2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三州足助屋敷のお雛さん | トップページ | 日野ひなまつり紀行 東会場 »

2014年2月17日 (月)

犬山城下町おひなさまめぐり

愛知県犬山市で開催されている
「犬山城下町おひなさまめぐり」(~3月10日(月)まで)です。

今年は第2回目ということでしたが、
いきなり昨年感動した「旧堀部邸」の飾りはありません ><;
今回は本町筋を南から北へと見て行きます。

Inuyama01

まずは最初にある「昭和横丁」
いちばん奥にあるお休み処の飾りです。

Inuyama02

レトロな昭和の時代に踏み込んだような演出ですが、
飾られていたのは御殿の段飾りでした。

Inuyama03

やはりメインになるのが「旧磯部邸」

Inuyama04

入口から奥に長~い建物ですが、
その座敷に飾られているお雛さんです。

Inuyama05

Inuyama06

右手には土びなとつるし飾り。

ここの飾りでは昨年も載せましたが

Inuyama07

時代の違う御殿飾りをふたつ ^^;
年代の表示ははありませんが
白木造りの御殿は明治期でしょうか?
そして煌びやかな昭和中期の御殿飾りです。

そして内裏雛です。

Inuyama08

ちょっと時代を感じさせるお雛さんでした。

江戸時代から続いた商家のようですが、
飾られているお雛さんはそれぞれ寄贈によるものとか。
奥の裏屋敷にもたつの段飾りが飾られています。

町筋に出ます。

Inuyama09

観光案内所の段飾り。

今年はなかなかお店の飾りを見つけられなくて、
少々戸惑いました。

Inuyama10

地図を片手に飾りを見つけては”見せてくださ~い”と
案内を乞います。

ただ扉の閉まっているところには躊躇しますね ^^;
何軒かのお店を見てまわりますが、
場所をとる段飾りはやはり少ないですね。

Inuyama11

「犬山しみんてい」

Inuyama12

Inuyama13

そのまま裏庭から失礼して ^^;
縁側の飾りと奥の座敷に飾られていた
木目込みの段飾りです。

Inuyama14

福祉会館のロビー。

今年は犬山市襄樊市友好都市提携による
「犬山春節祭」が行われていました。

Inuyama15

その犬山城前広場の会場です。

本町通りを中心に30ヶ所に飾られているお雛さん。
この日はお休みのところもあり、
残念ながら15ヶ所しか確認できませんでした。   16日

« 三州足助屋敷のお雛さん | トップページ | 日野ひなまつり紀行 東会場 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

はじめまして・・・
お気に入りに登録して時々拝見しています。
いつも見事な写真とレポートで、私もその場に行った気分になります。
これからもブログ楽しみにしていますね。

縫姫 さん
ご覧いただきコメントありがとうございます。

好きなことを載せているなんでもありのブログですが、
気に入っていただければ嬉しいです ^^
これからもどうかよろしくお願いします。

好好爺さん

犬山の雛飾りは、余り店先には出ていないのですね。「地図を片手に飾りを見つけては”見せてくださ~い”と案内を乞います」とありますから、許しを得て家の中に入り、雛飾りを見るわけですね。足助のような開放的でないところが面白いです。同じ愛知県でも尾張と三河では、随分気質が違いますからねえ。

shuttle さん
店舗内でも入口が閉まっていると開けて声をかけます。

開いていても”一応見せてください”とは言いますね。
足助でも個人のお店ではあいさつしますが、
どこでも皆さん気さくに応えてくださいます。
それがまた会話のきっかけにもなりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬山城下町おひなさまめぐり:

« 三州足助屋敷のお雛さん | トップページ | 日野ひなまつり紀行 東会場 »