「石道寺」。
今年は少し早めの紅葉を楽しみました。  camera 18日

2014年11月20日 (木)

湖北 鶏足寺の紅葉

長浜市木之本町古橋にある「鶏足寺(旧飯福寺(はんぷくじ)」。
200本ほどのカエデの古木が色づき、
参道の石段に真紅の絨毯を敷き詰めたかのような
散りモミジが人気でもある古刹です。

一昨年以来ですが、
見事な紅葉と散りモミジにはまだ早いか?と思いながら、
そのときとはちょうど1週間早い訪問でした。

今年から協力金(200円)が必要となり、
己高閣駐車場も拝観用駐車場になり有料に ^^;
手前の臨時駐車場から紅葉散策路の案内に従います。

Keisoku01

その紅葉散策路は
「輿志漏神社」の境内を抜けていきます。

Keisoku02

紅葉の綺麗な参道から「己高閣(ここうかく)」に出て、
約15分ほどの遊歩道を行きます。

Keisoku03

その「鶏足寺」境内に入ります。

   Keisoku04

そして参道石段への入口、
ここが定番の撮影スポットですが ^^

Keisoku05

Keisoku06

敷き詰めたような散りモミジとはいきません、
木々の紅葉もあと少しのようです ><;

Keisoku07

緩やかに上る参道を行きます。

Keisoku08

「護摩堂」

Keisoku09

「本堂」下と、
散るモミジ葉はまだありません。

Keisoku10

「本堂」に参拝して戻ります。

Keisoku11

日差しの加減でえらい違いですが

Keisoku12

この辺りの紅葉もまだ冴えません ><;

Keisoku13

入口周辺

Keisoku14

Keisoku15

Keisoku16

この辺りもまたそれなりに・・・ ^^;

Keisoku17

2色に色づくモミジ葉もまたよし!

Keisoku18

参道が散りモミジで埋まるころ、
この辺りのモミジも真っ赤に染まるでしょう。
それももうすぐでしょうか?

このあとはすぐ先にある「石道寺」です。  camera 18日

2014年11月19日 (水)

ちょっとだけ!養老公園

”色づき始め”から”紅葉見ごろ”まである紅葉情報に、
いったいどちらが正解か?と。
午前中は晴れるという天気予報に、近場です ^^;
岐阜県は養老町にある「養老公園」に出かけました。

Yoro01

現地の天気は晴れたり曇ったり。
まずは入口の商店街から

Yoro02

滝道に入ります。
この時点でこの日の紅葉はあきらめました ><;

Yoro03

まもなく滝が見えますが、
この辺りの綺麗な紅葉はまだ見たことがありません ><;

Yoro04

「養老の滝」
滝周辺もまだ緑一色です。

Yoro05

滝広場から”養老薬師”への道へ入りました。

Yoro06

山頂駐車場周辺も染まり始めです。

下山します ^^;

Yoro07

下る道も緑ばかりが目に付きます^^;

Yoro08

期待していた養老神社鳥居への道、
まだわずかしか色づいていません。

道を戻って”養老せせらぎの道”へ。

Yoro09

ここもまだです。
まだまだばかりじゃチョッと可哀想かと ・・・

   Yoro10

まるで慰めてくれるかのように
真っ赤に燃えるような1本のモミジでした ^^;

Yoro11

Yoro12

戻った「不動橋」と橋からの眺め。

色づき始めから”見ごろ”までの紅葉情報、
どうやらまだ3~5割の予報が正解でした ^^;
ここの見ごろはあと1週間?ほどでしょうか。   camera 17日

2014年11月18日 (火)

犬山寂光院界隈散策

愛知県犬山市にある紅葉の名所「寂光院」、
HPでは、はやくも全山で紅葉が見ごろとのこと。

写真からはそんなに見ごろとは感じませんでしたが?
ここなら土曜日の混雑もまだ少ないだろうと思いながら、
一応車は避けて電車でGO!、これが正解でした ^^;

Inuyama01

木曽川をゆく遊覧船は”桃太郎紅葉船”か?
先に見えるのがその桃太郎公園(栗栖園地)です。

Inuyama02

寂光院への途中にある犬山国際交流村広場。
紅葉はまだ色づき始め ^^;
やはり寂光院もこんなものかと思いながら・・・。

総門からまだ緑の多いモミジの木々を見て、
急な参道(石段)を上ります。

Inuyama03

上り詰めた山麓広場の角にある”見送り太師像”

Inuyama04

そして駐車場から来る「観音坂」周辺、
グラデーションは綺麗ですが、
どう見ても見ごろには早いようです ><;

「七福坂」を上り本堂裏へ

Inuyama05

坂を上がり切ると
本堂裏には色づいた真っ赤な木があります

Inuyama06

Inuyama07

本堂前
ここもまだ色づき始めたばかりの木が多いです。

Inuyama08

「願いの鐘」横
あとは本堂周辺を見て戻ります ^^;

Inuyama09

下る「七福坂」から
全山が燃える見ごろはもう少し先でしょうか?

