2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 琵琶湖烏丸半島のハス | トップページ | 木曽三川公園の花 »

2014年7月31日 (木)

近江妙連公園

草津市のハスの群生地から、
こちらもハスですが守山市にある「近江妙蓮公園」です。

こちらの近江妙連は特異なハスだけに
見ごろの時期がわかりません ><;
そのためにここだけを見に来ることはなく、
例年、烏丸半島とセットで訪れています。

で、この日の近江妙連は

Myoren01

入口を入った最初の池が「瑞蓮池」
蕾は少し頭をだしていますが花は見えません、
この葉の下に隠れるように咲いています ^^;

Myoren02

蕾と咲き始め

ここの妙連はひとつの茎に2~12までの花をつけ、
ひと花の花弁は2,000から5,000枚だそうです。

Myoren03

咲き始め

また、それぞれに名前があり
一茎二花が双頭蓮(そうとうれん)・命々蓮・駢蒂蓮とも。
花蓮の双頭蓮は花托がありますがこちらはありません。

Myoren04

かなり咲いてきていますが、
これから中の花弁が開くと外の花弁が散り始めます。

Myoren05

これはいくつの花になるのでしょうか?

一茎三花が品字蓮、一茎四花が田字蓮、
一茎五花が五学蓮・五行蓮と続き、
一茎十二花が年光蓮・十二時蓮といわれます。

Myoren06

これはかなりの花数ですが
一茎六花?の天瑞蓮(てんずいれん)かも、
それなら初めて見ることになります ^^;

Myoren07

これは一茎三花の品字蓮に見えますが・・・
開いてみないと分からないです。

いきなり見ごろの妙連で説明ができましたが、
まだ蕾もたくさんあります。

次が「妙蓮池」

Myoren08

こちらも同じように花は葉の中です。

では、載せます妙連に花はいくつあるか?
その花をお楽しみください ^^;

Myoren09

Myoren10

Myoren11

すでに花びらを落として立ち枯れた妙連もありますが、
綺麗な花だけを載せています ><;

Myoren12

Myoren13

花に触れることができず
いったいいくつの花数かは分かりません。
これで満開なら花芯はこのあと黒ずんで、
花びらは茶褐色になりそのまま立ち枯れます。

Myoren14

そのため花が倒れるのを防ぐため、
茎は花の下で支柱に結ばれています。

Myoren15

今年はちょうど見ごろとのことで、
いろんな妙連を見ることができました。

まだたくさんの蕾もありこれから開花が進むと
さらに花数がはっきり見えると思います。
満開と立ち枯れた妙連を見れるのはこれからでしょうか。
花の開花中は開園が続くそうです。   28日

« 琵琶湖烏丸半島のハス | トップページ | 木曽三川公園の花 »

お出かけ・花」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~
やはり行かれましたね。
こちらとセットですよね。
お天気も良く綺麗に咲いていますね。
お日様があるとより綺麗ですね。
私が行った時より綺麗に咲いているようです。
明日UPしますがその時はT.Bさせて下さいね。

彩 さん
行ってきました ^^やはりセットですね。

今年は綺麗に咲いた花が多かったです。
多分今年は私の方が遅かったから、
その分違ったかもしれません。
明日のUPが楽しみです。
TB、ぜひよろしくお願いします。
また逆TBさせていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近江妙連公園:

» 守山市の近江妙蓮 [彩の気まぐれ写真]
7月24日  慈覚太師が中国から持ち帰ったと伝えられる”近江妙蓮”です。 インドを源とするハスの突然変異種で、室町時代から600年もの間、地元の人々によって守り育てられてきた貴重な蓮の近江妙蓮。  いつみても不思議な蓮に驚きます。  写真は1茎に3花の品字蓮です。 (ちょっと方向が逆ですが・・一応3花ということで・・・)  入口を入ったところの「瑞蓮池」 茶室・妙蓮庵。 1茎に2花の双頭蓮です。 双頭蓮と蕾。 蕾の時はひとつの花に見えて普通の蓮の... [続きを読む]

« 琵琶湖烏丸半島のハス | トップページ | 木曽三川公園の花 »