2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ごんぎつねの里のポピー | トップページ | 新緑の赤目四十八滝 »

2014年5月21日 (水)

恵奈の里 次米お田植え祭

久しぶりに祭りを・・・といいますか、
ウオーキングを兼ねての祭り見物でした。

JRさわやかウオーキング
「恵那の遺跡めぐりとお田植えまつり」に便乗 ^^;
歩きには最高のまさにさわやかな日でした。

Ena01

途中は残雪の「御嶽山」を見ながら、
祭りの会場へと歩きます。

さて、そのお田植え祭ですが、もらった資料には
~歌って、踊って伝える恵那のお米物語~
「恵奈の里 次米(すきまい)お田植え祭」
”お田植え儀式とお米の祭典”とあります ^^;

Ena02

着いた会場ではすでに祭事(神事)が始まっていました。
これは”清め祓いの儀”で、
五色の切紙により斎田を祓い清める儀式です。

Ena03

巫女舞・浦安の舞いが奉納されます。
舞うのは女子中学生の2人 ^^

長い祭事の最後は唄踊りの奉納

Ena04

このあたりから今まで見てきたお田植えとは
少し様子が違うのが分かります ^^;
唄踊りが終わってようやくお田植えになります。

Ena05

田植えをする早乙女姿の多くは
恵那農業高校の女子学生さんたち。

Ena06

そして踊り手のなかにも高校生がいます。

Ena07

なんとも賑やかな歌と踊りのなかで
お田植えは始まりました。

Ena08

このお田植えのテーマは、
「祭り・振る舞い・伝承」。

Ena09

Ena10

平成9年(1997)に奈良県明日香村にある
飛鳥池遺跡から発見された木簡に、
天武6年(677)に恵那産の米が次米(すきまい)として
朝廷に献上されていたことが記されています。

Ena11

天皇が新嘗祭に使用する次米が、
恵奈の里から朝廷に献上されていた事実・・・
”恵那には、凄い歴史があった”と、いうことで、
これを機に始まったというまだ3回目の新しい祭りです。

Ena12

Ena13

このお田植え祭は、
秋に恵奈の里から次米を奈良・明日香にある
「天武・持統天皇陵」に献納するまでに行われる、
5つのイベントの最初の行事でもあります。

Ena14

Ena15

「米の収穫」を通じて地域の再発見と次世代へと、
歴史・文化の伝承を行っていくという・・・。

Ena16

この近くにある「正家廃寺」(国指定史跡)は、
その様相から当時の都から影響を受けたものとして
朝廷とのつながりを知ることができます。
(ウオーキングではここに立ち寄っています ^^;)

恵那市長島町正家で行われた「お田植え祭」。
”恵奈の里次米みのりまつり物語”でした。   17日

« ごんぎつねの里のポピー | トップページ | 新緑の赤目四十八滝 »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん

「恵奈の里次米みのりまつり物語」、興味深く拝見しました。そんな古代から恵那の里のお米が、奈良の都まで運ばれ賞味されていたとは、驚きです。歴史を踏まえての「お田植え行事」中学生や高校生の若い娘さん達の踊りや田植え、見ているだけでも楽しくなりそうです。

shuttle さん
いつも見るお田植えとは趣旨が違っていました。

木簡が見つかってから年月が経っていますが、
その古の次米献納を再現しようと考えられた
地元の方の企画力には驚きです。
天武天皇とこの地のかかわりは壬申の乱までさかのぼります。
この祭事は1年に渡り続くそうですが、
そんな「お田植え祭り」を子どもたちが引き継いでいく、
まさに歴史のロマンを見るようです。

おはようございます。
美しい新緑に滝や川の流れ
癒やされますね。
ぎょりゅうそう不思議な花ですね。
まだ見たことありません。
大神神社でみられるそうですが
いつか見てみたいです。

彩 さん
ウオーキングに滝めぐりと少し体を動かしました。

赤目には最近花を見に行くことがあり
久しぶりの新緑でした。
このギンリョウソウを見るのも春の赤目の楽しみです。
大神神社で一度ご覧になってください、可愛いですよ ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恵奈の里 次米お田植え祭:

« ごんぎつねの里のポピー | トップページ | 新緑の赤目四十八滝 »