下山してそのまま「桃太郎神社」へと向かいます。

   Inuyama10

途中にある「不老公園」傍の”不老滝”。

そして歩くこと10分ほど

Inuyama11

「桃太郎神社」です ^^

Inuyama12

ここの紅葉もまだこれから ^^;

Inuyama13

境内にある桃太郎公園には、
”かかしコンクール”の案山子が展示されていました ^^

Inuyama14

Inuyama15

紅葉を見に来て”案山子”とは・・・
これもまたよしでしょうか ^^;

Inuyama16

色づき始めた紅葉と案山子 ^^;

そして川沿いの栗栖園地へ。

Inuyama17

遊覧船と見たときは期待しましたが、
こちらも全体にはまだこれからでした ><;

Inuyama18

戻った犬山橋上流の木曽川散策路から「犬山城」。

まだ紅葉には早かった犬山「寂光院」と「桃太郎神社」。
木曽川の景勝地を楽しみながら、
その周辺をぶらり旅でした。     camera 15日

2014年11月17日 (月)

紅葉の赤目四十八滝 Ⅱ

初めて見た「大日滝」に少々興奮しながら
赤目渓谷の紅葉を楽しんでいますが、
続いては「百畳岩」から最後の滝「巌窟滝」までです。

Akame201

紅葉の綺麗な「百畳岩」から

Akame202

「七色岩」を回り込んで、
ここからは渓谷の紅葉を中心に見ていきます。

   Akame203

「雨降滝」から「荷担滝」にかけて、
渓流沿いの紅葉が綺麗でした。

Akame204

Akame205

Akame206

この辺りは連続する紅葉が楽しめます。

   Akame207

小滝と紅葉

Akame208

   Akame209

ここは荷担滝への上り口

Akame210

そして「荷担滝」、
ちょうど一番の見ごろだったかもしれません ^^;

Akame211

滝の上部
モミジも葉落下盛んでした。

   Akame212

先に見えるのは「夫婦滝」

Akame213

そして「琵琶滝」まできました。
ここから最後の登りです。

   Akame214

あとは山道の紅葉を見ながら

   Akame215

最後の「巌窟滝」でした。

Akame216

広場の木々も落下盛ん、
ひと休みして戻ります ^^;

この日は最初の山登り?で少し時間がかかりましたが、
その分、日が差し始めるまでの時間調整になりました。
久しぶりにタイミングのあった
綺麗な紅葉の「赤目四十八滝」でした。

2014年11月16日 (日)

紅葉の赤目四十八滝 Ⅰ

三重県名張市にある「赤目四十八滝」。
これまで何十年?か、
春、夏、秋と変化する渓谷美と滝を楽しんできましたが、
この「大日滝」の存在をHPで見て初めて知りました ><;

その案内標柱はいつも見ていますが、
これがまさかの幻の滝?か・・・
今年は紅葉もさることながらその滝が目的でした。

Akame01

残念ながらこの日は朝から曇り空、
ここからの紅葉の写真は
日の差した帰りに撮ったものです。

Akame02

「不動滝」を過ぎて「千手滝」への途中にある「乙女滝」、
この先に「大日滝」への案内があります。

Akame03

この案内を見ながら矢印の先にある沢筋を見て、
いつも水のない枯滝だとばかり思っていました ><;
ところが、
この滝はその沢筋を登った山の上にあるという・・・

Akame04

これが滝への登山道の入口 ^^;
当然知らずに通り過ぎていましたが、
この日はもちろん対岸へと渡ります。

Akame05

結構な急坂の登山道を行くこと10分ほど。
(ゆっくり上っても15分ほどでしょうか?)

