2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 志摩マリンランド新春展 | トップページ | 花フェスタ記念公園 »

2013年12月20日 (金)

志摩マリンランド

志摩マリンランドで「新春特別展」を楽しんだあと、
いつもは早々に周辺の散策に出かけますが、
この日は雨の中を出かけてきました。

雨も止む気配もなく
この日はゆっくりと館内の水槽めぐりです。

Marine01

Marine02

水族館本館最初の水槽は「サンゴ礁の魚たち」
これまでに一度も載せたことのないところです ^^;

ここから水槽の中の珍しい魚や生きものたちです。

Marine03

まずは腔腸動物「ムラサキハナギンチャク」
美しい紫色の触手が特徴でしょうか?

Marine04

「サンゴイソギンチャク」と「ハマクマノミ」
イソギンチャクの長い触手とクマノミが共生します。

Marine05

以前から展示されていた「黄金のオニオコゼ」に、
この12月3日から展示されたばかりの
「オレンジのオニオコゼ」が加わりました。
ともにマリンランド周辺の海で採補されています。

このあとはクラゲ ^^;

Marine06

何度も載せているクラゲ類からは「ミズクラゲ」と

Marine07

「カブトクラゲ」です。
こちらは多数の櫛状の板が体表に8列に並び、
光が当たると虹色に反射します。

そしてこれが初公開!この6月に産卵したミズダコが、
11月末から12月初旬にふ化して小ダコが誕生。

Marine08

その一部が公開されていました。

しかし、この撮影は難しいです><;
早いシャッターをと思いながら粗さを抑えギリギリです。

Marine09

で、ピントの合った写真よりは
ボケてもその姿がよく分かる一枚をチョイスしました ^^;
初めて見るミズダコの赤ちゃんでした。

そしてこちらは回遊水槽での「海女の餌付け実演」です。

Marine10

ここに来ると毎年お馴染みの餌付け実演ですが、
今年も少しだけ 。

Marine11

Marine12

Marine13

泳ぐ魚とは逆に
水槽を回って餌を与えていきます。

Marine14

最後はみなさんに手を振って水槽から”さよ~なら~”
10分ほどの餌付け時間ですが楽しい時間です。

今年も残り少なくなったこの日でしたが、
恒例のイベントを見て久しぶりにゆっくりと過ごした
「志摩マリンランド」でした。     18日

« 志摩マリンランド新春展 | トップページ | 花フェスタ記念公園 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 志摩マリンランド:

« 志摩マリンランド新春展 | トップページ | 花フェスタ記念公園 »