2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 聖崎公園の河津桜 | トップページ | 近江八幡左義長まつり渡御 »

2014年3月18日 (火)

近江八幡左義長まつり宮入

滋賀県近江八幡市で15日(土)・16日(日)に行われた
近江八幡「左義長まつり」です。

ここ数年は日曜日に行われる大祭の”自由げい歩”と、
組合せ(ケンカと呼ばれるぶつかり合い)を見てきましたが、
今年は久しぶりに初日の左義長宮入と渡御でした。

Himure01

昼すぎと遅い到着ですでにまつりは
「日牟礼八幡宮」への宮入が始まっています。

Himure02

Himure03

”チョウヤレ!チョウヤレ!”、”ピッピ!”の、
掛け声と笛で賑やかな境内では
曳き入れられた13基のダシが次々と奉納されています。

まずはそのダシの紹介から、
いつもながらその制作意図は省きます ^^;

Himure04

順不同ですが魚屋町(うわいちょう)のダシから
命題は「天馬行空」。

これらの左義長はすべて
ダシ、松明、十二月(赤紙)の3つを1本にして作られています。

Himure05

本町のダシは「廻天之馬」

各地区のダシはその年の干支に因んでテーマを決め、
全て食物を材料にして制作されまています。

Himure06

参和会は「夢 Dream」
こちらの材料は、はるさめ、するめなど
13種類以上の食材が使われています。

Himure07

第一区の「千福万来」

まつりは変わりませんが、
このダシは当然ながら毎年変わります ^^;
それがまた楽しみでもあります。

Himure08

第二区の「桐紋透大鐔と村雨」
秀吉が所用していた鐔と愛馬村雨がモチーフですが、
鐔とともに信長から拝領したという陣羽織と、
秀吉の辞世の句”露とおち露と消えにしわが身かな・・・”が
合わされるように作られています。

Himure09

紫竹会は「優馬駆ける”勇往邁進”」
白馬のダシが多いなかで栗毛です。

Himure10

為心町(いしんちょう)の
「天正九年 御馬揃 ~躍動の春~」
こちらは黒馬ですね。

その馬の色が違うのも
またそれぞれに意図があるようですが、
これがこのまつりの楽しみ方でしょうか。

Himure11

新町通りは「井伊の赤鬼」
もちろん井伊直政ですが、剣鍔と鉄扇です。

Himure12

仲屋町(すわいちょう)の
「湖国豊穣 ~The scales fall from one's eyes 2014~」

Himure13

宮内町は
「白馬の節会 ~瑠璃の切子に輝く未来を ~」
瑠璃色に煌めく切子硝子の器、白馬の節会は宮廷行事。

     Himure14

池田町の「”愛 ”飛跳」
戦乱の世を生きた武将伊達正宗の家紋は竹に雀。

Himure15

第十一区 「戦棋昇運」

そして最後はちょうど宮入してきた十区会

Himure16

命題は「松風 -天下無双の歌舞伎馬 -」
ご存知、前田慶次と愛馬松風です。

これで全てのダシが奉納されました。

Himure17

境内に勢ぞろいした13基のダシ。

このあとは町なかへと出発する渡御になりますが、
それまでは大勢の人たちにお披露目です。
渡御の模様はこのあとに・・・続きます。    15日

« 聖崎公園の河津桜 | トップページ | 近江八幡左義長まつり渡御 »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

好好爺さん

近江八幡「「日牟礼八幡宮」への宮入、素晴らしい13基の山車を見せていただき、有り難うございました。今年の「干支」馬をあしらった見事のものが多いですね。ご説明が有り難いです。これを見るためなら、遠路も厭わない気持ちになりますね。その亜ロゴ憂そうな「左義長」ですか。楽しみです。

shuttle さん
毎年このダシが楽しみで出かけています。

何度目になりますか?
毎年違うダシを見に行くようなものですが、
これはもう最高の芸術品ですね。
夜の奉火はいまだに見ていませんが、
毎年このまつりは楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近江八幡左義長まつり宮入:

« 聖崎公園の河津桜 | トップページ | 近江八幡左義長まつり渡御 »