   Akame06

その「大日滝」がありました。

   Akame07

   Akame08

もともと水量は少ないようですが、
昨夜は雨だったそうで水も流れていました ^^;

この滝は氷瀑で知られているという。
こんなところに滝があるとはどれほどの人が知っているのか、
そんな思い?で下山します。

Akame09

下山途中からの山の紅葉、
ここは日差しがほしかったです ^^;

Akame10

そして真下に見る遊歩道です。

目的の「大日滝」を見て、
あとは赤目渓谷の滝と紅葉散歩です。

Akame11

「八畳岩」周辺

Akame12

Akame13

これも帰りに撮った紅葉ですが、
久しぶりに見る綺麗な赤目の紅葉でした。

ここから「千手滝」を見て

Akame14

「布曳滝」です。

Akame15

滝を巻くように上る遊歩道から見る
山の紅葉も綺麗ですが・・・日差しがありません ><;

このあとも

Akame16

渓谷沿いの紅葉を見ながら
ほゞ中央あたりになる「百畳岩」へと行きます。

このあとは「百畳岩」から、
最後の滝「巌窟滝」へと・・・
滝と紅葉を見ながらの赤目渓谷の散策です。  camera 13日

2014年11月15日 (土)

秋なのに・・・

滋賀県東近江市にある
R307道の駅「アイトウマーガレットステーション」。

先月の半ばにコスモスを見たばかりですが、
月が変わって季節も秋だというのに・・・、
ここでは11月になって”ヒマワリ”園がオープンしました。

Aito01

Aito02

もう季節外れなんてことはないのでしょうか?
蕾も多くまだこれから見ごろを迎えるようです ><;

Aito03

Aito04

天候不順のため、
当初より開花が遅れたようですが・・・

Aito05

それにしても
この時期に合わせて咲かせるひまわり!
さすがに花の道の駅です ^^;

Aito06

Aito07

この日はまた天気も最高!
快晴の秋晴れのなか、
雲一つない青空に映えるヒマワリでした。

Aito08

久しぶりのバックシャン ^^;

Aito09

紅葉の記事が続きますが、
少しは目の保養にでもとなればと挟みました。

とはいえ、秋は秋らしく・・・

Aito10

少しだけ銀穂のススキを ^^;

「希望が丘文化公園」の帰りにひと息入れた、
「あいとうマーガレットステーション」でした。  camera 11日

2014年11月14日 (金)

希望が丘文化公園の紅葉 Ⅱ

「希望が丘文化公園」、紅葉の続きです。
自転車道沿いから”かえでの森”、”日本庭園”に来ましたが、
ここからは日本庭園を回って自転車道まで戻ります。

そのあとは西のゾーンまで続く自転車道を再び歩きます。

Bunka01

自転車道から日本庭園へ下ります。

Bunka02

Bunka03

この道沿いには
綺麗な紅葉はありません ^^;

Bunka04

日本庭園まで下りてきました。

まぁ、特に庭園らしさはありませんが、
この周辺の紅葉が綺麗でした。

Bunka05

Bunka06

”かえでの森の”日本庭園から、
その上部にある芝生広場に出ます。

Bunka07

Bunka08

あらためて”かえでの森”の紅葉、
やや葉を落とした木々もありますが・・・
ちょうどピークでしょうか。

ここから西ゾーンへと歩きます。

Bunka09

その”かえでの森”ですが、
中央にある芝生広場を取り巻くように
たくさんおカエデの木が植えられています。

その一部を見ながら自転車道を行きます。

Bunka10

Bunka11

赤から・・・

Bunka12

緑のグラデーション ^^;

Bunka13

黄葉から

Bunka14

また赤へと変わっていく道筋

Bunka15

そしてここが紅葉の見納め ^^;
あとは西のゾーンまでただ下るだけ・・・。

Bunka16

その西のゾーンに出ました。

ここから広い中央道を東へと戻ります。
この道筋の紅葉もまた綺麗でしたが、
それはまたの機会があれば・・・。

滋賀県の2市1町にまたがる「希望が丘文化公園」。
今年も綺麗な紅葉を楽しみました。

2014年11月13日 (木)

希望が丘文化公園の紅葉 Ⅰ

滋賀県の竜王町から湖南市、野洲市と、
2市1町にまたがる多目的公園「滋賀県希望ヶ丘文化公園」。
竜王町側の東入口から野洲市の西入口まで、
約4kmの園内は広い中央道によって結ばれ、
その南北にいろんな施設が点在します。

