2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 斑鳩三搭・法起寺の秋 | トップページ | 木曽三川公園・秋の花物語 »

2013年10月 5日 (土)

正暦寺の秋明菊

奈良市菩提山町にある「正暦寺(しょうりゃくじ)」。
市の東南部に位置する山間にある古刹ですが、
秋には”錦の里”と呼ばれ紅葉で知られるところです。

紅葉にはまだ早いですが境内に咲くシュウメイギクを見に、
斑鳩の里から戻る途中に立ち寄りました。

Shoryakuji01

今は本堂、鐘楼、福寿院を残すのみですが、
紅葉の時期にはこの福寿院から眺める庭の景色を見に
たくさんの人が訪れます。

さて、目的のシュウメイギクですが

Shoryakuji02

Shoryakuji03

福寿院周辺はまだ蕾が多く数輪が咲くだけでした ><;

境内を流れる菩提仙川に沿って行くと
お食事・休憩処の「参籠所」がありますがその周辺。

Shoryakuji04

入口です。

Shoryakuji05

Shoryakuji06

前庭にはまだ蕾が多いものの少し咲き始めています。

     Shoryakuji07
白と

Shoryakuji08

赤ですが
やはりちょっと早過ぎました ^^;

さらに奥へ行くと本堂と鐘楼への石段ですが、

Shoryakuji09

この日は残念ながら
ここから先は修養中のため立入禁止でした。

Shoryakuji10

竹垣を回り込んだ供養塔・墓石群の傍には
シュウメイギクが数輪咲いていました。

紅葉前の静かな「正暦寺」でしたが、
シュウメイギクはまだ咲き始めたばかりです。   3日

« 斑鳩三搭・法起寺の秋 | トップページ | 木曽三川公園・秋の花物語 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

きょうは、東山植物園をあるいてきました。
シューメイギクも見ましたが、まださかりではない。
どちらにしても、じみな花ですね。

ちょうどオオオ二バスの花がさいていました。
他の蓮のはなもきれいでした。

植物園ってあんなにひろかったっけというくらい
歩きましたよ。
ひとがあまりいなくて、しずかーでした。
森のなかなどは、だれもいなくて怖いくらい。

パンパスグラスもさかりでしたが、ほんもののすすきも
きれいでした。
もうすこしすると紅葉がはじまります。

ひめ さん
東山植物園に行かれましたか。

シュウメイギクはまだ少し早かったでしょうね。
この花はお寺に似合います ^^;
オオオニバスとスイレンは温室前ですね。
パンパスグラスはお花畑ですから、
どうやら東海の森と万葉の散歩道を回られたようですね。
全部歩くとかなりの距離になります。
結構アップダウンもありいい運動になったでしょう ^^

自分の庭のようによくご存じ。

そうそう東海の森はひとっこひとりいなくて
昼間ですが、不気味でした。
万葉の散歩道はめだたない花があちこちで迎えてくれて。

ほんと10年単位でひさしぶりだったので
こんなにひろかったのかあって。
秋が深まったら、また歩きたいところです。

ご無沙汰しております。目標の試験を終え、引き続きの学習や花菜の世話など なかなか出掛けられない日々を過ごしております。
度々と奈良にお越し下さっていたのですね☆美しいお写真に大変いやされました。ありがとうございます。
今年は終わりを迎えたお庭の萩や満開のコスモス、芙蓉などを観て季節が移りそうです。
今朝は、唐招提寺の特別拝観で千宋員氏の献茶会のお点前を間近に拝見し光栄でした。今、御影堂で和上と対座し、東山魁夷ブルーに包まれて爽やかな秋風に吹かれながらメールを書いています。
感謝と敬虔な気持ち、至福です。
ご自愛くださいませ。

ひめ さん
何度も通っています植物園です ^^

東海の森はこの時期歩く人は少ないでしょうね。
万葉の散歩道も目立たない花が多いですから、
どちらも春先に歩かれるのがいいでしょうね。
ただ、ともに静かな散策路ですから
歩くだけなら秋もまた趣があるかも知れません ^^

miyabi さん
こちらこそです。
ご多忙の日々、お変わりなくお元気な様子で何よりです。

唐招提寺から直接にとは、わざわざありがとうございます。
唐招提寺へは最初にハギを見に行きましたが入口だけ ^^;
白毫寺も元興寺もともに早過ぎました。
今は藤原京跡のコスモスを待っています。
もちろんおふさ観音の秋バラも ^^;
奈良にはこれから紅葉も始まり出かけることが多いです。
秋とはいえ天候不順な毎日が続きます。
季節の変わり目、どうかご自愛ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正暦寺の秋明菊:

« 斑鳩三搭・法起寺の秋 | トップページ | 木曽三川公園・秋の花物語 »