2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 嵐山 大悲閣千光寺 | トップページ | 醒井地蔵まつり »

2014年8月23日 (土)

車折神社

嵐山の「大悲閣千光寺」から戻って渡月橋を渡り、
そのまま右折して三条通りに入ります。
1kmほど歩くと「車折(くるまざき)神社」に着きます。

以前に歩いた京都市内横断芭蕉句碑めぐりでは、
大悲閣のあとはここの芭蕉句碑でした ^^;

通りに面した大鳥居をくぐると


Kurumazaki01

ここが「社号柱」のある第二鳥居跡。
まずは神社に参拝。^

左右に建ち並ぶ神社を見ながら行くと

Kurumazaki02

ここが第三鳥居。
ここから中門まで長い参道が続きますが、
その途中にも多くの神社があります。

Kurumazaki03

その中でも人気はやはりこの「芸能神社」でしょうか ^^;
多くの芸能人が奉納した赤玉垣がずらりと並びます。

Kurumazaki04

Kurumazaki05

朱塗りの玉垣に囲まれた神社の左右には
「芸能道具家社」があります。
芸を磨く道具にも多くの人たちが祈願がされています。

Kurumazaki06

そして「中門」です。
参拝はここから右に回って社務所前に。

手水舎で手を清めると

Kurumazaki07

本殿入口です。

ここではまずすぐ横にある「清めの社」へ。

Kurumazaki09

そして本殿に参拝です。
チョッと鳥居を入れて ^^;本殿はこの鳥居の奥にあります。

Kurumazaki10

参拝を終えたあとはこの日の目的、
裏参道を行き芭蕉句碑に再会です ^^;

Kurumazaki11

裏参道の先にある「地主神社」。
以前に来たときはどこにその句碑があるのか、
全く分からずに社務所で聞きましたが。

それはこの奥です ^^;

Kurumazaki12

先に見える小さな句碑。
この日は扉にかんぬきがありましたが、
簡単に抜けたので句碑の近くまで ><;

   Kurumazaki13

右に
”芭蕉翁 ほとぎす 大竹やぶを もる月夜”
左が
”去来叟 柿ぬしや こずゑはちかき 
あらし山 ”
芭蕉と去来の句が並びます。

Kurumazaki14

この日の芭蕉句碑めぐりはここまででした。
そのまま裏参道を行き
嵐電「車折神社」駅に出ます。

私的な懐古で恐縮でしたが京都の芭蕉句碑めぐり、
昔を思い出しながら右京区だけを楽しみました。

« 嵐山 大悲閣千光寺 | トップページ | 醒井地蔵まつり »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん

京都は広いですねえ。この「「車折神社」も、私は、全く知りませんでした。まして、「芸能神社」があって、赤い玉垣に有名な芸能人がずらりと並んでいるなどとは、驚きました。芭蕉先生もここで句を読んでいるのですねえ。無学を恥じ入っています。

shuttle さん
京都には有名な神社仏閣がたくさんありすぎます。

ここはこの芸能神社目当ての若い参拝客も多く、
人気のスポットになっています。
芭蕉がここで句を詠んだことはありませんが、
芭蕉翁を慕う人たちが建てた句碑のひとつです。
もちろん全国に点在する句碑もその類ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/60187096

この記事へのトラックバック一覧です: 車折神社:

« 嵐山 大悲閣千光寺 | トップページ | 醒井地蔵まつり »