その中央部にある「野外活動ゾーン」の南側に
紅葉で知られる”かえでの森”と”日本庭園”があります。

Kibou01

公園の東側は「文化ゾーン」
広大な多目的広場から”かえでの森”に向かいます。

しばらくは広い中央道を行きますが

Kibou02

途中から自転車道に入ると
色づいた紅葉が次々と現れます。

Kibou03

Kibou04

東入口から”かえでの森”までは約1kmほど。

Kibou05

歩きか、自転車(レンタル有)でしか来れないのが
ちょっと難ですが・・・
ここからは”かえでの森”、”日本庭園”の紅葉です。

Kibou06

Kibou07

ちょうど”かえでの森”の自転車道沿いと

Kibou08

その谷間の紅葉です。
紅葉は好天が絶対の条件ですが ^^;
この日はその条件にはまりました。

Kibou09

「日本庭園」にかけての谷筋の紅葉、
これもまた見事です 。

Kibou10

Kibou11

条件はもうひとつ、
早朝よりは太陽が森に射し込むお昼前です ^^;

Kibou12

Kibou13

この日はまさにピークの紅葉と、
散り始めた木々の散りモミジでした。

Kibou14

「日本庭園」への下り口です。

Kibou15

ここから日本庭園周囲の紅葉と、
”かえでの森”の黄葉を楽しんで
自転車道を「西のゾーン」へと行きます。

その紅葉はこのあとに ^^;    camera 11日

2014年11月12日 (水)

紅葉見ごろの永源寺Ⅱ

「永源寺」の紅葉も見どころがたくさんありますが、
「法堂」前から「開山堂」前までの間に、
重なるようにある紅葉がいちばんではないかと、
私的にはいつも思っています。

永源寺の紅葉

Eigenji201

続きはその燃えるような紅葉を見て、
北入口への坂道を行きます。

Eigenji202

途中にある”茶筅塚”

Eigenji203

緩やかに上っていく道の先が北の入口。

Eigenji204

Eigenji205

ボリューム感はありませんがここの紅葉も綺麗です。
この紅葉を見て戻ります ^^;

   Eigenji206_2

戻る参道

Eigenji207

開山堂渡り廊下の手前

Eigenji208

経堂前の真っ赤な紅葉、
西側からです ^^

Eigenji209

「開山堂」前

Eigenji210

Eigenji211

ちょうど見どころでしょうか。

Eigenji212

趣味で ^^;

Eigenji213

本堂前へと戻ります。

Eigenji214

御茶処、「不動明王」前
橋の下から見た紅葉とはまた違いますが、
このグラデーションもまたよし! ^^;

Eigenji215

山門前に戻ってきました。

Eigenji216

あらためて 、
山門を出た先の彩りです ^^

Eigenji217

川べりも綺麗な紅葉です。

Eigenji218

羅漢坂に戻ってきました。
日差しによってその色あいを変化させる紅葉、
この日は快晴のなかで素晴らしい紅葉でした。

滋賀県湖東の紅葉、
湖東三山もまもなく見ごろを迎えるようです。

2014年11月11日 (火)

紅葉見ごろの永源寺Ⅰ

「湖東三山」とともに紅葉の名所で知られる
滋賀県東近江市の「永源寺」。
湖東でも比較的早く紅葉が見ごろになりますが、
今年もはや見ごろとの情報です。

ここはこの時期、よく走るとlころで、
すでに何度か走りながらこの目でも確かめていました ^^;

Eigenji01

例年より1週間早い訪問でしたが・・・
まずは大歇橋(だいけっきょう)を渡り羅漢坂へ。

   Eigenji02

この辺りはまだらそれしき紅葉はありません ^^;
長い石段を上りきると色づいた紅葉が現れます。

Eigenji03

総門をくぐりるかどうか ^^、

Eigenji04

ここが見極めどころ、
この日は躊躇なく入山でした ^^;
総門をくぐり有料区域に入ります。

総門から山門までの間が
まずは最初の見どころでしょうか ^^

Eigenji05

Eigenji06

川べりの紅葉も見どころのひとつ。

Eigenji07

山門への道、順光です ^^

Eigenji08

山門から振り返って再度堪能!逆光です ^^

Eigenji09

Eigenji10

そして山門をくぐります。

Eigenji11

この辺りはまだ見どころも7分ほどでしょうか ^^;

Eigenji12

まずは鐘楼横の橋の下から本堂(方丈)前へ出ます。

Eigenji13

本堂に参拝
ここからが永源寺の一番の見どころ。(私的には ^^;)

Eigenji14

Eigenji15

Eigenji16

「禅堂」前、
「法堂」前、
「経堂」前。

Eigenji17

振り返れば・・・
見事なグラデーション ^^;

Eigenji18

Eigenji19

「開山堂」渡り廊下前の真っ赤なモミジ、
その見ごとな紅葉を堪能します。

Eigenji20

今年はやはり早いのでしょうか?綺麗です。

このあとは北入口へと行き、
戻る道すがらあらためて紅葉を楽しみます ^^;
行きとは違った帰り道の紅葉・・・続きます。  camera 10日

2014年11月10日 (月)

