2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 金崎宮・花換まつり | トップページ | 五条川桜紀行・岩倉市編 »

2014年4月10日 (木)

五条川桜紀行・清州市編

以前に桜咲く五条川を一宮市の岩倉から犬山市羽黒まで、
「尾北自然歩道」で歩いたことがあります。

五条川川沿いに整備された「尾北自然歩道」は
岩倉市川井町の”希望の家”からスタートしますが、
歩いていないその部分を歩こうと計画 ^^;
この日はついでにサクラ満開の「清州公園」もと、
JR清州駅から名鉄岩倉駅までの桜紀行でした。

Kiyosu01

満開のはずでしたが
「清州公園」のサクラはほゞ終了 ><;
ベニシダレザクラを見て五条川を北上します。

Kiyosu02

すぐにある「清州城」
ここから”水辺の散歩道”を行きます。

Kiyosu03

Kiyosu04

この辺りは満開のサクラを見ながらでしたが、
すぐに国道302号線をくぐってサクラのない
「水辺の散歩道」になります。

次にサクラが現れるのは春日(はるひ)でした。

Kiyosu05

Kiyosu06

少しでもサクラに近付こうと ^^;
野田町橋で左岸に渡り県道を少し行きます。

Kiyosu07

先の春日橋で再び右岸に渡ると
今度は両岸に見事なサクラ並木が続きます。

Kiyosu08

少し振り返って枝垂れるサクラを ^^;

Kiyosu09

Kiyosu10

道がカラー舗装になると綺麗な施設がありました。
図書館と美術館のある「はるひ夢の森公園」です。

Kiyosu11

この先で一旦県道に阻まれた道は春日新橋と、
蓮華寺橋で渡り返して右岸に戻ります。

Kiyosu12

清洲市を流れる五条川沿いのサクラ並木は、
サクラのない”水辺の散歩道”を除いて約7kmほどでした。

Kiyosu13

この先で五条川は青木川と分岐します。

あとは何もない五条川沿いを岩倉市へと歩くだけ ^^;
ほゞ1時間ほどで岩倉の「広瀬橋」に着きます。
念願の「尾北自然歩道」はその広瀬橋から、
岩倉編の「お祭り広場」まではこのあとに。    7日

« 金崎宮・花換まつり | トップページ | 五条川桜紀行・岩倉市編 »

お出かけ・桜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五条川桜紀行・清州市編:

« 金崎宮・花換まつり | トップページ | 五条川桜紀行・岩倉市編 »