2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 名城公園 梅まつり | トップページ | 伊賀盆梅展 »

2014年2月11日 (火)

文化のみち 雛めぐり

名古屋城から德川園にいたる「文化のみち」。
今年はその周辺にある8施設に飾られたお雛さんをめぐる
スタンプラリーが開催されています(~3月16日(日)まで)。

各施設によって開催日が違いますが、
名城公園のあと「二葉館」と「撞木館」に出かけてみました。

二葉館の「福よせ雛」は昨年紹介しました。

Bunka01

1階には昨年も公開されていた
”川上貞奴の愛した雛人形”ですがそれは後ほど ^^;
まずは2階の”福よせ雛”からです。

Bunka02

この福よせ雛はここが発祥の地と知ったのは昨年、
そしてこの二葉館の福よせ雛はこれから始まる
各地の福よせ雛のキャンペーン隊ということもでした。

飾られている各所の福よせ雛を見ながら、
昨年を思い出していました。

Bunka03

今年の春には東日本大震災で被害を受けた
宮城県女川町に福よせ雛が飾られるという・・・。

Bunka04

Bunka05

その復興の支援をする?キャンペーン隊が飾られていました。
初めての福よせ雛東北遠征で、
ぜひ被災地での元気を応援してもらいたいものです。

さてこの日はもうひとつ、
「川上貞奴の愛した雛人形」です。
昨年は内裏雛しか載せませんでしたが
今回は驚きのもうひとつとともに ^^;

Bunka06

昨年載せた内裏雛と
今回は五人囃子に随身、そしてお琴に三味線です。

Bunka07

こちらは道具類、
そしてこちらです。

Bunka08

これに昨年気が付かなかったのか?
それとも展示されていなかったのか記憶がありません><;
初めて見るお雛さんでした。

少し興奮しながら「撞木館」に向かいました。

Bunka09

こちらへの入館は初めてでした ^^;

和室に飾られたお雛さん、まずは右の部屋から。

Bunka10

ごく普通の内裏雛です ^^;

そして奥の部屋

Bunka11

土雛、陶雛、和紙雛、木雛などが飾られていますが、
団体さんへの説明中で全体が撮れません。
割り込ませていただいて飾られていたなかから数点を ^^;

Bunka12

Bunka13 

係員の方に裏の土蔵にもありますと言われ、
外へ出て庭先から建物の奥にあるその土蔵へ。

Bunka14

茶室を見ながら庭を通り過ぎます。

Bunka15

その土蔵に飾られていたのも新しい内裏雛でした。

Bunka16

戻る庭園からの和室。

初めて入館した「撞木館」
この日はお雛さんめぐりでしたが、
この邸宅もまた大正末期からの時代をたどってきた、
そんな歴史を感じさせてくれる建物です。

« 名城公園 梅まつり | トップページ | 伊賀盆梅展 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

福よせ雛、ヘルメットかぶって被災地復興しているのですね。
勇ましいお雛様ですね。女川の方、喜ばれるでしょう。

私はミニチュアが好きなので、小さな琴や道具、豆粒のような小さなお雛様が気に入りました。
いろいろなお雛様、本当にかわいくて興味深いですね。

好好爺さん

名城公園から、徳川園に至る途中に、「二葉館」と「撞木館」があるのですか。少しも気が付きませんでした。お雛さん飾りとか、歴史的な文化財なども展示されているのですね。お写真で拝見すると素晴らしいものばかりです。一度出掛けて見たくなりました。

フデ さん
お雛さんにも被災地の応援ができるんですね。
素晴しいことです。

豆粒のような小さなお雛様
これ、小さくて可愛いでしょう。
普通の芥子雛ではないようで調べていますが、
資料が少なくて悩みつつ楽しんでいます ^^

shuttle さん
文化のみちでも特に「町並み保存地区」があります。

お雛さんは短期間ですが、
白壁、主税、撞木町に集中して明治の先端産業、
大正ロマンの屋敷町など多くの重要建築物があります。
「二葉館」と「撞木館」もそのひとつですが、
このエリアだけを散策されるのもいいかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文化のみち 雛めぐり:

« 名城公園 梅まつり | トップページ | 伊賀盆梅展 »