岐阜公園菊人形・菊花展Ⅱ

「岐阜公園菊人形・菊花展」、
続きはやはり岐阜城からです。

Gifu201

ここに来たからにはどうしても外せない
金華山と岐阜城!
紅葉も少し染まり始めています。

では菊花展の続きです。

Gifu202

Gifu203

大菊千輪仕立てが並びます。
菊花展は「大菊の部」が続きますが、
公園は西にある”信長の庭”へと向かいます。

Gifu204

その途中にある池の中にある菊人形。

Gifu205

これも例年の”信長と濃姫”でした。
菊人形はこれでお終いですが菊花展はまだ続きます ^^;

Gifu206

ここが公園の西端に飾られた菊花、
「自由花と小菊盆養の部」です。

Gifu207

自由花の部

Gifu208

小菊盆養の部から。

これでお終いと思ったらなんと、
公園の「総合案内所」前にもうひと花壇がありました ><;

Gifu209

こちらがその花壇、”だるま作り”の菊花でした。

7部門、約3,000鉢が展示されているという、
「岐阜公園菊人形・菊花展」。
開催は~24日(月・祝)までです。

オマケです!
気になる公園の紅葉の様子もすこし ^^;

Gifu210

Gifu211

色づいたモミジも少しはありますが、
まだ全体には青葉です。

Gifu212

Gifu213

こちらはその少ない色づいた紅葉でした。

この日はお昼前の到着で、
いつもは登城する岐阜城には登城せず ><;
楽しみは紅葉が見ごろのころに残しました。

2014年11月 9日 (日)

岐阜公園菊人形・菊花展 Ⅰ

岐阜市大宮町にある岐阜公園で開催されている
「岐阜公園菊人形・菊花展」です。

できれば公園の紅葉と菊花・菊人形をと思いながら・・・
花の綺麗なうちにと菊花を優先しました ^^;
今回は公園内に展示されている菊花展を
西入口から北の総合案内所まで順に見ていきます。

Gifu01

西の入口は「岐阜市歴史博物館」前に並ぶ、
「山菊自営花壇の部」からです。

Gifu02

特に意図もなく、
好きに選んで撮っている菊花です ^^;

   Gifu03

”名古屋おもてなし武将隊の”のぶさま”、
やはり岐阜には欠かせない信長でしょうか。

Gifu04

自由花の部

Gifu05

Gifu06

ここからが公園の中心部、
大菊、小菊、菊庭園、菊人形など多種多彩な
菊人形・菊花展のメイン会場になります。

Gifu07

大菊花壇の部

   Gifu08

小菊花壇の部

Gifu09

自由花の部などを見ながら

Gifu10

菊人形・菊庭園の入口です。

   Gifu11

右にある物見櫓
櫓は毎年同じものですが菊人形の着付けと、
菊の飾りが変わりました ^^;

Gifu12

こちらも菊花とデザインは変わりましたが、
20種類以上、約450鉢の菊を使用した庭園です。

Gifu13

そして今年のメインの菊人形。
テーマは「信長、官兵衛に愛刀を授ける」でしたが・・・
この時間”菊人形着せ替え中”で官兵衛は箱の上 ><;
着せ替えが終われば着座します ^^;

Gifu14

「信長公居館跡」への冠木門。

ふたたび菊花展へ ^^

Gifu15

こちらは「福助の部」

   Gifu16

そして「美濃菊の部」からです。

展示のブースはあと少しですがまだ長くなりそうで・・・ ^^;
続きは染まり始めたばかりの公園の紅葉とともに、
このあとに・・・。    camera 7日

2014年11月 8日 (土)

華の草津宿本陣

滋賀県草津市の草津宿は、
旧東海道と中山道が合流する交通の要所でもある
東海道53次の江戸から数えて52番目の宿場町でした。
街道筋には今も「草津宿本陣」が現存します。

今年も恒例の「華の草津宿本陣」が開催されるとのことで、
本陣に菊が?と、思わず出かけてしまいました。

JR草津駅から旧中山道を南へ約500mほど行きます。

Kusatsu01

天井川であった旧草津川のトンネルを抜けると、
東海道との追分(右が旧東海道)に出ます。

「草津宿本陣」はこのすぐ南にあります。

Kusatsu02

Kusatsu03

旧東海道と大菊の飾られた本陣

Kusatsu04

左の表門を入ると受付です。

Kusatsu05

Kusatsu06

受付の横には嵯峨菊も飾られています。

Kusatsu07

Kusatsu08

正面には玄関広間。
その式台にも菊花が飾られていました。

”華の草津本陣”はここまでです ^^;
これではどうしようもなく ><;
久しぶりに本陣内を見学しました。

Kusatsu09

関札の並べられた玄関広間

   Kusatsu10

本陣内は菊を主体にした”いけばな展”です。
その一部も入れて主要どころをご紹介 ^^;

