2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 西日本は天候不順 | トップページ | 富田一色けんか祭り »

2014年8月16日 (土)

富田鯨船祭り

夜来の雨が上がり朝から曇り空でしたが、
もう雨は降らないだろうと勝手に決めて出かけたのは
四日市市の富田地区で行われた祭りでした。

まずは富田にある「鳥出神社」の大祭である鯨船行事、
その本練り(鯨突き)奉納です。

Geisen01

今年は4台の鯨船が出場しますが、
その最初の本練りは「感應丸(南島組)」でした。

Geisen02

「鳥出神社」の境内で行われるその”鯨突き”は、
簡単に言えば鯨船と鯨の追っかけでが、
その練りには決まったストーリーがあります。

ハザシ(銛打ち)の見つけた鯨を船が追いかけ、
また鯨が逆襲するという動きが見どころ。

Geisen03

Geisen04

その鯨の逆襲によって起きる波で、
船は大きく波間で左右に揺れます。

Geisen05

Geisen06

そのバトルが何度か境内で繰り広げられますが、
逃げる鯨が反転!回転する鯨船!
動きの効果を狙ってスローで撮ってみましたが・・・
イマイチか? ^^;

Geisen07

勢い余った鯨はこんな場面も ^^

Geisen08

Geisen09

鯨と鯨船のバトル!

Geisen10

Geisen11

何度か境内を走り回りながら激しい動きが続きますが、
この辺りが祭りの見どころでしょうか。

Geisen12

逃げる鯨!追う鯨船!
そしてクライマックスが近づきます。

Geisen13

ハザシが銛を手にしました。
これまで一度も撮れていなかった鯨突きの場面!
果たして撮れるか?(自分で興奮してます ><;)

Geisen14

太鼓が激しく打ち鳴らされます!

Geisen15

鯨は遂に巨体を上げて観念。

Geisen16

狙うハザシ

Geisen17

銛を打ち見事に鯨を突きます。

Geisen18

「めでたい」上げ唄が入り、

Geisen19

船を縦に揺するのは、
鯨を引き上げる様子を表現しているそうです。

Geisen20

最後に雨がパラつきましたが、
午前中の本練りは無事に奉納されました。

このあと残る3台の本練りが行われますが、
いつものことながらここで失礼しました。
このあとは祭りのハシゴで次の祭りです ^^;   15日

« 西日本は天候不順 | トップページ | 富田一色けんか祭り »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん

「富田鯨船祭り」は、四日市のお祭りですか。昔は四日市周辺で捕鯨が行われた証拠でしょうか。それとも四日市港から出漁した捕鯨船の鯨と戦いをを記念として残したものでしょうか。鯨の大漁を願っての「お祭り」でしょうが、鯨の模型も出て、極めて珍しい部類のお祭りですね。

shuttle さん
富田の鯨船神事は昔から伝わる鯨と漁師の民話から
始まったといわれます。

もちろん豊漁と町の安全を祈願するものですが、
昔は伊勢湾に迷い込んだ鯨を追って
多くの捕鯨が行われていたようです。
四日市市には富田のほかにも湾沿いの5地区で
同じような鯨船神事が行われています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富田鯨船祭り:

« 西日本は天候不順 | トップページ | 富田一色けんか祭り »