2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ひるがの湿原植物園 | トップページ | 琵琶湖烏丸半島のハス »

2014年7月29日 (火)

乗鞍岳

高速道路の割引制度が変わって高速料金も高くなり、
少しでも割安なキャンペーンがあると利用してしまいます。

今回も「エリア内割引制度」を使ってのドライブです。
速旅「ぐるっとG(ギフ)割」ドライブプラン
周遊エリア乗り降り放題2日間の旅でした ^^;

「ひるがの高原」に続いて岐阜納涼の旅は
今年も恒例の「乗鞍岳」でした。

Norikura01

いきなり「肩の小屋」手前から、
この日の乗鞍岳山頂「剣ヶ峰」です。

Norikura02

長野県側にある大雪渓には
スキーを楽しむたくさんの人たちです。

Norikura03

さて、その登山道
この日も多くの人たちが登っていて、
昨年のあの大渋滞をを思い出しました。
ただ、今年は単独の山行ではなく、
初めてふたりの孫を連れて登ります。

登り始めは大丈夫かと思いながら・・・
結果は途中で写真を撮る余裕もなく、
孫に後れをとっての登山でした ><;

Norikura05

「蚕玉岳(こだまだけ)」直下に着いてほっと一息 ^^;
ここは強い風が吹き上げるところですが、
半袖シャツ一枚でも心地よく感じるほどの気温です。

あとはもう岩場の道を登るだけ

Norikura06

Norikura07

そして無事?に山頂に到着しました!
「乗鞍本宮」と
大混雑の山頂「剣ヶ峰」です。

Norikura08

孫たちには初挑戦の乗鞍岳
雪の残る「権現池」と山頂からの景色に喜ぶ姿を見て、
登れてよかった、が本音でした。

下山します。

Norikura09

戻った「肩の小屋」から帰りはもうひと登り、
「富士見岳」経由で「鶴ヶ池」に下ります。

孫たちには関係ありませんが、
少しは花の写真も撮らなければと ><;

Norikura10

Norikura11

この山の登山道出入口周辺に多く咲く、
ミヤマダイコンソウとコマクサです。

Norikura12

そして富士見岳山頂から眺める「畳平」
左に「お花畑」と右に「鶴ヶ池」のパノラマです。

下山した池の周辺にはコマクサをはじめ、
多くの高山植物が咲きます。

Norikura13

Norikura14

代表してイワツメクサとヨツバシオガマを ^^;

そして畳平で待っていた相方と合流、
「お花畑」に入ります。

Norikura15

この時期のメインはハクサンイチゲとミヤマキンバイ。

他の花は少ないですがこの日の花

Norikura16

ハクサンイチゲに混じって咲くコイワカガミ

   Norikura17

クロユリ
お花畑の奥にたくさん咲いています。

あとはお馴染みの花

Norikura18

ミヤマキンポウゲ
茶色い花?は クロスゲ。

Norikura19

ミヤマキンバイ

Norikura20

そしてチングルマが少し ^^;

今年は「お花畑」よりも「乗鞍岳」登山がメインでした。
足元の花は眺めて通り過ぎることが多かったですが、
ふたりの孫と楽しんだ山歩き、
久しぶりに長時間の滞在でした。   camera 26日

« ひるがの湿原植物園 | トップページ | 琵琶湖烏丸半島のハス »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

いいお天気でよかったですね~。
お孫さんと山頂に立たれてなによりです。
畳平から結構ありますよね~、私は最後に山頂に立ってからもう何十年もたっています。
上からの眺めは最高ですね、いい写真を見せていただきました、ありがとうございます。

好好爺さん

お孫さんとの「乗鞍登山」、素晴らしいです。お孫さんは小学生でしょうか。お祖父さんとの登山はいつまでも残る思い出になりますよね。私も、孫息子たちが小さい時には、海水浴、科学翰、水族館などへ良く連れて行きました。早いものでもう大学院終了です。来年から社会人です。次には私を連れて何処かへ遊びに行ってくれるようになるでしょう。

風 kei さん
高速乗り放題企画だったため天気が心配でした。

最高の天気で登れてよかったです。
畳平から90分ですが
今回は孫たちと楽しみながらゆっくりでした。
山頂からの景色を孫たちに見せられてよかったです。

shuttle さん
孫たちの遊び相手をしなくなってから日が経ちました。

早いもので高2年と中3になりすっかり大きくなりました。
行きたいという乗鞍岳でしたが、
自然に興味を持ってくれたのが何よりうれしいですね。
今はまだ山や熊野古道歩きに興味があるようです。
今のうちにできるだけ連れて行こうと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/60051093

この記事へのトラックバック一覧です: 乗鞍岳:

« ひるがの湿原植物園 | トップページ | 琵琶湖烏丸半島のハス »