2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 初詣 | トップページ | 徳川園の冬牡丹 »

2014年1月 3日 (金)

徳川園のお正月 新春万歳

毎年新春2日から行われる徳川園恒例の冬のイベント、
「松を寿ぐ 徳川園のお正月」。

昨年は”赤根神楽」を楽しみましたが、
今年は一昨年に初めて見た”新春万歳(尾張万歳)”でした。

Tokugawa01

門松が飾られた「黒門」

イベントはまずガーデンホールで行われますが、
その午前中に行われた「尾張万歳」です。

Tokugawa02

まずは口上から

そして最初に演じられるのは「門付万歳」

Tokugawa03

今年は客席からの登場でした。

Tokugawa04

扇子の太夫と小鼓を打って合いの手を入れる才蔵役の
2人が演じる万歳で、
各家の門付けや玄関先で演じられる基本の万歳です。

続いては「御殿万歳」

Tokugawa05

こちらは太夫1人に才蔵が4人です。

家を建てる柱の1本ごとに各地の神々を呼び込み、
七福神が現れて新築を祝おうというもので、
かなり長い万歳です。

Tokugawa06

Tokugawa07

Tokugawa08

柱の本数が数えられるとともに、
次々と知った神社の名前が飛び出しますが、
万歳ばかりは写真ではどうにもなりません ><;
まぁ、雰囲気だけでも感じていただけたらと・・・。

Tokugawa09

Tokugawa10

終ると舞台に次々とお捻りが投げられます ^^;

Tokugawa11_2

それを拾い集めながら次の万歳に移ります。

次が「三曲万歳」

Tokugawa12

鼓に三味線と胡弓の三楽器が使われ、
歌舞伎の流行とともに始まったといわれる万歳ですが、

Tokugawa13

途中から芝居の演じ手と楽器の弾き手に分かれ、
演じられたこの日の歌舞伎の演目は「忠臣蔵の三段目」から。

Tokugawa14

Tokugawa15

軽妙に演じられる芝居のさわりはおかる勘平でした ^^;

Tokugawa16

Tokugawa17

お捻りが飛び交う舞台ではいつの間にか
最後の”なぞかけ問答”に入っていきます。
ここでは子供たちも大奮闘です ^^;

Tokugawa18

およそ1時間ほどの熱演が終了!

新春早々に楽しませてもらいました「尾張万歳」。
「徳川園のお正月」
明日の4日(土)はこれも恒例の「赤根神楽」が披露されます。  

« 初詣 | トップページ | 徳川園の冬牡丹 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

新年も快調にスタートされましね。

元気をいただきました。

風 kei さん
まずは恒例ものでスタートです。

正月にはピッタリですが、
どうにも自己満足でしかないネタです^^;

好好爺さん

「尾張万歳」が、徳川園であったのですね。素晴らしい伝統芸能です。お写真からも、楽しい雰囲気が伝わって来ます。「三河万歳」なども、よく家庭へも回ってきましたよね。

shuttle さん おはようございます。
德川園の新春恒例イベントでした。

「赤根神楽」と隔年で訪れていますが、
お正月にはもってこいの尾張万歳ですね。
雰囲気だけでもと載せています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 徳川園のお正月 新春万歳:

« 初詣 | トップページ | 徳川園の冬牡丹 »