Kusatsu11

上段へと続く畳廊下
この左右に東西広間が並びます。

Kusatsu12

Kusatsu13

その東広間と菊のいけばな。

Kusatsu14

上段へと上がる一段高い畳廊下
この左にあるのが

Kusatsu15

「台子(だいす)の間」
主客に茶を点てた部屋でもあり、
「上段の間」の控えの間でもあります。

Kusatsu16

そして東には「向上段の間」

相対する西側には

Kusatsu17

「上段の間」です。

Kusatsu18

廊下の先にある庭園

Kusatsu19

廊下はその先の「湯殿」へと続いています。

これが「草津宿本陣」の主要部ですが、
他にも御膳所、台所土間などあります。

そして

Kusatsu20

この4月に新しく開館した「楽座館」。
本陣に関係する資料が展示されていますが、
館内は撮影禁止でした ^^;

8年前に東海道歩きで訪れて以来の「草津宿本陣」。
華の菊花は別にして ^^;
懐かしい街道歩きを思い出したひとときでした。

2014年11月 7日 (金)

国道421号奥永源寺

御在所岳の紅葉も中腹辺りが見ごろとの情報に、
それならここも見ごろを迎えたかと、
走った国道421号線。

石博トンネルを三重県側から滋賀県側へ抜けると、
目の前に見事な紅葉が広がります。
毎年綺麗な紅葉を見ながらただ走り去るだけでしたが、
今回は車を停めました。(駐車に余裕のある場所です ^^;)

R42101

まだちょっと早いようですが、
朝陽を浴びた山肌が綺麗です。

R42102

R42103

トンネルの出口で右に折れると、
旧421号で石博峠に行けますが
ここはあまり走りたくないところ ^^;

反対側は八風キャンプ場への道。(通行止めです ^^;)

R42104

こちら側も綺麗でした。

ここから少し下ると広い駐車スペースがあります。

R42105

ここは追い越し車線があるため、
走ってくる車はスピードがでていて危険です。
道路を横断するには要注意!
と、言いながら撮っていますが ><;

R42106_2

これは道を挟んだ駐車場所から ^^;
もう少しするともっと色鮮やかな紅葉になります。

R42107

奥永源寺の集落に入る手前にある
キャンプ場の傍です。

   R42108

ここまでがちょうどトンネルからの下り坂。
ここから杠葉尾(ゆずりお)の集落に入ります。

このあとは車を停めることもなく走るだけでしたが、
チラッと見えたこの紅葉に思わず降ります ^^

R42110

蓼畑地区の「蓼畑橋」から一枚!

この後も綺麗な紅葉が続きましたが、
車を停めることはなく ^^;
ただ、流れすぎる景色を楽しみました。  camera 6日

2014年11月 6日 (木)

久屋大通庭園フラリエ

名古屋市中区大須にある「久屋大通庭園フラリエ」。

「ランの館」が閉館したあと、
花と緑に囲まれたライフスタイルガーデンとして、
リニューアルオープンした施設(無料)です。

「ランの館」には未訪のままでしたが、
この日は名古屋城の帰りに立ち寄りました ^^;

Flarie01

正門

Flarie02

門を入ると、左右シンメトリーに配置された
”エントランスガーデン”が迎えてくれます。
そのまま進めば西ウイングの建物ですが、
まずは左にある庭園への入口へ。

Flarie03

北ウイングと

Flarie04

西ウイング。
建物の前は広い中庭になっていて

Flarie05

そこは中庭と一体となった
イベント空間の”フラリエ コート”。

Flarie06

南に進むと”ハーモニーガーデン”。

Flarie07

四季それぞれに咲く花たちに彩られた庭

Flarie08

抜けるとそこは”ウオーターガーデン”のみち

Flarie09

Flarie10

池を回り込むように散策路は続きます。

Flarie11

散策路の外側は”桜の並木”

Flarie12

その中央部には
高木に囲まれた広場がある”フォレストガーデン”

Flarie13

そして北側には”アジアンガーデン”

