2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 明日香稲渕 案山子ロード | トップページ | 半田矢勝川の彼岸花 »

2014年9月26日 (金)

明日香逍遥・秋

先に稲渕棚田の「案山子ロード」を載せましたが、
この日はいつものように甘樫丘から
橘寺、石舞台古墳、稲渕、祝戸、亀石、野口、
そして飛鳥寺をめぐる明日香の道を歩きました。

今回はそのルートの観光スポットも含めて、
長くなりますが秋の”明日香逍遥”です。

Asukas01

「甘樫丘」に咲くコスモスにヒガンバナを見て
まずは「橘寺」へ。

Asukas02

ヒガンバナの赤い帯も少しだけ ^^;
ここから「飛鳥周遊歩道」に入り
いつものコースで「玉藻橋」を渡って「石舞台古墳」です。

Asukas03

正面から回り込んで東側の休憩所から。
白いヒガンバナは咲いていますが、
赤い花がありません ><;

Asukas04

都橋へと抜ける広場のハギは見ごろです ^^;
ここから稲渕へと行きます。

Asukas05

「都橋」から坂田集落の棚田に咲くヒガンバナ。
ここから稲渕までは
狭くて交通量の多い道を歩いて行きます。

Asukas06

祝戸地区の棚田と田んぼのヒガンバナ、
稲渕はもうすぐです。

「勧請橋」を渡って「案山子ロード」に入り、
案山子とヒガンバナを撮りながら・・・

Asukas07

この日はさすがに人の多い「案山子ロード」でした。

最後の案山子を見てしばらく田園地帯を歩きます。

Asukas08

祝戸地区に入る手前から眺める坂田の集落。
ここから下りになり、
「祝戸荘」を過ぎると再び「飛鳥周遊歩道」へ。

Asukas09

道は個人の家の前を通り抜けますが、
ここは昨年紹介したフヨウの咲く家 ^^
この先で「玉藻橋」に出ます。

いつもはここから石舞台古墳を通り抜けて
「飛鳥寺」へと向かいますが、
この日はそのまま歩いて来た「橘寺」へと行きます。

Asukas10

「橘寺」を通り過ぎて「亀石」への道に入り、
ちょっと道を外すと見えるのは橘寺の西門。

ここから向かったのは、
もうひとつ目的地でした野口大字のソバ畑です。

Asukas11

Asukas12

途中にある「亀石」を見ると野口はすぐ。

Asukas13

その野口大字のソバ畑
小さい畑ですが
明日香で見れるのはここだけでしょうか ^^;

Asukas14

Asukas15

しばしソバの花を楽しんで、
「川原寺」(橘寺の前です ^^;)へと戻ります。
境内にある食事処で早い昼食を済ませると、
今度は「飛鳥寺」です。

Asukas16

田んぼの中を行く「飛鳥周遊歩道」。

さて、ヒガンバナは?

Asukas17

ここは色あせた花が多くもう終盤でした。
すでに雑草とともに刈り取られた花もあり ><;
こうなると逆光で色あせを少しでも隠したいところ。

Asukas18

飛鳥寺の西にある「蘇我入鹿首塚、
五輪塔の上には甘樫丘の休憩所が見えます。

そして東へ少し入ると「飛鳥寺」です。

Asukas19

江戸時代再建の講堂(元金堂)。
596年、蘇我馬子が発願し創建された日本最古のお寺で、
本尊飛鳥大仏が祀られています。

この日はここから駐車場に戻りました。

Asukas20

戻る周遊歩道のヒガンバナ。
もちろん逆光で撮っています ^^;

そしてこの日の最後のスポット?は

Asukas21

この道を南へ下りて行くと・・・

   Asukas22

飛鳥川沿いの一角に「弥勒石」があります。

わずかに目と口とみられる部分が細工されているだけで、
仏顔面がほとんどない石ですが、
この「弥勒石」を拝むと下半身の病が治るといい、
”ミロクさん”と呼ばれ信仰を集めているそうです ^^;

Asukas23

飛鳥川を挟んで目の前に見える田んぼとヒガンバナ。

あとは「飛鳥橋」を渡れば甘樫丘、
駐車場はもうすぐです。
長い記事になりましたが ><;
秋晴れのなかの明日香逍遥でした。   23日

« 明日香稲渕 案山子ロード | トップページ | 半田矢勝川の彼岸花 »

お出かけ・花」カテゴリの記事

コメント

いやあ~しっかり歩かれましたね。
昔、若い日には私も歩けたのですが・・・
今は車で行けるところまで進んでから考える・・・と言った行き当たりばったりです。
26日(金)に稲渕付近で車を止めて案山子ロードを見てきました。
当然、ヒガンバナは終盤でしたがそれなりに楽しんできました。

風 kei さん  おはようございます。
稲渕にに行かれていましたか。

私は明日香に行くと必ず歩くようにしています。
秋は特に各道筋で違うヒガンバナが楽しめます。
稲渕ももう終盤でしたか。
今年はここがいちばん遅くまで楽しめたようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日香逍遥・秋:

« 明日香稲渕 案山子ロード | トップページ | 半田矢勝川の彼岸花 »