2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 石光寺の寒ぼたん | トップページ | どんぎ祭り 豊川市 »

2013年12月15日 (日)

芭蕉 綿弓塚

「石光寺」の寒ぼたんを見たあとは、
いつものように「當麻寺・奥の院」の冬牡丹を見に行きます。
ところが今年はちょっと様子が違いました。
まだ全然咲いていなくて咲くのは12月下旬ごろという ><;

さて、このあとどうするか?困りました。
雨がぱらつくなか帰ってもよかったんですが、
せっかくここまで来ていながらそれでは能がないと、
立寄ったのはここです。

Watayumi01

もう随分と前に歩いた竹内街道(たけのうちかいどう)。
そのときに少しふれましたが、
奈良県側の竹内集落にある芭蕉ゆかりの「綿弓塚」です。

Watayumi02

街道沿いには古民家を改装した休憩所があり、
奥は整備された小公園(綿弓広場)になっています。

Watayumi03

     Watayumi04

その綿弓広場に建つ「綿弓塚」。

貞享元年(1684)秋、
門人の千里(ちり)を伴った旅の「野ざらし紀行」で,
千里の旧里でもあるこの地に滞在しています。

そのときに詠んだ句
”わた弓や琵琶になぐさむ竹のおく”を記念して、
芭蕉没後150年の文化6年(1809)に建てられました。
右面にその句が刻まれています。

Watayumi05

少し離れて建つ千里の句碑
”深川や芭蕉を富士に預け行く 千里” (野ざらし紀行)。

休憩所内です。

Watayumi06

入口から順に ^^

Watayumi07

Watayumi08

中央には竹内街道沿いの見どころを紹介する
写真が張られたパネルが展示されています。

Watayumi09

入口の右側には竹内集落の古地図です。

ここを訪れる人たちの休憩所として、
裏庭とともに整備された建物は
もとは造り酒屋の建物であったそうです。

Watayumi092

内部は柱や梁(はり)を残すのみですが、
それがまた往時の雰囲気を感じさせてくれます。

Watayumi10

その竹内街道

ちょうど奈良と大阪の県境になる竹内峠から
ここに下ってくる街道はこの先ですぐに「長尾神社」に。
そこからは横大路となって桜井へと続きます。

思わぬ「当麻寺。奥院」から
懐かしい竹内街道の芭蕉「綿弓塚」に再会でした。

« 石光寺の寒ぼたん | トップページ | どんぎ祭り 豊川市 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芭蕉 綿弓塚:

« 石光寺の寒ぼたん | トップページ | どんぎ祭り 豊川市 »