Flarie14

奥にある”シャクナゲのみち”を行くと

Flarie15

庭園の東側を回ってフラリエコートの反対側に出ました。

Flarie16

Flarie17

そのまま進むと歩いて来た
ウオーターガーデンの反対側4(北側)に出ました。

Flarie18

”フラリエ”とは、
「ふらり」+「フラワー」+「アトリエ」の造語で、
ふらりと立ち寄れる、花いっぱいのアトリエの意味という。

「久屋大通庭園フラリエ」
ひと味違った新しいスタイルの庭園でした。

2014年11月 5日 (水)

名古屋城二之丸庭園

名古屋城西の丸(広場)で菊花大会を見たあとは、
「二之丸庭園」の紅葉でした。

Ninomaru01

庭園入口から、二之丸広場と「東南隅櫓」
こちらの紅葉はまだです ^^;

さて二之丸庭園は

Ninomaru02

南庭
色づいた木も見えますが・・・
ここから「二の丸茶亭」の前に出ます。

Ninomaru03

Ninomaru04

その色付いていた木もまだこんなもの ^^;

茶亭を回り込んで北庭へ出ます。

Ninomaru05

北庭・・・まだですね ><;

Ninomaru06

北庭の権現山(ごんげんやま)と栄螺山(さざえやま)の
道へと分け入りますが、
庭園は今、保存整備の工事中です。

Ninomaru07

通行可能な道を回り込んで行きます。

Ninomaru08

山を回り込んできました。
この辺りはまだこれから・・・緑が綺麗です ><;

Ninomaru09

Ninomaru10

南庭に戻ってきました。

ちょっと期待をさせてくれましたが ^^;
見ごろはやはり20日ごろからでしょうか?
今年はここの紅葉も見てみたいものです。  camera 4日

2014年11月 4日 (火)

名古屋城菊花大会

名古屋城西の丸広場で開催されている「名古屋城菊花大会」、
当地方では最大級といわれる菊の展示会で、
名城菊の会による約500点の菊が展示されています。

あまり知識のない菊花ですが、
久しぶりの秋晴れに誘われて出かけました ^^

Nagoyakiku01001

快晴です!菊薫る名古屋城です。

Nagoyakiku02001

菊花大会会場の西之丸(広場)、
正門からです。

左右のブースそれぞれに大菊、山菊の部と、
その”仕立てもの”が展示されています。

その左側

Nagoyakiku03001

Nagoyakiku04001

まずは「名城菊の会」の”総合花壇”です。

Nagoyakiku05001

左側のブースに並ぶのは「山菊の部」、
いろんな仕立ての菊花があります。

   Nagoyakiku06001

山菊懸崖作り

Nagoyakiku07001

こちらは山菊の小作り。

大きな仕立てから小さなものまで、
鉢、品種、盆養の形を楽しむことができます。

折り返してこのあとは大菊です。

Nagoyakiku08001

Nagoyakiku09001

大菊 だるま作り

Nagoyakiku10001

花が展示されているブース

Nagoyakiku11001

大菊 大株立
一株でできるだけ多くの花を咲かせるようにと
仕立てられています。

   Nagoyakiku12001

大菊 管物

Nagoyakiku13001

そして最後は古典菊から”江戸菊”です。

この日の500点という展示のなかから、
そのほんの一部を切り取ってみました ^^;

この菊花大会では「菊人形」も展示されています。

Nagoyakiku14001

正門には尾張藩初代藩主「徳川義直」と正室の「春姫」、

そして

Nagoyakiku15001

東門には徳川7代藩主の「徳川宗春」でした。

「名古屋城菊花大会」
開催は11月24日(月・祝)まで。

このあとは紅葉で知られる「二之丸庭園へ。
紅葉はまだ青葉 でしたが ^^;
色づき始めたその様子はこのあとに・・・。               

2014年11月 3日 (月)

伊雑宮

週末の雨でひと休み ^^;ブログネタもなくなり、
とはいえ、何かをと思いながら・・・
ふと、以前に載せた「瀧原宮」を思い出しました。

志摩市磯部に鎮座する「伊雑宮(いざわのみや)」、
ここもまた皇大神宮(内宮)の別宮です。

Izawanomiya01

一般には「いぞうぐう」ともよばれ、
「瀧原宮」と同じく古くから
天照大神の遙宮(とおのみや)と呼ばれています。

Izawanomiya02

短い参道を行くと

Izawanomiya03

本殿
内宮に準じ、内削ぎの千木と6本(偶数)の鰹木を持ち、
祭神は
天照坐皇大御神御魂(あまてらしますすめおおみかみのみたま)。

Izawanomiya04

祓所と忌火屋殿(いみびやでん).

