2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 師崎左義長まつり 前半 | トップページ | 下街道 そのⅡ »

2014年1月29日 (水)

師崎左義長まつり 後半

「師崎左義長まつり」の後半は、
無病息災、大漁祈願をかけた高さ10m、幅3mの
”判じ絵”が描かれた大のぼりを焼き尽くすという
このまつり最大の見どころです。

Dondo01_2

会場中央に立てられた大のぼりの周りに、
あらたに数人の若衆たちが加わります。

     Dondo02_2

大のぼりに集まった若衆たちは
まず立てられていた根元の縄を外しにかかります。

Dondo03_2

大のぼりを回りながら
くるくると縄が外されていきます。

     Dondo04_2
    

縄が外されました。
のぼりがどんどの上に倒されます。

Dondo05_2

大のぼりが一気に燃えあがり引き起こされますが、
ここからは四方で張り綱を持つ引き手との連携です。

Dondo06_2

Dondo07_2

風にあおられ燃えあがる大のぼり!重そうです。

     Dondo08_2
     

立ち揚がりましたがすでに半分が燃え尽きています。

そしてすぐに倒れました 。

Dondo09_2

ここから何度も倒れては立ち揚げる動作が、
大のぼりが燃え尽きるまで繰り返されます。

Dondo10_3

Dondo11_2

立ち揚げてもすぐ倒れる大のぼり。

Dondo12_2

Dondo13_2

Dondo14

若衆たちも必死です。

Dondo15

若衆たちも疲れ、
のぼりも大半が焼け落ち竹棹も折れました。

Dondo16

最後は折れた竹を周りの衆が斧で切り取り

Dondo17

短くなった大のぼりを立ち揚げて倒します。

Dondo18

バンザイ!バンザイ!で左義長まつりは終わりました。

起源は明らかではないですが、
室町時代から行われているといわれているという、
「師崎左義長まつり」。
この地に根付いた伝統のまつりでした。

« 師崎左義長まつり 前半 | トップページ | 下街道 そのⅡ »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師崎左義長まつり 後半:

« 師崎左義長まつり 前半 | トップページ | 下街道 そのⅡ »