2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 武節城址への道 稲武 | トップページ | 赤目四十八滝 秋 »

2013年11月16日 (土)

松平郷園地の紅葉

豊田市の稲武地区から香嵐渓をパスして走った
松平地区の「松平郷園地」です。

朝の好天はどこへやら・・・
稲武を出るころから見事な曇天になりました ><;
着いた松平郷に日差しはありません。

Matsudaira01

ちょうど太陽は上から射すはずでしたが・・・残念 ><;
しかし紅葉もまだ5~6分の染まり具合でしょうか?

Matsudaira02

東照宮の堀側

Matsudaira03

そして正面、
イチョウも黄色くなり始めたばかりで、
少し早過ぎたようです。

Matsudaira04_2

園地の入口です。
奥にある松平乳か親氏公銅像へと行きます。

Matsudaira05

Matsudaira06

Matsudaira07

奥へ奥へと行きましたが・・・
やはり冴えませんね~ ><;

園内を通って天下茶屋から冠木門をくぐり室町塀沿いへ。

Matsudaira08

中間部と

Matsudaira09

その奥です。
この時点ではあとしばらくはかかりそうな雰囲気でした。

Matsudaira10

高月院門前のモミジ ^^
また綺麗に染め分けられていました。

Matsudaira11

そして境内あ白壁沿いの紅葉です。

戻ります ^^;

Matsudaira12

高月院から戻る室町塀沿いの紅葉です。

あいにくの曇り空で紅葉もまだ早過ぎましたが、
撮影してからすでに4日ほどたっています ^^;
今はちょうど見ごろかも知れません。      12日

« 武節城址への道 稲武 | トップページ | 赤目四十八滝 秋 »

お出かけ・紅葉」カテゴリの記事

コメント

好々爺さん

松平郷も、随分紅葉しましたね。「松平郷園地」近辺は、母のふるさと、懐かしい場所です。親氏公の銅像は、巨大です。若々しい武将の容貌ですが、大名の雰囲気はありません。その9代目の子孫、家康公が、苦労して育っていった事がよくわかります。三河の質実剛健の気風が、天下を手中に収めることになるわけです。東京弁には三河弁が色濃く残っていますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松平郷園地の紅葉:

« 武節城址への道 稲武 | トップページ | 赤目四十八滝 秋 »