2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 夕森公園 竜神の滝 | トップページ | なばなの里のコスモス »

2014年10月 1日 (水)

皇大神宮別宮 瀧原宮

三重県大紀町瀧原にある「瀧原宮(たきはらのみや)」。

皇大神宮(内宮)の別宮で、
昔から「大神の遙宮(とおのみや)」といわれています。

Takihara01

Takihara02

入口にある「衛士派出所」と参道への鳥居。

Takihara03

宮川の支流大内山川が深い渓谷をなして流れる山間にあり、
鳥居をくぐると森閑とした参道が続きます。
進むと火除け橋?が架かりますが、
この日は遷宮のため架け替え工事中でした。

Takihara04

渡ると左に「手水舎」があり、
右に「御手洗場」への案内です。

Takihara05

下りていくとまるで内宮の五十鈴川を見るような、
澄んだ清流の「御手洗場」があります。

Takihara06

参道に戻ると見事な杉の老木が立ち並びます。

倭姫命が「大河の瀧原の国」という美わしい地に、
新宮を建てられたのが「瀧原宮」の起源といわれます。

Takihara07

参道を抜けるとその先に、
瀧原宮、瀧原竝宮(たきはらならびのみや)と、
他にふたつの摂社が建ち並びます。

参拝順序はまず中央の「瀧原宮」から

Takihara08

その「瀧原宮(たきはらのみや)」

Takihara09

その左にある瀧原竝宮(たきはらならびのみや)と参拝。
ともに御祭神は天照坐皇大御神(天照大神)。

”両宮とも皇大御神の御魂を奉斎しているのは、
皇大神宮に皇大御神を奉祀し、
同別宮荒祭宮に皇大神宮の荒御魂を奉斎する姿の
古い形と考えられます・・・”とは「神宮HP」から。

Takihara10

その奥には
左奥に「若宮神社」と御船倉(みふなぐら)、
その右に「長由介神社(ながゆけじんじゃ)・川島神社」。

Takihara11

一段境内を上がりますが、
その先には遷宮で建替え中の社殿が見えます。

Takihara12

参拝順に「若宮神社」
”御船倉”にはシートが掛けられていました。

Takihara13

そして「長由介神社・川島神社(同座)」。

伊勢から熊野へと向かう熊野街道が境内前を通り、
ここから下流6kmほどの宮川のほとりには、
倭姫命をこの地に案内した真奈胡神(まなごのかみ)を祀る
「多岐原(たきはら)神社」があります。

« 夕森公園 竜神の滝 | トップページ | なばなの里のコスモス »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

こちら
とある方に教えていただき
いつか訪れようと思っていた別宮でした

なるほどこういう風景が見られるんですね
少し離れているので
なかなか訪れ難いですが
いつか行ってみたいと思います

雪だるま さん
なかなか記事にすることがなかったところです。

撮ってはいつもボツにしていましたが、
今回は遷宮ということで取り上げてみました。
場所的にここだけというわけにはいかないでしょうね。
どこか近くに来られたらぜひ立ち寄ってみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/60389049

この記事へのトラックバック一覧です: 皇大神宮別宮 瀧原宮:

« 夕森公園 竜神の滝 | トップページ | なばなの里のコスモス »