地元では磯部の大神宮さんと呼ばれ信仰も厚く、
海の守り神として慕われている。

Izawanomiya05

境内の老木はその歴史を物語ります。

Izawanomiya06

Izawanomiya07

磯部の「御神田(おみた)」

毎年6月24日に行われる御田植祭は、
千葉の香取神社、大阪の住吉大社とともに
日本三大御田植祭のひとつに数えられる。

白真名鶴(しろまなづる)の伝説がその起源と伝えられ

Otaue01

Otaue02

勇壮な男達が大きな団扇のついた
忌竹(いみだけ)を奪い合う竹取神事でも知られる。

Otaue03

そのあと
白い着物に赤いたすきがけをした早乙女たちによって、
厳かに御田植神事が行われる。
※ 撮影はともに2009年6月24日のもの。

雨の週末でふと思い出した「伊雑宮」、
そういえばこの日も雨のなかの御田植祭でした。

2014年11月 2日 (日)

阿久比ふれあいの森

菊薫る秋!といえば菊花展に菊人形でしょうか ^^;

いつかテレビで放映されていた「菊花展」を思い出して、
愛知県阿久比(あぐい)町にある「阿久比ふれあいの森」へ。
11月2日(日)までの開催でしたがその「菊花展」です。

Agui01

第一駐車場に展示されていた菊花からその一部ですが・・・
メイン会場は少し離れた第二駐車場です。

Agui02

”そうだ、菊だ!”と、勇んで来たものの、
ただこうして菊の花が並ぶだけ ><;

Agui03

どう撮っていいものやら・・・

Agui04

長~~いブースの中に、
こんな形でたくさんの菊が並んでいます ^^;

   Agui05

撮るのに工夫がいるのは分かっていますが、
どう撮っても同じようになります ><;

Agui06

菊にもいろんな種類があります。
ちなみに中央の菊花は一重咲きの”一文字菊”で、
皇室の紋章に似ていることから”御紋章菊”とも呼ばれる品種。

Agui07

厚物に菅物(くだもの)が混じります。

こうした菊花展にはよく仕立物が展示されますが

Agui08

ここでは仕立物はなく、
菊花そのものが並べられているだけでした。

ところで、この「阿久比ふれあいの森」は初訪問 ^^
「菊花展」を見たあと園内散策でした。

Agui09

公園の東側から北側にかけての園路沿いに、
まさか?の”四季桜”が咲いていました ^^

   Agui10

これはラッキー!
そういえばもうその季節ですが・・・満開でした。

Agui11

Agui12

菊より桜 ^^;

Agui13

四季桜は可愛くて綺麗な花です。

Agui14

紅葉と四季桜

Agui15

見事な咲きっぷり!!

「阿久比ふるさとの森」
思わぬ花見のオマケ付き ^^;でした。   camera 30日

2014年11月 1日 (土)

花フェスタ記念公園 最終回

続けてきました「花フェスタ記念公園」、
ふたつのテーマバラ園を見たあとは園内散策でした。

「世界のバラ園」の北隅にある”ターシャの庭”から
「花の地球館」へと園内の北側をまわって行きます。

その”ターシャの庭”

Hanafesuta01

Hanafesuta02

この時期は花も少なく寂しいですが、
それもまたターシャの庭には似合いでしょうか。

Hanafesuta03

ハロウィーン

Hanafesuta04

キッチンガーデン

Hanafesuta05

出口付近にはノコンギクとノジギク?が
たくさん咲いていました。

Hanafesuta06

「霧のプレリュード」前から中央園路

Hanafesuta07

”ポッポ”が走るハナミズキ通り

Hanafesuta08

”グラデーション花壇”にはイエローコスモス ^^

Hanafesuta09

東のロータリー花壇に咲くバラを見ながら
「花の地球館」へと行きます。

Hanafesuta10

Hanafesuta11

途中に咲くバラは
カクテルとチャールストン。

Hanafesuta12

「花の地球館」展望台から
開催中の”オータムガーデンショー”のデコレーション!

Hanafesuta13

Hanafesuta14

木々の葉を赤や黄色に染める秋の女神”竜田姫”、
その姫が染め上げたかのような
色鮮やかな秋のガーデンが演出されています。

Hanafesuta15

「花の地球館」から「トンネルギャラリー」を抜けて
「バラのベルベデーレ」へと戻ります。

秋バラが見ごろの「花フェスタ記念公園」。
風は強かったものの秋の日差しのなか、
今年もまたバラと園内の散策を楽しみました。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »