最近のトラックバック

« 舞若道ドライブ・ 丹後宮津 | トップページ | 羽島田園街道のひまわり »

2014年7月25日 (金)

舞若道ドライブ・若狭小浜

「舞鶴若狭道」開通記念のドライブ3日目、
最後は開通した敦賀から若狭小浜のその小浜です。

何度も訪問しているところですが暑さが続く毎日に、
思わずもうここしかないと・・・
潮風に吹かれて定番の「蘇洞門めぐり」でした。

Sotomo01

内外海(うちとみ)半島の松ヶ崎から、
約6キロに亘る奇岩、洞門の断崖美をめぐります。

主な見どころでは船の速度を落として案内がありますが、
どれがその岩かもわからぬまま ><;

Sotomo02_2

ここが最初の見どころ”鎌の腰”とか、
揺れる観光船からコンデジでの撮影でブレまくります ^^;

Sotomo03

岩が崩れて穴(門)が塞がれていますが、
穴の先がどこまで続くのがわからないという”地獄門”。

Sotomo04

乗ったのが小さい観光船で、
その分風をまともに受けて涼しい~んですが、
とにかく揺れが激しくコンデジでブレブレ m(__)m

Sotomo05

昔、南蛮人を乗せた「唐船」をつないだという”唐船島”と、
左は網の目のような亀裂が入り、
網をかけたように見える”あみかけ岩”。

Sotomo06

見どころの次は”夫婦亀岩”
大きなカメが2匹おぶさったように見えますか?

Sotomo07

落ちる滝は”白糸の滝”

Sotomo08

そしてここが最後のハイライト!”大門・小門”
右の小さい門は大人の背丈の3倍あるという。
門の奥には{吹雪の滝」がありますが・・・撮れてません ^^;

Sotomo09

波の静かな時は中にある桟橋に船を着け、
5分ほどの散策ができるということですが、
波は静かでも今は桟橋の修理中で見るだけでした。

ここから船は小浜新港に戻ります。
約50分の「蘇洞門めぐり」、
粗い写真で失礼しました ><;


さて、この日の目的は小浜市の北の端でした。
国道162号線を北から東へと走り、
若狭町との境に近い田烏(たがらす)の集落へ。

Tagarasu01

ここには海を見下ろす棚田があります。

国道で奈胡崎トンネルを抜けた先に駐車。
棚田への入口にある獣害除けのフェンスを開けて
棚田に入りました。

Tagarasu02

Tagarasu03

Tagarasu04

「日本の棚田百選」でもなく、
特に知られている棚田ではないようですが、
海の見える棚田ということで走ってきました ^^;

Tagarasu05

いったん外に出て、
こちらは国道の”かんにゃ橋”からの眺めです。

そしてこの傍にあるもう一つの入り口、
こちらもフェンスを開けて入ります。

Tagarasu06

ここが最上部。

「舞若道」ドライブの最終日はここが見たくて、
田烏の棚田と決めていました。

「舞鶴若狭道全通記念ドライブプラン」
福井・京都・滋賀周遊エリア内乗り放題3日間、
5,000円での福井と京都へのドライブでした。

« 舞若道ドライブ・ 丹後宮津 | トップページ | 羽島田園街道のひまわり »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん
「舞鶴若狭道」開通記念のドライブですか。素晴らしい高速道が完成したのですね。早速走られるとは、さすがです。お写真の多くを私は知りませんが、「天橋立」とか「蘇洞門」とかは、有名な観光地ですから訪れています。蘇洞門のクルージングは素晴らしいです。多分船には乗っていると思うのですが、記憶が定かではありません。荒波が打ち寄せ、岩肌が荒々しく露出した場所の風景は、大体同じように見えますね。

shuttle さん
この高速道路開通は待ち焦がれていました。

この開通で若狭小浜、高浜が近くなり、
丹後日本海への道も選択肢ができるようになりました。
「蘇洞門めぐり」は私もずいぶんと前で記憶にも乏しいですが、
小浜の観光では有名ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/60032391

この記事へのトラックバック一覧です: 舞若道ドライブ・若狭小浜:

« 舞若道ドライブ・ 丹後宮津 | トップページ | 羽島田園街道のひまわり »